{1}科学・技術時代の、宗教革命(挑戦1)」「(3)」:本論の開始(=挑戦1の(3)=(続)
 
☆5−{1}に続く。
 
(Ⅲ):「本論」の、「略式の、図形モデル」と「略式名称のモデル」の「パート2(=個体編」について={人間個体の、8分割(=F1F8)}の、略式・個体・模式図}」
 
イメージ 1
 
「図ニ−3」
 
「図ニ−3」の「図(A)は、{人体の8分割(=F1F8)}の、“略式・個体・模式図”}」であり、「図(B)は、{人間個体の、中型部分(=F1F8)}の、“略式・個体・模式図”}」である。むしろ、「図(B)の、人体のイメージ(=8分割F1F8」から、「図(A)の、人体の8分割(=F1F8)イメージ」を、想定すべきかもしれない。
 
「図(A)の、“8分割”の中型部分(=F1F8)」や、「図(B)の、{人体の8分割(=F1F8)}の、「具体的な内容」は、次の通りである。
 
F():「神経循環系」
F():「・眼・鼻・口・神経循環系」
F():「心臓・肺神経循環系」
F():「右手骨格・筋肉神経循環系」
F():「左手骨格・筋肉神経循環系」
F():「胃・腸・消化器神経循環系」
F():「右足骨格・筋肉神経循環系」
F():「左足骨格・筋肉神経循環系」
 
さらに、「{人体の8分割(=F1F8)}の、“8分割”の、はるかに、下部システム”」として、次の「“16分割{f(1)f(16)}」を想定する。
 
「“16分割{f(1)f(16)}」の「具体的な内容」は、次の通りである。
「*注*」:ただし、挑戦1」では、「以下の部分」は、「別の分類に、置き換えられる」ので、「使わない!」ことに注意しよう。
 
f(1): 神経平滑筋細胞」
f(2): 皮膚神経平滑筋細胞」
f(3): 心筋神経平滑筋細胞」
f(4): 皮膚筋肉神経平滑筋細胞」
f(5): 皮膚筋肉神経平滑筋細胞」
f(6): 平滑筋神経細胞」
f(7): 皮膚筋肉神経平滑筋細胞」
f(8): 皮膚筋肉神経平滑筋細胞」
 
f(9): 神経平滑筋細胞」
f(10): 皮膚神経平滑筋細胞」
f(11): 心筋神経平滑筋細胞」
f(12): 皮膚筋肉神経平滑筋細胞」
f(13): 皮膚筋肉神経平滑筋細胞」
f(14): 平滑筋神経細胞」
f(15): 皮膚筋肉神経平滑筋細胞」
f(16): 皮膚筋肉神経平滑筋細胞」
 
☆7}に続く。
 
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3203」:「前からの継続ブログ=『論文0→論文10』:個人的な公開HPに、リンクhttp://ahigashi.sitemix.jp」“をアクセス
http://blogs.yahoo.co.jp/dsu320」:「意識科学iPS細胞:表題0−5」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3204」:「バーバラ女史(=超能力者)についてのブログ」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3205」:「意識科学iPS細胞:表題6−10」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3206」:「挑戦−2:あの世の科学(=宗教革命
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3207」:挑戦−1あの世の科学(=宗教革命)」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu111」:「英文モデル論文2編共同研究員募集要項時間とは何か?自己流の解釈Kさんとの、Q&A集
 
{1}科学・技術時代の、宗教革命(挑戦1)」
 
「(2)」:本論の開始(=挑戦1の(2)=(続)
 
(Ⅱ)本論」の、略式の、図形モデル」略式名称のモデル」の「パート1(=細胞編」について
 
イメージ 1
 
「図ニ−2」
 
本論」では、「種々の、特別、かつ、簡略化された特殊用語(=本論以外では、通用しない!)」を用いるので、最初に、「具体的な図形によって、それぞれの違いを、区別」しておく。
 
「図ニ−2」は、「本論」による、「細胞質内(=核外)の、細胞自身による、“遺伝子選択(=on or off)”制御システム(=方程式)}」と、「細胞質内(=核外)の、制御システム(=方程式」を、「2種類(=)に分けて、それぞれの、“略式・模式図と、“略式・名称の、両方」を示している。
 
「図(A)は、皮膚細胞の、{細胞質内(=核外)の、細胞自身による、“遺伝子選択(=on or off)”制御システム(=方程式)}」であり、「{細胞分裂(単)の、on選択と{皮膚細胞(単)の、on選択が、細胞自身によって、実行された」ことを、「ワクで囲んだ状態」で示してある。加えて、
 
