ここから本文です

書庫全体表示

今日の日記のSONYでスピーカーの設計もされた元技術者から、日本国内だけでオーディオブームのころの598スピーカーが通用した理由に、日本人の低音音痴、リズムからの低音の意味が日本人リスナーにはわからないことなどが書かれていました。

どういうことか調べたのが下記でございます。

なおサンスイ社のアンプ設計者 イシノラボの平野氏からも、アメリカでのサンスイ撤退にからめて、世界で売れた国産スピーカーは結局1台もなかったことが書かれていました。

そういえば、こちらで流行の部屋録。たまに聴かせてもらいます。
ただ半分以上?はリズムの上にメロディーが乗っていないのですね。
リズムがスッポ抜けている、ベース音が聞こえない、鳴っているようだが随分音圧が小さい、そもそもリズムが聞き取れない・・・

ただ、部屋録は業者なら録音機材に100万円からかけるようで、録音機材の性能違いを聴いているだけかもしれません。

心理学を著作した立場からは、御本人はうちのは音がいいとされている深層心理があるからアップするのでしょうから、あえてこのようなことを当の御本人に指摘する無粋はことはできませんが(爆)

欧米人とはオーディオを趣味とする日本人は、同じ軽音でも聞き方が違うのだろうかと下記を読んで思います。

この元SONY技術者のかないまる氏はオーディオ技術者であるのだけれど、音響と民族性についてまで言及されるなど、とても視点がユニークです。
世界のオーディオショーで自分の設計したアンプ、スピーカーをPRしてきた立場だけに切実な実感でしょう。

ウンウンと頷きながら読みました。以下引用。

(ハーベス HL4)周波数特性で注目すべきなのは、50〜20kHz ±3dBとはっきり書いてあることです。
イメージ 1

実際発売当時、会社で買ったものの周波数特性を測りましたが、50ヘルツが-3dBできちんと出ていました (周波数特性の平坦性は銘板に書いてあるような真っ直ぐな特性では全然ありませんが、左右はよく合っていました)。

海外製の音のよいスピーカは50ヘルツまできちんと音を出します。また単に特性が出るだけでなくて、ベースの音程の変化点がはっきりわかる音(平蔵、音程の変化を出すことでリズムを出すベース)を出します。ハーベスは比較的箱を鳴らすタイプですが、それでもその基本はしっかり出ています。

日本製のスピーカが音楽性がないと言われるのは実はこのへんが未消化だからだとかないまるは思います。結構大型なのに50ヘルツまで出ていないものも結構あります。日本人の多くは低音楽器にいろいろな意味で鈍感なので、そういう音でリリースしてしまうのだと思います。

ではなぜそうなるか。民族的に紙、木、草でできている家屋に住んでいた地域は西洋音楽の低音をあまりよく理解できていません。そもそも低音が育たない家屋なので低音に鈍感な遺伝子が多いんでしょうね。日本や東南アジアには低音の持続音を出す楽器があまりありません。鈴や太鼓のような打楽器がありますが、これは西洋音楽的には「テンポ」楽器であって「リズム」楽器ではありません。

これに対して欧州は民家ですら石を積んだだけで100年住めるという家屋が多いので、低音の意味が全然違います。リズムは低音弦楽器の音程の変化点が握っています。AVアンプを設計していても、そのへんがきちんとでないと西洋人は絶対に認めてくれません。

米州は建物はツーバイフォーの木造が多いですが、紙で開放された部分はなく、低音はしっかり家屋内に閉じ込めます。またつい最近まで欧州人だった人の子孫なので、低音リズムの理解は欧州に近いです。

ただし、北米は田舎の人が多く、クラシック音楽経験が少なく、クラブなど至近距離での低音体験が多いことと、黒人音楽の影響力が強いので、欧州とは好みは同じではありません。ただ、リズムが低音の音程の変化点でつくられるという感覚は全く同じです。

