全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
TL125山梨では恒例の一泊二日で

ツーリングとコケまくりトライアル大会参加者募集中・・・!!

10月13・14日のキャンプは予定通り行いますのでヨロシクお願いします。


★ 参加ご希望の方は遅くも9月10日までにコメントを残すか番ちゃん     までご連絡ください。
★ コテージ1棟(10人)しか空いていませんでしたので予約しておきま     した。
★ 泊まる部屋は違いますが人数が増えてもOKです。
★ 予約が必要の為出来るだけ早めにご連絡ください。
★ 土曜日の午前中から山のきのこ採りに手の空いている方は行きま
   しょう。


宿泊場所     エコパ伊奈ヶ湖コテージ

日程        10月13日(土曜日)・14日(日曜日)


★酒類・飲料・おつまみなどは各自ご用意ください。
★バーべキューセット食材付
★好評の山の天然きのこ鍋も作りますよ・・・!!
★翌日の朝食と昼食は各自ご用意ください。
★トライアルかツーリングかを9月10日までにご連絡ください。
★泊まり無しで翌日のツーリングかトライアルだけでもOKです。

13日 (土曜日)   15:00p.m集合エコパ伊奈ヶ湖    
              16:00p.mからコテージにてバーべキュー
                   大宴会 『呑み過ぎ注意・・・!!』
         
            

14日 (日曜日)  
                10:00a.m    
              ●  朝食後トライアル組は会場に移動
                 (トライアルスクール開催予定・プチトラ大会予定)

               ● ツーリング組は紅葉し始めた櫛形山などの林道に向かう。
                コースは当日決定


★多少スケジュール内容を変更する場合があります。
★雨天決行ですがトライアルスクールとツーリングは中止します。
★参加ご希望の方は9月10日迄にコメントを残すか番ちゃんまでご連絡ください。




イメージ 1


イメージ 2




開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

源流のイワナ釣り


イメージ 1
先日熊に会わないように注意し源流にイワナ釣りにはいってみた。
26〜7センチを筆頭に17〜8匹位ヒットした。
この日は先行者が居なかったせいなのか気持ちの良い釣りができた・・・。


イメージ 2

イメージ 3
水面にミッジフライをプレゼンテーションすると「バシャ!!」とイワナが飛びつく・・・!!
すぐさまロッドを立て、合わせるとイワナがヒット・・・!!
面白い釣りである・・・。



イメージ 7

イメージ 8
右の赤い花が一般的なクリンソウだが左の白い花のクリンソウははじめてみた。



イメージ 4

イメージ 5

イメージ 9

イメージ 10





イメージ 6


この沢ではヤマメは出なかったが楽しい釣り行となった・・・。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

イメージ 31



イメージ 30


櫛形林道からの富士絶景スポットを後に見晴らし平に向かう事になった。


イメージ 29
見晴らし平には待っていた三人が合流した・・・。







イメージ 32

櫛形林道から御手洗川に下りると其処は灼熱地獄だった・・・!!
汗を拭いながら急いで涼しい甘利山に向かった。


イメージ 33


イメージ 34


標高1500mの甘利山に着くとそこは涼しい風が吹いていた・・・!!
暫くオーバーヒートぎみの体を冷やし先に進むことにした。



イメージ 6
久しぶりの林道はいかがですか・・・!?
疲れた表情の足長おじさん・・・!!



イメージ 7
ドロンちゃんしっかり空撮頼むよ・・・!!


イメージ 8
「釣り橋が揺れてます・・・!!もう歩けません・・・!!」  
な・なんとカノンさんは高所恐怖症だった・・・!!



イメージ 9

イメージ 1

ここから落ちたらひとたまりもありません・・・!!
足が震えます・・!!
カノンさの気持ちもわかります・・・。


イメージ 2

イメージ 3



イメージ 10

イメージ 11
橋の上空でホバリング。。。カッコイイなぁ




イメージ 12
空撮を終えドローンを無事回収した。。。

イメージ 4
精進ヶ滝


イメージ 5



イメージ 13

イメージ 14
昼時はとっくに過ぎお腹はペコペコ・・・。
ラーメンの美味しい国界に来た。
いつも混んでいる店なのだが運よく一度に全員着席・・・!! ラッキー・・・。
イメージ 15

真夏にほおずきのような汗を流しながら食べたラーメンは最高であった。。。!!
誰かの食レポが欲しかった。
イメージ 16


イメージ 17
台ヶ原宿の金精軒と七賢に寄りお買い物・・・。


イメージ 18
現在は使用されていないが、米など酒を作るのに必要な物を運ぶトロッコのレールだそうだ・・・。
ずっと奥まで続いていた。


イメージ 19
「このまんじゅうがうまいんですよ・・・しかじかかくかく!!」と食レポするエビちゃん
誰も聞いていなかったけど・・・。笑
「あれ!!トンボのめがね何時変えたの?」
似合ってるよ!!!チュぅ・・・。



イメージ 20
「愛娘ちゃんへのおみやげは買ったの?」
手ぶら・・・?


