白州町情報最前線 サブやんのなんでもジャーナル

山梨県・北杜市・白州町のありのままの姿をジャンルを問わず綴っていきます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

信玄堤(しんげんつつみ)
資料『山梨郷土史研究入門』山梨郷土研究会 山梨日日新聞社 平成4年(一部加筆)
 
 高山に囲まれた甲府盆地は、急流河川によって低地部は洪水の被害に悩まされてきた。甲府盆地に本格的な治水対策を施したのは武田信玄であるという。その治水事業は後世に信玄堤と呼び伝えられ、『甲斐国志』山川部の濁川、荒川、釜無川、御勅使川、赤岩の各項に記録されている。
 現在のところ、これを総合的に研究したものはなく、もっぱら研究の視点は竜王信玄堤を中心とした釜無川に向けられている。それは『甲斐国志』が甲府盆地に最も大きな被害を与えた釜無川の治水について具体的な記述を残していることによる。特に竜王信玄堤を成立させる前提として、釜無川と御勅使川の洪水を河道を変更して赤岩に当てて水勢を殺ぐ構想が、いわゆる孫子の兵法を応用したという、水をもって水を制する巧みな工法であり、武田信玄の治水は戦国武将の代表的な治水工事として、また、すぐれた民政事業として評価されていた。しかも、信玄の偉徳を賞するの余りに、現在の釜無川の堤防をもって信玄構築とする誤解さえ生れた。こうした中で、竜王信玄堤が成立する前提として、武田氏が石和に拠を構えていた時笛吹川の治水に取り組み、差出磯、万力林、近津堤の水防技術があったことを提言した上野晴朗『甲斐武田氏』が注目される。
 竜王の信玄堤については二つの研究方向がある。一つは、その成立の目的としたところを追求したもので、柴辻俊六(旧姓斎藤)「竜王河原宿成立の意義」(甲斐史学特集号)は、信玄堤は治水の面からのみ強調されているが、水利かんがい施設を具備した甲府盆地の開発を目的としたもので、武田時代から徳川時代に至るまでその事業は継続されてきたことを明らかにし、同著『戦国大名領の研究』(名著出版)「戦国期の水利潅漑と開発」「戦国期の築堤事業と河原宿の成立」のなかでこれを補完している。これは従来見遁されていた研究分野に視点をあてたものであった。
 他は、従来の武田信玄の治水事蹟の研究を見直したもので、主として治水技術の分析を中心とする。中村正賢著『武田信玄と治水』(又新社 昭四〇)は信玄の治水策を顕賞しつつ『甲斐国志』の記述を丹念に現地踏査によって記録している小冊子である。信玄堤を治水技術の発展段階に位置づけようと試みたのは『近世科学思想上』(岩波書店 昭四七)に古島敏雄「地方書にあらわれた治水の地域性と技術の発展」が、近世中期以降に連続堤で川を締切って河川敷内に水を流す以前の治水技術として、「百姓伝記」の二重堤、「地方竹馬集」の洗堤を引用して、洪水を広い河川敷に流して水勢を弱めたり、一定量以上に増水した分を洗堤によって河川敷外に流す方法のあったことをあげ、竜王信玄堤から後退しながら笛吹川の合流点まで雁行する信玄堤の機能を位置づけた。この治水技術の変化を甲府盆地の開発の進展の中に求めたのが、安達満「釜無川治水の発展過程」(甲斐路三〇、三二号)で『国志』に散在する釜無川の記事を整合して証明し、近世初期の信玄堤の機能を位置づけ、連続堤によって河川敷を狭めていった過程を追っている。また、技術の発展段階を視点において、同「初期信玄堤の形態について」(日本歴史三七五号)は「御本丸様書上」の分析を通して、信玄時代の信玄堤とその後の発展の様子を追求した。
 武田氏研究会は「武田氏研究」第二号を治水特集号とし、御勅使川の将棋頭の発掘調査報告が注目を集めた。宮沢公雄「将棋頭遺跡の調査と課題」、畑大介「竜岡将棋頭について」は、武田時代とする確証に欠けたが、信玄堤もようやく発掘調査段階に入り成果が期待される。
しかし、竜王以南の信玄堤はほとんど姿を消している。同特集号で安達満「川除口伝書にみる甲州流治水工法」は、信玄堤は川幅を広くとった小堤で、その前に御林を育てて保護し、水制工は御林の前面に置いた具体的姿を紹介し、さらん御勅使川と釜鮭川合流点に施設された十六石は釜無川を赤岩に向ける目的があったとした。また、清水小太郎「信玄公治水事業の構想」は『国志』の記述を地理学的に現地に位置づけたむので、十六石の機能について安達論文と同一見解を得ている。
 信玄堤は主として治水技術の研究が先行しそれに治水施策の目的とした開発の研究があるのみで、それらもまだ甲州流治水技術との関係など充分に究明されていない。
 山梨郷土研究会、武田氏研究会共催の「武田氏シンポジューム」(武田氏研究第四号)において、笹本正治氏は戦国大名領国支配を点と線から面的把握に発展させた権力構造のなかに、信玄堤の成立も位置づけなければならないと指摘し、今後の課題が提示された。〔安達満氏著〕
 
