世界一有名な日本の画家は葛飾北斎だと言われています。
もちろん日本でも人気がありますが、海外での評価が高く、
当時の西洋の画家・工芸家・音楽家にまで多大な影響を与えたそうです。
今でも人気があり、外国人向けのお土産屋さんには大きな波の絵のグッズがたくさん並んでいます。

北斎は18歳で人気浮世絵師の勝川春章のもとに入門しますが、
興味のむくまま他派を学んだため、裏切者として決して許されることなく破門されます。
向上心と好奇心に富む北斎は、人物画、風景画、歴史画、漫画、春画、妖怪画、挿絵、百人一首、
あらゆるジャンルに素晴らしい作品を残しますが、様々な画風を学ぶため10人以上に師事したそうです。

創作意欲向上のために生涯90回以上引っ越し、
一日に3回も引っ越しをしたり、
120畳の布にダルマを描いて人々を驚かせたり、
小さな米粒にも雀を描いてみせたり、
「私は絵を描く気違いである」と自ら宣言したり、
とビックリするエピソードも非常に多いですが、
すごいのは真の実力を世に問う為に売れた名前にこだわることなく、
無名の新人として名前を変えての作品の評価を求め続け、改名は30回にもなりました。

88歳で亡くなるまで満足することなく修行の様に絵を描き続け、「あと5年生きれたら本当の絵が描け
るのに」と最後まで執念のようにもがき、嘆きます。

今の世の中、こんなに情熱のある人はいませんし、私もここまではとても出来ませんが、
何か夢中になれるものを探したいなと思いました。

                       畠山

<対策セミナー等のお知らせ>
4月3日開催 部下を定時に帰す仕事術

※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで※
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

この記事に

開く コメント(0)

従来の個人向け融資では、本人の基本的な属性(年齢・年収・職種など)と
個人信用情報をベースとして審査がなされる形となっていました。

みずほ銀行とソフトバンク(ジェイスコア)ではビッグデータや審査ノウハウと
AIによるデータ分析を融合したスコアリングシステムを使用し、
申込者の基本属性以外の思考や行動パターンを分析しスコア化しています。

スコア・レンディングは、「今の信用力」を審査するのではなく、
思考パターンや行動パターンなども考慮し「将来の信用力」を審査しているようです。

価値観、生活習慣、性格、趣味、買い物の基準、携帯電話や銀行口座の利用状況、お金の使い方、職歴、学歴、資格の有無など。
ジェイスコアの場合、・顧客の趣味・SNSの投稿内容・資格取得情報などが加点されます。
基本データはもちろんですが、ライフスタイル・将来性・価値観・周囲の環境など様々な要素が審査項目に含まれます。

※AIによる審査のスコア化は、事業資金融資でも、トランザクションレンディングの中で一部AIの活用がなされています。

中国IT企業・アリババの芝麻信用(セサミクレジット)は、
ユーザーの契約上の義務を履行する能力や信用履歴、個人の性格、行動や嗜好、
対人関係という指標で信用スコアを割り当てているそうです。

中国政府は「社会信用システム」を2020年までに13億人すべてに導入すると発表しています。

社会信用システムとは、中国政府が所得やキャリアなど社会的ステータスに基づいて
全国民をランキング化し、インターネット上や現実での行動も採点して「社会信用スコア」を割り当てるシステムです。

市民の行動を監視し、ランク付けし、スコアが高いものに恩恵を、低いものに罰を与えると発表しています。
自分の消費データはすべて企業に吸い上げられ、それが今後、個人の格付けに使われるといわれています。
中国国民13億人を格付けする信用社会システムが始まろうとしています。
赤信号を横断すると減点、駐車違反でも減点です。
運賃キセルやレストラン予約の無断キャンセル、ネット不正行為など軽犯罪も可能性があるようです。
低スコア者は、航空券が買えない、子の進学先が制限など、いろいろな制限を受けることになるようです。

個人が職歴や支払い実績、交友関係などから、「信用度」でランク付けされる。
得点が低い人は、金融、不動産、医療などが利用できなくなる。

点数が低いと、移動の自由が妨げられたり、買い物の自由も妨げられるなど、
多くの制限を受けることになる。政府が社会統治を強化する手段として、
一般市民を点数で評価する仕組みです。

模範的な市民は、献血やボランティアを行って、高ポイントを獲得したといいます。
公共交通機関の割引や病院で優先的に診察してもらえるなどの特典が与えられます。

品行方正な行動をするのは良いことですが、コンピュータのスコアに縛られて行動するのは少し変な気分です。
                       島崎

<対策セミナー等のお知らせ>
2月12日開催 民法改正と税制改正で変わるこれからの相続対策

※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで※
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

この記事に

開く コメント(0)

