吉川和夫の「美術と旅行」雑記帳

「美術と旅行」を、こよなく愛する吉川和夫の落書き帳として設けました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

100歳過ぎ迄生きる

吉川和夫は、
平成の天皇と同じ年に生まれました。
境遇は、無職無頼の悠遊放浪画人です。
肉体は老化していますが、心は青春です。
貧乏ですが、爽やかに生きています。
孤独ですが、しなやかに生きています。
愚者ですが、したたかに生きています。
100歳過ぎ迄、生きて生きて、生き抜くつもりです。

イメージ 1


イメージ 1

篠原 有司男(しのはら うしお、1932年1月17日 -)は、日本現代美術家。本名:牛男(読みは同じ)。愛称「ギューチャン」。

来歴

東京麹町生まれ。父親は詩人、母親は日本画家だった。千代田区立番町小学校を経て、日本大学第二工業学校に入学。疎開先から東京に戻ると、麻布中学校に入学。在学中は画家の荻太郎に師事する[1]
1952年東京芸術大学美術学部油絵科に入学、林武に師事。1957年、同校を中退。1958年、村松画廊で初個展を開催[2]1960年、「読売アンデパンダン展」で活躍していた吉村益信赤瀬川原平荒川修作らとともに「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」を新宿ホワイトハウスにて結成。短い活動期間に多くの伝説を残す。日本ではじめて頭を「モヒカン刈り」にして、週刊誌のグラビアで紹介された。
その後も「イミテーション・アート」や「花魁シリーズ」(1965年)などの「悪趣味」で「スキャンダラス」な作品を次々と発表。ボクシンググローブに絵の具をつけてキャンバスを殴りつけながら絵を描く「ボクシング・ペインティング」は有司男の代名詞となるが、これはマスメディア向けのパフォーマンスであり、芸術のつもりは毛頭なかったと、のちに赤瀬川との対談で明かしている。
1969年ロックフェラー三世基金の奨学金を得て、妻と子供と共に渡米[3]。以後ニューヨーク在住。1972年、段ボールを使ったオートバイの彫刻「モーターサイクル・ブルックリン」などを作り始める[2]1973年3月、現夫人である乃り子(旧姓・島)と出会う[4]。ただ、当時の米国ではマイノリティの芸術家はモダンアートの市場からは締め出される構造があり、制作の拠点をニューヨークに置きつつ、発表は日本で行なっていた[5]。米国で本格的な再評価がなされるのは90年代以降である。
2007年、第48回毎日芸術賞を受賞。
2008年、ドキュメンタリーDVD『モヒカンとハンガリ ギュウとチュウ 篠原有司男と榎忠』(監督・青木兼治)が作られる[6]
2012年ニューヨーク州立大学ニューパルス校ドースキー美術館で、初の回顧展が開催された[7]
2013年1月、篠原有司男・乃り子夫妻の日常を綴ったドキュメンタリー映画『キューティー&ボクサー』(監督:ザッカリー・ハインザーリング)がサンダンス映画祭ドキュメンタリー部門監督賞を受賞[8]。12月21日、同ドキュメンタリーが日本で公開される。29都道府県で順次公開予定[9][10]

旅そのものが人生か




イメージ 1
2002年、ドイツ国首都ベルリンにて(69歳)



 題名  < 旅そのものが人生か >
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


私の海外旅行の期間には、
1〜2週間の団体旅行、2〜3週間の夫婦旅行、
1〜2ヶ月間のグループ旅行、そして、約3〜6ヶ月間に及ぶ一人旅もあります。


私の海外旅行の目的は、美術を学ぶ旅です。
美に対する感性を磨く旅です。
旅先の社会や文化の歴史を学ぶ旅です。
世界の人々と交流する旅です。
自分の人生を考える旅です。
畢竟するに、自分探しの旅です。

美術を探究する旅は、一人旅が最適です。
独り旅は、自由で気儘なものとは言え 孤独に加えて、
緊張と興奮に満ちた旅です。私の一人旅はバックパッカーの旅です。
それほど大きくない容積35リットルのリュックを背負って行きます。
そして、リュックの重量は、大体、6〜8kgですが、両肩への加重を軽くするために、旅行案内書は持参せず、1冊の地図を頼りに歩きます。
パステルペンやスケッチブックを携行します。不足のものは、現地調達します。

