ここから本文です
ジャックと豆の木 ネパール教育支援
ネパールの支援活動を行っています。2017年は3月上旬ブータン経由でネパール支援に入ります。

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

鎌倉時代には相模国大山寺の高僧願行上人が当寺を訪ねられ、本尊の不動明王像をご覧になって その霊貌の凡常でないことに驚かれ、 あやまって尊像を穢してはいけないと 厨子の奥深くに秘蔵せられました。


余談ですが

江戸名所図会に「中野に象廐を立ててそれを飼おせられし」と書かれている中野の象小屋は、朝日が丘公園の南側にあったと いわれています。今は立て札が立てられていて、わずかに象廐があった事実を覗かせるのみです。
※当時、象は、まだ珍しい動物で、人びとの好奇心をそそり、「象志」「馴象論」「馴象俗談」などの書物が出版され、また、象にちなんだ調度品、双六や玩具類もさかんに作られました。
中野に来た象は、享保13年(1728年)中国人貿易商が将軍吉宗に献上するため、ベトナムから連れて来たもので、途中、京都で中御門天皇と霊元法王の謁見を受け、江戸に着いて将軍吉宗が上覧したあと、しばらく浜御殿に飼われていました。後中野村の源助にさげわたされ、源助は成願寺に近いこのあたりに象小屋を建てて飼育を続けましたが、寛保2年(1742年)にこの象は病死しました。
死後、皮は幕府に献上され牙一対は源助に与えられました。
この牙は、宝仙寺に保存されていましたが、戦災にあい焼失しました。

  • 顔アイコン

    初めまして (^_^)/
    http://blogs.yahoo.co.jp/satnationunion1/MYBLOG/yblog.html?m=l

    [ satnationunion ]

    2008/6/14(土) 午後 2:29

    返信する
  • 顔アイコン

    satnationunion さん。訪問ありがとうございます。これからもよろしく。

    jack

    2008/6/14(土) 午後 2:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事