年末年始に思ったこと

昨日までは、「松の内」でしたので、今朝急いで門松などを片付けました。
「松の内」を10日までとするところと、15日の小正月までとするところなど、地域によって異なるようです。
年末からお正月にかけて、伝統文化・習わしを次の世代に受け継ぐとても良い機会になっています。

私が小さい頃は、大掃除というと畳をあげて日向に干して、数時間後敷きなおすといったとても大掛かりなものでした。

29日は「二重苦」と読み替え、お餅をつくと「苦餅」お飾りを飾ると「苦飾り」になるので、
できれば末広がりの28日に行うよう言われました。
また31日にお正月飾りを飾ることは、お葬式の「一夜飾り」につながると、これも避けていました。

おせち料理の謂われを聞いたのも思い出に残っています。
お正月のテレビ番組で正しいお参りの仕方がいろいろな番組で取り上げられていたので、
皆さん正しいものを追求したい気持ちがあることがわかりました。
昨今は海外からの行事が入ってきて、日本では謂われなどもわからず、ハロウィンのようにイベント化し、ただ騒ぐだけになってしまうものもあります。
今はインターネットなどですぐに検索できるので、知識をちょっと掘り下げてみると、より味わい深いものになるのではないでしょうか。

私も去年の暮、キリスト生誕の物語に出てくる登場人物・動物・厩などを飾って作る「プレゼーペ」がクリスマスが近づくと東方三博士などが徐々に厩へ近づき(もちろん人間が動かします)、誕生の瞬間には今まで空っぽだったベットに赤ちゃん(キリスト)が寝かせられることを知りました。
ただ飾られているだけだと思っていましたので、奥深いものを感じました。 
                       松永

<対策セミナー等のお知らせ>
1月28日開催 新春時流予測・経営計画・税法改正セミナー 
2月12日開催 民法改正と税制改正で変わるこれからの相続対策

※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで※
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

この記事に

開く コメント(0)

ガイアの夜明け

「ガイアの夜明け」経済ドキュメンタリー番組です。

ガイアのもともとの意味はギリシャ語で「大地の女神」のことでしたが、
後にノーベル賞作家のウィリアムゴールデングが「地球」を「ガイア」と呼んだことから
「ガイア=地球」が定着しています。

12月4日放送のホームセンター新時代の内容を紹介します。

大きなものからちいさなものまで売っている「ホームセンター」
市場規模は4兆円弱と10年以上横ばいが続いている。
各社の出店攻勢で飽和状態に陥っている。
業界売上高2位のカインズは、生き残りをかけて新たな挑戦に打って出ている。
「DIY」「女性」「都市部」だ。
客のニーズに合わせて変貌するホームセンター。

ものづくり分野においては、DIY男性のイメージから工作室も設置して専門講師の指導のもと、
女性も夢中になるプラモデル形式、どんな人でもインテリアなど様々な作品が作れるカルチャー教室やイベント講座を開催。
DIYを暮らしの文化として根付かせることを使命として取り組む。
多い店舗では月30回も開いている。

カインズの創業以来の信条に「3つの満足」があります。
お客様の満足…お客様の満足の追求と実現がわれわれのすべてにわたる判断基準である。
お取引先の満足…お取引先の満足なしでは売れるものを継続的に安く確保することはできない。
社員の満足…社員の満足がチャレンジする社風を支えすべてを推進する力となる。
                       加藤.F

<対策セミナー等のお知らせ>
1月28日開催 新春時流予測・経営計画・税法改正セミナー 
2月12日開催 民法改正と税制改正で変わるこれからの相続対策

※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで※
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

この記事に

開く コメント(0)

12歳の少女が語った伝説のスピーチ 2015年
地球温暖化が異常気象を引き起こしているという説があります。環境サミットに集まった
世界の指導者たちを前に、12歳の少女、セヴァン・スズキは語り始めました。
 
 「大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるで
まだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。
まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。

でも、あなたがた大人にも知ってほしいんです。
あなたがたもよい解決法なんてもっていないっていうことを。
オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。 
死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。
絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。
そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのかあなたは知らないでしょう。
どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。

私は子どもですが、みんなが、ひとつの目標に向けて心をひとつ
にして行動しなければならないことを知っています。

学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうか
を教えてくれます。たとえば、

•争いをしないこと
•話しあいで解決すること
•他人を尊重すること
なぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。

なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。
そしていったい誰のためにやっているのか。
それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。あなたがたはこうした会議で、
私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。
私たち子どもの未来を真剣に考えて下さい。」

このスピ−チからもう3年たちますが、私たち大人は、子供たちのために何が出来るか
真剣に考えなければならないと思いを新たにしました。  
                       遠山

<対策セミナー等のお知らせ>
1月28日開催 新春時流予測・経営計画・税法改正セミナー 
2月12日開催 民法改正と税制改正で変わるこれからの相続対策

※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで※
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事