全体表示

[ リスト ]

もし日本に私のファンがいるなら、彼らに深く感謝したい
Sptunik日本(2016年02月05日 ) http://sptnkne.ws/a9zz



今日ロシアのフィギュア女子選手は世界最強だ。ロシアの若き選手たち、エヴゲニヤ・メドヴェージェワ選手、エレーナ・ラジオーノワ選手、アンナ・ポゴリラヤ選手が表彰台を独占した先日の欧州選手権でもそのことは示された。ただ、まだ未踏の高峰が 眼前に聳える。米国ボストンで3月26−4月3日に開催の世界選手権だ。ロシア選手たちは互いの間でだけでなく、世界の強豪と戦うことになる。米国のグレイス・ゴールド選手、アシュリー・ヴァグネル選手、日本の浅田真央選手、宮原知子選手などだ。

我々は欧州選手権の覇者3人を相手とするラジオ・スプートニクの独占インタビューをご用意した。初回は金メダリスト、16歳のアルメニア系ロシア選手、エヴゲニヤ・メドヴェージェワ選手だ。

スプートニク:あなたにとってフィギュアとは?

エヴゲニヤ・メドヴェージェワ選手:私にとってフィギュアスケートはただのスポーツではなく、かなりの程度、芸術だ。またそれは、動きと音楽で自分を表現する可能性でもある。このようなスポーツと芸術の境界に位置する種目は、他に体操、シンクロナイズドスイミングがある。加えて、フィギュアスケートは、ホッケーやボクシングその他と違い、絶対に攻撃的でないスポーツだ。フィギュアスケートには敵意というものがない。芸術である以上は、敵意をもって創造することは絶対にいけない。我々は皆、仲良しだ。互いに悪意は抱いていない。それは正しいと考えている。そうなければならないと。

スプートニク:他の選手との関係はすばらしい、と言っていた。あなたがたは、ライバル同士なのか、友達同士なのか?

エヴゲニヤ・メドヴェージェワ選手:氷上では、競争ということからはどこにも逃れようがない。氷の外では、我々は、普通の全ての人と同じように、互いに交流し合い、SNSで連絡を取り合い、チャットでお喋りする。ワカバ(樋口新葉選手)とは連絡し合い、贈り物を交換し合う。サトコ(宮原知子選手)とはそれほど頻繁に連絡は取り合わないが、彼女も素晴らしい選手だし、非常に愛想のいい人だ。常に傍へ来てくれ、お祝いを言ってくれ、励ましてくれる。どうしてこういうことになったのか知らないが、私には日本の全てが気に入るのだ。食も、人も、全てあまりに可愛い、そう『カワイイ』のだ。

スプートニク:将来の計画は?

エヴゲニヤ・メドヴェージェワ選手:今年私は基幹国家試験(中等教育終了試験)を受けなければならないので、教師が毎日私のところに来ている。沢山勉強することになる。学校を終えた後は多分体育大学に進む。スポーツに取り組んでいる間は、他の単科大学には全く惹かれないから。もうスポーツを引退となったら、第二の教育を受けることを試みる。それはムハット(モスクワ芸術座)の養成所かも知れないし、デザイン大学かも知れない、まだ決めていない。私は絵を描くのが大好きだ。いつもうまくいくというわけではないが、努力している。絵を描くと、途方もない満足が得られるのだ。また、私は、クラシックからヘビーロックまで、実に様々な音楽を好んで聞く。

スプートニク:勉学と練習が時間の大半だと思うが、余暇はどのように過ごしている?
エヴゲニヤ・メドヴェージェワ選手:私は自分のことを、相当交際好きな人間だと思っている。友達と散歩し、インターネットもよくする。インスタグラムのフォロワー数を見ると時々思う、一体どこから?と。異常なほどの数字だ。肯定的な感情が表わされた写真、私の大好きな犬や、自分の絵を掲載するのが好きだ。大会の後は非常に沢山のお祝いが舞い込む。全員に返事することはとても覚束ない。でも、そうしたい。だから写真を掲載し、それに添えて、応援への感謝を記すのだ。もし日本に私のファンがいるなら、彼らにも深く感謝したい。




フィギュアのメドヴェージェヴァ選手がすっかり日本のとりこ
Sptunik日本(2016年02月01日 )  http://sptnkne.ws/a7Pn



メドヴェージェヴァ選手は実は、日本のアニメをモチーフにしたおもちゃが大好きなのだそうだ。一体何がきっかけで「はまって」しまったのか、メドヴェージェヴァ選手は次のように語っている。
「本屋に入ったら、『ハウルの動く城』の本が目に入ったの。それで、ああ、この本で宮崎駿監督のアニメがあったなぁって思い出して。映画を見たら気に入ったので、宮崎監督の他の作品も見ようとおもって。結局、監督の作品は全部見てしまったわ。」

Q:アニメの何がおもしろいんでしょう?
「もしかしたら私が女の子だからかもね。純粋な気持ちやロマンかな。すごくいいアニメ映画だとおもう。」

Q:日本ではフィギュアスケートがすごく人気なのは、フィギュアスケート選手がアニメの主人公に似てるからだって説を聞いたことがありますが
「それは聞いたことないわ。でも、日本人はフィギュアの選手を描くのがすごく上手よ。」

