「“アルツハイマーによる痴呆症”は、“超能力・ヒーリング”によって、“治療できる”」(=補完編)【(7)()】
 
記憶メカニズム具体像』【[114]=[]】の「補完編」【(1)()】
AHigashi  (phD)
そのためには、「特定の、先進的な技量・器量持ち主が、現れない限り、「回りくどいけれども民主主義常道では、庶民・自身が、確かに、自分達の、役に立つ」という、「事実を、実感できる方法」で、「有効に、超能力者が、患者に対する即効的な、病気の治療技術を、公開する」という、「プロセスが、必要である」というわけです。
 
その意味」で、「バーバラさん超能力・技術」は、「現状では、この段階にある」というのが、「の、率直な、見解」なのです。そして、「逆に革命的な、価値観に基づく技術を、助成する」ことを、「具体的に、“探している成功者”は、多分、“世間には、大勢居る”」と、「私は、思う」わけです。
 
かくして、「“バーバラさんの意見”を、“聞いた上で、政府に代わって”、“新しい助成の方法“を、”模索してもらいたい“」わけです。「”自分産んだ息子“も、”思い出せない母親“が、”老人ホーム隔離された現状“は、”誰しも痛ましく、思う“」ハズです。「”治療できる“、”可能性がある“」のなら、「”チャレンジして見る“」のが、「人間の知恵であり、道徳ではないのか?」と、「私は、思う」わけです。
 
補完編)」
「“アルツハイマーによる痴呆症”は、“超能力・ヒーリング”によって、“治療できる”」(=補完編)【(6)()】
 
記憶メカニズム具体像』【[114]=[]】の「補完編」【(1)()】
AHigashi  (phD)
 
かくして、「上記の、“超能力のメカニズム”を、“バーバラさん”が、“理解・納得できるかどうか”?」が、「現状の、“最大の課題”」なのです。「私が、健康である」なら、「自前で、ニューヨークに、出向いて、バーバラさんに、解説したい」のですが、「それが、出来ない」ので、「バーバラさんたちに、“当方に”、“出向いて来てもらう”」」ことが、「“現状では、必要”」なのです。「“解説するだけ”」であれば、「現状でも、可能」です。そして、「アルツハイマーの“痴呆症の治療成功例”を、“世界の政治的な指導者”に“示してもらいたい”」わけです。というのは、「現状では、“治療法が、全く、存在しない”」わけですから。
 
「“日本政府”の、“研究・助成パターン”」は、「いわゆる、技術が、人工物として、資本に組み込まれる」ことによって、「企業の方式で、発展・普及していくタイプ」の「米国の、シリコンバレー方式の、手法の、模倣だけです。
 
これに対して、「超能力者による、患者に対する即効的な、病気の治療技術」は、「人間・個人修行基づく人間の知恵使い方に、依存した、技術である」から、「米国の、シリコンバレー方式は、“適用できない”」わけです。
 
かくして、「お金(=資本)を、いくら積み上げても、実現が不可能である」ような、「いわゆる、既存の価値観では、不可能である状況(=克服できない状況)を、可能にするような、革命的な、価値観に基づく技術を、助成する」という、「新しいタイプの助成法を、社会や政府が、創造する」という、「必要性がある」わけです。

「”人工頭脳”の、”字数制限”が、キツイ!」

次回に続く

「“アルツハイマーによる痴呆症”は、“超能力・ヒーリング”によって、“治療できる”」(=補完編)【(5)()】
 
記憶メカニズム具体像』【[114]=[]】の「補完編」【(1)()】
AHigashi  (phD)
 
「“1番目のブログ”」で示した、「“具体的な内容”は、“神の光”と“単位ベクトル”の、“両方”が、“同時に、誕生する”」こと、そして、「“神の光”の“光子”は、“上位側の、能動的観測者”の“意志”が、“空間量子”として、“瞬間的に、出現して、直ちに、消滅する、という”性質を持っている“」という、「”内容であった“」わけです。これは、「”物理学で定義されている、“太陽の光”の“光子”のような、“物質の粒子”で、“永久に走り続ける存在”では、“ない”」という「“意味”」なのです。
 