なお、身の安全のために、夜間の外出と飲酒を避けています。
宿泊先は、特に定めず行き当りばったりのホテルを利用しています。
そして、訪問先の地域で通じる言語の修得に出来るだけ努めています。


旅のコースは、予め計画し訪問先の情報を手帳に要約メモして置きます。
詳細な旅先情報は、現地の観光案内所や宿泊先で手に入れます。
それから、航空機、列車、バス、船、宿泊先などで知り合った友達などの話にも、貴重な情報があります。


私が訪れた町の数は、数えきれず、延べ数で凡そ700箇所を超える ものです。また、200箇所を超えるユネスコ世界遺産を訪問しています。
特に、欧州の主要都市、ロンドン、パリ、ベルリンの街には、幾度も、訪問しています。
欧州には古い栄光の歴史があり、素晴らしい文化遺産があります。
欧州の古城、城塞、寺院、宮殿、邸宅、街路などは、私にとって、楽しくなる絵画の題材です。


又、南北アメリカ大陸、アフリカ大陸、オセアニアには、雄大な自然風景があります。その自然風景は神秘的で深い感動を覚え、大自然との出会いを絵に描いています。
米国の美術館には、世界の有名絵画が展示されていました。
ニューヨークには、世界から若い芸術家が集まっていました。
そこには、新しい現代美術・モダンアートの流れがありました。
アメリカで、美術の勉強をしたい夢が湧いたほどでした。


アジア諸国には、日本文化のルーツの一端さえも発見する事が出来ます。そして、”大東亜”各地で働く日本人の活躍ぶりに目を見張ります。
かって、太平洋戦争で大日本帝国がアジア各地を占領していたので、
日本人の私にとって、日本侵略地アジア州の旅は、強い贖罪の旅みたいなものです。


私の旅は、美術の研鑽に主力を置いていますので、
その国の主要な美術館には、
必ず、訪問することにしています。
宮殿や寺院の美術館、有名画家の美術館、
街の美術画廊にも、積極的に足を運んでいます。美術館では、
有名な美術作品を模写することもします。
又、模写に励む画学生との会話も勉強になります。
街では、偶然、無名の画家に出会い美術談義をした事もあります。
欧州の古城で、ニューヨークで活躍中の日本人画家に出会い、
旅での絵描きテクニックについて教えて頂きました。


私は好奇心が旺盛です。私は此れからも旅を続けて、
様々な風景画を描きます。そして、色々な人との出会いと交流を楽しみ、
人間の姿や感情、又、「愛と性」を絵の中で表現する事にも、
意欲的に取り組んで行きたいと思います。
加えて、動植物については、慈しみの心を込めて描くつもりです。


(慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎にて、同窓会での講演要旨)
(2008年10月14日)



イメージ 2
2011年 慶應義塾三田キャンパスにて (78歳)

 



美術家とは、いかなる人間なのか?

