ここから本文です

書庫全体表示

以下はオーディオケーブル設計者から直接お聞きした内容です。
絶対に技術系も含めたオーディオ雑誌には書かれない内容が数多く含まれています。
公開のご許可も頂いております。
我々エンドユーザーにも参考になる情報ですので、抜粋、一部補足引用します。

しかし、この情報は弱電、強電も含めた、ケーブル絶縁体の基礎知識とされています。

これを正直に書きますと、世の中に売っている万単位のケーブルが売れなくなる項目となる情報でもありますので、雑誌は口が裂けても書けません、書きません、書いてあるのを見たことはありません。
うっかりこの絶縁体のことに触れてしまったライターはオーディオ業界から抹殺されたそうです!

未だに付属赤白ケーブルでいいだの、ホームセンターの電源用ケーブルやインターホンケーブルがスピーカーケーブルらに適していると気の狂った情報を撒き散らす、脳散らすな方もおられます(苦笑)

 安い赤白ケーブル、ホームセンターの電源ケーブルの問題
○集合撚線
撚線の素線すべてを一緒に同方向に撚る方法で、電源コードや安価なスピーカーシステムに付属した平行2心ケーブルの多くは集合撚線です。この方法では撚線導体の断面はきれいな円形となりません。
このような撚線を信号伝送に使うと、電線の特性インピーダンスなどが電線の長手方向に対して変動するので、信号の反射などが起こり音質劣化の原因になります。
古河電工元技術者 根岸氏より http://avctnegy.music.coocan.jp/theory/0.html

こちらの自作何とかという名前の人は、金の導電率が悪いから、そんなのを有難がる輩のような電線病にかからないで済んだというわけのわからない記事を書いていました。
「失礼ながら端子の接触、接点安定性のための腐食しないための金メッキで、線材そのものに金メッキされている例はないと思うが」としたらG何とかとい人から書き込みを消されました。

そのくらい、オーディオマニアは線材について無知無毛と自戒を込めて思います。

通常の屋内配線に使われる(高級オーディオケーブルでも多いです)塩ビ(塩化ビニール)絶縁(PVCと略される)は文字通り、絶縁体に含まれる塩素によって導体が腐食し導通特性がいずれ劣化するとされます。

音質にはこの劣化以上に大きな問題があります。
ケーブルの導通特性を決める比誘電率が悪いという事です。

比誘電率とは判りやすく説明しますと電流を止める力のことで、この数値は低い方が導通特性に影響が出ません。

○比誘電率
ケーブルの設計において、比誘電率は最も重要な特性の一つです。比誘電率は、並行板コンデンサにおいて真空の場合の静電容量をCoとし、絶縁物をはさんだときの静電容量をCとすると、その比で定義されます。
          Es=(C/Co)
 別の言い方をすれば、真空(Es=I)に対してどの程度の分極が発生するか、その大小ということができます。絶縁材料によっては(例えばPVC)比誘電率が周波数によって変動するものもあり、また比誘電率の大小は信号の伝わる速さに影響するので、値が大きく周波数によって変動のある材料を使用するのは好ましくありません。

ラジオ技術へのさらに詳しい投稿については

ちなみにテフロン(PFA)は2.2、ポリエチレン(PE)は2.4という数値ですが、塩ビ(PVC)は何と!6という倍以上の非常に高い(悪い)比誘電率になります(周波数によって多少変わります)。
なお最高の誘電率は空気で1.0とされていますね。

いろいろな意味で、界隈での電柱間の高圧電力を伝送する高圧電線や、放送局のアンテナまでのケーブルらの絶縁体はテフロンです。

一時期、この放送局のアンテナまでの高周波伝送用ケーブル、テフロン絶縁体のセミリジットケーブルをオーディオに使いました。

なお、東京タワーの送信アンテナ、今はスカイツリー?へのアンテナまでの伝送ケーブルの絶縁体はテフロンすら比誘電率が悪いと、空気絶縁と聞いています。

この比誘電率、実は導体の素材や純度などよりも遥かに導通特性に影響することは我々が商品チョイスで知っていて損はないでしょう。

自作派からは、PVCは半田付に手慣れていないとすぐに被覆が溶けてしまうのに対して、テフロンは熱に強く、安定、安全なハーネスがしやすいです。
昔組み立てたサンバレーのキットの配線ケーブルが安いPVC絶縁体であったりします。

このPVCの大問題は後程記します。

溶けて、線材が空気により触れやすくなれば、より線材表面から酸化して電気の流れるとされる表皮効果からは問題が出そうです。

アンプキットでも、この辺をご承知の故森川忠勇さんのオーディオ専科では、多少お値段が加算されるものの、このテフロン線を選べるようになっていた記憶です。
確か、ベルデンの軍用機や航空機対応配線材だったと記憶しております。

飛行機はコックピットからエンジンや羽類までの長い距離を電線ケーブルが行き来して、人命や国家の帰趨の影響しますので、高性能、高信頼性、長期安定性が不可欠ですからね。

