穴と橋とあれやらこれやら

隧道や橋といった土木構造物など、様々なものを訪ねた記録です。新旧問わず記事にしていますので、古い情報にご注意下さい(笑)。

【前篇】より続く。


橋上から望む、
イメージ 2
白川、下流側。



そして
イメージ 3
上流側。

あの水管橋もけっこう古そうだ。両岸にゲートがありますな・・・。



東側に渡りきるところで見る、
イメージ 4
この感じ。

うむ、この道、古くからあるっぽい微妙なカーブを描いている。イイね〜こういうの。


東側から見ても、
イメージ 5
スルースゲートの位置が逆になっただけで、西側とクリソツ。

・・・って、


・・・あれ?


ここでわたくし、今さらながらに重要なものに気づいてしまった。あーアレ!ってことは…もしかして!?


んー、でももうちょい引っ張ろうか(笑)。



こっちの銘板もやはり西側と同じ。でも、
イメージ 6
字体が違う(笑)。こっちのほうが味があって好きだなボカァ(笑)。



てかコレ、もしかして…
イメージ 7
4枚の銘板、全部違う人が書いてないか?

それぞれテイストが違うんですけど?面白いなあ〜。



うーん、
イメージ 8
スルースゲートが残ってたら良かったのにな〜!

いつ頃まで現役の「立切」として稼働してたのだろうか。ちょっと調べた限りでは判明しなかったものの、考えうる範囲でまず昭和43年の豊川用水完成、というタイミングがある。

長く水不足に悩まされたというこの一帯。安定した水の供給をもたらす用水の完成をもって、農業用水取水のために稼働していたこの立切が役目を終えた、というのは有り得ると思う。
あるいは、この白川と流入先の音羽川が本格的な改修を受けたのが昭和53年からだということだったので、そのタイミングか。


まあ、細かいことはいい(笑)。
イメージ 9
とりあえずカッコイイわ、白川立切。


さー、さて。


先ほどわたくしが遅ればせながら気づいたもの、アレって・・・
イメージ 10
アレですよね!?なんやねん(笑)。

側壁に残るペイント。まぎれもなく、流れをせき止めるフラップの角度を示すものだ。おおお…



ならば、と反対側を見てみれば、
イメージ 11
さらに、はっきりクッキリ!


そしてわたくし、気づいてしまった。


ペイントだけじゃなくて、そのものズバリじゃねぇの?
イメージ 1
アレって、フラップ完全倒された状態放棄されてるよな!?

間違いないよ。



そうとわかって改めて見れば、
イメージ 12
完全にそうやん!!

よく見たら、紛れもなくフラップ。金属部材が飛び出してるのもわかる。



いや〜、いろんなのがあるもんですね〜。


この物件は面白かった。よととさんと宮川さん、師匠2人をお待たせしてまでしゃぶり尽くした甲斐があったというものよ(笑)。



以上、完結。


この記事に

開く コメント(0)


2日間にわたる煉瓦祭り@愛知の2日目である2014年11月16日。途中離脱させていただく直前にめぐり会った物件をご紹介。おろろん教授が見つけてきてくれたんだっけな〜。いや、感謝感謝。

ちなみにこの日のネタで記事にしてるのは、朝イチの硯川橋梁、夕方のコレだけ。



さ、タメずに行きますよ。
イメージ 9
これ。

川の名は白川。下流側、北西からのファーストコンタクトになる。

気づく人は色んなことに気づく(笑)であろう、一見してただならぬ橋。けど、まあ順に行こう。


まずは、欄干…
イメージ 7
が、実にイイんだけども、注目すべきは橋脚。

先端を尖らせた、いわゆる水切りと呼ばれる水制工が施されている。これは…!


そして、
イメージ 2
両端のコレ。

このほんの短い一径間だけがアーチになっていて、そして上流側になにやらゴッツい付加構造物があるようだ。

コレは…ドキドキするねぇ…タダモノでない予感バリバリ!


西側から正対。
イメージ 3
2t制限の標識のほうが目立つ、存外にあっさりした印象。



が、右側の親柱を見て、あっさりどころじゃなくなった。
イメージ 4
「白川立切」。立切だと!?

