TL125山梨

すべて表示

救援バイクやまなしトライアル隊  救急法講習会

救援バイクやまなしトライアル隊は6月30日救命処置の手順や怪我の大急処置の講習会を行いました。

災害時に道路崩落のため救急車両が入れなくなった集落に怪我人などをいち早く助け出す為我々トライアル隊は  
山を越え谷を渡り流木や大岩などを超え人名救援に向かいます



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

救命処置の手順(心肺蘇生法とAEDの使用手順)

傷病者の発生
    ↓
周囲の観察・全身の観察
    ↓
反応(意識の確認)
    ↓
協力者を求める
    ↓
119番通報とAEDの依頼し通信指導員の指導に従う
    ↓
呼吸の確認(呼吸をしていない場合は即気道確保)
    ↓
直ちに胸骨圧迫30回(1分間に100〜120回強く5cm位押す。人口呼吸2回 出来ない場合は胸骨圧迫のみでも良い)
    ↓
AED装着
     ↓
心電図解析(電気ショック必要)
    ↓
電気ショック1回
    ↓
呼吸が認められない場合は救急隊員に引き継ぐまで胸骨圧迫を続ける

 



イメージ 6

イメージ 7


胸骨圧迫を協力者に代わる時は間隔を開けずに素早く代わる
イメージ 8


AED使用時はアナウンスに従い行う
イメージ 9

濡れている場合は水分を良く拭き取る
イメージ 14



頭部など裂傷の場合は清潔なタオルで患部を押さえパンストが使えるのは驚きである・・・。
イメージ 10

手足骨折などの場合は現場にある物で添木を代用する
イメージ 11

イメージ 12


災害時は携帯電話も使用不可能なので無線機を使用しコンタクトを取る
イメージ 13

災害の来ない事を祈るばかりです
お疲れ様でした


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事