イメージ 1


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


                 < <  画壇の四方山話 >>



・画家は、孤独なものである。

・画家の人気は、時代がつくる。

・画家には、貧富の差が極端に存在する。

・画家の評価は、その画家の素性を見る評論家の好みで決まる。

・画家の評価は、その画家のヒイキ筋、コレクターの財力で決まる。

・画家で、有名になった人物は、神話・伝説を持つ絵描きである。

・絵画は、腕前の良し悪しではない、心で描くものである。

・絵画は、見ていて面白いものでなければならない。

・絵画は、エロスを必要とする。エロスとは生命の躍動である。
エロスは、真善美に到達しょうとする哲学的衝動である。

・絵画は、類を見ない醜悪のものこそ、見ごたえがある。

・絵画は、深い感動を壮大なウソに表現することである。

・絵画は、異常性がなければ、魅力がない。

・絵画は、所詮、モノマネである。

・絵画は、創造である。

・絵画は、単純にウソを描いているだけのもの。

・絵画には、作者独特のオリジナリティが必要である。

・絵画の商品価値は、画家が持つ個性の特徴が決める。

・絵描きを職業とする者は、
  ファン作り、顧客作りに精を出すべきである。
  美術評論家や美術画廊には、最敬礼で接すべし。

・男らしい画家は、画壇から歓迎されない。
 美術界では、画家は女性的な態度が好感される。

・画家は、芸者と同じである。パトロンを作るべし。

・職業画家は、所詮、ものづくりの職人であり商人である。

・画家について、世間では、偏見も持っている人も多い。

・画家には、少年時代に学業成績が優秀だった人もいる。

・画家を志しながら、安定的生活のために医師になった者も多い。

・画家には、世間の風潮に動かされない人物が多数いる。

・画家には、数学の天才だと言われる人物もいる。

・絵を描くに当たって、効率的な筆法はない。

・絵を描くことは、人間にとって、普遍的なものである。

・絵も描けない者は、健全な人間存在として認められない。

・画家の世界では、上手な画家とか、下手な画家は、存在しない。

・職業的画家とは、オカネ儲けの上手な職人的画家である。

・有名画家の絵は、自らがウマイ絵だと思っても、
 評論家から酷評を受け、自らがヘタな絵だと
 思ったものが、評論家には好評なのである。

・俗物画家は、名誉の勲章を貰うためには、
 有力政治家や画壇ボスにオカネの貢物をする。

・俗物画家は、芸術院会員などに推挙されるために
  関係者にオカネをばら撒く必要があるという。

・画壇の有力者になるためには、
 社交を第一義としなければならない。

・一流画家においては、少年時代に、
 品行方正と言われた者は少ない。

・画家こそ、人間存在そのものである。

・芸術と人間教育は一体化すべきである。

・美術は、進歩とか発展とかは、無縁の存在である。
 1万年前に人間が描いた作品と、
 現在の画家が描いた作品を比べて見ると、
 進歩も発展もしていない。
 ただ、表現の形を変えただけである。

・デジタルアートは、最も新しい美術である。
 デジタル技術は表現の概念を拡張した。
 本来は動かないものに世界観や物語を付加できる。

・モダンアートの画家グループの存在がある。

・アウトサイダー・アートの存在もある。

・幻視芸術の存在もある。

・幻想芸術の存在もある。

・精神障害者が描く芸術がある。

・霊的幻視者が描く芸術もある。

・幼児の描く絵も立派な美術作品である。

・画家、または美術家は、特別な存在ではない、
 極めて有り触れた普通の人と変わらない。

・画家・美術家も、それぞれに違う絵を描く、
 万人の画家が居れば、万人が違う絵を描く、
 どの絵が、上手か下手か、良いか悪いか。
 評価する人も、万人が万人、皆が違う。
 芸術に優劣は無い。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いまや、オランダの天才画家と言われている
ヴァン・ゴッホの作品は、生前には、
僅か1枚=現在の価値で、約2000円で売れた。

イメージ 2


画家・堀文子の言葉


↓ 私が描いた堀文子氏像です ↓

イメージ 2


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


イメージ 1

私は、堀文子氏を最も尊敬している画家の一人です。



                 画家・堀文子の言葉

☆身体が衰えてきますと、
誰でもが何も出来ない諦めの老人と思うでしょう。
けれども、私は知らなかったことが日に日に増えてきます。
いままで「知っている」と思っていたことが、
本当は「知らなかった」と。
それが、だんだん分ってくるのです。