「図(A)の“制御回路全体”のイメージ」を、「図(B)の“ワク内のような、・三角形“で表し、細胞自身によって、選択された遺伝子の数を、”2個の選択ワクが付いた”①;“簡略・模式図の、”簡略・図形」と、「②;”略式名称−1(=細胞・ピラミッド・選択モデル)“」という「”簡略・名称」によって表している。
 
加えて、「図(B)の、”簡略・図形“モデルは、細胞の、核の内側にある自前の(=本来の)遺伝子(=下側の点線内の横線が、DNA・遺伝子」とは、「別の存在であること、つまり、細胞質内(=核外)に存在する」ことを強調してある。さらに、
 
「図(C)の“ワク内”のような、・三角形“で表し、細胞自身によって、選択された遺伝子の数を、”1個の選択ワク(=奇妙な図形の選択ワク!)が付いた”、①;“簡略・模式図の、”簡略・図形(=順・三角形)」と、「②;”略式名称−1(=細胞・ピラミッド・選択モデル)“」という「”簡略・名称“」によって表している。
 
さらに、「図(D)のワク内のような、・三角形“で表し、細胞自身によって、選択された遺伝子の数を、”1個の選択ワク(=奇妙な図形の選択ワク!)が付いた、①;“簡略・模式図”の、簡略・図形(=・三角形)」と、「②;略式名称−2(=細胞・ピラミッド・選択モデル)“」という「”簡略・名称“」によって表している。
 
注目すべき」は、「“①;“簡略・模式図”」の、いずれの場合も、「”簡略・図形・モデル“が、細胞質内(=核外)に存在する」ことを強調していること、つまり、「細胞の、核の内側にある自前の(=本来の)遺伝子」とは、「別の存在であること」に留意すべきである。
 
というのは、「自前の(=本来の)遺伝子は、細胞の、核の内側にある」と「考えるのが、常識」であり、「本論の指摘は、常識とは、異なる!」からである。これは、「山中技術で、細胞質内(=核外)に、直接に、具体的な遺伝子群を、注入する」という「非常識に、対応させた内容(=実際には、核内のようであるが、本論では、「核外細胞質内」として考える!)」だからである。
 
今後、上記の、{「略式の、図形モデル」と「略式・名称のモデル」}が、修飾されて頻繁に、登場する」ことに成る。
 
{☆6}に続く。
 
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3203」:前からの継続ブログ:個人的な公開HPに、リンク!
http://blogs.yahoo.co.jp/dsu320」:「意識科学iPS細胞:表題0−5」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3204」:「バーバラ女史(=超能力者)についてのブログ」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3205」:「意識科学iPS細胞:表題6−10」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3206」:挑戦−2:あの世の科学(=宗教革命
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3207」:挑戦−1あの世の科学(=宗教革命)」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu111」:「英文論文モデル2編共同研究の募集要項
 
 
{2}科学・技術時代の、宗教革命(挑戦1)」
 
{1}に続く。
 
「(1)」:本論の開始(=挑戦1の(1)=(続)
  
かくして、
皮膚細胞(=目的別)の、細胞質内(=核外)」には、緑色の●印と▲印の対”+赤色の●印と▲印の対”」の、「両方が、含まれている」と考えられる。また、
筋肉細胞(=目的別)の、細胞質内(=核外)」には、青色の●印と▲印の対”+赤色の●印と▲印の対”」の、「両方が、含まれている」と考えられる。「その理由」については、「以前の考察で、説明済み」である。
 
また、「図ニ−1」の「図(B)と図(C)の、それぞれの、下側のワク内」は、「本論」による、「細胞内(=核外)の、細胞自身による、“遺伝子選択(=on or off)の制御システム(=方程式)」である。
 
「(B)の、皮膚細胞(=目的別)」場合には、「それぞれの下側のワク内の、左側の、上段と下段には、2種類の遺伝子選択{=細胞分裂(単)の、on 選択皮膚細胞(単)の、on選択が、細胞自身によって、実行された」ことが示してある。
 
「(C)の、筋肉細胞(=目的別)」場合には、「それぞれの下側のワク内の、右側の、上段と下段には、2種類の遺伝子選択{=細胞分裂(単)のon選択筋肉細胞(単)の、on選択が、細胞自身によって、実行された」ことが示してある。
 
