ここから本文です

書庫全体表示

スイッチング電源の設計者のブロ友より、『ここ10年以内のインバータ機器(エアコン·電子レンジ等)や75W以上のスイッチング電源は高調波規制を遵守していてこの様な入力電圧の先頭部分を潰して台形波のようにしたりしません。

その理由は高調波規制を守る事で同じ電流契約で、より大きな電力が得られるというメリットも有るからです。他方、10年位前までのスイッチング電源はACサインウェーブの頭を潰してしまっていたとも。現代も少電力スイッチング電源、インバーターならやはり相変わらず問題例もありそうです』と補足させていただきました。

最初のAC波形潰れは最終的な整流後のDC電力の減少に影響する。でやはり宜しいでしょうか?

そうして、この一旦潰れた(上下が狭まった)AC波形はノイズカットトランス、フェライトコア、ICフィルターグッズでは元に戻らないことも指摘しました。

このAC波形を潰すのは家電製品らからのインバーターやスイッチングノイズであるとも。


CDプレーヤーが出たばかりのころは、電源のクリーン化からデジタル機器とアナログ機器は別電源で取りましょうなどと言われた時期がありましたね。

でも、ラインケーブル、デジタルケーブル(同軸)のマイナスを通して、デジタルとアナログのグランドは繋がりますから分ける意味がない。

あるいは、ESOTERICのように、今のハイエンドデジタルで、電源や空中にノイズ、電磁波を振りまくような設計はしていないとのことで、ESOTERIC試聴室でもデジタルもアナログも同じ電源から給電しているそうです。

PCやネットワークオーディオの普及。スイッチング電源、インバーター電源が大量に家電に入ってきている今日、分けるべきはこれらとオーディオのようです。

拙宅は幸いマイ電柱で、積算メーターからはオーディオ用と一般電灯線を分けて、分電盤はまったく別のところに取り付けています。

PCオーディオ関係はオーディオ分電盤からの屋内配線系とは別の一般分電盤からの電灯線を音楽室に別途引いて、ここから給電。

それでも、電気的には完全にアイソレートされているわけではありません。
積算メーター出口でオーディオ用電灯線と一般電灯線が繋がるからです。

一般電灯線をできる限りPCら電源ノイズで汚染させたくありません。

そこでせめてものノイズカットにと工夫したのは、すでに書きました屋内配線のコンセント設置工事の際に、まずは屋内配線のHOT側ケーブルとCOLD側ケーブルをツイスト。
イメージ 1


そうして家の壁コンセントの向こう側には全てこのフェライトコアを通してあります。
イメージ 2

あらためて見ても、200個のフェライトコアは壮観ですね(笑)
イメージ 3
分電盤近くの光電話、無線LAN、Wi-Fi、屋内有線LANのコンセントがむき出しなので、ツイスト&フェライトコアがわかりやすいです。
イメージ 15


バリスタ入りコンセントプラグでのノイズカットをさらに。
イメージ 4

イメージ 5



このEMCノイズ対策作戦からはフェライトコアは吸収、バリスタはバイパスとなるようです。
イメージ 6


そうして、本日行ったのは「5,アイソレート」です。

昔、譲っていただいた今は売っていないオヤイデ電器の1500Wクラスのノイズカットトランスです。
二次側に100Vと117Vが出ているのがポイントです。
イメージ 7

さらにノイズカットのために、一次側にコンデンサーまで付いていて、60Hz地域と50Hz地域ではこのコンデンサーの接続の変更を指定するなど、真面目に作られているものです。
イメージ 8


その上に、カットしたノイズをさらにアースに流せるように二次側にはアース線まで付けられています(左側の端子)。
イメージ 9


今回はオーディオ専用マイアースのアースターミナルにこのアース線(黒いケーブル)を繋げて、ノイズカットを万全としました。
イメージ 10


これでPCらネットワーク機器への電源供給はアナログトランス電源やifi DC ipurifierでノイズカット。

そのPCらネットワーク機器のACアダプターから電灯線に放出されるスイッチングノイズらはこのノイズカットトランスで対処。

実は音質からはこのノイズカットトランスは実は好みとは違って、音を丸めてしまう、フォーカスが甘い、音像のシャープさがボケるなどでアメリカのMarantz#7Cらアメリカアンプに117Vを供給したいとき以外はオーディオ機器そのものに使うことはほとんどありませんでした。

ただ、ノイズカット性能は今の音楽室ではなく、家庭用分電盤と分けていなかった旧音楽室のコンセントをノイズアナライザーで測定したことがありまして、間違いないものです。

これをPCオーディオ系からACアダプターらオーディオにスイッチング電源を使う系統全てに使うことにしました。
これらにクリーン電源ではなく、これらのノイズ電源があっても、一般点灯線にノイズが回らせないためです。
イメージ 11


