2018年とんでも予想

みずほ総研が毎年公表している2018年とんでも予想について、お話します。

とんでも予想は、起きる可能性は低いが、起きたら影響が大きく重要度が高いものを予想しています。
政治・経済の専門家約50人が、1か月かけて調査・分析しながら10項目に絞ります。

ちなみに、昨年公表した2017年版では、
.瀬κ振23000ドル突破
▲ぅリス議会解散・総選挙
K鳴鮮が孤立化・経済制裁
の強化の3項目を的中させています。

また、その前の年は、
.肇薀鵐彗臈領の当選
▲屮薀献訛臈領の罷免
消費税増税見送り
の3項目を的中させています。

そして、今年の10項目は以下の通りです。
税制改革や移民制度改革等を次々と実現させ、トランプ大統領の支持利率が急上昇、中間選挙にも勝利。
中東問題の激化等により、原油価格が80ドルに高騰。
トルコ国内にいる大量の移民が、再び欧州に流入し、難民問題が深刻化。
イギリスのメイ首相が退陣、EU離脱撤回。
中国が一帯一路構想に「空のシルクロード」を追加。
米朝が核保有国承認取引で妥結。日本は苦しい立場に。
日本政府がデフレ脱却宣言。日銀は物価目標2%を中長期的な目標へ変更。
日米株ともバブルの様相。日経平均3万円、ダウ平均3万ドル突破。
ビットコインが一時3万ドルを突破するも、当局の規制強化によりクラッシュ。
冬季オリンピックで日本女子が驚異的な活躍。過去最高のメダル数に。

個人的には、日経平均はともかく、
ダウ平均やビットコインは、3万ドルを突破してもおかしくないかなと思います。
また逆に、大暴落予想がないのが不安でもあります。

起こる可能性が低いというのが前提ですので、今年も3つ的中するか分かりませんが、
1年後の結果発表を楽しみにしています。


<今後のおすすめセミナーご案内>

 <1月>
・23日(火) 15時 企業経営 45の成功ルール

 <2月>
・ 2日(金) 18時 会計税務のプロが教える会社設立セミナー
・ 9日(金) 18時 確定申告個別相談セミナー
・13日(火) 15時 遺言と信託 〜超高齢化時代の上手な遺し方、渡し方〜

※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

この記事に

開く コメント(0)

先日、日経トレンディで毎年恒例の来年のヒット予測を出しましたのでご紹介してみたいと思います。

ちなみに今年のヒット商品はニンテンドースイッチという次世代ゲーム機だったそうです。
あまりに人気がありすぎて普通に買えない状態が半年くらい続いていますが、
我が家の子供たちもサンタさんへの手紙に書いてましたので夢を叶えてあげたかったのですけど、
残念ながらクリスマスにプレゼントすることは出来ませんでした。
昨年はポケモンGOというゲームが社会現象になりましたが、
2年連続でゲーム関連の娯楽商品がヒットしたということです。

本題に戻りまして来年のヒット予測ナンバーワンは何かというと、マルチAIスピーカーだそうです。
すでにグーグルやLINEなどが商品化してCMを流していますが、
知らない方もいると思うので少し説明します。
このマルチAIスピーカーとは、今までのように音楽を聴くだけのスピーカーではなく
人工知能が搭載しており、スピーカーに話しかけるとインターネットで調べものをしてくれたり、
テレビや電気をつけたり消したり、声だけで操作が出来るというものです。
大手のメーカーもどんどん参入してくるそうなので、これから競争が激化していきそうです。
今後、マルチAIスピーカーはケータイやスマホのように「1人1台」が当たり前になると予測されてます。

今はまだ目新しさがありますが、
子供がいる家庭であれば子供が興味のある色々な質問に答えてくれたり、
勉強とかの調べものを手伝ってくれたり。
また、体の不自由なお年寄りがいる家庭であれば体調管理や
電気をつけたり消したりサポートしてくれるなど。
これから色々なビジネスにも利用されてくると思います。

ヒット予測には他にも従来の体を鍛えるジムではない心身の疲れを回復するための疲労回復ジムや
深刻なフードロスを少しでも減らすというフードシェアリングなど、
面白いものやヒットしそうなものがいくつかありました。
これからの時流予測にもなりますし、新規ビジネスの参考になるかもしれませんので、
ご興味あれば是非確認してみて下さい。
                              小野


<今後のおすすめセミナーご案内>
 <1月>
・23日(火) 15時 企業経営 45の成功ルール
 <2月>
・13日(火) 15時 遺言と信託 〜超高齢化時代の上手な遺し方、渡し方〜

※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

この記事に

開く コメント(0)

原晋さんの人材育成

箱根駅伝で青山学院を優勝に導いた原晋さんのお話をしたいと思います。

サラリーマン時代は挫折の連続。
しかし、左遷された先の営業でがんばり、中国電力で見事トップセールスを記録します。
そのビジネスで培った手法を取り入れたのが成功の要因と言います。

まずは部員の「生活の改善」に取り組みました。
規則正しい生活を徹底するには24時間を束縛するよりも「自覚」を促すことが肝心だそうです。
「任されている、信頼されていると思えば、管理などしなくても、自分で考えて行動するようになる」とのこと。

強いチームをつくるうえで、必要なことは、「業界の常識を疑うこと」。
中にいると気づかないかもしれませんが、その常識は、世間の常識と比較すると、
ときに非常識と思えるものや時代遅れになっているものがあります。

そのことに気付いたのはサッカー選手の先輩に対する呼び方でした。
サッカーでは、試合中に先輩に君付けしたり、ニックネームで呼んだりします。
これは、先輩を尊敬していない訳ではなく、常に瞬間的な判断力を求められるサッカーの試合で、
先輩に敬意を払っている時間はないということだそうです。
サッカー界は変化していました。