☆息の絶えるまで感動していたい。



☆私の中に潜む未知の能力が
まだ芽を吹いてないんじゃないかと、

諦めきれないでいるんです。


☆現状を維持していれば無事平穏ですが、

新鮮な感動からは見捨てられるだけです。


☆反省なんてしないで、
自分のことを「バカー!」って叱るのがいちばん。
バカでいたくなければ、自分でなんとかするでしょう。



☆奢らず、誇らず、羨まず、欲を捨て、

時流をよそに脱俗を夢みて、
私は一所不在の旅を続けてきた。


☆自分の無能を恥じ、己との一騎打ちに終始し、
知識を退け、経験に頼らず、
心を空にして日々の感動を全身で受けたいと心掛けた。


☆肩書きを求めず、ただ一度の一生を美にひれ伏す、

何者でもない者として送ることを志してきた。


☆人を見る時も本能で、好きか嫌いかで、
損得では決めません。
地位や名誉、肩書きなんて移ろいやすいもので、
それに振り回されないようにすることです。




☆恥を笑われることの心配をしているより、
折角生きているのだから

したいことをしたいと思います。
もう時間は残りすくないのです。


☆一生は一回しかないんですよ。



☆「旅はひとり」と言う信条に従って、

言葉も出来ぬのに、海外での一人旅を続けてきた。


☆主張せず、押し付けもせず、
雲や水のように形を求めず、行方もしれない絵。
修練や努力も役立たず、定義の仕様もない。



☆私は絵で自己主張しょうという意思もなく、
名を揚げようという気も無く、

心に響く美しいものを記録しながら此処まで来た。



☆その時その時をどう生きているか、
その痕跡を絵に表すので
一貫したした画風が私にないのだ。
結果として画風が様々に変わって見えても、
それはすべて私自身なのである。



☆「絵とは?」年とともに
益々その意味も効用も解らなくなる、
この原始的行為。

言葉の助けも借りず、絵は通訳なしに時空を超えて、
人の感性と交信することができ、
その働きは自由この上ない。



☆それに耐えるだけの体力と気力がないと、
真剣に遊ぶことも出来ない。




☆人間に屈服しないためには、闘わなければなりませんが、
私は闘うのが嫌いです。そうなると、脱走するしかない。
こんな子供じみた解決をする自分を恥じながら、
私はその後も、
「闘わず屈服せず」という姿勢で、生きてしまいました。




☆吹雪となって花は散っていった。
すべてが夢か幻だったように。
どんなに惜しんでも、時の流れのなかに
かき消えていかねばならぬ花の命のはかなさを、
私達は己の行く末の姿として見据えているのではないか。



☆生きるものはやがて死に、会うものは別れ、

財宝も名利も仮の世の一時の驕りであることが
否応なく見えて来る今日この頃である。


☆此の先、どんなことに驚き熱中するのか。

私の中の未知の何かが芽を吹くかもしれないと、
これからの初体験に期待がわく、
私にはもう老年に甘えている暇などないのだ。



☆私も機嫌よく死にたい。
生き生きと死にたいということは、
沢山の先輩から学びました。
そういう方がこの世からどんどん消えてゆきます。



☆死は、人間に課せられた一度きりの初体験であり、

誰の真似もできず、誰の助けを借りることも出来ない。
私が、これから、どのような過程で死を迎えるのか、
私は私の成り行きを眺めるつもりである。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


日本画家・堀文子(1918年7月2日〜2019年2月5日)の来歴
女子美術専門学校(現・女子美術大学)師範科日本画部卒業。
女子美術専門学校在学中の1938年に第2回新美術人協会展入選。
1940年に女子美術専門学校を卒業し新美術人協会会員。
『キンダーブック』(フレーベル館)、『ふたば』などで挿画や装幀を描く。

29歳のときに外交官と結婚、43歳のときに夫と死別。
1961年から1963年にかけ世界放浪の旅へ出る。
旅の中でアンフォルメル、シュルレアリスムの影響を離れ、
日本画の持つ色彩や顔料の美しさに回帰する。
1967年に神奈川県大磯に転居。
1974年創画会の結成に参画。
1974年から1999年まで多摩美術大学日本画科教授。


1981年に軽井沢にアトリエを構える。
1987年にイタリアアレッツォにアトリエを構える。
1992年にアレッツオ市で堀文子個展を開催。
1995年にアマゾン川、マヤ遺跡・インカ遺跡へスケッチ旅行。
1999年に創画会を退会。2011年に女子美術大学より名誉博士の称号を得る。


2000年、82歳のときに幻の高山植物ブルーポピーを求め、
ヒマラヤ山脈の高地を走破
(「アーティストたちの挑戦 ヒマラヤ 高き峰をもとめて
日本画家 堀文子」(NHK収録/放送、2000年)。
2001年に病に倒れて以降、
長期間の取材旅行に出かけられなくなったことから微生物に着目し
海中に生きる命をモチーフとする作品を発表。
これらの作品は画文集や個展で発表されている。

自然の中に存在する命や花鳥をモチーフとする作品を多く制作し
「花の画家」と呼ばれる。
専門の日本画の他、装幀、随筆でも多くの作品を発表している。





全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事