いや航空分野ではなく、さらにケーブルの交換困難な宇宙産業分野で利用されているテフロン被覆ケーブルの高信頼性、長期安定性についてはこちらにありました。

世の中の恐ろしさは交換できない屋内配線材が塩ビ(PVC)であることです。
なぜならコストがはるかに安いからです。このPVCに対してポリエチレンは10倍近く、テフロンは100倍近くのコストがかかってしまいます。

原価率を下げるには絶縁体はPVCにしておくのが一番売り手にはありがたいことだからです。

PVCは元来、塩ビパイプのように硬い材料です。電線用に使用するには適していないので、樹脂の中に可塑剤と称される液体を入れて柔軟性を持たせますが、透明にするには特殊な配合となり無理があります。
一部には塩化ビニルの塩素が液体の可塑剤に溶け出し、導体と直接触れるので導体が変色してしまうような劣悪品もありますので避けています。
カタログからはまずは絶縁体は何か調べましょう!

上記リンク先にあった、劣化したPVCスピーカーケーブルだそうです。緑青が吹きまくっていますね!酷すぎます!!
イメージ 1

たまたまネット検索していましたら、屋内配線材のVVFケーブルの導体に緑青が吹いている写真を見つけました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14159319634



この先にオーディオ用高音質電源ケーブルを繋いでところで意味はないのでは・・・


絶縁できて、電気が流れれば足りるというコスト最優先の屋内配線材と、経年劣化は許されない、安定的な音質命のオーディオケーブルとは絶縁体からして視点が違いますね。

交換しにくい屋内配線材こそ長期安定性が必要ですから、絶縁体としては塩ビ以外が相応しいはずです。
音楽室の分電盤まで、分電盤内、分電盤以降の屋内配線材の絶縁体は販売元のACOUSTIC REVIVEにも確認しました。導体の被覆絶縁体はポリエチレンと知って、これしかないと選びました。

上記の多くはACOUSTIC REVIVE石黒社長、AVケーブルテクノロジーの根岸社長から学んでおります。

  • 顔アイコン

    とても、参考になります。現在使っているRCAケーブルの材質を調べてみると、テフロンとのことでした。
    音が良いのも納得です。

    [ スイートサウンド ]

    2019/2/9(土) 午前 8:45

    返信する
  • 顔アイコン

    > スイートサウンドさん
    おはようございます。
    それは良かったですね。
    ケーブル設計者によると、テフロン絶縁体は半永久の導線保護をしますので、半永久に買ったばかりと同じ性能が維持されるそうです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/9(土) 午前 8:49

    返信する
  • 顔アイコン

    ゴルゴ13と、長谷川平蔵は、
    両方とも、私の「お気に入り」です。
    先ほどの”竹”」は、
    日本と、アメリカのグーグルからです。
    まだ、もう少しあるでしょうが、
    適度に、取り上げました。
    それだけ(竹)ではありませんが、
    私の、デスク・スピーカー(ニア・フィールド_のスピーカーの間の後ろには、
    6個くらい、竹製の、
    カトラリー入れが、
    たくさん積んであります。

  • 顔アイコン

    昔仕事でノイズの研究をしていた頃はケーブルは全てテフロン線でした。インピーダンスとノイズを考えるとテフロンが最適でした。

    [ 8EZL ]

    2019/2/9(土) 午前 10:03

    返信する
  • 顔アイコン

    為に成ります
    MIL銀メッキ線 使いやすさはより線ですね
    USには単線で凄い分厚い銀メッキの単線被服無し
    1mmで仕上がり1.1mm〜1.2mm有りました。
    削っても、中々銅が出てこない

    SPの近くにアンプ置く方法も有ります。
    イシノラボ 電池アンプか SA600

    [ jh1*mk ]

    2019/2/9(土) 午前 11:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > イスの生活・美しい日本・国際結婚さん
    竹を使ったオーディオ写真集め、デザインがユニークで面白かったです。
    しかし、竹コンデンサーは手がかかっていて、今に生産は困難に見えます。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/9(土) 午後 1:57

    返信する
  • 顔アイコン

    > 8EZLさん
    放送局から電力会社らケーブルの本当の意味をわかっているからこその絶縁体と思いました。
    マイ電柱工事で6600Vの高圧線がしかと単線の被覆がテフロンであることを、持って触っただけでわかりました。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/9(土) 午後 2:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > jh1*mkさん
    ありがとう御座います。

    オーディオ専科のテフロン配線材は撚り線でした。
    ワイヤーストリッパーまで指定で、ベッセルのNO3500E-1と、
    手に入らなければ、キットと一緒に送りますとの徹底ぶりでしたね。

    同じ真空管アンプキットのサンバレーは店主は100均のワイヤーストリッパーで組み立てにひっくり返りました。
    何回きれいに剥けるのか?

