ここから本文です

書庫全体表示

ナイトさんから届いたミニDACです。

イメージ 1

メーカーも販売先もお値段もわからないです。

あえてそれらを知らないまま、要はバイアスなしに音質評価してみます。

評価環境は

送り出しはESOTERIC Grandioso P1のRCAデジタルアウト
イメージ 2

アンプはAura社VA-40とSpendor BC2

BC2の純正スタンド「トロリー」にはキャスターが付いているので便利ですね。
たしかBBCではこの間にQUAD 405パワーアンプが入るのでしたよね。
イメージ 3

RCAケーブルはイギリスメーカーの方向性管理ケーブル
イメージ 4
DACはバッテリー駆動です。
スピーカーケーブルはラボラトリウム社のYterです。

RCAデジタルケーブルはゾノトーンのシルバーマイスター HD-10000とWestern Electric同軸ケーブルからの自作を比較してWE自作ケーブル。

ソースは音評価のキラーソフトとして使っているアコースティックアーツ、ノーコンプレッションシリーズ vol11曲目 Sleep Awholeにジャズトランペッター五十嵐一生のオリジナルアルバム「FREE DROPS」。 

正直甘く見ていました。

音場がどうしても横一列なのは仕方ないにしても、必要な情報はしっかり変換して送り込んでいます。
ドラマーの演奏の機微や、効果音の動きまで認識できます。

音がやや薄いのと、多少シンバルら耳に刺さるきらいはあります。
(すべてが久しぶりの鳴らしなので、エージングの問題かもしれません)
特に明るい風でも暗い風でもなく、トーンバランスはニュートラル。

ブロ友さんはテレビのTOS-LINKに繋げて、外部スピーカーで使ってみて欲しいとのことでしたが、これならこの組み合わせでサブシステムとしても使えます。

AuraとSpendorも双方英国のオーディオだけに改めて相性の良さも感じます。
オーディオ断捨離的には、これらだけで十分かもです。

今のSpendorより、スペンサー伯爵とドロシー夫人でやっていたこのころの音がやはり好みです。
音がいい意味で今のと違って軽く出るあたりと、やはり20センチ程度のウーハーと控え目。
当時の日本製3ウェイな598、798。998あたりののバッフル幅目一杯の30センチウーハーではないこと。

今のSpendorは過去の日本のウーハーみたいで、この軽く出る感じが出ませんね。

2ウェイ+スーパーツイーター構成ですので、現代的にも高域の伸びに不足はありません。
イメージ 7
SpendorもHarbethも箱鳴り利用のスピーカーと単純に思っていました。
しかし、Harbeth HL-4の愛好者で、SONYのスピーカー設計もされたかないまる氏によると、巧妙な箱チューンがされているそうです。
(左側に目次アイコンがありました)


せっかくだからナイトさんが手を入れられたという中身も見てみましょう(笑)
イメージ 5

肝心のDA素子は表からは見当たらない、基盤を外してさらに見てみましょう(子供のころからテレビ、ラジオ、ラジカセ、テープレコーダーらは必ず分解!)
イメージ 6
DA素子に何の表示もなく、結局わかりませんでした(笑)

元値が何と!556円、そうして魔改造がこれにされていたことをナイトさん御本人が明らかにされました。

もしこのままの組み合わせを生かすとしたら、トランスポートがちょっと重厚長大です。
Auraと合う、できるだけコンパクトなトランスポートが欲しいです(たぶんフィリップスメカ系がより合うか)

  • 顔アイコン

    おはようございます。
    本題から外れてしまいますが、さすがと言うべきでしょうか、優れた機器をお使いですね。特にエソテリック群に圧倒されます。
    BC IIを久し振りに見ました。懐かしいです。これは、私が最初に使った英国製スピーカーでした。モニタースピーカーでありながら、上品な官能性もあり、やはり名機だと思います。置き場所がなくなり、廃棄してしまったことを後悔しています。
    その後、主に英国製スピーカーを使ってきましたが、BC IIの影響だと思います。
    懐かしく、昔のことを思い出しました。
    ありがとうございます。

    [ キュスティーヌ ]

    2019/1/30(水) 午前 6:03

    返信する
  • おはようございます。

    方向性のあるケーブルや吟味された自作ケーブル、エソテリックのハイエンドトランスポートなどこれ以上ない布陣に恐縮しきり。

    セカンドシステムにはもっと相応しいCDプレーヤーがあるはず。ミニDACはテレビの後ろに転がっているのが似合っているかなぁ;^_^)

    [ nightwish_daisuki ]

    2019/1/30(水) 午前 8:59

    返信する
  • 顔アイコン

    > nightwish_daisukiさん
    テレビでは家族は外部スピーカー要らないとされまして、ミニDACの実力はとありあわせの組み合わせでした。

    でもおかげでDACの実力のみならず、AuraのプリメインアンプとSpendorの相性を確認出来て良かったです。

    なるほど、ミニDACはさり気なく使うのが本来ということですね。
    いずれはテレビにですね。

    ゴルゴ平蔵

    2019/1/30(水) 午前 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    > キュスティーヌさん
    おはようございます。

    BC2、うちではどちらかというと、真空管アンプに繋ぐことが多かったです。

    またお使いのB&WをAura VA-40でウーハーまでしっかり鳴らせるかは自信がありませんが、BC2は案外、アンプへの要求は強くないように感じます。

    アンプの違いもはっきり表すあたりがモニタースピーカー由来と感じますし、お書きのとおり、モニターだけに徹したような緊張感を強いるものでもないあたりもずっと使い続けている次第です。

    ゴルゴ平蔵

    2019/1/30(水) 午前 11:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事