ここから本文です

書庫全体表示

Spendor BC2との組み合わせで改めていいアンプだなあと再評価したAura社 VA-40プリメインアンプ。

イメージ 2


イメージ 1

1989年発売というのですから、30年選手なんですねえ。

現在の輸入元のユキムさんによると、日本でも故山中敬三氏が瑞々しく鮮度感溢れる音を高く評価され、イギリスでの製造が終了する1997年まで日本でリリースされた13のモデルは、いずれもその存在を高らかに誇示したのですとありました。

そういえば中を見ていないと開けてみました。
イメージ 3

あらららら すっからかんですね(笑)
これでもフォノアンプまで搭載しているのですが・・・・

40W×2のこれが最後にはVA-100と100W×2になったころは中身はだいぶ詰まってきています(笑)
イメージ 4


89年といえば、まだまだオーディオブームは続いていたのでしょうか?

長岡鉄男先生の中身が詰まって、とにかく重いことという条件からすると落第ですね(苦笑)

もっと詳しく観察してみましょう。

出力トランジスターは基盤の裏に、シャーシを放熱板として取り付けられています。
イメージ 5

日立MOS-FETだそうで、これが計4個。

放熱器もなく、とてもシンプルです。

初段、前段がある三段構成に見えます。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8


トランジスターの足も綺麗でまだまだ大丈夫そうです。

電源トランスはトロイダルで、日本のオーディオ機器と違って、3Pコードのアースは筐体に繋げていました。
イメージ 9


トランスに丸いゴム様のものが貼られています。トランスのうなりや振動制振対策と思われます。
イメージ 10

端子にアースがあるのも、当時からの国産アンプからは珍しいでしょうか。
イメージ 11

入力端子はフォノとCDだけ金メッキという割り切りも英国っぽいです。
イメージ 12

後でクロームメッキサビ?汚れ落としをしました。

製造年月日のチェックシールもありました。
イメージ 13
89年1月9日?

MADE IN UKも今や貴重でしょうか?
イメージ 15


フロントらクロームメッキの汚れ落としをしていつものラックへ
イメージ 14
顔つきはやはりいい二枚目アンプと眺めているのは自分だけでしょうか(笑)

  • 顔アイコン

    おはようございます。ようやく土地が見つかり、不動産業者を通して、地主さんと会える手配が叶いました。

    平屋のマシンカットログを建てる予定でして、勾配3度の5角形ペンタゴンハウスになります。

    予算も乏しく貴邸の様な音楽室は叶いませんが、御指導を宜しくお願い致します。

    アメーバに越しました 4333AWX

    2019/2/5(火) 午前 9:43

  • 顔アイコン

    Auraのアンプ欲しかったけれど買えませんでした。
    シンプルで良い機械と思います。
    だいぶ前からSPは1台と決めてましたので色々なアンプをとっかえひっかえという聴き方は考えに在りませんでした。
    それでもAuraは欲しかった。

    [ 雪だるま ]

    2019/2/5(火) 午前 9:52

  • 顔アイコン

    確かに、ガラガラだ。(笑)

    以前、コニサーを使ってたのですが、確かガラガラだったような・・・。その空気量が、音に良い効果を与えてるという事でした。

    チョコ

    [ hh5*m ]

    2019/2/5(火) 午前 9:54

  • 顔アイコン

    > kt9*jpさん
    こんにちは。

    それはいよいよ、AVを心おきなく堪能する環境作りのスタートですね。

    近隣や同居人への音漏れの神経使いはストレス解消の音楽や映像のはずがストレス原因となって疲れますよね。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/5(火) 午後 0:04

  • 顔アイコン

    > 雪だるまさん
    こんにちは。
    この余計な回路や部品はない、シンプルさがあのすっきりと鳴らす音に繋がっているのだろうかと見ました。

    しかし、これではカタログ効果も、中身を示したオーディオ雑誌での訴求もない。

    会社は10年ももたずに一旦消滅したのも仕方なかったでしょうか?

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/5(火) 午後 0:06

  • 顔アイコン

    > hh5*mさん
    こんにちは。

    コニサーといえばこちらの中身でしょうか?
    https://highsound.net/blog/archives/4800

    たしかにスカスカですね。ただフォノステージのないラインプリならこのシンプルさがいいとの設計者の判断なのでしょうね。

    アンプは中身が詰まっていること、重いことなど故長岡鉄男さんの日本オーディオに及ぼした功罪も大きかったように思います。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/5(火) 午後 0:12

  • 顔アイコン

    そうですよ、これです。

    自分も中身がぎっしり詰まった、重い奴の方に魅力を感じます。と言いつつも、重ければよいというものでもないしね。

    チョコ

    [ hh5*m ]

    2019/2/5(火) 午後 0:37

  • 顔アイコン

    > hh5*mさん
    やはり、FM-fanでの長岡鉄男、アンプの重量表示と中身写真はくまなくご覧になられたでしょうか?

    アメリカではなく、欧州系オーディオに行っていれば、部屋サイズに見合ったBBC系スピーカーから、今のB&Wからシンプルで小型のアンプらで楽しめていたかもと思います。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/5(火) 午後 0:40

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事