コンセント口は1口しかないので、テーブルタップを。
これもノイズカット機能があるACOUSTIC REVIVEの廉価版テーブルタップのYTP-6Rを
イメージ 12


これもノイズアナライザーで実測して、ノイズカット性能が間違いないことは確認済みです。

ここに昨日のバリスタノイズカット電源プラグを介して、PC、スイッチング電源ACアダプターを繋ぎました。

再度、デジタルマルチメーターで電源極性を確認して給電開始しようとしたら、どちらがホットでコールドか、ほとんど値が変わりません。
どちらも、特にコールド側が元コンセントからトランスを介したために浮いたせいでしょうか?
イメージ 13


これで、PCらデジタルノイズ、スイッチング電源からのスイッチングノイズが一般電灯線に回り込むことはないと思います。

正直に申し上げると、バリスタなど平蔵のだ耳からはあるなしの違いがよくわからないものもあります。
また、引っ越し前にすでに設置済みのコンセントケーブルのツイストやフェライトコアの効果効能のあるなしは壁の向こう側のため実験できませんでわかりません。

ただ、現代のオーディオはとにかく、電源ノイズ対策らノイズ対策に尽きると言い換えてもいいように、小さなことからコツコツとやるしかないかなと思います。

半分自己満も入っていますが、我が家は以下の対策でオーディオ電源環境は悪くないと思います。

・マイ電柱

・出水電器のオーディオ専用分電盤から壁コンセント経由で機器へダイレクト給電
イメージ 14


・マイアース

・ifi AC ipurifierの活用

・PCオーディオ系は、①ノイズカットトランス、②ノイズカットテーブルタップ、③ノイズカット機能があるバリスタ電源プラグの三重で、PCオーディオにクリーン電源供給&PCらからの電源ノイズのノイズ逆流除去。

・一般電灯線とオーディオ回線は分電盤から別

・一般電灯線のコンセント全てに電灯線をツイスト&フェライトコアのノイズカット対策

・一般電灯線の冷蔵庫、洗濯機、屋外ガスボイラー、温水シャワートイレら給電部分にノイズカットバリスタ電源プラグ。

さらに対策は続く

  • 顔アイコン

    > ひでじさん
    論点がズレています。どうかスイッチング電源の基礎が書かれた彼の著作の該当部分をお読みいただき、その感想をおねがいできませんか?

    そうすればかような論点ズレはないので。

    以降それをお読みいただいてから願います。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/25(月) 午前 7:24

  • 顔アイコン

    基礎の部分をコツコツと行うことが結局は高音質への近道だと思います。
    それにしても徹底されてますね。

    flattwin

    2019/2/25(月) 午前 7:25

  • すみません
    正弦波の山が潰れるのは
    偶数高調波でなくて
    奇数高調波でした
    すみませんでした

    [ ひでじ ]

    2019/2/25(月) 午前 7:25

  • 顔アイコン

    > ひでじさん
    繰り返しにお答えいただけないので、三度目の同じ質問です。
    ごく基本です。
    山が潰れたAC100V電源をアンプの電源回路に入力したら、DC出力にどのような影響がでますか?

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/25(月) 午前 7:27

  • 顔アイコン

    > flattwinさん
    オーディオは大変頭と手間のかかる趣味だなあとますます痛感しております。
    小さなことからコツコツとですね。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/25(月) 午前 7:29

  • 顔アイコン

    > ひでじさん
    念の為、スイッチング電源設計&設計基本書の著作者のブロ友の該当部分です。

    ここ10年以内のインバータ機器(エアコン·電子レンジ等)や75W以上のスイッチング電源は高調波規制を遵守していてこの様な入力電圧の先頭部分を潰して台形波のようにしたりしません。高調波規制を守る事で同じ電流契約で、より大きな電力が得られるというメリットも有るからです。
    私の書いた「増補改訂版·スイッチング電源設計基礎技術」の第13章·力率改善回路にその事を詳しく記載してありますので立ち読みでもして下さい。ただ、古いインバータ機器等はこの様に入力電圧を台形波の様にしていたのは否定しません。すみませんですた

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/25(月) 午前 7:46

  • 顔アイコン

    凄いですね。 惚れ惚れしちゃいます。 マイ電柱+マイトランス&アース工事で、予算は如何程でしたでしょうか。どこかで200諭吉という金額を読んだ事があるのですが。。

    アメーバに越しました 4333AWX

    2019/2/25(月) 午前 8:20

  • 顔アイコン

    > kt9*jpさん
    メニューは細分化されていますので、是非とも出水電器さんにお聞きになるのが早いです。
    地盤や電力会社ごとに違うようです。

    なお、本文の論点と違うので触れませんでしたが、屋内配線材をアコリバにしたことによる影響はかなり大きかったです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/25(月) 午前 8:26

  • 顔アイコン

    ありがとうございます。それはそうですよね。

    未だ農地転用をかけている段階ですので、煮詰まって来ましたらお声掛けしてみます。

    アメーバに越しました 4333AWX

    2019/2/25(月) 午前 9:00

  • 顔アイコン

    こんにちは。
    >山が潰れたAC100V電源をアンプの電源回路に入力したら、DC出力にどのような影響がでますか?