上杉禅秀の乱と甲斐の国 二、乱後の甲斐の国
 2 武田守護家
 組渦は氏憲の舅として、二男組長と共にこれに応じたが、万一を考えて嫡男信重と実弟穴山渦巻には参戦させなかった。’
 氏憲残党に対する持氏のきびしい追求に、信重
春は高野山に逃れて出家した。父と共に参戦した信長も行方を晦まし、甲州は逸見党の独舞台となった。これを憂えた幕府は、応永二五年(1418)さきに高野山に隠れ出家した信春に還俗を命じ、武田陸奥守信元と名のらせて甲斐守護に補し、信濃守護小笠原政康の保護のもと入国させた。
 信春は入国したが逸見氏ら国人の反抗に苦しみ、守護代の設置を幕府に請うた結果、政康の一族跡部駿河守・上野介が補任された。
 一時姿を消した信長は、やがて豪傑加藤入道梵玄を従えて帰国、随所に逸見氏を破った。首長は智謀百出の名将で、応永二九〜二三年(1422〜6)の間、持氏の討手を尻目に逸見氏を破り、滅亡寸前に追い込んだ。
 三三年、持氏方の大軍が大月に来攻した時、信長は敗れ降って鎌倉府に出仕し、手厚い処遇を受けた。
 3 荒川の戦い
 甲斐の守護武田信元の嗣伊豆千代は、信長の千で幼弱なため、信元亡き後は信長が跡部守護代と共に助けていた。しかし信長が鎌倉に出仕すると、跡部氏は離反した。当時峡北に輪宝一揆・日一揆の二武士団が対立し、前者は跡部氏、後者は武田氏と結んで枯抗した。
 永享五年(1433)四月二九日、さきに鎌倉から帰国した信長を盟主とし、武川衆を中心に結束して塩川畔の「日ノ出ノ砦」に拠った日一揆は、敵のために荒川河原に誘い出されて敗れ、信長は伊豆千代と駿河に逃れた。
 持氏は首長の追討を幕府に迫ったが肯かれず、逆に幕府は首長に遠江蒲御厨千貫の地を扶助してその活動を助けた。
 
三 結び
 この乱は、武田守護家未曾有の危機で、乱後、武田信重は高野山に遁れ、守護に補されたが、強勢な敵の妨害で国外流浪二一年、永享一〇年(1438)漸く帰国して守護の座についた。しかも守護代跡部氏の勢力はなお衰えず、二七年後の寛正六年(1465)に至り、信重の孫信昌が辛くも滅ぼしたのであった。〔佐藤八郎氏著〕
 
上杉禅秀の乱と甲斐の国 二、乱後の甲斐の国
 1 甲斐源氏巨頭の相克
 こI世紀のはじめ、甲斐に入国した源義消と消光父子は逸見若神子に住み逸見氏を称した。消光は嫡男光長に逸見庄を譲って甲斐源氏総領逸見太郎と名のらせ、二男信義に武田庄を与えて武田太郎と名のらせた。信義は器量光長を凌ぎ、光長は総領職を信義に譲った。信義の子孫は甲斐守護として甲州に君臨するが、一方繊かに逸見庄を領して鎌倉府に出仕する身分に零落したことを恨み、いつかは武田氏を絶やして甲斐を支配しようと、機会を窺っていたのが逸見中務丞有直であった。
 禅秀の乱に、有直は全力を傾けて持氏に協力した。持氏が本意の上は有直に甲斐を与え、守護に補任する旨を兼約していたからである。
 信満を倒した持氏は幕府に対し、逸見有直を甲斐守護に補任されたい旨、要請した。幕府は、武田氏の旧功を思い、持氏の要請に応じなかった。しかし有直は持氏の援助を楯に甲斐の施政を推進した。
 
