『風のようなブログ』税理士法人・会計士 とおやま

経営者の為の、会計・経営・税金に関する情報。会計事務所のブログです。

遠山事務所のブログです。

すべて表示

来客予測システムで業務効率化

IT技術を導入して収益を急速に伸ばしている飲食店をご紹介したいと思います。

三重県は伊勢神宮の内宮前に創業100年を数える「ゑびや大食堂」というお店があります。
席数160名の店内は地元客や観光客で日々賑わっていますが、ほんの数年前までは収益が伸び悩み、事業縮小を検討せざるを得ないほどでした。
そんな老舗の窮地を救ったのが、収集したデータとAI技術を駆使した「来客予測システム」と呼ばれるものです。
老舗と呼ばれるお店の多くが未だに長年の経験や勘で客足を予測している一方で、
ゑびや大食堂はこのシステムのもと、翌日の1時間ごとの来客数とメニューの注文数を約90%の精度で予測できるようになりました。

過去の売上、曜日や天気、ホームページへのアクセス数などはもちろん、
近隣の宿泊者数や店頭に設置している画像解析AIから得られる通行量や入店率、男女比率まで400項目近い膨大なデータを分析し、予測を行なっています。
これにより食材のロスが大幅に改善され、料理提供時間の短縮、
さらに店舗での時間別の人員配置の最適化が可能になり、店員が忙しく走り回ることがなくなり、余裕を持って接客するためサービスの質が向上しました。
また、無駄な作業・人員をカットするので、週休2日制・有給取得など、従業員の就労状況にも好影響をもたらしています。
食堂を経営する有限会社ゑびやはこの来客予測システムを近い将来、他の飲食店でも使えるサービスとして提供することを検討しています。
気になるコストですが、もともと同様のシステムは大手ITベンダーが数千万円で提供していたところ、このシステムは中小事業者に提供できるよう数百万円規模までコストダウンが進んでいます。

有限会社ゑびやはこうしたIT技術をあくまで経営を効率化するためのツールとして捉えており、IT技術を駆使することで結果として人にしかできないことに注力できる環境を作り上げることが肝要であるということです。
今後いっそうIT化が進んでいく中で考えさせられる話でした。
                                 宮

<対策セミナー等のお知らせ>
10月23日開催 驚くほど仕事がはかどる優先順位のつけ方
11月 9日開催 会計税務のプロが教える会社設立セミナー

※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで※
 http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================


.


みんなの更新記事