    私が答えても話は進まないのでしょうが、ゴルゴ平蔵さんの何度も問いかけられていますので...。

    頭のつぶれた交流を整流回路で整流すると、整流回路の出力コンデンサは交流波形のピーク値で充電されるから、頭のつぶれた分だけ低い直流電圧になります。

    ゴルゴ平蔵さんのお話したいことはまだまだ一杯あるのですが、最初の応答はここで宜しかったでしょうか...。

    「いやいやまだまだ言いたいことはたくさんあります」...かしらねぇ。

    大変お疲れ様です。

    [ kzy***** ]

    2019/2/25(月) 午前 11:26

  • 電圧の頭が潰れたら、
    1)コンデンサインプット型整流平滑では得られる直流電圧が、潰れてピーク値が低下した分だけ低下する。
    2)入力電圧波形が正弦波では無くなるので、正弦波入力を前提とした機器が正常動作しなくなる(例:電源トランスが唸る。交流モーターが滑らかに回らなくなる)

    [ ac8*_*64v ]

    2019/2/25(月) 午前 11:53

  • 顔アイコン

    > kzy*****さん
    ありがとうございます。そのとおりで、それを多くのオーディオファイルにご理解いただきたかったことです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/25(月) 午後 0:59

  • 顔アイコン

    > ac8*_*64vさん
    ありがとうございます。まさしくです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/25(月) 午後 1:00

  • 顔アイコン

    https://blogs.yahoo.co.jp/tiromie/41235887.html

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/26(火) 午前 3:37

  • 顔アイコン

    唯一の当blogへの書き込み禁止者が書き込んできました。
    無条件に削除です(笑)

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/26(火) 午前 4:05

  • 顔アイコン

    こんにちは。
    >唯一の当blogへの書き込み禁止者が書き込んできました
    どなたのことなのかは言わずが花でしょうかしらね...。
    おっと、二人目にならないように自分も注意しなくては...。

    既にヨークご存知のこととは思いますが、一般読者の皆様への基礎何とかとしてお話ししますね。

    日本の家庭用の100V電源についてです。

    電源会社は周波数の違いこそあれ、電気事業法第二十六条第一項と電気事業法施行規則第三十八条(昔は四十四項だったけど...)で、維持すべき標準電圧の値が定められています。

    具体的には、

    百ボルトは、百一ボルトの上下六ボルトを超えない値
    二百ボルトは、二百二ボルトの上下二十ボルトを超えない値

    です。

    参考リンク、電子政府の当該項目
    http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=407M50000400077#424

    つづく

    [ kzy***** ]

    2019/2/27(水) 午後 1:31

  • 顔アイコン

    > kzy*****さん
    こちらに書き込み禁止となれば、全くのトンチンカンでめちゃくちゃしかありえませんので大丈夫です。

    詳しくはイシノラボ、日本オーディオ史に電源ノイズやレギュレーション問題が詳しいですよ。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/27(水) 午後 6:08

  • 顔アイコン

    > ゴルゴ平蔵さん
    自分もたまにポカをやりますので注意したいと思います。

    言ってる先から、上の書き込みもよそ様のブログで「つづく」などとのんびりやってるのは大変失礼でした。

    以後は自分のブログでちゃんと書くことにしますね...。

    [ kzy***** ]

    2019/2/27(水) 午後 7:02

  • 顔アイコン

    > kzy*****さん
    こちらはプロからはレベルが低い老人が多いみたいで、現役の設計者からは苦笑レベルなのが唯一無二の書き込む禁止者を代表にあるようです。役立たずですね、経験も出来ない経済な人たちが多いのではらしいです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/27(水) 午後 11:44

  • 顔アイコン

    > 匿名さん
    まあそうでしょうか。

    アンプの整流電圧降下を問題にしていたのは、あのサンスイでダイアモンド差動回路、さらに今経営するイシノラボでZバランス回路を発案、委託でサンスイ最後の真空管アンプやLUXの真空管アンプ復刻の設計と製造管理を行った平野さんです。

    そんなこと何ら経験もしないでお口の先だけで無責任にやっていれば足りるどこかのバカと話しても得られるものは皆無です。

    イソップのブドウよろしく、買えない者通しのキズの舐め合いを読んでも仕方ないですね。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/28(木) 午前 4:09

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事