上杉禅秀の乱と甲斐の国 一、上杉禅秀の乱
資料『山梨郷土史研究入門』山梨郷土研究会 山梨日日新聞社 平成4年(一部加筆)
 
 上杉禅秀の乱とは、前関東管領上杉氏憲(禅秀)が、鎌倉公方足利持氏と現関東管領上杉憲基の体制を不満とし、応永二三―二四年にかけて惹き起こした反乱をいう。
 これより先、持氏・憲基らと不和を生じて関東管領を辞任した氏憲は、持氏と不和の叔父足利満隆を味方とし、氏憲の女婿千葉兼胤・岩松満純・那須賀之、氏憲の岳父武田信満らを誘い、応永二三年(一四一六)一〇月二日、鎌倉の持氏、憲基を急襲した。二人は身を以て脱れ、持氏は駿河に、憲基は越後にそれぞれ退いた。
 氏憲党は持氏らの虚に乗じて鎌倉を占領し、満隆は鎌倉公方、氏憲は関東管領と称し、一時政権を掌握した。
 持氏が急を京都に報ずると、幕府は持氏援助の議を決し、一二月、一色詮光を大将とし、駿河の今川範政、越後の上杉房方をはじめ、東国の諸将に氏憲党の討伐を命じた。今川勢は箱根を越えて国府津を占領し、鎌倉に迫った。越・上勢も南下して武蔵から鎌倉を衝く態勢を示した。氏憲も二四年正月九日、武蔵世谷原で越・上勢を破ったが、時既に遅く、鎌倉は幕府軍の猛攻撃で陥落寸前となり、万事休した氏憲は翌一〇日、雪之下宝性院において一族郎等九九人と自刃して果てた。
 鎌倉府を回復した持氏は、氏憲残党の巨頭武田信満を急襲し、破れた信満は二月六日木賊山に逃れて自刃した。
 

