全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 
14.echo hearts
「Brand New World」に並ぶダンス曲。
ああしてダンサーさんと一緒に踊って歌う美菜ちゃんをずっと見てたいなー。
アウトロではコールも。
「Hello Hello Hello」
\Wow.../
「See You See You See You」
\Wow.../
一緒に\I wanna feel your heart/
MC
「ありがとう!皆の声、聞こえましたー!」
「楽しいね〜この曲!皆と心の距離が近づきますね」
「アツくなってきたんですけど、あっという間に…」→\えぇー!/
「私も、楽しすぎてファイナルってことも忘れちゃったりして…(笑)」
「これだけ楽しめたのは、それは皆が一緒にライブを作ってくれたからです。ありがとうございます」
 
「まだ歌いますよ〜?」
「ラストスパート、盛り上がっていくよーっ!!」

15.ココロスカイ
16.STRIDE
シングル曲の中では一番発売されてから日の浅い「ココロスカイ」。
…ですが、盛り上がりっぷりは他の曲に負けず劣らず。
サビの「太陽!」部分では、コール+オレンジのリウムを振るという変則技が。
UO持ってなかったので、これは対応しきれなかった…一つ勉強しました。
カラダイといい、手元が忙しいことが多いですねw
 
大サビの歌詞が被って美菜ちゃんが歌えないパートは、皆で大合唱。
にしても、驚異的な浸透力です。
 
ラストは今ツアーを引っ張る曲「STRIDE」。
 
間奏
「今日は楽しかったですか?」→\いぇーい!/
「本当に楽しかったー!?」→\いぇーい!!!/
「皆の笑顔見せてください!」
(しばらく会場の皆の顔を眺める)
「ありがとう!」
 
「Our stride、今日が最後です」→\えぇー!/
「えぇー!だよねぇ〜寂しい!」
「でも、今日楽しかったよね?」
「だから、寂しいと思うのはもったいないっ!」
 
「性格も年齢もバラバラの人が集まって、一緒の歩幅で歩む…それってすごいと思いませんか?」
「今日という日を忘れないでください!」
「そして、また会いましょう!」
「約束だよ!」
「約束だよー!!」
ワンフレーズ、一言一言をしっかりと胸に刻みながら聴きました。
 
<アンコール>
美菜コール。
映像パートを挟んだ後に登場した美菜ちゃんが向かったのは、ステージ中央に設置されたピアノ。
17.Dear my...(弾き語り)
18.つきのひかり(弾き語り)
ピアノを弾きながら、2曲を披露。
「Dear my...」は原曲よりも優しく、ふんわりとして感じで。
今回のツアーでは弾き語りはこの2曲のどちらかだったようなんですが、ツアーファイナルの大宮では贅沢にも両方披露してくれました。
弾き語りだと雰囲気もタッチも違うから、同じ曲でも新鮮な気持ちで聴き入ることができますね。
 
「つきのひかり」を聴きながらうっとりしていたところで、『♪ポロッ…ポ…』
「ん?これで終わり…?」
「もう一回最後やっていいですか?><」
 
最後の伴奏部分で、どうやらミスをしてしまった美菜ちゃん。
急に終わってしまったもんだから、会場の空気も「???」でした。
が、美菜ちゃんのこの一言で和みましたね(笑)
…可愛かったからまったく問題ない。
 
MC
「初めて弾き語りを2曲続けてやると、思ったより緊張しますね…!」
「お礼と言ってはなんですが、逆撮影会をやろうと思います」
「…カメラの名前?」
「ソニーですよ(笑)」←さすが自社w
「ハイ、チーズケーキ!」
2枚撮影し、ツアー通算10枚目。
 
「ここでお知らせがあります!」
「見ての通り、今日の公演が映像化されます!」
私の姿が映ってる姿が微レ存…?(ないから
もう一回最後やっていいですかの下りはどうなるんだろうw
 
メンバー紹介
○まずはキーボードの籠島裕昌さん。
イメージカラーは青です。(※“Our stride”ではサポートメンバーにもイメージカラー有)
籠島さんは昨年のあやひーのソロコンでもキーボード、そしてバンマスだったので覚えてますね。
スフィアのライブでもキーボードを担当していることが多いみたいです。
…って、ちょ!土下座しないで!w
 
「『Dear my...』の楽譜は籠島さんが作ってくれたんです」
「映像のバックで、ピロピロピロンっていうのも弾いてくださって…ん?ポロポロポロン?(笑)」
それあんまり変わってないよ美菜ちゃん!
 