イメージ 21

イメージ 22

本日のフィナーレは荒倉山林道への過酷な朝鮮だった・・・!!
オールダートで豪雨での大量の水が流れた跡が川原状態でとレール車では悪戦苦闘の林道であった。。。
なんとか全員無事に山頂手前の林道終点まで到達できた。
長い荒れた林道であった・・・!!

イメージ 23
「オレは田舎のプレスリー・・・!!。なんか文句あるか・・・ん!?」 失礼!



イメージ 24

イメージ 25

「ヤマドリタケは沢山採れたし、今夜はそいつで焼酎でも呑むか」失礼!




イメージ 26

イメージ 27
「しもしも舘ひろし?オレオレ・・・。わかるけぇ・・・ん?」


イメージ 28

お疲れ様でした・・・。
今回のツーリングはいかがでしたか・・・?
次回は8月のお盆休みに予定しておりますので また多数のご参加お待ちしております。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 第3回TL山梨林道ツーリングを開催致しました。
猛暑の盆地を抜けだし爽やかな風を探しに櫛形林道に向け一向は出発しました。


暑さはハンパないものの晴天に恵まれ心配されていた雷雨にも会わずに爽快に走る事ができました。
サルやカモシカには遭遇しましたが、心配されていた熊には今回はお目にかかる事はありませんでした。残念・・・!!
赤いバイクに乗った大型のサルのような物体が勢いよく私たちを何度か追い越していったような気もしましたが・・・。気のせいかな・・・!?



ここのセブンで二人と合流・・・。
イメージ 2

ハスクバーナでお見送りに来てくれたイッちゃんそしてウォーキングしながらお見送りに来てくれたKさん本当にありがとうございました。
一緒に走れる日を楽しみにしています。




イメージ 3


この日の霊峰富士の絶景スポット・・・。
イメージ 4

イメージ 5

足長おじさんも暑さでバテぎみかな・・・・!?
イメージ 9




特に楽しそうな二人・・・。何があったんだろう・・・。
イメージ 6



ここでも三人と合流・・・!!
この日コタさんがドローンを持ち込んで上空からの撮影をしてくれた・・・。感謝
どんな感じに映っているのか空撮映像が楽しみである。

イメージ 7

イメージ 8

容量が一杯になり続編へ続きます。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 7月14日(土曜日)きのこ採りに渓流の上流域にはいってみた。
今年は山菜なども10日くらい早く収穫できたので、キノコもそうなのかも知れない・・・。
中流域には毎年キノコが出ている木にも全く無くそれで上流に来たのである。
このキノコはヌメリスギタケという柳の木に多く出る夏から秋にかけて採れ、美味しい出汁のでるキノコである。

イメージ 1

標高1500mから少し下った辺りに少しずつ出始めていた。


イメージ 2



山を下り過ぎるとまだ小さく採るのにはまだ早い・・・!!
徐々に高度を下げ中流域で採れる日も近いだろう・・・。
イメージ 3

イメージ 4


アカヤマドリタケも夏から秋にかけて出るきのこで
油炒めや煮物に入れると美味しいキノコである。
まるでメロンパンのようだ・・・。
イメージ 6


「熊に注意」の看板がやけに目についた。。。

イメージ 5




ヤッパリいました・・・!!
まだ1メートルに満たない若いクマのようで3〜4メートルまで車で近づいても全く逃げようともせず、何かを探しているようでした。。。

イメージ 7


直ぐに斜面を4〜5メートル位ユックリと登り、座り込んでカメラ目線だった・・・!!
イメージ 8


暫くして尾根の向こうに下りて行き見えなくなりました・・・。
何か訴えているようにもみえた・・・。

イメージ 9
 先日の中流域の河原の足跡も大きさ的に この仔だったのかもしれない・・・。
クマはこの時期行動範囲も広く活発に歩き回るので、遭遇する機会も多くなりそうである。
こんなに大人しいクマは珍しいが、人間がクマの餌場や仔ずれの近くに侵入すると直ぐに襲ってくるのが普通である!!
その時は物凄い速さで襲ってくる・・・!!
もうそうなったら鉈の出番である・・・。

山菜採り、渓流釣り、キノコ採り、登山など山に入る時はクマより先にクマを見つけた方が有利なのかもしれない。
私の場合は鉈とナイフは持つが鈴やラジオは持たない・・・。
こちらの存在を消してクマに気ずかれないよう音を立てずに五感を使いソッと歩く・・・。
もし気ずかれても決して刺激してはいけない・・・!!
クマから目をそむけず距離を10メートル以上はとった方が無難なのかも知れない・・・。
何度かクマに遭遇したが気ずかれずにすんでいる。

運が良かったのかも知れないがクマには注意したいものである・・・。

  


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事