イノセントのブログ AOI HEART

私たちの住んでいたお家の居間の座布団が積み上げられた上です。 宮崎あおい

宮あおい

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



これらの写真は、今までに宮あおいが生きてきた江戸時代から明治時代の人物です。
ご覧の通り、あおいちゃんは日本髪に着物姿がよく似合います。あおいちゃんが出演している時代劇の最新作映画「天地明察」のインタビューでも以下のようなやり取りがあります。(映画.com 天地明察 インタビュー)


宮崎と時代劇、といえばNHK大河ドラマ「篤姫」での姿が脳裏に思い浮かぶ。今作でも日本人女性の粋な所作、立ち居振る舞いなど流れるような動きは、はんなりと美しく、意図せずともその姿を目が追ってしまうのは、宮崎が長年にわたりコツコツと積み上げてきた演技の幅があるからにほかならない。

「演じる方としては、かつらも重いですし、お着物も重いので大変は大変なんです。洋服とは動ける範囲も全く違いますしね。ただ、お着物ならではの動きっていうのは美しいと思いますし、『篤姫』を1年2カ月にわたりやらせていただいたベースがあるからだと思います。お着物だからといって動きが小さくなるというか、おさまった感じになるのがいやなので、自由に動けるようにありたいなと意識を向けています」


執筆者も指摘していますが、映画「天地明察」においても、あおいちゃんは日本髪に着物姿で江戸時代の女性を見事に生きてくれたと思います。今作は「篤姫」や「蝶々さん」で見せてくれた凛とした美しさを映画館の大きなスクリーンで見ることができます。えんの初登場シーンのセリフ「憚りながら」「掃き清めなければなりませぬので」「では、お好きにごゆるりと」を聞いただけでも今作でのあおいちゃんの素晴らしさを感じることができます。映画の始めから終わりまで、えんに心を掴まれっぱなしでした。
今後も機会がありましたら、あおいちゃんにはぜひ時代劇作品に出演してもらいたいと思います。

そして、10月1日に行われます大ヒット御礼舞台挨拶にて投稿によって選ばれた映画「天地明察」ベストシーン3が発表されます。どんなシーンが選ばれたのか発表が楽しみですね。個人的には、あおいちゃん演じるえんの登場シーンが選ばれることを願っています。
私のお気に入りのシーンは、えんが「どうか私より先に死なないでください」とお願いするシーンです。他にも、えんが算哲に刀を差してあげるシーンや算哲とえんがふたりで月を見ながら話をするシーン等のステキなシーンもありますが、夫婦の絆の強さを描いたこの映画の象徴的なシーンである「どうか私より先に死なないでください」とお願いするシーンを選ばせていただきました。このシーンについても映画「天地明察」のインタビューで以下のようなやり取りがあります。(MovieWalker 天地明察 インタビュー)


劇中で算哲がえんに「私より先に死なないでほしい」と語り、そのセリフを受けるようにえんも算哲に「どうか私より先に死なないでください」と懇願する夫婦のやりとりがある。奇しくも、算哲夫婦は同じ年、同じ日に亡くなったという史実にも驚く。宮崎は「素敵ですよね。本当に出会うべくして出会ったふたりなんだと思いました」と笑顔で語る。そう、本筋の暦作りのドラマだけではなく、それに裏打ちされる夫婦愛の物語も丁寧に紡がれているのだ。


執筆者も指摘していますが、映画「天地明察」は算哲とえんの夫婦愛の物語です。この夫婦の愛と絆はまさに歴史に残るものになったと思います。
今後も、あおいちゃんが映画史に残るステキな人物を生きてくれることを期待しています。






あおいちゃんが演じる「花」とその家族の物語「おおかみこどもの雨と雪」が絶賛大ヒット公開中です。9月11日時点で累計動員は319万5946人、累計興収は39億630万9850円を記録しています。(シネマトゥデイ映画ニュース)
 
もうすぐ40億円突破ということで「おおかみこどもの雨と雪」の勢いは止まることを知りません。
興行収入40億円の大ヒットと言えば、あおいちゃんのブレイクのきっかけとなった映画「NANA」が思い出されますね。「NANA」が劇場公開されたのは今から遡ること7年前の2005年です。それから、あおいちゃんは、数多くの映画に出演し続け、NHK連続テレビ小説「純情きらり」やNHK大河ドラマ「篤姫」で主演を務めて今や国民的女優へと成長を遂げました。
そして、2012年にあおいちゃん出演作品が再びの40億円突破という大ヒットとなり、興行収入の面からも「おおかみこどもの雨と雪」があおいちゃんの代表作となったことは間違いありません。
 
