ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

今日の日記のSONYでスピーカーの設計もされた元技術者から、日本国内だけでオーディオブームのころの598スピーカーが通用した理由に、日本人の低音音痴、リズムからの低音の意味が日本人リスナーにはわからないことなどが書かれていました。

どういうことか調べたのが下記でございます。

なおサンスイ社のアンプ設計者 イシノラボの平野氏からも、アメリカでのサンスイ撤退にからめて、世界で売れた国産スピーカーは結局1台もなかったことが書かれていました。

そういえば、こちらで流行の部屋録。たまに聴かせてもらいます。
ただ半分以上?はリズムの上にメロディーが乗っていないのですね。
リズムがスッポ抜けている、ベース音が聞こえない、鳴っているようだが随分音圧が小さい、そもそもリズムが聞き取れない・・・

ただ、部屋録は業者なら録音機材に100万円からかけるようで、録音機材の性能違いを聴いているだけかもしれません。

心理学を著作した立場からは、御本人はうちのは音がいいとされている深層心理があるからアップするのでしょうから、あえてこのようなことを当の御本人に指摘する無粋はことはできませんが(爆)

欧米人とはオーディオを趣味とする日本人は、同じ軽音でも聞き方が違うのだろうかと下記を読んで思います。

この元SONY技術者のかないまる氏はオーディオ技術者であるのだけれど、音響と民族性についてまで言及されるなど、とても視点がユニークです。
世界のオーディオショーで自分の設計したアンプ、スピーカーをPRしてきた立場だけに切実な実感でしょう。

ウンウンと頷きながら読みました。以下引用。

(ハーベス HL4)周波数特性で注目すべきなのは、50〜20kHz ±3dBとはっきり書いてあることです。
イメージ 1

実際発売当時、会社で買ったものの周波数特性を測りましたが、50ヘルツが-3dBできちんと出ていました (周波数特性の平坦性は銘板に書いてあるような真っ直ぐな特性では全然ありませんが、左右はよく合っていました)。

海外製の音のよいスピーカは50ヘルツまできちんと音を出します。また単に特性が出るだけでなくて、ベースの音程の変化点がはっきりわかる音(平蔵、音程の変化を出すことでリズムを出すベース)を出します。ハーベスは比較的箱を鳴らすタイプですが、それでもその基本はしっかり出ています。

日本製のスピーカが音楽性がないと言われるのは実はこのへんが未消化だからだとかないまるは思います。結構大型なのに50ヘルツまで出ていないものも結構あります。日本人の多くは低音楽器にいろいろな意味で鈍感なので、そういう音でリリースしてしまうのだと思います。

ではなぜそうなるか。民族的に紙、木、草でできている家屋に住んでいた地域は西洋音楽の低音をあまりよく理解できていません。そもそも低音が育たない家屋なので低音に鈍感な遺伝子が多いんでしょうね。日本や東南アジアには低音の持続音を出す楽器があまりありません。鈴や太鼓のような打楽器がありますが、これは西洋音楽的には「テンポ」楽器であって「リズム」楽器ではありません。

これに対して欧州は民家ですら石を積んだだけで100年住めるという家屋が多いので、低音の意味が全然違います。リズムは低音弦楽器の音程の変化点が握っています。AVアンプを設計していても、そのへんがきちんとでないと西洋人は絶対に認めてくれません。

米州は建物はツーバイフォーの木造が多いですが、紙で開放された部分はなく、低音はしっかり家屋内に閉じ込めます。またつい最近まで欧州人だった人の子孫なので、低音リズムの理解は欧州に近いです。

ただし、北米は田舎の人が多く、クラシック音楽経験が少なく、クラブなど至近距離での低音体験が多いことと、黒人音楽の影響力が強いので、欧州とは好みは同じではありません。ただ、リズムが低音の音程の変化点でつくられるという感覚は全く同じです。

