ベンツなのにディーゼル(車)。。。そしてトラトラ(猫)。。。

車の乗り換えにつきhttp://blogs.yahoo.co.jp/astro2wdへお引越ししております。

300TDT:エンジンルーム

[ リスト | 詳細 ]

エンジンの中にあるものの書庫です。
記事検索
検索
イメージ 1既に朝晩が寒い河口湖です。10月中旬以降にいらっしゃる予定のある方は、フリースなど上着を一枚多めにお持ちになる事をお勧めいたします。
300TDTはメーター上31万キロを超えておりますが、一部を除いて順調です。まぁこの車を所有してから一度も「ドコも壊れていない状態」で乗った事はありませんので、現在一番良い状態かもしれません。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2先日のオイル交換の際に見つけた新たな漏れ。。。ミッションのところ塗れてはりますやん。まぁいいけどさっ!!
ところでホイールを売却予定でして、最後にE500Eの純正ホイール(8J)を履こうと思っています。国産中古タイヤにするか、それともアジア製激安ウソだろ価格タイヤにしようか検討中。サイズは225/50R16で行こうと思っています。

老いる高官

イメージ 1先日310000キロを超えましたので5000キロごと恒例のオイル交換を実施しました。交換はもちろんキクさんの工場です。オイルフィルターは忘れてしまったのでそのまんまです。次回があれば替えます。オイルはキクさんのところに有るカストロールの10W-30のヤツ。前回からまた元に戻しました。それまではSUNOCOさんの5W-30を使っておりましたが、オイルが柔らかいので、どうも細かいところでオイル滲みがありそうで、違いがあるのかわかりませんが気持ち的に10W-30に戻しています。しかし戻したらガスケット抜け前兆と思われるオイル滲みが発生っ!!ってことで結局一緒か。。。
アンダーカバー外して下回りを見るチャンスでしたので、毎回見ていますが、またイヤなものを見つけてしまいました(汗)。

白煙の正体は。。。

イメージ 1WDB124のOM603エンジンで今年に入ってからヘッドガスケット抜けが2件発生している事は、先日も書きました。そのガスケット抜けですが、2件続けて1994年型。いわゆる後期型のエンジン。そして静岡でも94年型でガスケット抜けの前兆と思われるオイル滲みが確認されています。私の300TDTは1992年型ですが、エンジンだけ95年に載せ替えています。そしてオイル滲みも。。。(汗)
いまさらですが、何で後期型のエンジン積んじゃったのだろうかとちょっと後悔。昨日エンジンを載せ替えをやってくれた千葉県館山市のOさんに電話してみた。当時は「ジャーマンガレージ」という修理工場のスタッフだったが、現在は独立されていて、かなり繁盛しているらしい。何でも修理予約が半年先までいっぱいで、いまは予約を取れない状況だそうでっ!このご時勢にスゴイ事ですね。
私の車の状況を話しましたら、その修理した事があるってことで年式聞いてみたら、95年。。。(滝汗)
ディーゼルのヘッドガスケットの交換はガソリン車に比べて結構大変でたぶん工賃だけで15万円以上だって〜〜。それでも安いほうだと思うけど〜〜〜。無理だな。。。私は。。。
で、ガスケットが抜けてマフラーから白煙を噴くとのことですが、アレはLLCを巻き込んでいるからだってさ〜〜。
イメージ 1最近と言ってもこの数ヶ月間で2件発生している124ディーゼルエンジンのガスケット抜け。その前兆の第一弾がココの部分からのオイル漏れらしい。私のはどうかと言いますと、当然来ていますっ!!(自慢)
マフラーから白い排ガスを吐き出せば終わりのようです。そうなるとガスケットの交換!!なんて事になるそうです。私の場合はそこまで行ったら車が終わりです。しかしオイル漏れは何か進んできているような感じがします。
私見ですが、この症状は後期型のエンジン(94&95エンジン)に限って起きているように思います。私のは幸い92年型っ!!ですがエンジンは95年。。。ハマっています(汗)。

泡が。。。(滝汗)

イメージ 1300TDTのラジエーターの水が減るという事で、「サブタンクのキャップが犯人だ!!」とのキクさんのアドバイスによりキャップを購入したわけですが、そのときに純正のLLCも2本購入しました。水が減っていたのは減っていたのですが、水を足しても河口湖の冬にも耐える濃度になっています。なので買わなくても良いのでは?って感じです。まぁ現在のLLCはどこの何モノかもわからないLLCなのでっていうこともあるのですが、使っていて支障がなければこのまま出来れば使いたい。と、思っていたのですが、購入を決意っ!即購入しました。その理由ですが。。。
イメージ 2コレですっ!!サブタンクの中に白いものがっ!その正体は「泡」です。何で???とよく考えたのです。。。そうしたらわかりました。キクさんに「サブタンクのフタが犯人」と判決を下してもらったときに、サブタンクに水を足したんです。そのときに使った容器がカーゴルームに積んであった「ウォッシャー液2リットル」の空の容器。自分では洗ったと思っていたのですが、洗ってなかったようです。洗っていないところに水を入れてサブタンクに1.5リットルくらいの水を追加。お水の循環の中にウォッシャー液が入ってしまった(汗)。それで泡が立ってしまいました。酷いときにはスゴイ泡でして。。。
イメージ 3そのまま放置していたら最近は泡が立たなくなりました。混入したウォッシャー液の成分が役目を終えたせいでしょうか???それとも私がLLCを新しく買ったのを300TDTが知ったからでしょうか?とりあえず今は収まっておりますが、やはり「冷却水全交換」が良いでしょうか?
ちなみにキャップは交換してから完全に水が減る事はなくなりました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4そんな私を見て我が家の三女のチワワのミルク(2ヶ月)が「何やってんの〜〜?」って顔で見ています。ミルクは先日、8種混合の予防接種?ワクチン?の注射をしましたが泣きませんでしたっ!!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事