イノセントのブログ AOI HEART

私たちの住んでいたお家の居間の座布団が積み上げられた上です。 宮崎あおい

宮あおい

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

「宮あおい」第26章もスタートし、2011年も残り1ヶ月となりました。
本日より、あおいちゃんも出演する「北のカナリアたち」の撮影が始まっています。
 
そこで私もAOI HEART の活動を本格的に始めていきたいと思います。
前回は、特別編「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」を書きましたが、今回からはメインの記事を書いていきます。
第1回目となる今回は、「PROFILE&BIOGRAPHY」と題して、あおいちゃんの魅力を語る第一歩となる話をしたいと思います。
 
まずは、今回も必要な資料を準備しましょう。
 
○雑誌資料
2011/7 女優美学Ⅱ 
 
○webページ資料 
AOI MIYAZAKI official web site
 
それでは、次は具体的なプレゼンテーションの方法です。
 
☆あおいちゃんが、いかに素敵な人物であるか知ってもらうためには第三者評価が有効だと思います。
そこで、女優美学Ⅱに掲載された「クリエイターたちが語る 宮あおい、芝居の力。」の記事を用いて、あおいちゃんが様々な人たちから、どのように評価されているのか話してみましょう。
 
☆あおいちゃんのことを知ってもらうためには、やはり公式ホームページの情報が有効だと思います。
そこで、AOI MIYAZAKI official web site の内容を見てもらい、あおいちゃんの「PROFILE&BIOGRAPHY」を話してみましょう。
 
☆女優美学ⅡやAOI MIYAZAKI official web siteの内容を簡潔にまとめ、自分なりに作成したあおいちゃん「PROFILE&BIOGRAPHY」資料を用いてあおいちゃんのことを紹介してみましょう。
一つの例として、AOI HEART で編集した資料のダウンロードはこちら↓
 
私が提案するプレゼンテーションの概要は簡単ですが以上になります。今回の内容は、あおいちゃんファンとしては、入門的な内容だと思います。身の回りの人に語ってAOI HEART を広げるのもいいですし、自分自身のあおいちゃんスキルを向上するためにも参考にしていただければ光栄です。
 
人とのつながりで人は変わるし、豊かになる。
 
東京だけでなく日本にもっとハートを。
 
AOI HEART
 
イメージ 1
みなさま、今日は何の日かお分かりですよね?
そうです。あおいちゃんの26歳の誕生日です。
あおいちゃんも自分の年齢とファッションについて、最近のインタビューでこのように答えています。
 
25歳になって“30歳”を身近に感じるようになったせいか「最近、ちょっと大人な気分です。」
「妙齢の女子としてはやっぱり“色っぽいじゃん”なんてひと言も欲しかったりする(笑)」
 
心配しなくてもあおいちゃんは、大人の女性に成長し、どんどん素敵になっていますよね。
 
そこで今回は、あおいちゃんがさらなる成長を遂げたこの1年間を簡単にですが、振り返りたいと思います。

2011年のあおいちゃんの主な活躍

○1月〜2月 映画「ツレがうつになりまして。」撮影
☆堺さんと大河ドラマ「篤姫」以来の3年ぶりの共演。抜群のコンビネーションで佐々部監督を驚かせました。
 
○2月〜3月 映画「わが母の記」撮影
☆役所さんと久しぶりの共演。役所広司 樹木希林 宮あおい 日本を代表する実力派俳優の豪華共演と評されました。
 
○6月〜7月 舞台「ウーマンリブ VOL.12 「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」」
☆「少年メリケンサック」以来の宮藤官九郎作品に参加して、舞台上では歌ったり、体操したり、大活躍でした。
 
○8月 映画「天地明察」撮影
☆岡田くんと映画「陰日向に咲く」以来の4年ぶりの共演。物語の舞台は江戸時代、またしても、あおいちゃんの日本髪に着物姿が見れるなんて。しかも今度は映画の大きなスクリーンで!これは、すてきなタイムトラベル間違いなしです。
 
○8月 映画「神様のカルテ」公開
☆雑誌やバラエティ番組でのプロモーション活動も頑張りました。あおいちゃんの一発芸が可愛かったですね。
映画では、榛名姫の佇まい、話し方、全てが素敵でしたね。あおいちゃんに敬語で話かけられたい人にはぜひ、オススメの映画となっております。
 
○9月 NHKドラマ「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」撮影
☆長崎ロケや笛や踊りの稽古、英語の発音もあおいちゃんの持ち前のセンスで頑張りました。
 