そういうわけで欧米の音楽もベースがとてもよく鳴ります。日本のロックやポップスはその点が全く不十分なものが多く、Jロックでのベースは西洋のロックより平均的に5〜6dBは小さいと思います。歌謡曲のほうが、低音はよほど豊かですね。編曲者がジャズやクラシック音楽をきちんと勉強するからでしょう。
(あんなボーボーするだけがせいぜいの日本のスピーカーでは低音楽器の音圧を削らないと、ノイズだからだろう。)

Spendor BC2との組み合わせで改めていいアンプだなあと再評価したAura社 VA-40プリメインアンプ。

イメージ 2


イメージ 1

1989年発売というのですから、30年選手なんですねえ。

現在の輸入元のユキムさんによると、日本でも故山中敬三氏が瑞々しく鮮度感溢れる音を高く評価され、イギリスでの製造が終了する1997年まで日本でリリースされた13のモデルは、いずれもその存在を高らかに誇示したのですとありました。

そういえば中を見ていないと開けてみました。
イメージ 3

あらららら すっからかんですね(笑)
これでもフォノアンプまで搭載しているのですが・・・・

40W×2のこれが最後にはVA-100と100W×2になったころは中身はだいぶ詰まってきています(笑)
イメージ 4


89年といえば、まだまだオーディオブームは続いていたのでしょうか?

長岡鉄男先生の中身が詰まって、とにかく重いことという条件からすると落第ですね(苦笑)

もっと詳しく観察してみましょう。

出力トランジスターは基盤の裏に、シャーシを放熱板として取り付けられています。
イメージ 5

日立MOS-FETだそうで、これが計4個。

放熱器もなく、とてもシンプルです。

初段、前段がある三段構成に見えます。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8


トランジスターの足も綺麗でまだまだ大丈夫そうです。

電源トランスはトロイダルで、日本のオーディオ機器と違って、3Pコードのアースは筐体に繋げていました。
イメージ 9


トランスに丸いゴム様のものが貼られています。トランスのうなりや振動制振対策と思われます。
イメージ 10

端子にアースがあるのも、当時からの国産アンプからは珍しいでしょうか。
イメージ 11

入力端子はフォノとCDだけ金メッキという割り切りも英国っぽいです。
イメージ 12

後でクロームメッキサビ?汚れ落としをしました。

製造年月日のチェックシールもありました。
イメージ 13
89年1月9日?

MADE IN UKも今や貴重でしょうか?
イメージ 15


フロントらクロームメッキの汚れ落としをしていつものラックへ
イメージ 14
顔つきはやはりいい二枚目アンプと眺めているのは自分だけでしょうか(笑)
昭和オーディオブームの頃のオーディオメーカーとなれば、良い音質より、見た目の派手さ、豪華さ、何より売れてナンボだったのですねえ。

消費者も良い音というより、見た目に左右されていた?
 
ドラムを叩けば、ベースと両輪でリズムを作って行かなければならないので、楽曲を耳コピーするのに、中学生のときにうちにあったONKYO M55というスピーカーや、バンド仲間のSONY、トリオらのシスコンではその聴き取りが困難を極めました。

ベースのピッチ、リズムが生のように聞こえないんです。
イメージ 6


当時流行ったYAMAHAの1000番や国産アンプに繋がれたJBL4343も大なり小なり同じで、ドラムやベースの音ではなかった記憶が今でも蘇ります。

以下はメーカー技術者から見た、当時のオーディオブームの頃の日本メーカーのスピーカーの音質評価らです。

写真は平蔵がネットから拾ったものです。

かつて日本のオーディオ界には「ゴッキュッパ」スピーカというのがありました。ハーベスと同じくらいのサイズの箱に30センチウーファをつけて3WAYにしたスピーカ。箱は頑丈。吸音材はグラスウールをギュウギュウに詰め込んで、形式は密閉で低音を無視するか、長いポートで無理矢理共振させてなんとか低音感を補強。
イメージ 1

 でも、基本的にユニット径に対して箱が小さすぎるので、どう頑張っても低音は出ていませんでした。それでも日本人には大丈夫。日本人は基本的に低音を知らない民族ですからね。

実はかないまるは、当時欧米人が「ゴッキュッパ」スピーカを聴いて絶句している現場を何度か目撃しています。「壊れているのか」とかないまるに質問した外人もいます。「リズムがないじゃないか」というのです。