そして、「“神の光”と“単位ベクトル”の、“両方”が、“同時に、誕生する”」という意味」は、まず、「“空間量子”を“想定”」して、「“空間量子”の(外側)には、単位ベクトルが、“刻印される”」、「“空間量子”の(内側)には、“神の光”の“光子”が、“存在する”」という「構造を、イメージする」、という「“必要がある”」わけです。そこで、「“上位側の、能動的観測者”の“立場で、見る”と、“単位ベクトル”が、“観察される”」、「“下位側の、受動的観測者”の“立場で見る”と、“神の光”の“光子”が、“観察される”」という具合に、「“2人の観測者のセット”で、“考える”」わけです。そこで、「“2人の観測者のセット”の“存在、省略する”」と、「“具体的な内容”は、“神の光”と“単位ベクトル”の、“両方”が、“同時に、誕生する”(=“観察される”)」という「“理屈に成る”」わけです。
 
ここで、「“重要なこと”」は、「“神の光”は、“超能力者には、見える”」けれども、「“普通の人”である、“科学者や知識人”には、全く、“見えない”」ことです。だから、「“普通の人”に対しては、“誰でも理解できる”、“単位ベクトルの方”を“使用”して、“神の光行動原理”」を、「“理論的なロジック”によって、“組み立てる、必要がある”」わけです。
 
そこで、「問題は、“単位ベクトルの方”を“使用”して、何を、“理論的なロジック”によって、“組み立てるのか?」ということです。そこで、「もう1つの、“独自の視点”は、“神の光等価である”、“単位ベクトル”を“構成要素”と見なして、“人間”の、“自我形成メカニズム”を、“睡眠覚醒”の“視点”から、“具体的に示した”」ことです。
 
「“その内容”は、“遺伝子レベル物質”から、“睡眠覚醒”の、“対に成った”、“単位ベクトル”が“誕生”」し、「細胞レベル組織レベル臓器レベルと、“抹消側”から、“中枢側”に向けて、“ベクトル合成される”という“メカニズム”」であり、「さらに、“互いに、逆向き“の”合成ベクトル“が、”生じる“」ために、「”第3の合成ベクトル“が、”誕生“」し、この「”第3の合成ベクトル”が、“個体自我”に、“相当する”」という、「“内容”」なのです。つまり、「“第3の合成ベクトル”が、“上向き”であると、“個体覚醒状態”、“下向き”であると、“個体睡眠状態”」として、「“それぞれ”、“現れる”」という、「“独自の”、“メカニズム”」なのです。
 

 
次回に続く?」  
「“アルツハイマーによる痴呆症”は、“超能力・ヒーリング”によって、“治療できる”」(=補完編)【(4)()】
 
記憶メカニズム具体像』【[114]=[]】の「補完編」【(1)()】
AHigashi  (phD)
 
すると、「“厳密に、表現する”」と、「“タイム・トラベル”という“表現”」は、「“具体的”には、“過去領域”まで、“移動する”のは、“実際”には、”細胞“の(外側)に”存在する“、“個体自我”である、“観測者”(β1であるけれども、「その、“即時的移動”を、”細胞“の(内側)に”存在する“、“観測者”(β2)の“立場に、置き換え”、“考える”と、“タイム・トラベル”のように、“見える”」という、「“意味である”」ことに「“成る”」わけです。
 
さらに、「“過去”とは、“何所にあるのか”?」というと、「“過去”は、“あの世”に、“存在する”」という、「“答えに成る」わけです。「“このイメージ”は、“次のように、考える”」わけです。まず、「“1個受精卵”が、“2個娘細胞”に、“約1時間”で、“分裂する”」わけですが、「“2個細胞”が、“眼前”に(=“顕微鏡の視野”に)、“出現した”時に、最初の、“1時間”に“存在していた1個受精卵”は、もはや、“消失して”、“過去存在”に“成っている”」わけですが、「この時、“1個の受精卵”は、“あの世”に、“存在している”」という具合に、「“考えられる”」というわけです。ということは、「“あの世”とは、“今現在”の、“この世”の、“直ぐ、隣”に、“存在する 」ということです。
 