(甲斐)禅宗憎の活躍

(甲斐)禅宗憎の活躍
資料『山梨郷土史研究入門』山梨郷土研究会 山梨日日新聞社 平成4年(一部加筆)
【加賀美遠光】
 甲州の臨済宗寺院の初めは、遠光寺(甲府市伊勢町)縁起によれば建暦元年(1211)栄西の弟子の宗明を加賀美遠光が請じて創立したと伝える。
【蘭渓道隆】
 甲州に臨済宗を確実に布教したのは、これより六〇年後に人峡した宗の帰化僧蘭渓道隆である。蘭渓は北条時頼から厚い帰依を得て、建長五年に建長寺の開山に迎えられたが、旧仏教徒の迫害を受け文永九年(1272)と建治三年(一二七七)の二度甲州に流謫された。このおり甲府市板垣の東光寺、韮崎市の永岳寺を開き、建長寺派の礎となる。
【夢想国師】
 蘭渓によって甲斐国に点ぜられた臨済の法灯は、その寂後五〇余年、元徳二年(1330)夢窓が山梨郡牧荘
に恵林寺を創建するに及びその法流は甲斐国中に教練を拡大し、延いては全国を風扉するに至ったのである。
 夢窓は弘安元年(1278)四才のとき両親と共に甲斐に移住して以来、甲州は夢窓のふるさとであった。九才のとき市川大門平塩寺の空阿上人について出家、一八才まで東密を学び、その後諸刹を遍参して顕密画学を究め、更に建長寺の一山一寧に参究し、さらに万寿寺高峰頭日に就学して印可を受けた。のち洛中に天龍寺、相国 邱寺の中世を代表する二大本山を開き南北朝雨朝七代の天皇により国師号の特賜・追陽を受けた。禅僧として歴史上例のない活躍をみた夢窓が最初に開いたのが牧庄(牧丘町)の浄居寺であり、円熟した時代に開創をみたのが恵林寺である。それは夢窓のあと弟子の龍漱周沢、絶海中津など高僧が恵林寺の住持となると共に夢窓のあと京都五山文学双壁として輩出されるのをみても、五山文学は甲斐からと云っても過言でない。
【業海本浄】
 夢窓の禅に対して「夢窓門派の唱道と行蔵とは禅の本旨に非ず」と夢窓国師を批判したのが業海本浄である。
彼は文保二年(1218)明叟斉哲(御坂町正法寺開山)、古先印元(恵林寺住持)ら六人の青年憎が元に渡り、浙江省抗州府天目山において中味明本(普応国師)に参じ印可を受け帰国した。その後業海は武田氏の援助受け大和村木賊に天目山棲雲寺を創建し、師普応国師の峻厳な禅を広めた。
【抜隊得勝】
 塩山向嶽寺を開いた抜隊得勝は、康暦二年(1380)守護武田信成の外護を受け、塩山の南故に向嶽寺を開いた。これが後の臨済宗向嶽寺派の礎となった。抜隊の禅は厳しく、法灯派の僧房において厳格な生活を行ずるように「抜隊潰滅」を伝えている。一方、禅の教化にあっては庶民を対象に「塩山和泥合水」「語」など刻版してわかりやすく禅の世界を説いた。
【雪山玄呆】
 曹洞宗の当国に流布されるのは臨済宗よりおくれ、南北朝期から室町時代にかけてである。中でも西郡の領主大井春明によって請ぜられ来甲した雪山玄呆が正慶二年(1333)、師の明峰を開山として増穂町に南明寺を草創したのが甲州曹洞宗の始まりである。
【鶏岳永金】
 次いで法王派といわれる寒巌義尹の法流で鶏岳永金が都留市夏狩宝鏡寺を建て、郡内法王滝の拠点とした。
 道元と並んで曹洞宗の二祖と呼ばれる笹山の弟子峨山詔碩の一派、峨山脈が入甲し、後世最大の教団に発展した。
 関東方面の峨山滝の拠となった大雄山最乗寺を開いた了庵彗明の法嗣大綱明宗は甲斐の人であった。その法嗣吾宝宗燦の門弟の枯笑、雲岫、州庵の三僧は積極的に甲斐一円に布教をおこなった。
【雲岫一派】
ことに雲岫一派の甲州での活躍がめざましかった。雲岫は寛正元年(1460)に武田信昌の外護を受け一宮町中山広厳院を開創して中心道場とした。雲岫の門には山梨落合永昌院開山の一華文英、中道町上曽根の竜華院開山の佳節宗昌、都留市金井用津院開山の鷹岳宗俊の三傑がでて、それを俊英が引き継ぎ、更に歴代の守護や在地豪族の外護を受け雲岫派は甲州曹洞禅の最大の教団となった。枯笑宗英は文安四年(1447)に勝沼町小佐手の東林院の開基ととなり、ついで信濃滋野氏に招かれて祢津定津院を開いて布教の拠点とした。州庵は州安とも記す。永正九年(1512)に櫛形町伝嗣院を開創している。
 江戸時代にはいると徳川家康は武田関係の寺院を保護する政策をとり、武田家の菩提所である甲府市大泉寺とともに一宮町の広厳院を僧録所と定め、県内の曹洞寺院を統轄させた。享保年間(1716−36)の社寺取調帳によると曹洞宗は827寺あり、現在でも511ヵ寺あって甲州最大の教団である。〔清雲俊元氏著〕
 
 註
1)野沢公次郎「夢窓国師と恵林寺」『恵林寺略史』 一九八〇
2)柳田聖山「夢窓」『日本の禅語録』七 一九七七
3)『甲斐国社尼寺記』第二巻解説 山梨県立図書館 一九六八
4)関口貞通『向嶽寺史』向嶽寺 一九七二
5)古田紹欽「抜隊」『日本の禅語録』一一 一九七九
6)佐藤八郎「甲州曹洞宗解説」『甲斐国社尼寺記』第三巻 山梨県立図書館 一九六六

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事