そういうわけで欧米の音楽もベースがとてもよく鳴ります。日本のロックやポップスはその点が全く不十分なものが多く、Jロックでのベースは西洋のロックより平均的に5〜6dBは小さいと思います。歌謡曲のほうが、低音はよほど豊かですね。編曲者がジャズやクラシック音楽をきちんと勉強するからでしょう。
(あんなボーボーするだけがせいぜいの日本のスピーカーでは低音楽器の音圧を削らないと、ノイズだからだろう。)

  • 顔アイコン

    ヘヴィメタルを聴く私ですが「ベース」の音を認識したのは二十歳のとき生演奏をみたときでした。完成品の曲を聴いているだけでは「ベース」がどんな音が分からなかったんですね。
    耳に入っているが認識できていない。つまり聞こえていないのと全く同じ。今はその反動でベースの音がよく聴こえています。これはトレーニングでどうにかなるケース。

    トレーニングでどうにかならないケース。
    聴覚は健全なのに「言葉が聞き取りにくい」聴覚情報処理障害 (APD: Auditory Processing Disorder) というのが最近になって認知されるようになってきました。小さい頃に親から多く話しかけられないと、これになる傾向があると推測しています。私も多分それ。英語がすらすら耳に入ってこないのと同じように日本語が入って来ない。

    音楽性、感性は、民族といいますか環境次第なんだろうなと思っています。ヘヴィメタな私はあんまり環境がよくなかったんでしょうね(笑)

    [ nightwish_daisuki ]

    2019/2/6(水) 午前 0:42

  • 顔アイコン

    こう云う指摘はmoleも他の音響関係者の著作で読んだことがあります。

    そもそも、古来から東洋人は低音を希求する欲望が薄いのだと云っています。
    向こうの人ははコントラバスやオルガンという低温楽器を苦労して造り上げる希求があったと。
    家屋の造り材料などがそう云う環境にしたとも思えますね。

    [ mole ]

    2019/2/6(水) 午前 0:44

  • 顔アイコン

    > nightwish_daisukiさん
    ナイトさんにではありませんが、私は低音音痴なことを証明しますという部屋録が、コチラのざっと7,8割でしょうか(爆)。少なくとも半分以上はかつてのシスコン低音の延長な15秒で再生を止めてしまいます。

    後半は生育環境ですね。
    愚娘には3才から生ピアノ、バイオリン、欧米ハイエンドの音は聴かせています。低音音痴にならなければいいのですが。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/6(水) 午前 0:58

  • 顔アイコン

    > flying moleさん
    クラシックオンリーからはわかりにくいと思います。
    本文は軽音楽でのリズムの低音の話ですから。

    案外クラシックオンリーな同級生はさしたる不満なく、むしろ満足そうに国産シスコンやヤマハの1000番やら、国産598.798.998を聴いていた記憶です。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/6(水) 午前 1:01

  • 顔アイコン

    今も使っているフィクスドエッジのWestern系ウーハーをチョイスする際はジャズライブハウスにあしげく通った横浜でした。
    ミュージシャンとも仲良くなりましたので、ライブ前に横浜にあったエルタスにジャズベーシストを連れて行って一緒に選びました。

    裸のウーハーユニットをたくさん床に並べて、ワニ口クリップで次々と繋いで鳴らす方法で。

    数秒で失格はJBLならLE15Aや白いウーハーの加味が重いモデルでした。
    その意味では自信あるリズムが出る低域です。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/6(水) 午前 1:17

  • 顔アイコン

    こんにちは
    「日本人は低音の音階とリズムが分からないのでは」と言うのは私も頷けます。
    太鼓など、音程の変化も無くドンドンとなるだけの低音しか知らなかったからかもしれません。
    もう一つ思うのは、ピアノ演奏で、幼稚園児の歌のように、ひたすら強音で弾き続ける人が多い事です。
    私の好きなホロヴィッツなどを聞いていると、ピアノの本当の良さはピアニッシモにあると思います。
    音の強弱にメリハリがあるから、音楽の美しさが出て来るのだと思いますが、ひたすら強音を叩きつけるだけでは音楽的ではありません。これも日本人独特かもしれませんね。

