白州町情報最前線 サブやんのなんでもジャーナル

山梨県・北杜市・白州町のありのままの姿をジャンルを問わず綴っていきます

全体表示

[ リスト ]

山梨県の森林史

山梨県の森林史
明治2年  官林規則が制定される。
明治14年 県内の入会山すべて官有地となる。
明治22年 県内の官林、官有林野すべてが御料地に編入される。
明治30年 森林法が制定される。
明治40年 峡東地方を中心に大水害に襲われる。
明治44年 入会御料地約164000㌶が県有財産として御下賜になる。
明治45年 滋賀児人塚本定右衛門が治水費として1万円を山梨県に寄付。
大正5年  道志村の恩賜林約2800㌶を横浜市へ水源林として売却。
大正8   農商務省が樹苗養成奨励規則を定める。
大正11年 恩賜林謝恩碑を除幕。
昭和6年  農山村救済を兼ね県債発行による林道開設計画が立てられる
昭和13年 県山林課出張所を林務署と改称、5林務署36分担区とする。
昭和14年 林業種苗法が公布される。
昭和15年 木炭需給が国家管理となる。
                上九一色村内の恩賜林約860㌶を陸軍演習地として譲渡する。
昭和16年 木材統制が施行、恩賜林主産物処分が統制される。
昭和19年 清里村の恩賜林約15㌶を八ケ岳県営開墾地として開放する。
昭和21年 甲府市の水源林確保のため、大昭和製紙社有林と県有林を交換、市
                に売却する。
昭和25年 県緑化推進委員全が発足する。
                第1回全国植樹祭が甲府市で行われ、昭和天皇と皇太后さまが植樹
                される。
昭和26年 新森林法が制定され、県内にも30の森林区を設置、林業経営指導
                員を配置する。
昭和27年 野呂川流域森林資源開発が始まる。
昭和28年 釜無川上流地区で国営治山事業が始まる。
                13号台風で早川林道が大打撃を受ける。
昭和30年 八ケ岳一帯が県立自然公園第1号に指定される。
                野呂川林道・夜叉神トンネルが完成する。
昭和32年 県内全事業区に臨時植伐計画を立てる。
昭和35年 山を守る全創立される。
                第2回国立公園大会が河口湖で開かれる。
昭和36年 恩賜林御下賜50周年式典が行われる。
昭和37年 野呂川林道が完成する。
昭和39年 林業基本法が制定される。
                木材・木製品の輸入が完全自由化となる。
昭和41年 26号台風で足和田村などが大被害を受ける。
昭和42年 南アルプス林道の開設工事に着手する。
昭和43年 櫛形町内に県民の森を指定する。
                山を守る会が緑化推進会と合併、新たに県緑化推進委員会を設立。
昭和44年 30市町村に緑化推進委員全ができる。
昭和45年 県林業試験暢が甲府市に完成する。
昭和49年 県環境緑化条例が定められる。
昭和51年 全県を一斉編成した第1次県有林野経営計画が立てられる。
昭和52年 北富士県有地管理規則を制定、国有地24㌶を林業整備事業用地
                として取得する。
昭和53年 竜王町に県が緑化見本園を開設する。
                森林組合法が制定される。
昭和54年 甲府市山宮町に健康の森が完成する。
昭和55年 南アルプス林道が開通する。
昭和56年 第2次県有林経営計画が立てられる。
昭和58年 全国野鳥保護のつどいが八ケ岳山ろくで開かれる。
平成2年  やまなし森林・林業活性化ビジョンを県が策定する。
                第14回全国育樹祭が鳴沢村で開かれる。
             
              (県恩賜林御下賜70周年記念誌から抜粋)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事