ベンツなのにディーゼル(車)。。。そしてトラトラ(猫)。。。

車の乗り換えにつきhttp://blogs.yahoo.co.jp/astro2wdへお引越ししております。

300TDT:エンジンルーム

[ リスト | 詳細 ]

エンジンの中にあるものの書庫です。
記事検索
検索
イメージ 1300TDTのVベルトですが、通常は6PK2145なのですが、何故か6PK2155をつけていました。信じられないでしょうが●●ー●●ャ●ンに発注したらこれが来たので疑いもせず使っておりました。しかし先日交換する機会があり、国産ベルトを持っておりましたのでこの機会に交換しました。10ミリの違いで感じた事はエンジンの音がちょっと静かになった。たぶんこれはベルトがブルブルしていた感じなのかもしれません。そしてもうひとつ感じた事が。。。
エンジンの振動が増えました。きっちりベルトが張られる事でエンジンマウントの劣化が露呈されたのでしょうか(汗)信号待ちなどではかなり違いを感じます。逆を返せばエンジンマウントがダメになってきたら10ミリ長いベルトを使うっていうのはどう?(笑)デメリットもたくさんあります。コンプレッサーの回転が足りないとか、怒られるとかっ!!
しかし、パワステポンプのホース交換しろよなぁ〜〜って感じですね!!

パワステポンプ

イメージ 1先日のエアコン修理でガスの充填はとりあえず3本ですが、もう一本いっとく?って感じです。
 
修理時にベルトが外れておりましたのでプーリーでゴロゴロ行っている箇所が無いか確認しましたら。。。してませんでした〜。私のだけ皆さんと比べるとかなりゴロゴロ言っているエンジンなので気にはなっていたのですが、ゴロゴロはコンプレッサーだったようです。
パワステポンプが犯人だと思っていたのですが違っていましたね。失礼っ!
 
 
イメージ 2昨日はこんな車に乗ってお仕事。MT車はやっぱり楽しい♪
いっちょ前にエアコンもすごく効きます(笑)。
 
今日は台風が来る中を、甲府方面へ。300TDTで行ってまいりますが、水没しないように気をつけたいと思います。

よしよし

イメージ 1先日起こったアクセルが抜ける件ですが、ダメもとで金属用の強力接着剤でくっつけてみました。
結果は良いんじゃないか!!
半分以上踏むと抜けていた棒が抜けなくなったので、思い切って床まで踏んでみましたら、大丈夫でした〜〜。
とりあえずこれでしばらくは大丈夫?だと?思っていたります。
こんなところが壊れて改めて思ったのですが、このアクセルワイヤー付近のパーツも同じように破損する可能性は大きいだろうなぁって。樹脂パーツもありますし、多分そこから次々と。
で、考えてみました。所有してから本当にトラブルがずっとついてきていて、平穏無事な日々というのは連続で1ヶ月あったことはないのではないかというくらいのコノ車。しょっぱなでエンジンスワップから入りましたので相当モチベーションは高く、ほとんど意地で維持してきた感じがあります(笑)。本当にコノ車が気に入っていて、大好きですが、修理をするのに疲れてしまいました。人から見ればお金のかけ方がおかしいとか、間違っているなど、思っている方もいるとは思いますが、これは私の車です。
直しても直しても次にまたどこかが壊れたりして最近は気持ちがついていかないと感じていました。お金もついていきませんけどね。で、300TDT降りようかと考えています。今週いっぱいくらい考えてみようと思っています。
イメージ 1昨日のアクセルスカスカ事件と同時に発生したもうひとつのトラブル。
「エンジン止まらなくなっちゃった」ですが、キーを抜いても元気に回ったまんまっ!(驚)
原因は噴射ポンプに刺さっている矢印の部分のバキュームホースの劣化によるものでした。
 
これが抜けていたということだったのですが、取り外してみるとゴムはカチカチ、先っちょは割れていました。だいぶ前からその役目は終えていて、エアー漏れしていたのだと思われます。
 
 
イメージ 2取り外したゴムのバキューム管。カチカチで少し折り曲げるとこの通り「ポキっ」と折れてしまうレベルにまで達しておりました。
このパーツは交換した事あるのか無いのか。。。私は交換したことはないので、噴射ポンプ交換のときにやったかやっていないか。。。分からない。
仮にやっていたとすると5〜6年でダメって事でしょうか。
皆様もチェックしてください。
ディーゼルはエンジン止まらなくてもストップレバーで止まるから良かった〜〜。
助かりました(汗)。
 
イメージ 3国産車用のゴムのバキュームホース実は2メートルも持っていました。これを持っていたのですぐに交換が出来た次第です。
 
やはり持っているものは国産ゴム。。。
ホントに持ってて良かった。
イメージ 1昨日の高速道路上でのトラブルでアクセル関係のパーツの破損が発覚しました。
タマタマから棒が抜けるということなのですが、放っておくのも何なのでタマタマから棒が抜けないように対策しなくてはということで夜間作業です。
というかこのまま乗っているのはどうかと思いますが。。。(汗)
 
ちなみにアクセルを半分以上踏み込むと棒はタマタマから抜けてアクセルがスカスカになりエンジンの回転数はアイドリングの回転数になってしまいます。
 
 
イメージ 2作業と言ってもアルミテープを巻くだけです。これしか思いつきませんでした&これしか持っていません。
良く分かりませんがぜんぜんくっつきませんっ!!
なので完全に気休めですね(爆)。
いつも大変お世話になっているきよちゃんさんがこの部分のパーツの画像をアップしてくださりましたので、いつか交換しなくては。。。早いほうが良いよなぁ。。。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事