「“この視点を、具体化する”」ためには、「”細胞“の(外側)に”存在する“、“個体自我”である、“観測者”(β1)は、さらに、“受精膜”の(内側)に“存在する”」という「“条件”が、“加えられた”ことを、“思い出す必要がある”」わけです。そこで、「“個体自我”である、“観測者”(β1)は、“受精膜”の(内側)で、かつ、“細胞”の(外側)に“存在する”」わけで、「“これらの領域”を、“三角形のドーム”(=“空間量子”)で、“表す”」と、「“三角形のドーム”の(内側)は、“観測者”(β1)が、“即時的”に“移動できる”、“今現在”の、“空間に成る”」わけです。
 
そこで、「“三角形のドーム”(=“空間量子”)の“ドームを開放”して、“その平面上”の、“細胞並び”を、“眺める”」と、「“今現在”の、“生きた細胞群”(=“2個細胞”)の“並びの、奥側”には、“過去に存在する”、“1個の受精卵“の、”死後の墓標“が、”並んでいる“」というわけです。つまり、「”細胞“の(外側)に、”存在する“、“個体自我”である、“観測者”(β1)は、“生きた細胞群”(=“2個細胞”)の“領域”と、“過去に存在する”、“1個の受精卵“の、”死後の、墓標“が、”並んでいる“という、”細胞墓地“の”領域“を、”自由に移動できる“」ということです。
 
これは、「“個体自我”である、“観測者”(β1)の“行動”(=“移動”)」を、「“細胞”(内側)に“存在する”、“観測者”(β2)の“立場で考える”」と、「“生きた細胞群”(=“2個細胞”)の“領域”である、“この世”」と、「“過去に存在する”、“1個の受精卵“の、”死後の墓標“が、”並んでいる“という、”細胞の墓地“の”領域“である、”あの世“」との、「”“を、”自由に、移動できる“」ということです。
 
「“このような理由”」で、「“タイム・トラベル”という“表現”は、極めて、“デリケート表現である”」という具合に、「最初に、“指摘した”」わけです。
 
イメージ 1
 
●●」=「図E−22」の、「図(DD)は、「“三角形のドーム”(=“空間量子”)の“ドームを開放”して、“その平面上”の、“細胞並び”を、“眺める”」と、「“今現在”の、“生きた細胞群”(=“2個細胞”)の“並びの、奥側”には、“過去に存在する”、“1個の受精卵“の、”死後の墓標“が、”並んでいる“という”構図“」です。「”細胞“の、”死後の、墓標“に、”個人の体験“が、”記録されている“」と「考える」わけです。「”この図を、眺める“」だけで、「”具体的治療法内容“が、”了解できる“」ハズなのです。
 
ともかく、「(1)と(2)の“指摘を前提”」にして、「私が、“両者の”に、“橋を架ける”、つまり、“両者の、共通理解を可能にする”」ために「”提案“した”内容“が、”ファインマンの仮想実験“の”分析“」なのです。「”分析の手段“に、”使用した方法“が、”私のイメージする”、“観測の理論”であり、“その内容”を、”時計の、1個文字盤複数目盛”の、“相互関係で表した時計のモデル”」なのです。「“このプロセスを図解した」のが、「“1番目のブログ”」で、「“表題”は、“神の光”の“存在証明”」です。

 
次回に続く
「“アルツハイマーによる痴呆症”は、“超能力・ヒーリング”によって、“治療できる”」(=補完編)【(3)()】
 
記憶メカニズム具体像』【[114]=[]】の「補完編」【(1)()】
AHigashi  (phD)
 
ただし、「“厳密”には、“自我”が、“過去に遡る”、つまり、“タイム・トラベル”が、“可能である”」という表現には、「“デリケートな注意必要”」であり、「“その微妙な表現必要性”を、“理解する”」ためには、「“1個受精卵”から、“細胞分裂繰り返す”ことで、”膨大な数の、細胞集団“が、”形成される、プロセス“において、”2人の観測者“を”設定“し、”それぞれ“の、”観測者“の”役割分担“を、”考える“」ことが、「”非常に、重要に成る“」わけです。
 