(注)」:「その他の、人工的に企画する、変換(=目的)細胞」については、「図ニ−1」の「図(A)の矢印の先に、種々の変換(=目的)細胞」を書き加えて、さらに、
 
「図(B)と図(C)の、それぞれの下側のワク内」の、「左右の、上下のシステム(=制御システム)のように、神経細胞(単)、細胞(単)、腎臓細胞(単)などが、on 選択」されることを、「ワクで囲んで、{=細胞分裂(単)のon 選択{細胞分裂(単)の、on選択と、✖✖細胞のon選択の、2種類が、細胞自身によって、実行される、メカニズム」を、「“追加記入する”だけでよい!」と考えればよい。「この簡略さ」こそが、「生理学的な方程式」と表現する所以である。
 
{☆5}に続く。
 
 
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3203」:前からの継続ブログ:個人的な公開HPに、リンク!
http://blogs.yahoo.co.jp/dsu320」:「意識科学iPS細胞:表題0−5」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3204」:「バーバラ女史(=超能力者)についてのブログ」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3205」:「意識科学iPS細胞:表題6−10」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3206」:挑戦−2:あの世の科学(=宗教革命
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3207」:挑戦−1あの世の科学(=宗教革命)」
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu111」:「英文モデル論文2編共同研究者募集要項
 
 
{1}科学・技術時代の、宗教革命(挑戦1)」
 
{☆3−2}に続く。
 
「(1)」:本論の開始(=挑戦1の(1)=(続)
 
以下は、「挑戦1」の「本論の始まり」である。
ただし、「本論を始める前」に、「注意事項として、次の、便宜的な視点」を、「前もって、強調」しておこう。「(=挑戦1(=挑戦2」では、「それぞれに、使用する参考図が、異なる(=簡略化した図形の方が、それぞれのイメージを、把握しやすい?)!」と考えたのであるが、一方で、「(=挑戦1(=挑戦2」の区別は、本来、不要なハズであり、「一貫した筋書きの仮説として、構成されている!」ことを指摘しておこう。
 
「●●」:「(=挑戦1」では、次の「黒字の項」が採用されている。「Ⅰ」、「Ⅱ」、「Ⅲ」、「Ⅳ」、「Ⅴ(=右側・半分)」「Ⅵ(=左側・半分)」、「Ⅶ(=1部だけ!)」、「Ⅷ」、「Ⅸ」、「Ⅹ(=失敗例)」、「ⅩⅠ(=成功例=分類)」、「ⅩⅡ(=具体例)」、「ⅩⅢ(=図14)」、「ⅩⅣ(=観測者)」、「ⅩⅤ(=図15)」「ⅩⅥ(=観測者1)」、「ⅩⅦ(=評価)」
 
「参考」
「◎◎」:「(=挑戦2」では、次の「黒字の項」が採用されている。「Ⅰ」、「Ⅱ」、「Ⅲ」、「Ⅳ」、「Ⅴ(=右側半分)」、「Ⅵ(=左側・半分)」、「Ⅶ(=全部)」、「Ⅷ」、「Ⅸ」、「Ⅹ(=失敗例)」、「ⅩⅠ(=成功例=分類)」、「ⅩⅡ」、「ⅩⅢ(=図14)」、「ⅩⅣ(=観測者」、「ⅩⅤ(=図15)」、「ⅩⅥ(=観測者1)」、「ⅩⅦ(=評価)」
 
「本論」は、「結論(=仮説)のイメージが、先に、登場して、その結論向けて、順番に、合理的な説明を、展開して行く(=自分自身で、確認している状況!)」という記述法なので、「一般の評論文(=筋書きの存在が、前提となる解説文!)とは、様相が、異なる!」わけである。「自分でイメージを構築しながら読み進み最後の結論を見て、自分の想像プロセスを、再確認する!」ような、「共に、仮説を構築するような心境が、伴う必要があるだろう。なにしろ、「参考文献のない世界の、記述!」だから、「その点を、最初に指摘」しておこう。
 
まず、
「◎9」:「細胞の、核内・DNA役割」と、「細胞質内(=核外の、“仮想的な遺伝子(=仮想的な、遺伝子選択の制御回路!”の役割」の「分担」}という「大きな項目」である、「◎9」という項目の中に、別の項目(=Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、→・・)を設定して、順次、解説する」ことにしよう。
 
(Ⅰ):「“iPS細胞”由来の、各種細胞(=目的別細胞)」の「人工的な大量・培養」と、「細胞内(=核外)の、細胞自身による、“遺伝子選択(=on or off)の制御システム(=方程式)」
 
イメージ 1
 
「図ニ−1」
 
「図ニ−1」は、「本論」による、「各種(=単・機能)・分化細胞の、大量培養(=各種のコロニーの作成)」の「模式図(=方程式)」を示している。
 
☆4}の{2}に続く。
http://blogs.yahoo.co.jp/tjrudsu3206」(=挑戦−2
 
{2}科学・技術時代の、宗教革命(挑戦1
 
「(2)−1:◎」:結論1:「(=挑戦1の、要約!
 