○続いてドラムス、臼井かつみさん。
イメージカラーはピンク。
髪飾りが美菜ちゃんと一緒。
バンメン唯一の女性メンバーでした。
 
「私自身、(女性メンバーがいて)救われましたねぇ」
「…あの・・・違うよ?男性が嫌ってわけじゃないよ?(笑)」
「素敵よ?男性も」
寿ホール。しっかりあとからフォローもありましたけどねw
会場の笑いを誘いました。
 
○ベース、山田章典さん。
イメージカラーは緑。
この方も、あやひーソロコンでベースを担当していた方。
登場すると、会場に向かって「押忍!」3連発。
私たちも一緒になって「押忍!」。定番みたいですねw
最後は美菜ちゃんと向かい合って「押忍!」。
 
美菜ちゃん曰く、しゃべらなければ見た目はクールで、しゃべるとお茶目。
曲中は、バンメンで一番体を動かしてくれる存在。
 
○ギター&バンマス、平井武士さん。
そして始まるたけしコール。
調べた限りでは、武道館ライブからスフィアライブには毎回のように参加されている方みたい。
…って、オレンジ☆ロードでもギター担当されてるじゃないか!すみません、失念してました。
というわけで、ファンの間でも馴染んだ顔だから人気なんですねw
 
平井さんの投げキッス→歓声をあげる俺ら
「投げキッスで男の人も喜んでる!」
再びたけしコール→投げキッス→また歓声をあげる俺ら
「ここにこれたのも、たけしコールのおかげです!」
 
○マニュピレーター、菅原拓さん。
大宮公演で初の紹介。
舞台袖から出てきて挨拶して戻る、というのを二回続けてました。
イメージカラーが決まっておらず、色はバラバラ。
 
○ダンサー、Enaさん
イメージカラーは黄色。
振付レッスンで初めて会ったそう。
そばで踊ってくれる安心感がすごい、とのこと。
 
○同じくダンサー、Sakuraさん。
イメージカラーはオレンジ。
「オープニング映像でかっこよく踊ってるの、私じゃないですからね?」→\えぇ〜!/
「もしかして、信じてた?(笑)」
「ファイナルにして、明かされる秘密…(笑)」
 
ごめんなさい、信じてました…。
というわけで、オープニング等で使われた映像で踊っている女性のシルエットの正体は美菜ちゃんではなく、ダンサーのお2人でしたw
「こんなダンスもできるのかぁ…」なんて感心しちゃってたよ!
実際に担当している踊りを1人ずつ見せてくださいました。
 
○最後はボーカル…寿美菜子!
「ファイナル、ここまで歩んで来れたのは皆のおかげです!ありがとう!」
「また笑顔で会おうね!」
「シャイニー!」→\プラース!/
19.Shiny+
一番最後を締めくくるのは、デビューシングル「Shiny+」。
イントロ聴いただけでテンションがグイッと上がっちゃいますねー。
 
 
サビと間奏ではクラップ。
意外なことに、PPPHが入るのはセトリの中だとこの曲だけだったり。
2番サビが終わると、振付コーナーが。
会場のだいたい真ん中から右側が「埼玉チーム」。左側が「県チーム」。
(そこで単語分けちゃうの?w的な笑いが起きてました)
ちなみに私は埼玉チーム。
 
まずは埼玉チームから振付講座スタート。
クラップ×4、ジャンプ×4回を交互に繰り返し、美菜ちゃんの「2回!」の合図でそれぞれを2回に、「1回!」の合図でそれぞれを1回ずつ。
県チームはこれの逆verで、ジャンプ→クラップの順。
この振付を「4回×2 → 2回×2 → 1回×4」といった感じで繰り返す。
 