女優として成長を続ける宮あおいの出演作品最新作の映画「天地明察」が9月15日に劇場公開初日を迎えました。あおいちゃんも大渾天儀セレモニー・初日舞台挨拶に登壇しましたのでご紹介させていただきます。
 
今回のあおいちゃんの衣装はワインレッドのワンピースです。秋らしいステキな衣装でしたね。今年は、あおいちゃん出演作品の劇場公開が一年中続くという夢のような年です。春は「わが母の記」、夏は「おおかみこどもの雨と雪」、秋は「天地明察」、冬「北のカナリアたち」、舞台挨拶の衣装も季節によって変化し、あおいちゃんの様々な姿を見ることができます。少し気が早いですが、「北のカナリアたち」の初日舞台挨拶の衣装も楽しみですね。
 
それでは、舞台挨拶の具体的な内容に触れていきたいと思います。すでに、映画「天地明察」の公式ホームページにて公開初日イベントレポートが掲載されていますが、この記事では あおいちゃんにさらにスポットライトを当てて話したいと思います。
 
○あおいちゃんの第一声 今回の舞台挨拶のはじめのコメント
「初日に朝早くから映画を見に来て下さってありがとうございます。みんなで心を込めてつくった作品です。一人でも多くの人の心に残って、ずっと愛してもらえる作品になっていると思うので…笑 なっていると思います!なのでこうして観てもらえてとても嬉しいですし、一人でも多くの人にもっともっとこれからどんどん観てもらえたら嬉しいです。」
 
○星オタクだった安井算哲。みなさんは「何オタク」?という質問に対してのあおいちゃんのコメント
「私は一人で物を作るのが好きなので手芸オタクです。一人で物を作るので編み物をしたり、マスキングテープで箱をコラージュして可愛くして人にプレゼントしています。」
☆あおいちゃんオタク 「AOI HEART」の人にとっては、あおいちゃんの手芸オタクは常識ですよね笑
舞台挨拶の司会の方も「プレゼントされてみたいですね」と言っていましたが、あおいちゃんが心を込めて作ったプレゼントは、贈られた人たちをきっと笑顔にしている思います。
 
手芸オタクのあおいちゃんが心を込めて作ったプレゼントがステキな贈り物であるように、あおいちゃんが心を込めて「えん」という女性を生きた映画「天地明察」は、あおいちゃんと「滝田組」からのステキな贈り物ですね。
安井算哲が天の定石を正しく掴み天地明察を成し遂げたように、「滝田組」は映画の定石を正しく掴み名作を生み出しました。「滝田組」のみなさん、そして、あおいちゃん これからも日本映画をよろしくお願いします。
 
あおいちゃんが心を込めた映画「天地明察」が、一人でも多くの人の心に残りずっと愛してもらえるように、夜空の星たちを眺めながら願っています。
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 1
 
イメージ 3
 
 
イメージ 2
まもなく「おおかみこどもの雨と雪」の劇場公開がスタートしてから1か月が経とうとしています。数多くの方が劇場に足を運び、8月6日時点で動員135万人、興行収入16億8000万円の大ヒットです。
あおいちゃんが演じる「花」とそのこどもたちの物語がたくさんの人に観ていただけていることを大変嬉しく思っております。

そして、次なるあおいちゃんの出演作品の「天地明察」9月15日劇場公開スタートまで1か月を切りました。
私は昨日に行われました「天地明察」試写会に参加することができましたので記事を書いていきたいと思います。
「わが母の記」の時にもあおいちゃんファンの、あおいちゃんファンによる、あおいちゃんファンのための記事を書きましたが、今回も同様に「天地明察」における あおいちゃんの活躍にスポットを当てた記事を書いていきます。

①あおいちゃんの登場シーン
「わが母の記」と同様に、この作品には、どのくらい あおいちゃんの出番があるのだろうか?ということが皆さんの一番気になっていることだと思いますので、今回もこのことから話していきます。
「天地明察」でのあおいちゃんの登場シーンは40シーン前後あります。(私の基準でカウントした場合)
この40シーン前後という数がどれくらいなのか他作品と比較してみたいと思います。
同じく妻役を演じた「神様のカルテ」でのあおいちゃんの登場シーンは30シーン前後です。
また今年の出演映画「わが母の記」でのあおいちゃんの登場シーンは45シーン前後です。
この比較から「天地明察」でのあおいちゃんの登場シーンの多さは「神様のカルテ」以上になります。
映画を観るまでは、あおいちゃんの登場シーンは少ないのではないかと予想していましたが、そのような心配は必要ありませんでした。個人的には今回のあおいちゃんの登場シーン数に大満足です。

