イノセントのブログ AOI HEART

私たちの住んでいたお家の居間の座布団が積み上げられた上です。 宮崎あおい

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



これらの写真は、今までに宮あおいが生きてきた江戸時代から明治時代の人物です。
ご覧の通り、あおいちゃんは日本髪に着物姿がよく似合います。あおいちゃんが出演している時代劇の最新作映画「天地明察」のインタビューでも以下のようなやり取りがあります。(映画.com 天地明察 インタビュー)


宮崎と時代劇、といえばNHK大河ドラマ「篤姫」での姿が脳裏に思い浮かぶ。今作でも日本人女性の粋な所作、立ち居振る舞いなど流れるような動きは、はんなりと美しく、意図せずともその姿を目が追ってしまうのは、宮崎が長年にわたりコツコツと積み上げてきた演技の幅があるからにほかならない。

「演じる方としては、かつらも重いですし、お着物も重いので大変は大変なんです。洋服とは動ける範囲も全く違いますしね。ただ、お着物ならではの動きっていうのは美しいと思いますし、『篤姫』を1年2カ月にわたりやらせていただいたベースがあるからだと思います。お着物だからといって動きが小さくなるというか、おさまった感じになるのがいやなので、自由に動けるようにありたいなと意識を向けています」


執筆者も指摘していますが、映画「天地明察」においても、あおいちゃんは日本髪に着物姿で江戸時代の女性を見事に生きてくれたと思います。今作は「篤姫」や「蝶々さん」で見せてくれた凛とした美しさを映画館の大きなスクリーンで見ることができます。えんの初登場シーンのセリフ「憚りながら」「掃き清めなければなりませぬので」「では、お好きにごゆるりと」を聞いただけでも今作でのあおいちゃんの素晴らしさを感じることができます。映画の始めから終わりまで、えんに心を掴まれっぱなしでした。
今後も機会がありましたら、あおいちゃんにはぜひ時代劇作品に出演してもらいたいと思います。

そして、10月1日に行われます大ヒット御礼舞台挨拶にて投稿によって選ばれた映画「天地明察」ベストシーン3が発表されます。どんなシーンが選ばれたのか発表が楽しみですね。個人的には、あおいちゃん演じるえんの登場シーンが選ばれることを願っています。
私のお気に入りのシーンは、えんが「どうか私より先に死なないでください」とお願いするシーンです。他にも、えんが算哲に刀を差してあげるシーンや算哲とえんがふたりで月を見ながら話をするシーン等のステキなシーンもありますが、夫婦の絆の強さを描いたこの映画の象徴的なシーンである「どうか私より先に死なないでください」とお願いするシーンを選ばせていただきました。このシーンについても映画「天地明察」のインタビューで以下のようなやり取りがあります。(MovieWalker 天地明察 インタビュー)


劇中で算哲がえんに「私より先に死なないでほしい」と語り、そのセリフを受けるようにえんも算哲に「どうか私より先に死なないでください」と懇願する夫婦のやりとりがある。奇しくも、算哲夫婦は同じ年、同じ日に亡くなったという史実にも驚く。宮崎は「素敵ですよね。本当に出会うべくして出会ったふたりなんだと思いました」と笑顔で語る。そう、本筋の暦作りのドラマだけではなく、それに裏打ちされる夫婦愛の物語も丁寧に紡がれているのだ。


執筆者も指摘していますが、映画「天地明察」は算哲とえんの夫婦愛の物語です。この夫婦の愛と絆はまさに歴史に残るものになったと思います。
今後も、あおいちゃんが映画史に残るステキな人物を生きてくれることを期待しています。






全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事