ここから本文です

書庫全体表示

自作スピーカーや自作アンプの高音質CRパーツの調達先としてときどき利用させていただいた横浜ベイサイドネット。
横浜から新潟の燕市に移転されたのですね。
上越くらいなら、遊びに行きやすいのですが、燕市ともなれば新潟市にも近く、当地からは東京に行くのと変わらずに遠いです。

自作スピーカーとなればヒノオーディオがメインでしたが、ヒノなき今、横浜ベイサイドネットの他に、コイズミ無線、

麻布オーディオ

あたりが頼りになるショップになりましょうか。

自作ホーンスピーカーのネットワークはヒノオーディオで作っていただきました。
キャパシターはシズキの標準的なフィルムコンデンサーのこれから
イメージ 1

ユニットのWestern Electric化に伴い、ここの劇場用スピーカーのネットワークはオイルコンデンサーだったので、真似て交換。
イメージ 2

くぐもった音で、抜けない、帯域が狭いetcで頭を抱えて、ネットワークは失敗か、ならばプロにと、横浜ベイサイドネットに助けを求めたことがありました。

主張旅費はいただくが、どんな状態かそちらに行ってもいいとまで言っていただいたのですが、3ヶ月、半年と聴き込んでいくうちに、コンデンサーがエージングされたようで、普通に聴こえるようになったのでした。

アマティや部屋のエージングに数ヶ月〜半年近くら、「オーディオには辛抱が必要」とつくづく思います。

横浜ベイサイドネットさんは行動力があって、積極的のようです。
blogを見るとそう思います。

ハイエンドスピーカーメーカー御用達のスキャンスピーク社の営業が訪ねてこられたり、ドイツのミュンヘンハイエンドショーに出品された自作ハイエンドコンデンサーメーカーの代理店になられたり・・・

元サンスイアンプ設計士のイシノラボさんの店主ブログによると、国産の高音質コンデンサー、抵抗らは2000年あたりで消滅したとか。

何事もブームで短期間盛り上がって消えるこの国の状況の象徴ではないですか。

でも、外国にはあります。


最近知ったドイツのRike Audioのオイルコンデンサーです。
本国での公式サイトまで行って見てきました。自社コンデンサーを生かすための真空管アンプを開発販売。
翻訳ソフトがあるから今は海外サイト閲覧も便利ですね。

セメント抵抗も海外製のDayton Audioローノイズタイプがあるのですね。

SolenのMILスペックの無誘導巻線抵抗ら、見ているだけでもワクワクします。

ネットワークで、スピーカーのインピーダンス安定化のために当時はDaleの金色無誘導タイプ採用が最高度としか知らなかったのに。

ここをチェックしておかないと、最新オーディオ用CRパーツについて浦島太郎になってしまうので、時々覗いております。
他にアムトランスさんも。

こんな高級な天然の無垢板をアリ継ぎ加工なんて、量産品では絶対に無理ですね。
(箱作成に1年がかりとか)
イメージ 7


ハイエンドスピーカーメーカー御用達のスキャンスピーク社営業が自ら横浜ベイサイドに売り込みの最新トップエンドユニットは何と!楕円ボイスコイルだとか。

同社円形ボイスコイル型より40%も歪が少ないのは凄い!

楕円製造の困難性に関わらず、世界的トップユニットメーカーの意地だそうです。

楕円コーンば昔からあっても、ボイスコイルは円形でしたね。

今後のハイエンドスピーカーへの搭載例もありそうです。
写真は横浜ベイサイドネットより引用
イメージ 3

磁気回路
イメージ 4
イメージ 5


このユニットを使った同社の完成品

ユニットのべらぼうな価格。

ハイエンドでも採用はトップエンドクラス?
イメージ 6


ハイルドライバーの復活を知ったり


こんなにユニット化されたローパス、ハイパスフィルターが市販されていたり。


こちらのユニットも目を通しておくと、ハイエンドスピーカーのユニットがどちらのどれを基本にしたものかわかったり・・・・

コイズミ無線、麻布オーディオも含めれば、自作派は減少といっても、ユニットからLCRパーツ選びに困るほど数がありますね。

欧米は音楽文化とともにオーディオがあるので、ブームで盛り上がって消えることなく継続している恩恵ですね


自作スピーカーも経験するのはマイナスではなくて、例えばMagico社、YG社、ヒロ・アコースティック社の金属エンクロージャーとか、ソナス・ファベールのガルネリ・オマージュやアマティ・トラディションが意匠も含めて、はっきりした音目標のもと、相当試行錯誤して設計されたのか唸ります(このレベルは自作困難と諦めた)。

後で、ソナス・ファベールの故フランコの机は、写真でネットワークをいろいろ試行錯誤して付いた、半田ごての焼跡をたくさん見かけました。

  • 顔アイコン

    お早うございます。私には遥か彼方の世界ですが、商売という以上に情熱を傾ける人たちが、世界にはまだいるのですね。

    [ ファミリーヴィラ ]

    2019/1/27(日) 午前 8:15

    返信する
  • 顔アイコン

    > ファミリーヴィラさん
    ブームに乗って上がり下がりの日本と、連続する欧米のオーディオ文化の違いが垣間見えますね。

    ネット社会でもあります。日本人も国外にオーディオアンテナを張れば、まだまだ頑張れそうです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/1/27(日) 午前 8:25

    返信する
  • こんにちは^ ^

    横浜ベイサイドネット
    移転しちゃったんですか?😅

    横浜にあった時に実店舗にお邪魔して
    システムを聴かせて頂きました。

    この記事にある スピーカーも聴きましたよ。
    良いスピーカーです^ ^

    [ にっぱー ]

    2019/1/27(日) 午前 11:22

    返信する
  • 顔アイコン

    > にっぱー△気
    こんにちは。
    人生の楽園的な意味も含めて都会を離れたようです。

    スキャンスピークのトップエンド、良かったでしょうね。
    完成品でおいくらくらいでしたか?

    ゴルゴ平蔵

    2019/1/27(日) 午後 0:05

    返信する
  • 顔アイコン

    スキャンスピークの楕円スピーカーは良いですよ。
    さすがメーカーの意地の塊ですね。
    サウンドはかなり力強く密度が高いサウンドですね。
    仮にメーカーが市販したら100万位ですかね。
    個性的にネットワークはムンドルフで組んでみたいね。
    防水処理したらカーオーディオに使って見たいですね。
    さらに30cmウーハーも出してもらいたいね。
    (後半は願望ですよ) 削除

    [ 青フォレ ]

    2019/1/27(日) 午後 4:35

    返信する
  • 顔アイコン

    > 青フォレさん
    メーカー自ら、このユニットを持って世界中を営業しているようですね。

    横浜ベイサイドネットに来る前はアメリカのフェアだったとか。

    これを使うと遠目でもスキャンスピークとわかるのが、ハイエンドスピーカーメーカーにとっていいのか、悪いのか(笑)

    今のハイエンドスピーカー B&Wしかり手持ちのソナス・ファベール/アマティ・トラディションしかり、はじからムンドルフですね。

    音質はもちろん、これだけ広く採用となれば信頼性も大丈夫でしょうね。

    30センチ口径はどうなんでしょう? 最近は最大20センチくらいにして、ハイスピード追求ですから。
    これを2個、3個が近時のハイエンドスピーカーの使い方のようです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/1/27(日) 午後 4:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事