②算哲とえんの絆
「星を追い続けた男・安井算哲の挑戦を描く、勇気に満ちた感動の物語」
これは「天地明察」の映画宣伝チラシに書かれている文章です。江戸時代、日本初の暦を作った安井算哲の挑戦を描くことが、この「天地明察」のメインテーマであることは間違いありません。
しかし、それだけではなく「天地明察」では算哲とえんの夫婦の絆もしっかりと描かれていると思います。
あおいちゃんファンとしてはむしろこちらに注目したいですね。 
二人の出会いのシーン、お願いのシーン、算哲を励ますシーン、どのシーンにおいても、算哲とえんの醸し出す空気感が素晴らしいと思いました。
幾度のすれ違いを経て、運命的に結ばれた算哲とえんは、亡くなった日まで同じだったと言われています。
ふたりの強い絆も「天地明察」の見どころですね。

③あおいトラベル
「天地明察」の舞台は江戸時代です。あおいちゃんは2008年、「篤姫」ブームを巻き起こし、日本中のお茶の間を江戸時代にタイムトラベルさせました。そんな、あおいちゃんの日本髪と着物姿を今度は映画の大きなスクリーンで見ることができるのです。あおいちゃんファンにとって素晴らしい映画であることは間違いありません。
やはり、あおいちゃんの着物姿は良かったですね。個人的には水色の着物がお気に入りです。
映画館の大きなスクリーンでのあおいちゃんの日本髪と着物姿は必見です。

以上のように「天地明察」でもあおいちゃんは大活躍です。
あおいちゃん演じる「えん」が本当に魅力的な人物だと思います。「神様のカルテ」の榛名姫、「ツレがうつになりまして。」のハルさんに続いて、またしても あおいちゃんがステキな妻を生きてくれました。
予告編の最後でも確認することができますが、えんの「どうかわたくしより先に死なないでください」というセリフを
映画館で聞けば感動すること間違いなしです。

「天地明察」は9月15日劇場公開スタートです。ぜひ皆さんにもご覧になっていただきたいと思います。

映画館であなたも一緒に、あおいちゃんとタイムトラベル、あおいトラベルしませんか?


イメージ 1

「お願いがあります。どうかわたくしより先に死なないでください」

算哲とその妻えんは、奇しくも同じ年、同じ日に亡くなった。


いよいよ、7月21日より「おおかみこどもの雨と雪」の劇場公開がスタートしました。
そこで、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた初日舞台挨拶についての記事を書いていきます。


まずは、あおいちゃんの衣装から注目したいと思います。

今回の舞台挨拶でのあおいちゃんの衣装のポイントは「帽子」です。
私は今までにも「ソラニン」「カラフル」「オカンの嫁入り」「神様のカルテ」「ツレがうつになりまして。」「わが母の記」数多くの舞台挨拶に参加してきました。しかし、帽子を被っているあおいちゃんを見たのは今回が初めてです。
あおいちゃんが舞台挨拶で帽子を被って登場することは珍しいので、初日舞台挨拶に帽子を被って登場してくれたのは個人的には嬉しかったですね。
今回の「おおかみこどもの雨と雪」のプロモーション活動では帽子を被っているインタビュー映像も放送されていたので、もしかしたら帽子を被っているあおいちゃんを見ることができるのではないかという予想は見事に的中しました。


それでは、舞台挨拶の内容について触れていきたいと思います。

初日舞台挨拶は、9:45の回上映終了後、13:15の回上映前、の2回行われ、私はどちらの舞台挨拶にも参加することができました。9:45の回上映終了後の舞台挨拶はマスコミ関係者の取材が有りで、13:15の回上映前の舞台挨拶はマスコミ関係者の取材が無しの舞台挨拶です。

9:45の回上映終了後の舞台挨拶は芸能ニュース等で取り上げられていますので、私のブログでは13:15の回上映前の舞台挨拶の内容を話したいと思います。


○細田守作品に初参加。細田守監督の印象は?という質問に対してのあおいちゃんのコメント
あおいちゃん
「誰にたいしても丁寧に接しているのをキャンペーンの間は感じていました。監督の優しさとか思いやりとか色んな愛情に監督自身があふれているから、こういう作品ができあがるんだと思っているんですけれど、たまに目の奥が笑っていない時があって…笑っていないというか、メガネをかけていらっしゃるので目が見えない時があるんですね。そうすると本当は監督はどういうことを思っているんだろうと気にする時が何回かありました。4日間ずっと監督の掌で転がされて私は花という女の人をきちんと生きることができたので凄く感謝しています。」

