ここから本文です

書庫全体表示

多くの皆様が別ブログに引っ越したり、消滅抹消されるblogサイトを前にこちらに書く意欲まで減退していましょうか?

自分もこちらには抹消されても構わない内容しか書かなくなりました。

まだまだ続きそうなサイトに書き込んでリンクなら内容が抹消されることもありませんが、あくまで臨時です。

完全な代替サイトはまだ見つかっておりません。

いかなる理由かわかりませんが、タンス様の大型オーディオ、自作パーツ、高額ビンテージ真空管ら東京オリンピックが終われば、価格急落との予測がまことしやかに囁かれております。

仮にそのとおりになっては、タンス資産も目減りしてしまいますので、断捨離するなら東京オリンピック前がいいのかもしれません。

あくまで噂。根拠が不明ですので、それぞれのご判断で願います。

  • こんにちは〜

    あるかも知れません。
    大型の機材は、一時期の高騰から値が下がっている気がします。
    ある意味、もう少しで買い時かも。

    うに

    2019/3/21(木) 午前 10:29

  • 顔アイコン

    なるほど タンノイバークレーが安価なら欲しいですね〜 ボザークの302あたりも安価なら欲しいです

    SEED

    2019/3/21(木) 午前 10:37

  • 顔アイコン

    > うにさん
    そんな傾向はありますよね。購入を検討なら、オリンピック後がいいかもですね。

    ゴルゴ平蔵

    2019/3/21(木) 午前 10:43

  • 顔アイコン

    > SEEDさん
    昨日のウエスタンサウンドインクの閉鎖日記のやり取りのとおり、アジアで運賃かけても値がつかないようなメーカーなら下がるばかりですから、待てば待つほど安く買えると思いますよ。
    店も引き取らないから、個人売買になるかもしれませんね。
    主なしの大型なら家族が安く出してくれるかもです。

    ゴルゴ平蔵

    2019/3/21(木) 午前 10:45

  • 顔アイコン

    こんにちは。推測〇匐,とっくに独立して、故郷に帰るか、首都圏を離れて安く暮らそうかと思っている方が、折角だからオリンピックまでは居ようか、と引越しを先延ばしにしている、⊆鹽堋床七燭涼録未心配になってきているが、やはりオリンピックまではと先延ばしにしている。そのような方々が大型のスピーカーなどは引越しの邪魔だったり、引越し先の都合で不要と手放すので、市場に増えるのかもしれない、という予測が成り立つのかもしれませんね。私はコナンほどの推理力はないので、この程度ですが。

    [ ファミリーヴィラ ]

    2019/3/21(木) 午前 11:46

  • 顔アイコン

    > ファミリーヴィラさん
    なるほど!自分も多少の真空管コレクションがあります。

    複数のショップ、仲間から売却を持ちかけられているので、あながち当たらずも遠からずと見ています。

    今からオーディオなら、アマゾンあたりのTOPPINGさんから、9,600円でハイレゾ最高規格のさらに上の規格までフォローしたUSB-DACが売られていて、好きなオペアンプ交換でアナログ回路を選べます。

    アンプは中国メーカーのデジタルアンプが3,000円くらいからいろいろありますね。

    スピーカーは二本3万円前後で音質の評価が高い欧州メーカーの小型ツーウェイが手に入るようですね。

    PCさえあれば、5万円未満で最新のオーディオが構築出来てしまいますね。

    それらで性能十分となれば、今の10代〜40代が大型オーディオに目を向けることはないと見ています。

    ゴルゴ平蔵

    2019/3/21(木) 午前 11:59

  • 顔アイコン

    真空管アンプだとかアナログレコード、オリンピック、団塊ジジイの好む物には何も興味はありませんね。
    昭和時代の前回の東京五輪の時代は、テレビで外国人を見たいという人が多かった世の中だったらしいです。今の若い人にそんな興味はありませんね。大地震でも起きて東京五輪が中止になってくれたらいいですね。
    デジタルオーディオに目を向けているのも年寄りだということも知っています。
    自分はトランジスター式のアンプが最高だと思っています。それ以外の低性能なオーディオ装置など消えても良いと思います。

    [ pat***** ]

    2019/3/21(木) 午後 7:16

  • 顔アイコン

    > pat*****さん
    書込ありがとうございます。

    ゴルゴ平蔵

    2019/3/21(木) 午後 7:38

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事