ここから本文です

書庫全体表示

夜だるまスポーツ

◇レスリング・アジア選手権第4日(2019年4月26日 中国・西安)

 2020年東京五輪で5連覇を狙う女子57キロ級の伊調馨(34=ALSOK)が、2年8カ月ぶりの国際大会で決勝進出を逃した。準決勝で昨年のジャカルタ・アジア大会優勝のチョン・ミョンスク(北朝鮮)に4―7で敗れた。3位決定戦に回る。

 伊調は開始30秒でバックを取られて今大会初失点(0―2)。1点を返した後にも投げ技をくらって1―6とされ、さらに場外に押し出されて1―7で第1ピリオドを終えた。

 第2ピリオドも低く鋭いタックルに手を焼き、残り1分でようやくバックを取って3―7。さらに残り10秒で1点を返したが、及ばなかった。

 初戦の2回戦では2012年ロンドン五輪代表の厳地恩(オム・ジウン、31=韓国)にテクニカルフォール勝ち。しかし、相手の頭が当たって前歯が欠け、治す時間もないまま準決勝に臨んでいた。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事