全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

[ 前のページ | 次のページ ]

留守番 ねこ

週末、金曜日から日曜日にしか居ないログハウスに親子の猫が住み着いています。
イメージ 1
名前は、ミイとチビ。ログに行ってカーテンを開けると必ずデッキにいます。
餌をせがみニャァニャァ泣きます。普段は、どう生活をしているのか分かりません。
キャットフードをやると二匹が競争で餌をむさぼります。しかし、完食はしません。
夜は、ご飯に肉か魚を混ぜてやりますが魚はあまり好きではないみたい。
魚の時は、多くを残し朝早くカラスが食べに来ます。カラスにはやりたくないが・・・
猫の食事は、一度に腹一杯食べないのでしょうか。チョコチョコ食べるようです。
 
イメージ 2
何時まで経っても、仲のいい親子猫です。
 
 

開く コメント(0)

陶芸開始

7月6日(水)本日、岡山の岡山丸二陶材に陶芸資材を買いに行きました。
以前、中古の陶芸窯を買いに行っていたのでスムーズに行くことが出来ました。
イメージ 1
今日は、粘土・釉薬・小道具等を買って帰ります。
粘土は、初めての自宅での作品作りなので、一番安いやつ。釉薬は透明・織部・黒天目・白萩の4点、絵描き用の絵具を数点。やはりインターネットで買うより説明を聞きながら買えるので、店舗は(^v^)。
イメージ 2
作品見本・色見本もあり、説明も丁寧にしていただき満足して買い物ができ、段々と作品作りに意欲が湧いてきました。
 
今週から女房と二人で、作品作りに励みます。しかし、窯が大きいので二人では今月中には、火入れが出来そうにありません。近くの誰か手伝ってください。
イメージ 3

開く コメント(0)

国蝶オオムラサキがやって来た。
今年の最初の飛来は、6月25日(土)に一羽が、もみじ亭にやって来ましたが写真に収める事ができませんでした。今日は、2〜3羽がお家の回りを今年も来たよと云わんばかりに盛んに飛び回っています。広島県では、府中市の僧殿町で『国蝶オオムラサキ』が発見されて以来、『国蝶オオムラサキを守る会』がつくられ、地道な保護活動を続けられていますが、そこから飛んで来るにはまだ放蝶もしていないのでここ帝釈峡でふ化しているものと思われます。
イメージ 2
今年は、昨年より早く飛来の数も多くなって来ているのでここ帝釈峡の環境の良さにオオムラサキも喜び永住の地と成りつつあるのかも知れません。
イメージ 1
 
7月中にもみじ亭に、ご来店頂くと運の良い人は国蝶オオムラサキにお会いできると思います。是非オオムラサキに愛にお越しください。
 

開く コメント(0)

ホタルと篠笛

6月24日(金)20:00頃から帝釈峡近くのホタルの名所を訪ねてみる。
先ずは、東城町三坂の近屋谷。数匹ホタルは飛んでいるが昨年より少ない。
駐車灯を付けてホタルを呼んでみるが、近くによっては来るが数が増えない。
次に、神田谷に向かう。ここはすごい、ホタルの乱舞い。夜空の星の光と競演しているかのようである。カメラを向けるが、写真にはなりそうにない。写し方が判らない。
非常に残念。カメラの取説でも見て勉強しなければと思いつつ、次の場所に移動する。
今度は、帝釈峡神竜湖の上流 神石高原町三石。渓谷のせせらぎ沿いに沢山のホタルを期待して行って見るが、期待はずれ。ロケーションは道沿の渓谷をホタルを眺めながら下って見るのは最高だがなにせ数が少ない。時間と・天候が左右するのかどうか分からないが、まあまあの夕時でした。
 
6月25日(土)もみじ亭閉店間際に、尾道の篠笛の会のメンバー12人が来店し十割そばをそそりバーベキューをして本日の18:30からのイベント上下町の井永ホタル祭りに参加するとのこと。久しぶりの大にぎわい。私も和に入り楽しく過ごさせて戴きました。
イメージ 1
 
イベント終了後、メンバーの一人鹿宗さん宅で打ち上げをされるとのことで、お誘いを受け喜んで参加。鹿宗さんも陶芸窯を持ち、電気窯から灯油窯に自分で改造された人なので是非窯を見せて戴きたく参加しました。
井永のホタル祭りは、地域おこしで催されているようで大型ハウスの中に舞台を造り野菜の直販、焼き鳥・うどん・飲み物等の販売もされていました。
イメージ 2
井永のホタルは、矢多田川巾3〜4M沿いに最近では、見たこともないほどの数が飛び交っていました。ここのホタルは自由に取っても良いらしく網を持ったお子さんが多くのホタルを取って虫かごに入れていました。こんな場所は、他には無いのではないかと思います。小さいお子さんを連れてホタルとたわむれさせて上げてはいかがですか。

開く コメント(0)

電動ろくろの修理

6月22日(水)今日は曇り空、何時から雨になるか分からない天候。
電動ろくろの修理は屋内で、蒸し暑く大変だ。
先ずは、電源を入れてみる。ウイーと電源は入るが回転しない。手で補助回転してみるがウィーと重たい音のみ。モータを外してみる。モータを直結で電源を入れてみるがやはり同じ。モータをばらして見てもどうしようも無いのに分解してみる。コイルが黒こげになっている。モータの取替しか無い。
 
近所の家に、モータを探しに行く。この辺の家では、洗濯機とか冷蔵庫とか使い捨てが結構転がっているものだ。案の定古いモータが、一家目で100V250Wのモータをゲット。早速持ち帰り組み込み。規定の穴に合わない、寸法を計りろくろ本体への穴あけ変更。ほぼ合ってきたが、回転とストップがスムーズに行かない。若干の調整が必要なため穴を2Cm移動出来るよう切り込みを入れる。どうにかモータの取り付け完了。
配線は、モータから4本出ている黒が2,本青が2本、今までのもも4本だったが黒・白・黄・青で色分けがあった。訳がわからないまま黒を基本に適当に組み電源を入れて見る。右スイッチでは、作動しない。左スイッチは作動する。通常では、右回転を使用するのでNG。配線を1本づつ外してみる。最後に2本だけで作動している事が解りそれを逆に入れ替えてみると右回転になった。これで使える。大成功。今日はここまで。
イメージ 1
 
 
 
 

開く コメント(0)

全16ページ

[10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事