○「花」役はいかがでしたか?という質問に対しての細田守監督のコメント
細田守監督
「転がされていたのは私の方で笑 本当にあおいさんは凄いんですよ。アフレコが始まって1テイク目から「花だな」って思うような。 アフレコで声をとると言うよりは4日間で13年を花が生きるってことを一緒にあおいさんと13年を生きられた。演じるというよりは生きる。そんなことが映画に記録されて生きた記録みたいだと思います。」

☆監督の掌の上で転がされているというコメントは「細田守ぴあ」のインタビューにもありましたが、改めてあおいちゃんの口から聞くことができて良かったなと思います。
あおいちゃんの細田守監督に対してのコメントも細田守監督のあおいちゃんに対してのコメントのどちらも相手を尊敬しているステキなコメントですよね。
その中でも特にあおいちゃんファンとして注目したいのは、「生きる」という表現です。
あおいちゃんは役を「生きる」という表現を前から使っていますが、本日の舞台挨拶でも「花をきちんと生きることができた」と話してくれました。
そして、細田守監督もそのあおいちゃんの「生きる」という表現を受けて「演じるというよりは生きる」とコメントしています。
あおいちゃんの役を「演じる」のではなくて「生きる」という表現は個人的には気に入っているんですよね。
細田守監督もあおいちゃんと同じく「生きる」という表現を使ってくれたことが嬉しかったです。


Cinema★Cinema SP 02のインタビューであおいちゃん自身も話していますが、細田守監督作品に参加して、あおいちゃんが「花」という女性を通過できたことは今後のあおいちゃんの人生の中でも生きてくると思います。

「おおかみこどもの雨と雪」は、あおいちゃんが「花」という一人の女性を生きた記録とも言える映画です。
この作品が一人でも多くの人にご覧になっていただけることを願っています。


イメージ 1



2012年6月18日に「おおかみこどもの雨と雪」ジャパンプレミアが行われました。
私も参加することができましたので、記事を書いていきたいと思います。

すでに、芸能ニュース等で報道されているように今回の舞台挨拶でのあおいちゃんの衣装は、ピンクのワンピースでした。衣装も可愛らしくてステキだったのですが、私が今回の舞台挨拶で感動したのは、あおいちゃんの髪型です。winさんもブログで指摘されていましたが、今回のあおいちゃんの髪型は「おおかみ」をイメージしていると思います。「おおかみこどもの雨と雪」のジャパンプレミアに相応しい髪型ですね。この髪型を選んだ、あおいちゃんはさすがだなと感激しました。
 
それでは、舞台挨拶の内容に触れていきたいと思います。
 
○あおいちゃんの第一声 今回の舞台挨拶のはじめのコメントです。

「今日は来てくださってありがとうございます。一足先にみなさんに観ていただけるということで、とても楽しみにしていました。このお話をいただいた時に、私自身がこの作品を観てみたいなという想いがとても強くて、そう思えた作品に自分が関わることができるということが本当に幸せなことで、嬉しく思っています。」

☆「おおかみこどもの雨と雪」は、あおいちゃんにとっても特別な作品になったと思います。これからも、あおいちゃんがステキな作品に巡り合うことができるよう願っています。
 
○細田守監督と大沢たかおさんのあおいちゃんに対するコメントの抜粋

細田守監督
「映画の中で長い時間をかけて成長するということを、お芝居の中で表してくれるのは、あおいさんしかいないということでお願いしました。」
「あおいさんは主役なので、出突っ張りで休みが全然ないんですよ。花が出でくるシーンばっかりで、でもそういう中でも、集中力が物凄く高くて本当に驚きました。この作品の世界を表現してくれて嬉しかった。」

大沢たかおさん
「この物語の中で10年以上の人生を表現されるんだけど、本当に集中力も高く、いつも現場でいい空気を放ってくれる方で、現場に行きたくなるような女優さんだなと。」

☆二人のコメントは、あおいちゃんの魅力を物語っていますよね。私も花役は、あおいちゃんしかいないと思います。そして、「現場に行きたくなるような女優」というコメントは嬉しいですよね。あおいちゃんの放つ空気感がステキな現場を作り出していることを的確に表しているコメントです。

舞台挨拶に参加した方は同じく感じたことだと思うのですが、あおいちゃんは舞台挨拶中に子役たちを、母親のように見守っていました。その姿はとても印象的で、子役たちと本当の親子のような関係を築くことができていたからこそではないかと思います。あおいちゃんは、おおかみこどもの母親の「花」のように、子役たちのお母さんのようでした。
 
全世界待望の細田守監督最新作「おおかみこどもの雨と雪」。あおいちゃんがいい空気を放っていた現場だからこそ生まれた名シーンがたくさんあると思います。劇場公開がスタートしましたら、皆さんも映画館でぜひ、誰も見たことのないステキな「親子」の物語をご覧になって下さい。

イメージ 1

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事