○10月 映画「ツレがうつになりまして。」公開
☆堺さんと一緒に雑誌やTV番組でプロモーション活動。映画ではハルさんとツレの素敵なラブストーリーを生きてくれました。その姿はまさに、篤姫様と家定様の生まれ変わりでしたね。
 
○11月 NHKドラマ「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」放送
☆3年ぶりのTVドラマ出演。「篤姫」スタッフも再結集して素敵なドラマになりました。凛とした美しさが際立つ番組宣伝ポスターや映画のようなエンドクレジット、NHKがあおいちゃんにかける本気度が素晴らしかったですね。
やっぱり来年以降は、あおいちゃんの連続ドラマ出演にも期待したいです。
 
○12月 映画「北のカナリアたち」撮影
☆ついに吉永小百合さんと共演です。公開は2012年の秋以降ということで、今から待ち遠しいですね。
 
私は、あおいちゃんの人生を大河ドラマ「宮あおい」だと考えて、応援していますので、この1年間の活躍は大河ドラマ「宮あおい」第25章ということになりますね。

私としても、2011年はあおいちゃんのおかげで素敵な年になりました。
「ウーマンリブ」の舞台を6回も見に行き、「神様のカルテ」と「ツレがうつになりまして。」の舞台挨拶に合計5回も参加することが出来たので、2011年と言うだけあって、あおいちゃんに11回も会えました笑
これから先に、こんなにあおいちゃんに会える年はあるのでしょうか。
 
とりあえず、私の来年の抱負も「あおいちゃんにたくさん会う」です笑
2010年の7回と合わせて、現在は通算18回なので、目指すは20回突破です。
 
 
それでは、あおいちゃんに最後に一言
「お誕生日おめでとうございます!「宮あおい」第26章も期待しています!」
 
「昨日の私、今日の私、明日の私、私は毎日変わっていく。でも本当の私はずっと変わらない。」
                                  The 3rd Generation OLYMPUS PEN E-P3 TVCMより
イメージ 1
写真は映画「神様のカルテ」の初日舞台挨拶で使用した桜の花びらです。
櫻井翔くんファンの中には持っている人がたくさん居ると思いますが、あおいちゃんファンの中で持っている人は数少ないと思います。あおいちゃんファンとして、この花びらを持っていることは自慢です笑

 
映画の大きなスクリーンに、彼女の姿が映し出される。
次の瞬間には時間が止まり、物語のなかに流れる時間にタイムスリップする気持ちになる。
宮あおいはこれまで何度、そうしたすてきなタイムトラベルにつれていってくれたことだろうか。
 
この文章は2008年12月に発売されたシネマガールズVol.3の誌面で宮あおいを語ったものです。
 
雑誌の取材は「篤姫」の収録がすべて終わってまだ間もないころに行われたそうです。
誌面でも同様の表現がされていますが、大河ドラマの撮影が終わって、江戸時代への長いタイムトラベルから現代に帰ってきた時に取材が行われたということですね。
 
何故、今さら、2008年12月に発売されたシネマガールズVol.3の内容を紹介しているか気になると思います。
それは、今週末に映画のスクリーンではなくテレビで、3年ぶりに同じ現象が起こるからです。
 
明日11月26日土曜日21時よりNHKにて「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」[後編]遠いアメリカが放送されます。
2008年、「篤姫」ブームを巻き起こし、日本中のお茶の間を江戸時代にタイムトラベルさせた宮あおい。
「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」にて、宮あおいは再び、私たちをすてきなタイムトラベルにつれていってくれると思います。
 
「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」[後編]遠いアメリカ お見逃しなく!!
 
あなたも一緒に、あおいちゃんとタイムトラベル、あおいトラベルしませんか?
 
イメージ 1
待ちに待った「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」がいよいよ放送されましたね。
難しい役どころでより高い演技力を求められたドラマだったと思います。そこはさすが、あおいちゃんと思わせる素晴らしい演技でした。「純情きらり」や「篤姫」メンバーの出演者が多く、その作品の名場面の数々が同時に浮かんできました。もちろん、この3年間の月日で、あおいちゃんの輝きはさらに増していましたね。
「篤姫」でも見せてくれた「女の道は一本道」 今回の蝶々さんは、どんな一本道を見せてくれるのか後編への期待が高まりますね。3年ぶりとなるテレビドラマ出演、あおいちゃんにメッセージが伝えられるなら「あおいちゃんお帰りなさい」と言ってあげたいです。
 