「埼玉チームと県チームが一つになって、埼玉県になりましたーっ!」
振付講座が終わったあとは、そのまま曲中でも皆一緒に振付!
ぴったり揃ってましたね。
 
「最後は皆で一緒に跳ぶよ〜!」
5回連続で跳び、ラストに1回大きくジャンプで締め。
 
終演
ステージ上からメンバーが去ったあとも繰り返される「もう一回」コール。
終演のアナウンスに負けじと、5分近く続いたのですが、結局それは叶いませんでした。
いやぁ、あれだけのもう一回コールがあればワンチャンあるんじゃないかと思いましたが…残念。
3本締めをし、ここで“Our stride”大宮公演が無事に終演となりました。
 
感想

本当にあっという間の一言に尽きるというか。
時間的なものもそうだけど、体感的なものが光のごとく過ぎていきましたよ…楽しすぎて。
2時間半が1時間くらいに感じたなぁー。
 
キレのあるダンス、カバー曲、弾き語り。
初のソロライブツアーとは思えないほどのポテンシャルの高さに驚きました。
そして何よりも、真っ直ぐに突き刺さる歌声。
変化球はほとんどなく、ど真ん中に直球をズバッと投げ込んでくるような印象を受けました。
気を抜いてると、たまにスローボールや、ツーシームを混ぜてくることも。
 
この緩急の差であったり、真っ直ぐな歌声・歌にかける想いに等身大の「寿美菜子」を感じるなって。
う〜ん、自分と1コしか違わないのに、あれだけのパフォーマンスができるんですもん。すごいよ。
 
いやぁ…今後が本当に楽しみで仕方ないですね!
次回以降のライブで必ず良い物が見れるという確証があると私は思います。
そういった意味では、初のソロライブツアーに参加できたのは大きかった。
ハードルを上げるような言い方かもしれないけど、次に参加した際に「ここがパワーアップしてる」「こういう魅力もあるんだな」と、成長していく姿を体感できますからね。
 
“Our stride”は、これからの自信に繋がる大きな一歩になったでしょう。
美菜ちゃんがその歩幅でどんな風に歩み進んでいくのか、また駆け抜けて行くのか、一ファンとして末永く見守り、応援していきたい限りです。
 
そんなわけで、ツアーファイナル大宮公演のレポはおしまい。
美菜ちゃん、サポートメンバーの皆さん、スタッフの皆さん、参加された方々、お疲れ様でした。
そしてこの記事を読んで下さった方、ありがとうございました。駄文失礼。
 
ではではー。
 
・映像パート(オフショット集)
スクリーンが下り、流れ始めたのはオフショット。
キーボードの伴奏をバックに、各シングルのMV撮影時の写真を元にした映像でした。
大宮以前の会場では、流れたのはシングル1枚のオフショットのみだったみたい。
 
09.未来へ(カバー)
映像パートが終わったところで、美菜ちゃんが再びステージへ。
ショートパンツだったため、太ももが露わになっててすごく…良かったです…。
 
ここで披露されたのが言わずと知れたKiroroの名曲「未来へ」でした。
曲を聴いたことのあることなら分かると思いますが、歌詞が今回のツアーのコンセプトにドンピシャ。
“Our stride”で歌われたカバー曲の中で、唯一の皆勤賞です。
 
元々、相手に語りかけるような曲ですけど、美菜ちゃんの場合はよりストレートに心に響きますね。
「純粋無垢」という言葉がとてもピッタリだと思います。
席に座ったまま、歌詞の一つ一つを心で受け止める…聴けて本当に良かったなー。
10.Shine We Are!(カバー)
 
続けて披露されたのはBoAさんの「Shine We Are!」。
これも有名な曲ですよねー、イントロ聴いてすぐに「(ビクッ)」って反応しちゃいましたw
さすがは同世代といったところ。
季節的に、「『メリクリ』じゃないの?」と野暮なことを思ったのは内緒。
 