当時は評論家も「低域は100ヘルツくらいから落ち始めてもダラさがりで延びていればそれはそれでよい」みたいなことを平気で書いていた時代です。そんなんだから日本のスピーカは世界的に孤児になるんです。パイプオルガンの開放管はかろうじて (それも単独音を出したものは) 聴こえても、ベースが聴こえないのでリズムがとれません。「いざとなったらトーンコントロールでグイと持ち上げれば一丁あがり」みたいな乱暴な記事も読んだ覚えがありますが、それではコーンがひしゃげて音が歪んでしまいます。

ブランドを外したらどこのメーカ製か全くわからない、そっくりスピーカが氾濫したのも実に日本的でしたね。他社のコピーを恥じることなくやる。全社横並び。今はそれほどではありませんが、20〜30年前は今の中国並みにハズカシイことをやっていたのが日本のオーディオ界でした。

ところでこのころ、ソニーにはラボーチェ (SS-A5) というウーファ径が20センチでハーベスに近い設計のものがありました。ハーベスと箱のサイズとユニット径の関係、ダクトの大きさなどはとても良く似ています。
イメージ 4


イメージ 2

 
イメージ 3
(このスピーカーの解説は http://kameson.net/audio/SS-A5.htm
実は「ゴッキュッパサイズの箱には20センチくらいのユニット径が適している」という考えは社内にずっとあって、30センチスピーカをもつ3ウエイの「ゴッキュッパ」スピーカを発売していないのはソニーくらいのものでした。当時のスピーカ屋さんが考える理想を具現化したスピーカがラボーチェだったのでしょう。

ボーカルがよく聴こえることを売りにしていて、それは間違いなく実現していたと思います。かないまるの記憶では日本製のスピーカとしてはよい音がしたと思います。

しかしウーファ径が大きくないし、2WAYでユニットが二つしかついていないスピーカでは、お買い得感が全くなかったですね。ステレオ誌のベストバイで一位をいただいた数少ないスピーカでしたが、30センチフーファが氾濫する状況では見劣りがして全く売れず、販売的には惨めな結果になったと記憶しています。 

そういえば、その後SS-AL5MK2がベストバイ一位をとっていますが、販売的にはやはり苦戦したようですね (SS-AL5MK2は相当いいスピーカだと思います)。
イメージ 5


    では、オーディオは重量の故長岡鉄男氏は、当時の598スピーカーを振り返って同じ趣旨のことを書かれている。

    すこし前に、長岡鉄男氏の文章の一部をコピーして送ってくださった方がいた。
    1993年に音楽之友社から出た「長岡鉄男の日本オーディオ史 1950〜82」掲載の一文である。
         *
     80年代に入って59800円のハイCP機が続々登場、世にいう「598戦争」である。当初20kgぐらいからスタートした598スピーカーはやがて重量競争に入り、最終的には鉛や人造石まで入って35kgに達した。鉛や人造石といってもコストはユニット一本ぐらいかかってしまうのでコストアップは免れない。ウーファーも30cmからスタートして、30・5cm、31cm、31・5cm、32cm、33cmと少しずつ大型化、また素材競争で高剛性化が進んだため、コーンの重い大口径ウーファーをドライブするには144φ×20mmもの大型マグネットが必要になり、これを支えるフレームは10mm厚、15mm厚、20mm厚と強力になり、正気の沙汰とは思えない無茶苦茶な競争になった。十万円のものを六万円で売るような激安合戦、新宿のカメラ屋なみである。これで音がよければいうことはなしだが、大口径化、高剛性化でバランスを失い、低音不足、ハイ上がりの硬質な音になってしまった。容積からすると25cmウーファー向きのキャビネットに30cm以上のウーファーを取付けたので理論的にも低音は出にくいのである。コスト面では完全な赤字、音質面ではユーザーの好みから離れ、87年を頂点に多くのメーカーは598スピーカーから手を引く。終わってみれば勝者なき戦いだったのだ。

    全1ページ

    [1]

    本文はここまでですこのページの先頭へ
    みんなの更新記事