杉線香水車小屋と大室たかお神社の森

日光市大室にある水車小屋とたかお神社の紹介です。

水車のできるまで

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

調整

イメージ 1

川底と水車の間は約指1本。最初調節がまた大変なんです。

開く コメント(0)

先ずは軸を入れます

イメージ 1

この軸は重い。入れるの大変だったんです。結局私もお手伝いしたので設置時の写真は取れませんでした。
重機も入れる場所ではないので。

開く コメント(0)

次回は18日

イメージ 1

今日連絡があり、18日に新しい水車の軸を設置します。それまで一寸おやすみです。
大工さんもそれまでは各部品を刻んでいるんでしょうね。写真は、高所作業車で森の枝おろしをしたので、ついでにおおむろたかお神社の境内を撮ってみました。このプログはほとんど携帯電話のカメラで取ってますけど結構良く撮れるもんですね。

開く コメント(1)

解体された水車

イメージ 1

ゆりかごみたいですね。これも欲しいと言う方がいて引き取られるそうです。
この水車小屋の主人は今3代目ですが、2代目のおじいちゃんもまだ元気です。
今日そのおじいちゃんが言ってました、その当時もテレビ局の取材が結構あったらしいのですが「おれのおやじは(初代)が年老いた時、新潟から今市へ来て、杉線香の水車を始めたけど、一度も東京へ行けなかった。一度は東京を見たかった。」と良く言っていたそうです。そのたびに「おやじの作った水車は北は北海道、南は九州の人までテレビで見てくれたんだから、東京へ行くよりもっとすごいんだよ」といって慰めたもんだよ。

開く コメント(0)

水車解体6

イメージ 1

割れました。

開く コメント(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事