Q:じゃあ、あなたの絵も描かれた?
「ええ、私も漫画にされたわ。すっごくかわいいの!うれし〜!」

Q:SNSで同じフィギュアの日本の樋口 新葉(ひぐち わかば)選手から小包を贈られたって書いていましたね。
「そうなの。ワカバとは仲がいいのよ。ロシア・グランプリで日本の女子フィギュア選手に、これ、ワカバさんに渡してって、小包渡したの。ロシアから何がお土産に欲しいって聞いたよ。ワカバは私にミルクキャラメルの写真送ってきたんだ!(笑) ワカバはね、ミルクキャラメルが欲しいって、ちゃんと知っていたのよ! それで小包みにはミルクキャラメルと雄鶏の形のべっ甲飴とプリャーニキ(ロシア版ジンジャーブレッド)を入れてあげたんだ。そしたら今度はワカバのほうが、マトリョーシカ欲しいよ〜って。もう買っちゃった。」

Q:ワカバ選手のほうは何を送ってきたんですか?
「日本のいろんなお菓子。私、だいたい和食って大好き。お料理もお菓子もスナック菓子も。私ってもう心の底からすっかり日本のとりこなんだもん。」





                                            


ブリグ管理人考:

近来は気のせいか!〜
日本ーロシア間のニュースが以前より多く飛び交う事が目立つ様になりました!・・・

政府間関連と同様に民間も、特にロシア発のニュースが多い事は、今後の日露の関係が両国にとっては重要である事を両国民が感知し始めてきた証であり、・・・進むべき道を示唆しているようです。

❝From Russia With Love ⇒ 日本大好き!❞〜ロシアの可愛いロシアのフィギアスケート選手が、日本に愛くるしメッセージを送ってきた。

ソチオリンピックフィギアスケートの金メダリスト、・・・アデリナ・ソトニコワも大の日本ファンである。

日本風「ヨールカ」−年末年始のロシアのイベント!


最近モスクワにオープンしたインタラクティブな劇場「デ・アルテ(De-Arte)」では、モスクワで最も珍しい「サムライの使命」と題された年末年始の子供向けの演目が上演されている。また「デ・アルテ」劇場のヨールカでは、子供向けの演劇仕立てのイベントだけでなく、家族全員が楽しめるワークショップや展覧会も開かれている
イリヤ・プロゾロフ氏演出による「サムライの使命」では、子供たちのために日本のお正月の伝統的な習慣が紹介されている。

「サムライの使命」のシナリオは次の通り−
 悪役が、お祝いを台無しにしようとして「スネグーラチカ(雪娘)」を連れ去ってしまう。困ったロシア版サンタクーロスの「ジェード・マロース」は、日本の仲間に助けを求め、日本の仲間はジェード・マロースの元に勇敢なサムライである「ショウガツさん」と、「オジさん」を助っ人として送る。

モスクワで上演されている「サムライの使命」は、特殊効果がふんだんに使われた、驚きに溢れたファンタスティックな演目となっている。
 また劇場では、訪れた人々が日本のお正月の雰囲気を味わえる展覧会も開かれており、珍しい展示品を触ったり、写真を撮ったりできるほか、侍の甲冑を試着したり、戦うための本物の弓矢を放ったり、日本の侍や武士の武器を見たり、茶道の奥義を知ったり、さらには新年のプレゼントを自分の手で作ることもできる。

また劇場では、あらゆる年齢層のために折り紙、マンガ、アニメ、書道、囲碁、武道などのワークショップも常時開かれている。
日本風の「ヨールカ」と「サムライの使命」は、「デ・アルテ」劇場で12月19日にスタートし、1月10日まで毎日開かれる。

註:ヨールカ yolka
 ロシアの祭りの一つ。ロシア語で〈小さなモミの木〉を意味するが,ロシアにおいては,切り出したモミの若木に豆電球や綿雪などで飾りつけをほどこし,そのまわりで年末と年始に主として子どものためにもよおす祭りをもヨールカと称する。1840年ころに西ヨーロッパからロシアに伝わったクリスマス・ツリーの風習の変形である。もともとロシアでは,キリスト降誕節(クリスマス)から主顕節までの約2週間をスビャートキSvyatkiと呼んで,教会でのさまざまな行事とは別に,新しい年の吉凶を占ったり農作物の豊穣を予祝したりする習慣があり,西欧風のツリーも都市を中心に容易に受け入れられた。

日本では!〜


 2月7日、墨田区総合体育館で日本でサンボのプーチン杯開催された。

日露間では民間レベルでの交流は活発に推移している。
連れて政府間も安倍総理のロシア訪問をにらみ❢〜、領土問題や経済協力などの案件が目白押しとなっている。

日露間に友好関係が構築されれば領土問題が進展するか?・・・
領土問題が先に解決しなければ友好関係は構築されず!となるか?・・・

❝鶏が先か、卵が先か!❞、のジレンマに陥っている日露関係の打開は!〜、ロシアの愛くるしいフィギアスケート女子選手の日本へのメッセージにヒントが隠されている居るようです。
プーチンからのメッセージと捉えても良さそうです。


転載元転載元: 不死鳥!蘇る日本、未来に向けて自虐からの脱出

閉じる コメント(4)

アバター

ロシアの方の骨格は少し私達とは違う様で活かして欲しいですね☆

勿論、日本人も頑張らなくては(^_^;)
ナイス

2016/2/9(火) 午後 9:47 ・:*:・桜乃 一人静・:*:・ 返信する

顔アイコン

転載感謝致します。
有難う御座いました。

2016/2/10(水) 午前 1:29 [ gre*n*hub*32 ] 返信する

> ・:*:・桜乃 一人静・:*:・さん

続けてのコメント有り難う御座いました。

感謝しますよ。

2016/2/10(水) 午後 6:24 [ 筑後川の日本人 ] 返信する

> gre*n*hub*32さん

カナダからの日本を思うそのお心には、心が豊かになれますよね。

いつも記事の作成には、頭が下がりますね。

編集が抜群ですからね。

ですから勝手にお借りしていますので。

お許し下さいませ。

2016/2/10(水) 午後 6:27 [ 筑後川の日本人 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事