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/9(土) 午後 2:50

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。

    普通の?ケーブルの
    「プラスチック臭い」と私が思う色付けが嫌になって、
    エナメル+シルク+綿の単線に極力変更してますが、
    記事を拝読して、20GAテフロン線を内部配線に使ってみる気になりました。

    現状では大地アース線に使っているだけなのが
    勿体無くなって来ました。

    [ tan*oi*y*n ]

    2019/2/9(土) 午後 3:16

    返信する
  • 顔アイコン

    > tan*oi*y*nさん
    たまたまネット検索していましたら、VVFケーブルの導体に緑青が吹いている写真を見つけました。
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14159319634
    完全にオーディオ用途としては終わっていますね。

    故長岡鉄男氏でしたか、こういうVVFケーブルや電源用キャブタイヤ、PVCケーブルをスピーカーにと推奨していたような気がします。

    長岡派?はホムセンあたりでメーター数百円で手に入れたと思いますが、被覆は塩化ビニールがほとんどのはずです。
    http://japanese.copperconductorcable.com/supplier-220153-pvc-insulated-power-cable

    音は出るでしょうが、現在音質を維持できているお宅はほとんどないと想像します。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/9(土) 午後 4:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > 長谷川平蔵さん
    行って見ました。

    一つ目はゾっとしますね。
    拙宅の壁の中は見ない様にしようと決意しました(^^;)
    二つ目は下に行くほど
    恵方を向いて咥えたくなりますね(笑)

    「VVF」もググる万年電気素人ですが、
    勉強になります。
    続編、期待してます。

    [ tan*oi*y*n ]

    2019/2/9(土) 午後 5:25

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは!
    大変有意義な内容で勉強になりました。
    難しい問題ですね
    ただ、
    航空機の電線の被膜も苦節ありました。
    ご存知かと思いますが
    1996年のUSA TWA空港のBoeing747機が飛行中爆発による
    空中分解を起こし墜落した航空事故では、航空テロとも騒がれましたが、最終的な事故調査で、電気配線がショートし火花が燃料タンクにある気化ガスに引火したものだったことでした。
    たしか、あの頃の航空機の電線被膜はテフロンだったと思いましたが、数十年経つと劣化し被膜がボロボロになるものだったのです。

    [ ひでじ ]

    2019/2/9(土) 午後 5:40

    返信する
  • 顔アイコン

    > tan*oi*y*nさん
    これはオーディオケーブルの寿命を知りたくて、オーディオケーブル設計者の方に直接お聞きしてわかったことでした。

    うちにも、皆様のうちにも使わなくなったケーブルの残骸がかなりあると思います。

    それらは音質的に使えるのか、使えないのかは絶縁体の材料に大きく依存すること、1000円単位なら塩化ビニールだろうが気にはしないで、5年も使ったら捨てればいいのですが、壁内ケーブルは捨てることも、新しくすることも容易ではありませんよね。

    電源やスピーカーケーブル、インコネからデジタルケーブルら万単位、10万を超えるようなケーブルなら、半永久に使えるテフロンを絶縁被覆として要求したくなります。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/9(土) 午後 6:37

    返信する
  • 顔アイコン

    > ひでじさん
    日本電線工業会がケーブルの耐用年数を発表されています。
    https://www.jcma2.jp/files/gijutsu/Shiryo/107.pdf

    ただ被覆の違いらはまったく触れていないあたりは、オーディオと触れられない同じく大人の事情でしょうね。

    また何をもって耐用年数とするかはオーディオと一般電灯線は違うはずです。この辺もケーブルメーカーは黙ったままですね。

    航空機はたとえテフロンでもたとえば10年毎とか交換すべきと思いますが、テフロン線の信頼性に頼りすぎましたか。

    ただ航空機は零下ウン十度の世界から、エンジン近くの高熱にさらされる部分もあったり、オーディオ用とは比較にならない過酷な環境にさらされているので、オーディオではやはりテフロンなら半永久、少なくとも貴殿の寿命より長いとの説明を信頼して良さそうです。

    今の航空機のケーブル点検はどうなっているのかググりましたがわかりませんでした。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/9(土) 午後 6:45

    返信する
  • 顔アイコン

    > 名無しさん
    なるほど、航空機整備の立場から、航空機では導通抵抗を多少は犠牲にしてでも軽さという特殊ニーズか、航空機内のテフロン線が数十年で硬化してボロボロになったことなど当事者でなければ知り得ない情報大変参考になりました。

    屋内配線材もテフロンでも注意します。
    音楽室は幸い壁外配線ですので、交換は容易です。
    実際にも2、30年後となれば、さらに素晴らしい導体が生まれているかもしれませんね

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/10(日) 午前 0:29

    返信する
  • 顔アイコン

    このページは完全保存版ですね!
    次期RCAケーブル選定の目安を、先ずはテフロン仕様に置く事が出来、感謝いたします。

    [ valve293 ]

    2019/2/11(月) 午前 5:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > valve293さん
    是非とも参考にしていただければ、オーディオ雑誌に掲載されないが極めて大事な基準だけに間違いのないケーブル選びが出来ると思います。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/11(月) 午前 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    > nightwish_daisukiさん

    こんばんは。

    FMアンテナ線もACOUSTIC REVIVE石黒社長から特別に頒布いただいた古河電工のスーパーコンピューター用試作ケーブルです。

    屋内配線材も市販品と誤解があってはいけませんね。
    本文を訂正しておきました。
    ご指摘ありがとうございました。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/19(火) 午後 6:02

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事