「立切(たてきり)」。取水や水位調整のために水路や河川を一時的に閉め切る堰のようなイメージで理解している。それこそ用語としてはどっかで目にしたことがあったかもしれないが、実際に銘板が付いてるのは初めて見た。ましてや、橋だと思っていたものにこんな銘板がついてるなんて、今に至るも他に知らない。 空〜前絶後のぉーーーー!!(笑)

現時点では、間違いなく橋として供用されているので、「道路橋・橋梁」書庫で扱うこととする。


お誕生日は、
イメージ 6
「昭和九年三月竣功」。古い!

戦前橋にしては非常にキレイだ。てっきり昭和二十年代後半くらいかと。


そしてなんといっても気になるのは、
イメージ 5
この親柱と一体化した巨大付加構造物。

なんだと思うかね?コレ実はね…



こうなっとるのよ。
イメージ 1
上部に開口したスリット。

ピンときた?わたくしはピーンときたよ(笑)。



上流側からの引きアングルでご覧あれ。
イメージ 8
こりゃ水門だ。

両端の付加構造物は、スルースゲートの格納スペースだった。こうなると、真ん中の三径間にも何か構造物があったのだろうか。マイタ―ゲート的なやつが。これは立切としての現役時代の姿を見てみたい!



現役時代の姿は見られないけど、それを多少なりともイメージできる追加情報は、【後篇】にて。



この記事に

開く コメント(14)[NEW]

次回予告篇


思いだして良かった、この素敵物件を。

イメージ 1

おまけつきの・・・橋?


うん、橋ですよ。



【前篇】に続く。




この記事に

開く コメント(10)[NEW]


鹿児島にしょっちゅう出張に行ってたのは、拙ブログを稼働させた年やったな〜。結局一度も鹿児島でまともな徘徊ができなかったのが、けっこう心残りであります。

そんなわけで、今宵のコレは、鹿児島中央駅の横にある…
イメージ 1
お店だから載っけてもえぇよね(笑)。かるかん本舗「薩摩 蒸気屋」さん。

けっこうゴッタ煮的な建物で、正直微妙なんだけども、なぜかわたくし好きだったのですよね〜。窓枠を縁取る煉瓦(的なもの?)飾りとか、上部の三角屋根あたりとか。

でもやっぱ鹿児島らしいのは、お店の入り口を含む開口部が二連の石橋を模した意匠になってるとこが、何ともいえず(笑)。

ちゃんと要石あるしね(笑)。そして壁石がアーチ環に向けて傾斜してる九州スタイル(?)も泣かせるし…って、見てるとこがオカシイ(笑)。


そしてまことに申し訳ないけど、このお店で買い物したことがないのだ(爆)。次回があれば必ず!



以上。


この記事に

開く コメント(17)[NEW]


2011年7月30日、奈良北部〜摂津方面徘徊。これまで記事にしてるのは早朝の八七瀬橋下の川橋梁ですが、今宵はこの日の終盤に見つけた物件をご紹介。


国道168号線を北上中に・・・。

初見のインパクト、けっこうあった。
イメージ 1

ファッ!?

イメージ 2
おお〜!河川トンネル?こんな山の中で?



さっそく見に行く。



接近して1枚。
イメージ 3
あれ!?あの満々とした水はどこに?



はい、実は
イメージ 4
こうなってまんねん(笑)。

扁額のとおり、川の名前は天野川。本来の流れは、暗渠を経て写真右手前のほうに続いている。きっと下流域への治水対策で造られたトンネルだろうと思うが、ここまでの河川トンネル、あんまり見ない。


扁額の右横という、
イメージ 5
道路トンネルではあり得ない位置に取り付けられた銘板。

幅も高さも11mってことは、真円アーチ?とは限らんか…。



このトンネル、北側のほうがより破壊力あってですね。
イメージ 6
イイよね〜。



最後に一つ。上の写真左奥にトンネルが見えているが、あれは
イメージ 7
R168の新磐船トンネル。



でね、その新磐船トンネルの
イメージ 8
銘板がコチラなんだけども…



天野川トンネルの銘板、再度ご覧くだされ。
イメージ 9
気づきました?

完成時期が2ヶ月差で、JV(joint venture=共同企業体)を成す3つの施工会社も同じ。河川トンネルと国道トンネルが同時に整備されたことを物語っている。

国道の旧道は天野川の元の流れに沿っている。つまり、河川と国道、同時に新道が拓かれた、ということで、これってかなり珍しいケースなんじゃないのかな〜、と。



以上、完結。



この記事に

開く コメント(20)[NEW]

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事