ここから本文です
やっぱ映画が好きやねん!
秋めいてきましたね(~_~;)☆★☆ヘッダー画像『誰かがあなたを愛してる』☆★☆

書庫全体表示

イメージ 1

 
 トランシルヴァニアの王女ルナは、宇宙のエネルギー生命体“フロイ”(←声は美輪明宏!)により、全宇宙のすべてを無に帰さんとする絶対悪「幻魔」の襲来を告げられる。幻魔に対抗する戦士として戦う決意をしたルナは、2000年前に幻魔に恋人を殺され失意の中で眠りについたサイボーグ戦士ベガ(←声は江守徹!)を覚醒させ、共に、幻魔と戦う戦士を集めるべく行動を開始する。そして二人が目をつけた最初の人物は、日本の高校生、東丈(←声はアムロ・レイ!!)だった・・・。

 いわゆる、「角川アニメ第1弾」

 平井和正&石森章太郎による同名マンガが原作。
 角川が手掛ける初めての劇場アニメということで、監督のりんたろうはともかく、キャラクターデザインに大友克洋、音楽に「ロックという分野においてシンセサイザーをどう使うかという方法論を提示した最初の人物」キース・エマーソンを起用し、また原画マンになかむらたかし金田伊功ら当時気鋭のアニメーターを起用するなど、並々ならぬ意気込みが感じられ、少なくとも映像的には今観てもなかなかのものです。
 特に、東丈がベガの襲撃により、超能力に覚醒するシークエンスは見事で、すごく気に入っています。
イメージ 2

イメージ 3

 けれど、当時はあまり感じなかったのですが、改めて観直してみると、ストーリー展開、セリフ、演出面の弱さが気になってしかたありません。
 映画のベースとなっているのは、あくまでマンガ版ではあるのですが、まずこれ自体がレアな作品で、僕自身も結局手に入れることが出来ず未読のままだし、世間的には平井和正による小説版「幻魔大戦」が知られており、またこれが一度読み出すと中毒に陥ってしまうほどの代物で、どうしても映像作品に対しては、この小説版と較べられがちにあるのでその点は気の毒な一面があるかもしれません。
 また、マンガ版は人類の敗北を暗示した場面で終了(打ち切り)、小説版も未完のまま。しかし、映画版ではやはり映画として完結させなければならなかったのでしょう。人類の「勝利」までが描かれます。

 その結果、幻魔と戦う超能力者たち一人一人がどんなふうに集まってくるのか描く時間が足りず、ルナ、丈、黒人少年ソニー以外は、ルナが全世界に放ったテレパシーをキャッチしてあっという間に集まります。
 本当に、あっという間です^^;

 そして、段取りセリフの応酬。

 極めつけはクライマックス、幻魔(といっても、おっさん)との最終決戦は、
 「円形誘導!!」
 「絶対零度!!!」
 もう完全に「エスパー戦隊ハルマゲドン」ですがな。
 まあ、この最後のシークエンスは、その筋?の人が観れば一目瞭然、金田伊功が原画描いてるので、これはこれで観応えあるんですけどね。
イメージ 5

イメージ 6

 それに、けっこうボロクソ書いてはいますが、けっして嫌いじゃないし、というか、けっこう好きな映画だったりするんですよね〜(^^)v
 また、やはり大友克洋をアニメの世界へ招聘したというのは、本作の残した大きな功績と云えるのではないでしょうか。
 ただ、平井和正は東丈のキャラを見て「でこっぱちにされた」と憤慨したというし、当の大友克洋は、劇中エスパーたちの飛ぶ場面が貼りついているようにしか見えないことが気に入らなかったようです。それが悔しくてあの大傑作『童夢』を描いた・・・なんてまことしやかな噂もありました。
 
 あと、蛇足ながら捕捉すると、商魂逞しい角川だけに、当時のアイドル女優原田知世を声優として出演させるために、わざわざ知世ちゃん用のキャラクターを登場させてます。
 ↓の少女、タオがそうです。レッスン1とか2とか、唐突に宣言してます。ちなみに4まであります。
イメージ 4



 <独断と偏見星数> ★★★★☆

 <作品データ>
 原題:幻魔大戦 HARMAGEDON
 1983年・日本・135分
 監督:りんたろう
 脚本:真崎守/桂千穂/内藤誠
 原作:平井和正/石森章太郎「幻魔大戦」
 音楽:キース・エマーソン
 出演(声):古谷徹/小山茉美/池田昌子/原田知世/美輪明宏/江守徹 他

 <DVD:セル&レンタル>
 
 
 
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事