KURIのブログ

自分が好きなことを忘れないためのメモ書きです。

全体表示

[ リスト ]

変位

 点Aから点Bに物体の位置が動いた時、動いた方向と距離をA→Bで表し、これを変位ベクトルと言います。変位とは位置の変化量のことです。位置ベクトルとの関係は、O→A+A→B=O→Bです。

 ここで重要なことは、A→Bとする以上、変位には物体の移動中の経路が考慮されていないということです。どんなに曲がりくねった道を選んで歩いても、スタートとゴールを直線で結んで考えます。変位≠移動距離です。しかしこの事によってベクトルの演算(たし算)が可能となります。

 点Aから点aを経由して点Bに移動した場合は、A→a+a→B=A→Bです。経由地点がもっと多い場合は、そのすべての経由地点間の変位ベクトルを合計が、結果的にスタートからゴールまでの変位ベクトルになります。また、すべての経由地点間を通る変位ベクトルの大きさの合計が移動距離とも言えます。

イメージ 1


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事