イノセントのブログ AOI HEART

私たちの住んでいたお家の居間の座布団が積み上げられた上です。 宮崎あおい

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

こんにちは。「わが母の記」完成披露試写会から1週間が経過し、劇場公開スタートまで1ヶ月となりました。
前回の記事には多くの方々からコメントをいただき大変嬉しく思っています。

そして、今回は 続「わが母の記」完成披露試写会の記 と題して、この映画における あおいちゃんの活躍にスポットライトを当てた記事を書いていきます。皆さんご存じの通りにあおいちゃん大好きな AOI HEART な私が書くのですから、あおいちゃんに特筆した内容となっています。今から書く内容はどの雑誌の記事にも書かれることのないマニアックな内容だと思います。

まさに、あおいちゃんファンの、あおいちゃんファンによる、あおいちゃんファンのための記事となっています笑

もちろん、あおいちゃんのことをよく知らない方がこの記事を読んで、映画「わが母の記」を見に行っていただけたら嬉しいですし、我こそはあおいちゃんファンであるという方は、この記事を読んで「わが母の記」ではどんなあおいちゃんに会えるのかと、胸を高鳴らせ公開を待っていただけたらと思います。
なんてたってあおいちゃんは21世紀の胸キュン女優ですからね笑

それでは、映画「わが母の記」におけるあおいちゃんの活躍に触れていきたいと思います。

①あおいちゃんの登場シーン
皆さんが一番気になっていることは、この作品には、どのくらいあおいちゃんの出番があるのだろうか?ということだと思いますので、このことから話していきます。
「わが母の記」でのあおいちゃんの登場シーンは45シーン前後あります。(私の基準でカウントした場合)
この45シーン前後という数がどれくらいなのか他作品と比較してみたいと思います。
「神様のカルテ」でのあおいちゃんの登場シーンは30シーン前後です。(私の基準でカウントした場合)
30シーン前後ありますが「神様のカルテ」での登場シーンはセリフがない場合や1シーンごとの時間が短かい場合が多いので、「わが母の記」と「神様のカルテ」を比較すると「わが母の記」でのあおいちゃんの方が活躍していることは間違いありません。
ちなみに、「神様のカルテ」以外の作品として、「NANA」でのあおいちゃんの登場シーンは42シーン前後です。(私の基準でカウントした場合)しかし、「NANA」の特徴として、1シーンごとの時間が長い場合が多いことやあおいちゃんの姿がスクリーンに映っていなくても、ナレーションによりあおいちゃんの声を聞くことができるので、単純に登場シーン数だけではあおいちゃんの活躍ぶりを判断することは難しいので次は違う観点から話します。

②15年間にわたる家族の物語
映画「NANA」の脚本を担当したのは、浅野妙子さんです。同じく浅野妙子さんが脚本を担当したNHK連続テレビ小説「純情きらり」にあおいちゃんは出演しています。私が「わが母の記」を見ていて思ったのは「純情きらり」の総集編のような作品だということです。
「わが母の記」は「純情きらり」と同様に10年以上にわたる家族の物語です。しかし、今回は連続テレビ小説とは異なり、2時間の映画の中で15年間の家族の物語を描いています。言わば、15年間という歳月の中での名エピソードを紡いだ構成になっています。つまり、あおいちゃんが琴子という人物の15年間を生きるということでもあり、あおいちゃんの得意分野の少女から大人の女性への成長の演技を見ることができます。
その素晴らしいあおいちゃんの演技の中でも私にとって特に印象に残っているのは、序盤の琴子が中学生の時の演技です。学生服姿の琴子はまさに、女学校時代の桜子を髣髴とさせます。また、伊上家三姉妹のやり取りを見ていたら有森家三姉妹のやり取りを想起しました。
そんな風に、あおいちゃんファンだからこそ楽しめる点もこの作品にはたくさんあります。

後編では、主役三人とは? あおいちゃんファンならではの注目ポイント・楽しみ方! などを書きますので、興味のある方はまた次の更新をお待ち下さい。

イメージ 1





全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事