ベンツなのにディーゼル(車)。。。そしてトラトラ(猫)。。。

車の乗り換えにつきhttp://blogs.yahoo.co.jp/astro2wdへお引越ししております。

300TDT:エンジンルーム

[ リスト | 詳細 ]

エンジンの中にあるものの書庫です。
記事検索
検索

漏れ。。。

イメージ 1モレモレシリーズです。メルセデスベンツの603エンジンの噴射ポンプです。
この噴射ポンプはポンプ本体の横と下に鉄板のフタがついており、トルクスT30で固定されています。
ココのフタのパッキンがダメになってモレモレになっています。
横のフタに関しては前から漏れていたのですが、しばらく放置していたら直ってきた?(笑)
しかし下側が酷くなってきた。
 
 
 
イメージ 2噴射ポンプ下側のパッキンの交換にはポンプを外さなくてはできないと思っていましたが、できるそうですね。
むじなだいらさんがおっしゃっておられたので間違いないでしょう!!
ココのパッキンは同じディーゼルに乗るごんちゃんさんにお願いしちゃいました〜〜。
噴射ポンプ関係の部品はBOSCHさんからが多いのですが、マブダチにミスターボッシュさんがいらっしゃるそうです。(?)
今週の金曜日に直接お会いして受け取る予定です。
国道1号上り線の「道の駅 富士」に20:30です。よろしければお越しくださいませ。ミニオフ実施です。(来ないか〜〜っ)
 
でもさぁ〜〜、トルクスの普通のL字型のヤツでこの下側のパッキンの交換できるんですかっ!!ものすごく不安なんですけど。。。
 
2枚目の画像を見て気付きましたが、切れたタイラップ(白)が転がってますね(汗)。
イメージ 1最近お友達になった方々は知らないと思いますが、300TDTは過去に「モレモレ大王」の称号をいただいております。
今は誰が王位継承してらっしゃるのか存じ上げませんが。。。
 
でもやはり漏れているんです(泣)。
今日はその一部。パワステポンプ周辺のご紹介ですっ!
 
 
 
 
 
 
イメージ 2まずはココ。オイルでこの部分全体が覆われ、黒っぽくなります。フタのパッキンがもうダメになっているのでしょうか。ココの部分のモレモレはそーですねー、大体2年くらい放置しておりますでしょうか。
オイルが減りますので、時々足しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
そしてそこにつながっているこのホース。長距離走りますとホースの表面がオイルでジュワ〜〜〜と滲んできます。
このホースのジュワ〜〜〜は大体4年以上の放置です。
ジュワ〜〜〜だけならまだしも、ポタポタと落ちているみたいですので。。。
 
実はこのホースですが、4年前に部品ゲットしています。
124ディーゼルにお乗りの「まーちゃん」からいただいていたのですが、まだ取り替えていませんっ!(汗)怒られます、きっと。。。
 
イメージ 4そしてパワステのオイルが入っている下の部分から出ているホース。何だっけ、コレ?レベライザーのオイル回しているんでしたっけ?
このホースも賞味期限が切れており表面がジュワ〜〜〜ってなっています。
コレも換えないとマズイのでしょうっ!!早く交換しなさい。

お水の話。

イメージ 1300TDTのサブタンクです。いつもこんなにいっぱいのお水が入っています(笑)。
 
先日のオフ会のときにこの「お水」の話が出ました。皆さんはこのお水は何を使ってらっしゃいますか?当日も精製水や純水、水道水などさまざま。
私のお隣に座ってらっしゃったamg0811さんが面白いことを言ってました。「足柄」で汲んで来た水を使っていると。足柄ってご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、おいしい水の名所です。東名高速にもこの名前のPAがあります。
amg0811さんがなぜその水を使っているのか。。。ドイツでは日本みたいに蛇口ひねって水が飲めるほど水がきれいではないと考え、ドイツでやっていると思われる「ドイツの家庭の水」に一番近い感じの水ではないかということで足柄の湧き水を使用していると。本国でやっていると思われることを日本で再現してみたという感じでしょうか。「井戸水や湧き水」などの自然水はミネラル分などが多く含まれており、良くないのではないかという意見もありましたが、ご本人様いわくラジエーターのキャップなどに付着していた白い付着物などもこの水を使うようになってから無くなったと。
私はその言葉を横で聞いていて、あることを思い出していました。私の住んでいる富士北麓には知る人ぞ知る水汲み場が存在します。その中には「この水はおいしい」だけではなく「便秘が治った」「肌がきれいになった」「アトピーが治った」「ガンが治った」などの話も出るものもある。実際そんなことはあるのか?信じない方もいらっしゃるかもしれないが、その水、何と、水をポリタンクに汲んでおいて玄関先の涼しいところにおいておくと季節関係なく3ヶ月たっても水が腐っていない。そのまま使用しているという話である。ポリタンクに3ヶ月入っている水が腐らない話は私も初め信用していなかったが会社の同僚など実際にそこから水を汲んでいる方の話では本当だそうだ。水の成分は明らかにされてはいないが岩の間からチョロチョロと流れてくる富士山の自然水。なぜ腐らないのか、個人的にはずっとナゾに包んでおきたい気がします。この水を300TDTの冷却水に使ったらどうなるかなぁと考えていました。ちなみに私の現在使用しているお水はキクさんの工場の水っ!たぶん井戸水っ!!一番最悪なパターンか?でも富士山の水で確かに私もキャップの裏とかに白い付着物などはない気がする。
 
*この水を汲める場所は、一般家庭の敷地内を通って山に入るため、ご迷惑をかけることがあるかもしれませんので場所の紹介はいたしません。ご了承くださいませ。キクさんの工場の井戸水はいつでもどうぞっ!!
イメージ 1300TDTのオイル交換をしました。毎回5000キロごとに交換をしております。
何かと忙しくてなかなかチャンスがありませんでしたが、何とか実施できました。
 
実施はいつものキクさんの工場で♪地面が掘ってあり車の下に入れる通称「地獄」にもスムーズに入れられるようになって来ました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2自宅には4個のオイルフィルターがあります。今回はフィルターも交換しました。
 
2個あるの忘れていて、先日4-Leavesさんから2つ購入させていただいておりました。
 
物忘れが激しい今日この頃、皆様もお気をつけくださいませ。
 
のしが付いておりますのは
きよちゃんさんから頂戴したものでございます。今回使わせていただきました。
 
 
イメージ 3新しいオイルフィルターです。「自分でやれっ!」とばかりに持つところが付いているのが憎いです♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4オイルフィルターの箱の中には銅のワッシャーが2個入っています。大小1個ずつ。
大きいほうをフィルターの中心を貫通するシャフト差込時に使うのですが、小さいほうっていつ使うんですか?
本当は使うものですか?何のために入っているのでしょうか?
使っていないのは私だけだったりしてっ!!(爆)
 
 
 
 
 
 
イメージ 5次回のオイル交換は300000キロ。とうとうここまで来ました♪
イメージ 1昨年この部分、オイルレベルセンサーの部分からオイル漏れがあり、取り付け時に使用するOリングを交換しました。しかしながらそれでも漏れは止まっていませんでしたが、漏れは少量と思って放置っ!
 
が、厚木基地入院中の画像に300TDTのこの部分の画像が(汗)。。。
 
でも何があったのか分からない。たぶん私に説明してもわからないからであろう。。。
 
気になるなぁ。。。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事