この、「”初期発生のプロセス“は、上記の、“独自の観測理論”の“原型を示す内容”」であり、「“個々細胞”が、“それぞれ”、“空間量子“に、”対応する“」わけです。「”この場合”」は、「“個々細胞”(=“空間量子“)の(外側)に、”上位側“で、”能動的“な、”“観測者”(β1)が存在し、“個々細胞”の(外側=表面側)に、“単位ベクトル”を、“刻印する”」、「“個々細胞”(=“空間量子“)の(内側)に、”下位側“で、”受動的“な、”“観測者”(β2)が存在して、“個々細胞”の(外側=表面側)に、“刻印された”、“単位ベクトル”を、“感じる”」という具合に、「“考える”」わけです。
 
「“ここで重要なこと”」は、「“個々細胞”(=“空間量子“)の(外側)に、”存在する“、”上位側“で、”能動的“な、”“観測者”(β1)は、“個体自我”」であり、「“個々細胞”の(外側=表面側)に、“単位ベクトル”を、“刻印する”」ことによって、「“個々細胞”(=“空間量子“)の(内側)に、”下位側“で、”受動的“な、”“観測者”(β2)の、“将来”の、“運命決定する”」ということです。
 
「“個々細胞”(=“空間量子“)の(内側)に、”存在する“、“観測者”(β2)の、“将来”の、“運命決定する”」という、「“意味”」は、「“それぞれ”の“細胞”が、将来、“筋肉細胞”や、“神経細胞”などに、“分化して行く”」という、「“内容”を“指摘している”」わけです。つまり、「“個々細胞”(=“空間量子“)の(外側)に、”存在する“、”上位側“で、”能動的“な、”“観測者”(β1)が、“全部細胞”の、“将来の運命”を、“独裁的”に、“決定する”」ということです。
 
ただし、「“個々細胞”(=“空間量子“)の(外側)に、”存在する“、”上位側“で、”能動的“な、”“観測者”(β1)は、“個体自我”」は、「さらに、“受精膜”の(内側)に“存在する”」という、「“特別条件”も“必要に成る”」わけです。「“その理由”は、“観測者”(β1)と、“個々細胞”(=“空間量子“)の(内側)に、”下位側“で、”受動的“な、”“観測者”(β2)の、“それぞれの、”時間的寿命“に、”密接に、関係している“」からです。
 
というのは、「“受精膜”の(内側)で、“細胞”の(外側)に“存在する”、”上位側“で、”能動的“な、”“観測者”(β1)である、“個体自我”の“寿命”は、“人間の寿命”(=”生涯“)に“相当する”ので、ほぼ、“80年と見なす”ことが“可能である”」のですが、これに対して、「“初期発生時代”の、“細胞”は、“約1時間”で、“分裂を繰り返す”」ので、「“それぞれ”の“細胞”の(内側)に“存在する”、”下位側“で、”受動的“な、”“観測者”(β2)の、“寿命“は、”約1時間“と”見なす“」ことが、「”できる“」わけです。
 
ここで、「“重要なこと”」は、「“観測者”(β1)である、“個体自我”は、“人間寿命”(=”生涯“)に“相当する”、ほぼ、“80年”の“”を、“今現在”に、“存在し続ける”」ということです。つまり、「“個体自我”には、“今現在”しか“感じる”ことが、“出来ない”」ということです。すると、「“過去未来”は、“感じるのか”?」という「“問題に成る”」わけです。つまり、「“過去未来”を、“感じる”のは、“細胞”の(内側)に“存在す”、”下位側“で、”受動的“な、“観測者”(β2である」ことを「“意味する“」わけです。
 
かくして、「“デリケートな問題”」とは、「“最初に、指摘した”、“タイム・トラベル”の“問題”」のことです。つまり、「”細胞“の(外側)に”存在する“、“個体自我”である、“観測者”(β1)は、常時、“今現在”に、“存在する”」わけで、「“今現在”の“領域を、移動する”場合は、“即時的”であり、“移動時間”を“必要としない”」わけです。そして、「”下位側“で、”受動的“な、”細胞“の(内側)に”存在する“、“観測者”(β2)が、“過去”に、“タイム・トラベルをする」ということです。
 
 
次回に続く

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事