それはさておき、ダンスがヤバかった(小並感)
美菜ちゃんのベースにもなっているBoAさんの楽曲なだけに、ステージ上での動きや、ダンスがより生き生きとしているように見えました。(2年前の冬、東京公演に参加された際のブログ→こちら
ダンサーさんとの振りも息が合っていて、まるで1つのユニットのよう。
そのうえ歌い方がすごく様になってましたし、視覚的にも聴覚的にも新鮮な感覚でしたね。
この選曲は俺得だった。
 
MC
「『未来へ』は元々想い出のある曲だったけど、このツアーでより想い出がいっぱい作れました!」
「毎会場、ちょっとずつ変わっていく気持ちを感じることができました」
 
「そして『Shine We Are!』は、大好きなBoAの曲です」
「CD買ったり、ライブ行ったり…神戸国際会館のライブ(今ツアーの1公演目)にも行ったりとか」
「自分のベースにもなってるので、今回歌わせてもらいました!」
 
「カバー曲は、立ち止まって過去を振り返るっていう意味を込めています」
「次は、私自身が初めてメインのキャラを演じたアニメのエンディングテーマを歌おうかなと」
「marbleさんには他にも色々お世話になっているので、ありがとうの気持ちも込めて…!」
 
11.初恋 limited(カバー)
12.始まりの場所
カバー曲ラストを締めくくったのはアニメ「初恋限定。」のEDテーマ「初恋 limited」。
いやぁ、懐かしいなぁ…あれから3年半。
原作が大好きで、アニメも毎週チェックしてましたよ。
 
イメージ 1
 
スフィアのデビューシングル「Future Stream」がOPテーマ、そして美菜ちゃんがメインキャラである「土橋りか(画像上)」を演じたアニメですね。(愛生ちゃんも重度のブラコン妹役で出演。)
…山本が好きすぎて生きるのが辛かった当時。
スフィアの存在を知った作品ですし、これがきっかけで一気にファンになったので、私にとってもかなり思い入れの強いアニメです。
しかし、あのときエンディングで聴いていた曲が時を経てこんな形で返ってくるとは。
いやー!「立ち止まって過去を振り返る」のって素敵なことだ。
 
※“Our stride”で披露されたカバー曲一覧
・Morning Arch(神戸)
・しあわせ運べるように(神戸)
・Rolling star(中野昼)
・蝶々結び(中野昼)
・All 'Bout The Money(中野夜)
・リニアブルーを聴きながら(中野夜)
・Last vision for last(名古屋)
・旅立ちの時(名古屋)
・Shine We Are!(大宮)
・初恋 limited(大宮)
どの公演も選曲が良いですねー。
「Rolling star」と「リニアブルーを聴きながら」聴けた人裏山。
 
MC
 
「『始まりの場所』には、」
「いつも遠くで想ってるよ 今は叶わないけど」
「いつかこの夢咲かせたら 始まりの場所で逢いましょう」
「という歌詞があるんですけど、このツアーでそれが少しは叶えられたんじゃないかと思います!」
 
\美菜子ーっ!/
→「は〜いっ」←可愛い
 
「過去を振り返るような曲もやりましたし、そろそろ走り出そうかなっ!」
「前に向かって行かなきゃね!」
 
「2階ー!」→\いぇーい!!!/
「1階ー!」→\いぇーい!!!/
「女の子ー!」→\いぇーい!!/
「男の子ー!」→\いぇーい!!!/
「大宮ー!」→\いぇーい!!!/
「もっとー!!」→\いぇーい!!!!!/
13.Startline
MCで会場を煽ったところで、響くギターのイントロ。
大盛り上がりだったというのは言うまでもない。
サビの振付が超絶可愛いのも言うまでもない。
美菜ちゃんのソロ名義の曲では1、2を争うくらい好きな楽曲なので、会場の盛り上がりに釣られて私のテンションも天元突破。
そして、この曲といえば何といっても…
 
 
\いーま、美菜子にこ・い・をーしてっいーるよっ♪/
サビ終わりのフレーズ「今確かに 恋をしているよ」部分に被せるコールです。
 
これほどファンの気持ちを素直に表したコールがあっただろうか。
・・・いや、ない。
ライブを重ねる毎に、コールが大きくなってるとかないとか。
皆美菜ちゃんが大好きなんだねぇ。(当たり前)
ま、私もですが。
 
