イノセントのブログ AOI HEART

私たちの住んでいたお家の居間の座布団が積み上げられた上です。 宮崎あおい

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2012年6月18日に「おおかみこどもの雨と雪」ジャパンプレミアが行われました。
私も参加することができましたので、記事を書いていきたいと思います。

すでに、芸能ニュース等で報道されているように今回の舞台挨拶でのあおいちゃんの衣装は、ピンクのワンピースでした。衣装も可愛らしくてステキだったのですが、私が今回の舞台挨拶で感動したのは、あおいちゃんの髪型です。winさんもブログで指摘されていましたが、今回のあおいちゃんの髪型は「おおかみ」をイメージしていると思います。「おおかみこどもの雨と雪」のジャパンプレミアに相応しい髪型ですね。この髪型を選んだ、あおいちゃんはさすがだなと感激しました。
 
それでは、舞台挨拶の内容に触れていきたいと思います。
 
○あおいちゃんの第一声 今回の舞台挨拶のはじめのコメントです。

「今日は来てくださってありがとうございます。一足先にみなさんに観ていただけるということで、とても楽しみにしていました。このお話をいただいた時に、私自身がこの作品を観てみたいなという想いがとても強くて、そう思えた作品に自分が関わることができるということが本当に幸せなことで、嬉しく思っています。」

☆「おおかみこどもの雨と雪」は、あおいちゃんにとっても特別な作品になったと思います。これからも、あおいちゃんがステキな作品に巡り合うことができるよう願っています。
 
○細田守監督と大沢たかおさんのあおいちゃんに対するコメントの抜粋

細田守監督
「映画の中で長い時間をかけて成長するということを、お芝居の中で表してくれるのは、あおいさんしかいないということでお願いしました。」
「あおいさんは主役なので、出突っ張りで休みが全然ないんですよ。花が出でくるシーンばっかりで、でもそういう中でも、集中力が物凄く高くて本当に驚きました。この作品の世界を表現してくれて嬉しかった。」

大沢たかおさん
「この物語の中で10年以上の人生を表現されるんだけど、本当に集中力も高く、いつも現場でいい空気を放ってくれる方で、現場に行きたくなるような女優さんだなと。」

☆二人のコメントは、あおいちゃんの魅力を物語っていますよね。私も花役は、あおいちゃんしかいないと思います。そして、「現場に行きたくなるような女優」というコメントは嬉しいですよね。あおいちゃんの放つ空気感がステキな現場を作り出していることを的確に表しているコメントです。

舞台挨拶に参加した方は同じく感じたことだと思うのですが、あおいちゃんは舞台挨拶中に子役たちを、母親のように見守っていました。その姿はとても印象的で、子役たちと本当の親子のような関係を築くことができていたからこそではないかと思います。あおいちゃんは、おおかみこどもの母親の「花」のように、子役たちのお母さんのようでした。
 
全世界待望の細田守監督最新作「おおかみこどもの雨と雪」。あおいちゃんがいい空気を放っていた現場だからこそ生まれた名シーンがたくさんあると思います。劇場公開がスタートしましたら、皆さんも映画館でぜひ、誰も見たことのないステキな「親子」の物語をご覧になって下さい。

イメージ 1

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事