ここから本文です

書庫全体表示

最近やっている儀式がさらに厳重になっています。

DISKの消磁から活性化
イメージ 1


ACOUSTIC REVIVE社のDISK DEMAGNETAZEAR RD-3で裏表。

アコリバの石黒社長の作法はまずインク面を消磁してから記録面。

そののち、同社のマイナスイオン発生器 RIO-5で表裏にトルマリンマイナスイオンを吹き付けて活性化。

レンタルDISKのように返却の都度、汚れ落としで静電気の帯電激しい場合には奥に見えるQRB社 Static Charge NeutralizerのDestat handy SN-03で除電。
イメージ 2


最後に、トライオード社のデモで音質アップ効果を確認して購入したテートックレコーズ金野社長開発のHigh Definition Caseで30秒以上。
イメージ 3
原理は特殊生体波動を360度から転写されると書いてあります。

これから聴く、品薄でようやく手に入れた玉置浩二 ワインレッドの心 新品のSACD盤をこれで仕上げているところです。
イメージ 4
イメージ 5

CD1枚聴くために、アナログ・レコード以上の儀式が必要となりますが、ルーティン化しています。
特にレンタル系のリッピングでは、もう二度とDISKでは聴けないので必須の儀式です。

これだけやって、クロック同期もできないPCオーディオに音質でDISKが負けることはありません!

  • 顔アイコン

    消磁器については、同じ製品かどうかは判りませんが、愚弟の店で見ました。
    理屈は納得しましたし、彼もその効果を体感しているようでしたが、価格を聞いてみて
    貧乏人のmoleはスルーを決断しました。

    それから何年たつでしょう、今に至って興味が湧いて来ました。
    また尋ねて行って確認したいと思います。

    [ mole ]

    2019/1/17(木) 午前 10:08

  • 顔アイコン

    > flying moleさん
    こんにちは。

    自分はこれが発売された15年くらい前に買った記憶です。そのころはRD-1という商品名でしたが、一昨年、アコースティックリヴァイブ社からバーションアップされた現行品のRD-3に交換いただけました。

    こちらはバージョンアップしたら、安価に交換や改造いただけるのが素晴らしいです。

    一発屋で終わることが少なくないオーディオアクセサリーで長らく販売されているものは間違いないものが多いですね。

    近い内に、ケーブル類やパーツの消磁にも使えることを書こうと思います。これもなかなかです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/1/17(木) 午前 10:23

  • 顔アイコン

    我が家にもありますが、千葉に越してからは消磁していないかも。。

    アメーバに越しました 4333AWX

    2019/1/17(木) 午後 2:23

  • 顔アイコン

    > kt9*jpさん
    もしRD-3でなければ、アコリバでバージョンアップしてもらいましょう。イオン発生器とはセットです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/1/17(木) 午後 2:25

  • 顔アイコン

    RD-3は、長年愛用しています。DISK再生には必需品ですね。ケーブル、部品の消磁も有効です。

    [ Greece7 ]

    2019/1/17(木) 午後 6:55

  • 顔アイコン

    > Greece7さん
    こんばんは。

    絶対に使って損はないですね。

    レコード消磁器のRL-30も仲間から譲って貰いました。
    こちらは数枚のCDを一気に消磁したい時やおやりのケーブル、部品の消磁に使っています。

    ゴルゴ平蔵

    2019/1/17(木) 午後 7:56

  • 顔アイコン

    エート、自分の場合はマイナスイオン発生機とORB社の除けば皆持ってます。(笑)
    それと波動エネルギー転写装置も持ってます。(爆)

    [ 青フォレ ]

    2019/1/17(木) 午後 9:11

  • 顔アイコン

    > 青フォレさん
    さすがですね。

    アコリバ社長も、お仲間も皆さんRD-3とRIO-5はセットで使っていますのでこちらも是非とも。

    人体にもいいと書いてあります。

    さきほどまで出水電器、島元社長がお越しになって、電気工事後の拙宅のオーディオの音質を確認されて帰られました。

    アンプやスピーカーを交換したりして、いろいろな音味を感じていただけました。

    ゴルゴ平蔵

    2019/1/17(木) 午後 10:05

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事