ここから本文です

書庫全体表示

一昨日、瞬間接着剤でソケットに固着したタンガーバルブ電源を修理いただいた際に、仲間から

「左のRCAではない、GORDOSのタンガーバルブが少し暗いような気がする。ヘタってはいないか?」と。

念の為スペアと交換したら、電圧がDC電圧が24.5V〜25Vちょっとにアップした。
イメージ 1
イメージ 2

ブラックホークのマイルス・デイヴィスを聴いていると、ピチカートベースが明らかに弾みを増した。

仲間が言っていた、電圧が変わらなくても、タンガーバルブ(整流管)はへたる。
新しいのに交換すると、今まで何を聴いてきたのかとわかる!というのは本当なんだ!

ノイズカットと雷サージ防止効果をうたっていたテーブルタップではテレビ画面のチラツキのようなのが発生。
世界第一号のSONY有機ELテレビもそろそろ寿命か?
TDKラムダ&フェライトコアでちらつきは消え、画面が明るくなった。
テーブルタップのノイズカット、サージ保護は大丈夫か分解。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
消費電力がわかって便利と購入して10年くらい使っているかも。

問題の部品部分
イメージ 6

セラミックコンデンサーとバリスタらしき部品が並列に入れられている。
これだけでは電源ノイズカットが足りなかったようだ。

そうしてお歳暮カタログからのカニが届いて
イメージ 8

を呑みながら、届いたばかりのオーディオお宅訪問本をめくっています。
イメージ 7

音は聞こえなくても同好の士の取り組みは絵で見られて面白い。

表紙写真はたしか当地のマニアの音楽室。
五角形の音楽室を予定されているKT90さんの部屋の形状はこんな感じになるのだろうかと夢想しながら読んでいます。

  • 顔アイコン

    こんばんは!
    オーディオと
    オーディオ空間の因果関係
    興味が尽きませんね
    今までは、せいぜい、スピーカーの配置位置とか
    部屋の内寸比とか、
    石井式でもずいぶん解析されてますが、
    天井が、たとえばドームとか
    どうなるんでしょうね

    [ ひでじ ]

    2019/2/17(日) 午後 6:14

  • 顔アイコン

    > ひでじさん
    こんばんは。
    オーディオ催しご苦労さまでした。

    このドームハウスはベス社の既成品のようです。プロカメラマンで総理、著名人から広告の写真で世界を飛び回っておられるそうです。

    メインはJBL43ではなく、隣のC36 Viscountとありました。

    高さ7mのルームアコースティックは良好、20歳までに聴いた音楽と音が基本。その頃のラワン自作箱のD130の音が基本。オーディオも部屋も即決ですと。

    まれにオーディオ雑誌を熱心に買いながら、評論やレビューなんて信用ならないから無視と語る御仁もおられるようです。
    しかし、こういった言葉から伝わることは多いですね。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/17(日) 午後 8:12

  • 顔アイコン

    > ゴルゴ平蔵さん
    >評論やレビューなんて信用ならないから無視と語る御仁

    あのインターネット上にノイズを撒き散らしている御仁の事ですね。
    遊んで欲しかったのでしょうが、馬鹿過ぎて相手にされなかったか(^_^)/~

    [ nightwish_daisuki ]

    2019/2/17(日) 午後 11:43

  • 顔アイコン

    > nightwish_daisukiさん
    まあ、日頃の行動と語る内容に剥離があるように見えますね。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/18(月) 午前 4:56

  • おはようございます。このドームの家も何度も展示場に足を運びましたが、メンテナンスに自信無く諦めました。このように天井が高いと良いのになぁ。 うらやましいです。

    アメーバに越しました 4333AWX

    2019/2/18(月) 午前 6:35

  • 顔アイコン

    > kt9*jpさん
    おはようございます。

    天井は高ければ高いほどいいです。広くても、たとえばTIAS会場のような天井が低い東京国際フォーラム展示会場は音響が悪いですよね。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/18(月) 午前 6:39

  • 顔アイコン

    > kt9*jpさん
    追記です。

    最近は吹き抜けの家屋が増えていますね。天井が高いとしてどうしてそんなにメンテナンスが必要になるのでしょうか?

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/18(月) 午前 6:44

  • 顔アイコン

    ドーム型は屋根材の寿命の短さ、マシンカットログは壁材のオイル(又はペンキ)メンテが毎年必要な為です。

    高ければ高い程、梯子を使ってのメンテが大変だからです。

    アメーバに越しました 4333AWX

    2019/2/18(月) 午前 7:04

  • 顔アイコン

    > kt9*jpさん
    なるほどです。

    うちはサーロジックのパネルや迷路板が天井です。大丈夫かな?

    歳を重ねれば重ねるほど高所作業が困難になるだけに、できれば天井はメンテフリーなものがいいですね。

    本文の雑誌表紙は大物政治家から広告らプロカメラマンの方の東京以外の別荘なので、メンテコストに不足はないのかもしれません(笑)

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/18(月) 午前 7:09

  • 顔アイコン

    毎年、植木職人を頼む様に、外壁もアウトソーシング出来るお財布があれば良いのですが。。無理そうです。。

    アメーバに越しました 4333AWX

    2019/2/18(月) 午前 7:34

  • 顔アイコン

    > kt9*jpさん
    うちも完全ではありませんが、外壁は雨で汚れが流れるという外壁材や屋根材にしました。

    メンテフリーも大事な要素でしょうか。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/18(月) 午前 7:37

  • 顔アイコン

    なるほど。手の届かない場所はメンテフリーの材質で。

    屋根や外壁なら音質には影響がなさそうですし。。

    御指導ありがとうございます。

    アメーバに越しました 4333AWX

    2019/2/18(月) 午前 9:45

  • 顔アイコン

    > kt9*jpさん
    我が天井は積層合板の表面に水性塗料と迷路板は単なる単板木材です。

    おそらく、メンテナンスの必要はないのではと思います。

    年寄りになってからも考えてしまいますね。

    ゴルゴ平蔵

    2019/2/18(月) 午前 9:54

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事