それでは、前回の記事で書きました AOI HEART を今回から始めていきたいと思います。
今回は、特別編ということで「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」をテーマに話していきましょう。
11月26日に[後編]遠いアメリカが放送されます。そこで、身の回りの人に「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」を勧めてみましょう。私が提案するプレゼンテーションの仕方は以下の通りです。
 
まず、「蝶々さん〜武士の娘〜」をプレゼンテーションするにあたり、資料を準備しましょう。
 
○雑誌資料 
11/9 『TVstation 24号』
11/9 『TVぴあ 11月23日号』
11/16 『TVガイド 11月25日号』
11/16 『週刊ザテレビジョン 47号』
11/16 『ステラ 11月25日号』
○映像資料
11/12 NHK 宮あおいin『蝶々さん』
11/18 NHK あさイチ プレミアムトーク
 
○AOI HEART で編集したwebページ資料 
ダウンロードはこちら↓
 
それでは次は具体的なプレゼンテーションの方法です。
 
☆雑誌資料や映像資料を使って、あおいちゃん本人の「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」に対する想いを知ってもらいましょう。
 
☆webページ資料を使って作品の概要を知ってもらいましょう。
 
☆自分なりに「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」の意見を語ってみましょう。
私であれば、以下の観点から魅力を語ってみます。
◎日本髪と着物姿のあおいちゃん ◎震えながら涙を流すあおいちゃん
◎英語で話すあおいちゃん ◎女の一本道を見事に生きるあおいちゃん
 
私が提案するプレゼンテーションの概要は簡単ですが以上になります。これは、あくまでも一例ですので、皆さんも自分なりに「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」を宣伝してみてはいかがでしょうか。
 
 
人とのつながりで人は変わるし、豊かになる。
 
東京だけでなく日本にもっとハートを。
 
AOI HEART
 
 
 
 
 
 
 
 
いきなりですが、皆さんのあおいちゃんとの出会いはどんなものでしたか?
良ければコメント欄で聞かせて下さいね。
 
私のあおいちゃんとの出会いは一つの映画がきっかけでした。
大学の友人が「この映画の宮あおいの可愛さは凄いよ」と、ある映画を紹介してくれたのが今から2年くらい前ですね。その映画というのが「ただ、君を愛してる」です。やはり私は友人の言葉通りに、この作品のあおいちゃんのあまりの可愛さに言葉を失いました。その衝撃はまさに「恋に落ちた。」と表現するのがいいと思います。
 
それからすぐに、TSUTAYAに向かい「少年メリケンサック」のDVDをレンタルして彼女の演技を夢中で見ていたのです。「少年メリケンサック」のハジケル可愛さに魅了され、次に手を伸ばしたのが「篤姫」でした。
 
今でも「篤姫」の合間に「少年メリケンサック」が撮影されていたことが信じ難いように、「少年メリケンサック」で見た女優と違う人物が演じているのではないかと思う程の、凛とした美しさを持った篤姫様にただ、ただ圧倒され、あっという間に次から次へと気づいたら全50話を見終わっていたのです。
 
「ただ、君を愛してる」でも見せてくれた、あの前半から終盤にかけての変貌、成長ぶり。それが「篤姫」では更なるパワーアップを遂げていて、見終わった後にはすっかり「宮あおい」という人物の虜になりました。
そして、私はあおいちゃんのことをずっと応援していこうと思ったのです。
 
今では私が友人たちにあおいちゃんの魅力を講義しています笑
テーマを決めて資料を作成し友人たちに渡しているのですが、始めは笑っていた友人たちも今では資料を読むのを楽しみにしてくれています。
いよいよ本日の夜に放送となった「蝶々さん」のことも資料を作成して宣伝しましたよ。
 
友人たちと私の絆は、あおいちゃんのおかげで強くなったと思います。
私は「宮あおい」という一人の人物を通して、もっと人の輪を広げられるのではないかと考えています。
 
ふっくんさん・だいちゃんさんには、あおいちゃんの最新情報等を紹介していただいているので、私はまた違った視点「あおいちゃんの魅力を人に語る」をテーマにブログを書いていきたいと思います。
 
一人でも多くの人が、あおいちゃんの魅力を知り、彼女を応援することにより彼女がもっと輝く。
そして、そんな彼女の輝きがまた、人と人とをつなぐ架け橋となる。
私はそんなことを夢見てブログを書き始めました。なのでぜひ皆様にも協力していただきたいと思っています。
 
人とのつながりで人は変わるし、豊かになる。
 
これからも一緒に「宮あおい」の輪 「AOI HEART」を広めていきましょう。
 
私の周り 電気自動車のひとだけでなく 「AOI HEART」 のひと増えてます。

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事