間奏では、ダンサー→キーボード→ドラムス→ベース→ギターの順でメンバー紹介。
 
 
最後まで書ききったものの、いつも通り文字数オーバー。
ってことで次へ続く。
 
では、早速いっちゃいましょう!
「寿美菜子 First Live Tour “Our stride”」大宮公演
昨日参加してきたので、参加レポをば。
 
開演前


カードを忘れて電車賃を下せない、急いで帰宅した後に再び電車へ乗り込むものの、遅延で会場到着が開演10分前を切る…などなど、非常に慌ただしい状態で会場の大宮ソニックシティへ到着。
物販ブースへ駆け込みましたが、グッズが軒並み完売状態…しかもガチャまで。
泣きながらタオルだけ買って自分の座席へ移動しました。。。
 
イメージ 1
 
今回の座席は2階21列。
一般で奇跡的に取れた最後列です。
傾斜もあり、ステージも会場もしっかりと見渡せる良席でした。
 
開演

定刻から7分押しで開演。
 
・オープニング
ステージ中央にスクリーンが下り、そこへ流れたのは女性(シルエット)の映像。
最初は歩いていましたが、途中で走り始め、その後は踊ったりとか色々。
美菜ちゃんっぽいシルエットでしたが、あの映像の女性の正体は…?(後ほど記述)
 
オープニング映像が流れきったところで、美菜ちゃんが登場。
 
イメージ 2
 
ちなみに、これがステージの構成・配置になります。
美菜ちゃんは赤い矢印の方向から手を振りながら登場し、ステージ中央へ。
 
ここでちょっと脱線。
『「Our stride」=私たちの歩幅』にちなんだ工夫がステージになされていました。
 
まずはこれ。
 
イメージ 3
 
ステージが道に見立てられていたのですが、その端の線に定規にあるような目盛りがありました。
 
また、
 
イメージ 4
 
バンドメンバーが演奏している場所には段差がありまして、その側面にこんなものが。
「歩幅」から連想される「長さ」にまつわる目盛りや図がステージにあったわけです。
目盛りなんかは1階からではちょっと気づきにくい部分だから、2階席で得しましたね。
 
閑話休題。
 
「皆さんこんばんはー!寿美菜子です!」
「ツアーファイナル大宮…最後までついてきてね!」
 
01.カラフルダイアリー
「白く 真新しい1ページ
今日はどんな奇跡が 僕を待ってるの?」
 
カラフルダイアリーの力強い歌い出しでスタート。
曲名見て分かる通り、歌詞に一部に「色」が散りばめられています。
 
歌い出し:「白く 真新しい1ページ」
1番サビ:「青く 色付いてく1ページ」
2番サビ:「赤く 色付いてく帰り道」
大サビ:「白く 真新しい1ページ」
大サビ:「青く 色付いてく1ページ」
 
というわけで、それぞれのところでペンライトを使い分けるなかなか手元が忙しい曲。
なかにはパーソナルカラーの紫も混ぜて使ってる方なんかもいました。
ツアーファイナルだったこともあり、半分以上の方が色の使い分けをされていてましたね。
結構浸透してるんだなぁー。
 
02.Like a super woman
続けてガンガン乗れる曲。
・Like a ○○ woman
・I'm the only woman
サビのこの部分は、コールした方が楽しい。
 
MC
「皆さんこんばんはー!寿美菜子です!」
「Our stride大宮!…ファイナルです」
「今日はここにいる皆で私たちの歩幅なので、一緒に歩んでいってください」
 
「大宮…ここにくるのは公開録音以来です」
「ここで公開録音したのって、不思議だなーって(笑)」
 
「Our strideというタイトルをどうやって表現しようかってなったとき、セットリストで表現しようと思って」
「スタートはカラフルダイアリーとLike a super womanで走る感じ。だから、次は歩いてみようかなっ」
 