陸上界に戻ってきたときに、現役時代と変わらない常識が通用し、
指導法もまったく変わっていなかったことに衝撃を受けます。
時代は確実に変化し、陸上界は何も変わっていなかった。
原さんはこれを「退化」と呼んでいます。
同じ場所に長くいると、時代の変化に気づかないだけでなく、気づこうとさえしなくなります。
そういう組織だと、仮に新たな指導法があっても、否定し、拒絶してしまうそうです。
これは、チームも会社も気を付けなければなりません。

「監督の言うことになんでも『ハイッ!』と答える学生は、
素直で真面目ないい子だといわれますが、原さんはあまり魅力を感じないそうです。
監督の顔色をうかがうような選手は伸びないが、人の指示を待たずに動ける人材は期待が持てるといいます。
すべての箱根のランナーに、卒業してからの長い人生が待っています。
大学4年間、「監督の指示通りに走り続けてきたランナー」よりも、
「自覚をもって考えながら走ってきたランナー」の方が、
人生の試練に立ち向かう力を兼ね備えていることは明らかです。
ぜひ、みなさんも参考になさってはいかがでしょうか?

参考「フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉」
著者:原晋
                                山宮


<今後のおすすめセミナーご案内>
 <1月>
・23日(火) 15時 企業経営 45の成功ルール


※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

この記事に

開く コメント(0)

LTアジ

以前からこの場で何度か釣りの話をとりあげましたが、今日も釣りのお話です。

今年の5月あたりから2カ月に1度のペースで船釣りに行くようになりました。
きっかけは、近所のお寿司屋さんで最近全く釣れないとぼやいていたところ、
そのお店のご主人が船釣りに誘ってくれました。
JR根岸駅近くの川沿いから、午前7時に出発し11時ごろには戻ってくる半日のコースです。

対象魚はアジ、タックルはライトタックルです。
一般的には「LTアジ半日」で通じます。
GWということもあり、家族連れでたいへん賑わっておりました。

この日の釣果は今一つで、夫婦合わせて十数匹程度でしたが、
ボウズ続きの身としては大変満足いたしました。
この日は特別に、お寿司屋さんのご主人にアジを捌いていただき、
お刺身やにぎりをごちそうになりました。
贅沢な経験です。

その後、7月に一度行きましたが悪天候のためかなり苦労しました。
続いて11月にも別の釣り船ですが、「LTアジ一日」行ってまいりました。
今回の乗船場所は東西線の木場駅そば、便利な場所です。

その時の釣果ですが、夫婦合わせて百匹ほど釣れました。
正直なところそれだけ釣れると疲れてきますし、飽きてもきます。
また、持参したクーラーボックスもいっぱいになりました。
他の乗客の皆さんも同じような雰囲気でした。
その結果、一日船でしたがお昼頃に港に戻ることになりました。

家に戻ってからはひたすらアジを捌き、処理が終わったのは深夜2時ころでした。
この「LTアジ」ですが、非常に手軽で楽しい釣りです。
釣り具はほとんどの釣り船屋でレンタルしてくれますし、
釣りエサやライフジャケットも用意されています。
ですので、服装にさえ気を付ければ、クーラーボックスだけを持って行くだけで事が足ります。

さらに、乗船場所が交通の便が良いところが多いです。
肝心のアジの食べ方ですが、新鮮なうちは刺身・タタキで、
油で揚げて南蛮漬け、保存用に開き、もちろん塩焼でもおいしくいただきました。

皆さんも一度行ってみてはいかがでしょうか。
                         山岸

<今後のおすすめセミナーご案内>
 <1月>
・23日(火) 15時 企業経営 45の成功ルール


※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

この記事に

開く コメント(0)

最近は、毎日のように税制改正の記事を目にするようになりました。

中小企業の社長が気になる税制改正というと、
給与所得控除の縮小、賃上げ減税、法人の実効税率の引下げなどいろいろあると思いますが、
中でも注目しているのが中小企業の事業承継に係る納税猶予制度ではないかと思います。

この規定は、創設されたときから注目を集めてきたものの、
要件の厳しさから利用者がなかなか増えない制度でしたが、
政府・与党は今回の税制改正で、今後10年間の事業承継に限り、
この納税猶予制度について拡充する方針を固めたようです。

その内容は…
現行制度での対象株式は全株式の3分の2ですが改正後は全株式を対象に、
相続税額の8割までが納税猶予対象でしたが全額納税猶予対象になります。
つまり、53%しか納税猶予されなかった相続税が、100%納税猶予されるようになります。

また、株式の相続人が複数いる場合、現行制度では筆頭株主のみが猶予の対象でしたが、
改正後は筆頭株主以外も一定割合まで納税を猶予できるようにする方針です。

適用を妨げる大きな壁であった雇用の8割を5年間維持するという要件も、
詳細は不明ですが条件付きで撤廃するそうです。

もうひとつの壁であった株式の評価方式も変更になります。
現行制度では会社を引き継いだ時の評価額をもとに相続税額を計算しますが、
改正後は引き継いだ後に廃業した場合、廃業時の評価額で相続額を計算できるようになります。

これら報道されているままの改正が実現すれば、十分に利用できる制度に変貌しそうです。
ただ政府内では、今回の改正が課税逃れ目的に使われる恐れがあると懸念する声も根強く、
減免する場合のルールをどこまで厳しくするかを巡って現在調整中だそうです。
弓削田


<今後のおすすめセミナーご案内>
 <12月>
・12日(火) 15時 ハッピー相続セミナー
         『知っておくべき相続の基礎』
 <1月>
・23日(火) 15時 企業経営 45の成功ルール


※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事