    [ 定年おやじの日記のブログ ]

    2019/2/6(水) 午前 10:46

  • 顔アイコン

    > 定年おやじの日記のブログさん
    和太鼓やクラシックのグランカッサはミュートされることもなく、ドーーンと尾を引く鳴りだから、日本598スピーカーでも鳴らしやすいのですよね。

    軽音楽のミュートバスドラムは楽器側で切れ味良く、尾を引かないように毛布やヘッドにテープでミュートされていますし、電気的にも一定の音圧に下がると音をカットする電気的処理がされています。

    こういうのは日本598ら日本スピーカーの苦手とする低音と思います。
    リズムが鳴らないのですから、オンデコザみたいのが好きな日本人にしか売れなかったのも無理はないですね。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/6(水) 午前 10:53

  • こんばんは〜
    日本のスピーカーで低音が自分の思うように上手く鳴らなかったのはこういった側面もあったのかもしれません。
    やはり、低域の出し方はこちらでも課題になっていて一般家庭でどうやって低音を上手く出すか研究中です。

    >音育
    やはり、幼い頃からの音育は大切みたいですね。6歳までだったかな?ピアノの和音を聞き分けるみたいな特訓をすれば高い確率で絶対音感が身につくそうです。

    [ endlessproject ]

    2019/2/6(水) 午後 0:48

  • 顔アイコン

    > endlessprojectさん
    別の自作派の友人もこのころのウーハーは自作でも使えなかったそうです。

    の前の紙の時代のWestern Electric、JBL,ALTEC、クラングフィルムのウーハーに何らの瑕疵もないですね。なるほど!新素材競争も結局は雑誌やカタログのアイキャッチ効果だったのですね。
    残念ながら素材競争も一発屋の目立ちたい、他社と差別化したいためのあきんど方策だったと思います。決して音質からではなかった。

    他方、現代ハイエンドスピーカーにも多く採用される、スキャンスピーク社、オーディオテクノロジー社といった北欧勢はアルミら金属系から、はたまた高分子化合物を早くから採用のBBCモニターの英国勢は、素材競争というより、きちんと音に結びついていましたね。

    買うなら外国製が今も昔も無難のようです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/6(水) 午後 5:11

  • 顔アイコン

    これは、すばらしい学説(調査)(意見)です。
    そうですね、海外で、日本のスピーカーは、輸出を少し、何度も、何買いも、トライしておりますが、
    商売に結び付かず、結局、
    撤退です。
    日本国内でもそうじゃないですか?
    日本人が好むスピーカーは、ほぼ、全部、海外ブランドですね!

    [ イスの生活・美しい日本・国際結婚 ]

    2019/2/9(土) 午前 10:07

  • 顔アイコン

    > イスの生活・美しい日本・国際結婚さん
    そのようですね。
    日本の有名メーカーでは本当のコンダクターはおられず、どちらも技術者が技術本位で設計していたのと売上ですね。

    設計者が紙のコーン紙が良かったと上司に決済を求めても、それで雑誌がまともに取り上げるか?カタログPRにもならん。
    他社にない部材でやり直し!

    未消化のままの新素材より、固めて安定させるコンパウンドの癖丸出しのユニットが量産されたばかりと思います。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/9(土) 午後 2:12

  • 顔アイコン

    カーオーディオ業界でも、高名な評論家のお陰で薄くて軽い低音が流行中ですよ。(笑)

    [ 青フォレ ]

    2019/2/10(日) 午後 1:30

  • 顔アイコン

    > 青フォレさん
    あまり良くない傾向ということで宜しいでしょうか?

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/10(日) 午後 4:41

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事