03.brilliant focus
04.metamorphose
05.Ivory
06.Brand New World
「brilliant focus」は皆でクラップをしながら。
「metamorphose」はひたすら聴き入る。
 
「Ivory」は「My stride」の収録曲の中でもとくに好きな楽曲。
すごく励まされますね、直接歌声聴くと普段の何百倍も…いや、375倍強くなれる気がします。
ラストの『La La La...』は一緒に歌いながらワイパー。
曲終盤でダンサーさんが2人ステージへ。
 
「Brand New World」では、上着をキャストオフ。
少し身軽になったところで、ダンサーさんと共にダンスをしながら歌を披露。
 
ビックリしたんですけど、美菜ちゃんってめっちゃ踊り上手いんですよね!
スフィアのライブには行ったことがないので、そういったものを見るのは今回が初だったんですよ。
まぁMVで見たりはしてたけど・・・なんつーか〝生で見ると感じるスゴさ〟みたいな。
いやはや、若さ溢れるキレッキレのダンスをする美菜ちゃんに、目が釘付け状態でした。
 
サビの「Oh Oh Oh」もコール。
コーラスパートで指というか手首を左右にヒョイヒョイする振付が楽しかったですね。(伝わらない)
 
MC
「衣装チェンジしましたー!」
「えー、そんなわけで、歩幅としては走って歩いてジャンプして…」
「また歩こうかなと」
「それでは聴いてください」
 
07.ライラック
08.つきのひかり
テンポアップしていたところで、ここでまたスローに。
「ライラック」は聴いているとまるでひだまりにいるかのようなぽかぽかした気分になりますね。
 
演奏が終わると、一旦照明が落ちて真っ暗に。
少し間を空け、ステージのブルーライトが辺りを照らし、上からはミラーボールが。
そして披露される「つきのひかり」。
この辺りは照明等の演出もかなり良くて、気持ちよく美菜ちゃんの歌声を堪能できましたねー。
 
 
 
次へ続く。
イメージ 1
 
ということで、Our strideツアーファイナル大宮公演に参加された皆さん、お疲れ様でした。
ツアーファイナルにして初参加でしたが、とっても楽しいライブでした、掛け値なしに。
ここ最近は4時間超、5時間超の長時間のライブに続けて参加していたこともあり、今公演の2時間半が本当にあっという間でしたよ…体感的には1時間で終わったと言っても過言ではない。
 
さて、詳細はまた後日(明日以降)レポート方式で綴っていきますので、良ければどうぞ。
ではではー。
きたあああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!
「進撃の巨人」の制作発表会で発表された情報です。EDテーマを担当するとのこと。
いや〜ここ最近で一番嬉しいニュースかも。
 
といっても、「やっとか…」が正直な感想ですねー。
唯とむぎはまだしも、あずにゃんの後に澪がソロデビューするとは思わなんだ。
もったいないですよ、あれだけのポテンシャルを持ち合わせてるのに。
…まぁとにかくおめでたいですわ!
 
来春放送のアニメなので、詳細の公開はまだ先になると思いますが、期待して待ちたいと思います。
ひよっち頑張れー!全力で応援するよ!
 
てへぺろ(・ω<)
(ブログの該当記事→こちら
 
中村繪里子さん、年越しトークライブ開催決定
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
今年もやりますカウントダウンイベント!
うひょー!嬉しい発表が続きますねー!
相変わらずギリギリな発表で笑いましたがw
 
その名も「えりコン〜congratulations2012→2013〜」
昨年と同じく、3部構成みたいです。
会場がShibuya O-nest。
キャパが200程度なので、激戦です…世界大戦レベルの。
 
12月15日にローチケにて発売とのことなので、頑張って確保したいと思います。
この日は生っすかのシークレットライブに当選することを願って休みを取ってましたが、華麗に落選。
ふふふ、これでチケ確保に集中できるというわけです。
う〜む。最悪、どれか一つでも取れればいいんだけどなぁ……
 
そうそう、生っすかのシクレライブですが、キャパ300に対して応募が10000超。
倍率にして33倍以上だったそうですよ。
そりゃ当たるわけねぇわ。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事