{1}:に続く。
 
「図ニ−15」の、「図(BB)の、(Ⅰ)のレベル(=左端!にも、“3本のDNA・遺伝子”が、縦方向」に描いてある。この場合には、「“3本のDNA・遺伝子”」とは、「中心が、1本の仮想巨大・DNA・遺伝子(=波線)」であり、
 
「左側の、赤の点線が、実在DNA・遺伝子(=約60兆個の点線が、並ぶ!){=1個の(b)=(Ⅳ)のレベル(=右端!の、分化・筋肉細胞”対応する状況}」であり、
 
「右側の、青の点線が、幽霊のDNA・遺伝子(=約60兆個の点線が、並ぶ!){=1個の(b)=(Ⅳ)のレベル(=右端!の、分化・筋肉細胞”対応する状況}」であることを示している。
 
ここで、「珍妙な解説!」のように「直感する人」は、最初に述べた「特殊な視点」、つまり、「生体で生じる、天然の細胞分裂」では、「それぞれの分裂・細胞には、分裂の目的」である、「将来の細胞集団で、造形すべき全体像」と、「その“全体像”に対して、自分(=それぞれの細胞)の分担すべき役割が、見えている!」という「特殊な視点」を思い出してもらいたい。
 
「図(CC)は、(Ⅰ)のレベルと、(Ⅳ)のレベルが、シフト後に、“重なった状況超能力者が、実際に、種々の例で、観察する状況!」を示している。「1本の、仮想・DNA・遺伝子が、直線(=神経細胞に対応波線(=筋肉細胞に対応から構成されているのは、図(AA)と図(BB)の重なりでも、ある」ことを示している。
 
この仮説」で、究極的に何が分かるのか?」と言えば、結果的に、「実在DNA・遺伝子立場で見る」と、「人間動物も、大差が無いように見える、遺伝子情報」が、
 
実は!」、
 
幽霊DNA・遺伝子(=目に見えない!)の立場に立って、見た!場合に、人間本来の、膨大な、人間特有の遺伝子の内容が、見えてくる!ということ、
 
とりわけ、人間姿・形の、全体像(=細胞集団の造形胞)」や、「サル姿・形の、全体像(=細胞集団の造形胞)」など細胞集団の造形を、「幽霊DNA・遺伝子の、位置情報が、決定している!」ということを、「ここで、強調している!わけである。
 
加えて、図(CC)の状況の、“4本の縦線”(=中央の、直線波線である、1本の巨大仮想・DNA・遺伝子)」が、「1人の人間の、人体の姿・形(=全体像」に対応する一方で、
 
受精卵核内に含まれる、1本のDNA・遺伝子という、1個の細胞(=1個の“種(=タネ=受精卵)”に含まれる、1個の、“実在・DNA・遺伝子万能・分化・能力を持つ!)」が、実は、
 
「完全に分化した成長後の姿・形に対応する、1本の仮想巨大・DNA・遺伝子にも、霊の姿で、対応」し、かつ、「巨大な、実在DNA・遺伝子の、連鎖と、“幽霊のDNA・遺伝子の連鎖”の、両方にも、対応している!」という「構図に成る」ということである。
 
その意味で、最初に述べた「特殊な視点」のように、「図(CC)」は、超能力者が見る人間の成長後の、“霊の姿”60兆個の点線の連鎖で示す、”幽霊DNA・遺伝子”)」と、「種=受精卵点線の1個で示す、”1個の、“実在・DNA・遺伝子の、両方対応するという「関係に成る!」わけである。
 
超能力者実例!」としては、「超能力者に、チューリップの球根を、見せる」と、「超能力者は、球根外側に、将来成長した姿・形である、チューリップの葉や花の、完成体が、霊の形」で、つまり、「球根(=実体)成長後の完成体(=幽霊)の、両方が、超能力者には、見える!」というようなケースのことである。
 
ここまでが、「“挑戦1”の、概略の紹介(=要約)」である。
 
☆4}の{1}に続く。
 

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事