白州町情報最前線 サブやんのなんでもジャーナル

山梨県・北杜市・白州町のありのままの姿をジャンルを問わず綴っていきます

全体表示

[ リスト ]

「縁故節」の成立について「縁故節」手塚洋一氏著 『甲斐の民謡』 ふるさと文庫所収
島原の子守唄は「縁故節」の模作
 
        縁で添うとも 縁で添うとも
        柳沢いやだヨ
        (アリャセーコリャセー)
        女が木をきる 女が木をきる
        茅を刈る ションガイナー
        (アリャセーコリャセー)
        河鹿ほろほろ 釜無下りゃヨ
        鐘が鳴ります 七里ケ岩
        縁の切れ目に このぼこできた
        この子いなぼこ 縁つなぎ
        縁がありゃ添う なかれば添わぬ
        みんな出雲の 神まかせ
        駒の深山で 炭焼く主は
        今朝も無事だと 白煙
        来たら寄っとくれんけ あばら家だけんど
        ぬるいお茶でも 熱くする
 
 註    柳沢……武川村柳沢。もとは駒城村(現白州町ヽ釜無川の支流大武
        川の右岸で、鳳風山麓の山村。柳沢吉保の先祖の出身地。
        七里岩……八ケ岳の泥流が金無川の浸食をうけてできた断崖。長野
        県境から韮崎まで約二七キロに及ぶ景勝の地。
 
 
        ぼこ……甲州方言。赤ん坊・子供。
        いなぼこ……変な子。妙な子。
        駒の深山……甲斐駒ケ岳
 
 「縁故節」は「馬八節」「粘土節」とともに甲州の代表的な民謡の一つで、踊り唄あるいは座興唄である。
この唄は大正の末韮崎町(現韮崎市)で誕生した。大正十一二年韮崎の有志にって、町を、鳳岱山とそれに続く南アルプス連峰の登山基地として観光開発しようという目的をもって、白鳳会が結成された。
 初代会長は歯科医師の小屋忠子(後に県会議長)で、郵便局長の柳本経武、穂坂村の平賀文男(号月兎、後に県会議長)等が協力者であった。「縁故節「はこの白鳳会の宣伝のために、前記三名の方々と土地の芸妓たちによって、従来から峡北地方で歌われていた作業唄「エグエグ節」を編曲してつくられたものである。編曲の過程で、三味線等の伴奏をつける関係もあって、曲は陽旋律から陰旋律に変化した。この間の事情は、この計画に参加した山梨県三曲連盟会長の植松和一氏が、同人雑誌『中央線』第八号に「縁故節四方山話」として詳細に述べておられる。
 このようにして出来た「縁故節」は、寿座という町内の芝居小屋で盛大な発表会が行われ、昭和三年九月六日には東京中央放送局(現NHK)から、放送事業間姶三周年記念番組民謡の部に、山梨県代表民謡として「縁故節」が選ばれ、地元韮崎町の人々によって全国放送された。その時の出演者は、三味線芸妓勝利・尺八秋山計吉・唄芸妓照葉と植松輝吉・踊り水上修一の各氏であった。ラジオ放送に踊りがついていたのぱ、放送に臨場感をもたせるためであったと思われる。
 続いて、昭和十年十一月一十日には再び東京中央放送局から放送され、昭和十二年の暮れには甲府放送局開局記念に「縁故節」が全国放送された。この内昭和十年放送の出演者のうち植松逸聖(和一)・名取いく・佐野儀雄の三氏は現在も御存命で元気に活躍しておられる。
 このようにして「縁故節」は山梨を代表する民謡として全国に放送され、地元韮崎はもちろん峡北地方一帯では盆踊り唄として「エ−ヨー節」にとって替り、韮崎や甲府等の花柳界ではお座敷敷唄としてさかんに歌われた。
 
一番の歌詞「縁で添そうとも柳沢いやだよ」は、「エグエグ節」からの転用であるが、この歌の看板である。古歌
  「甲斐人の嫁にはならし事辛し 甲斐の御坂を夜や越ゆらむ」
 
 と発想が同じに見えて、その意味するところは全く違う。
  「甲斐人の嫁にはならじ云云」
 は、東海道を旅する他国の人が、篭坂や御坂の峠越しに甲斐を想像して詠んだもので、異国人の冷たさが感じられる。
 しかし、「縁で添うとも……」は野山での苦しい仕事を思いながらも、なおかつ、ふるさとを愛するほのぼのとした温かさが感じられないだろうか。
「縁故節」ができるときこの部分を削除したらという意見があって、そのことを柳沢の人々に相談したところ、是非そのまま残してほしいとの意見であったというエピソードがある。
 歌詞の「シヨンガイナ」は「ションガイネ」とうたうこともある。意味については諸説があるが、「致し方ない、あるいは、仕様がない」と解すべきである そう解することによって前述の愛郷の心が生きてくる。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事