ここから本文です
(国鉄型好きな)栄光の185系の鉄道撮影記
次の遠征は岡山の予定です。

書庫全体表示

本日も当ブログにご訪問誠にありがとうございます。

宮崎の地震の震源地が北東に移動しているのが気になる栄光の185系です。南海トラフを刺激しなければ良いのですが・・・

気になると言えば関西〜山陽の国鉄車事情。大阪環状線の201系は6月7日で引退するそうで、おおさか東線が最後の砦になりそうです。また岡山の国鉄車は最近トラブルが増えているらしく、「國鐵岡山」が少し心配です。ただ、岡山支社の車両は全体の9割が国鉄車だそうで、すぐに、ということはなさそうです。


さて前回の続き。初めて蒸気機関車を撮ったので、細部までしっかり撮りました。

イメージ 1

転車台とC12 167。転車台等若桜駅奥にある設備は1930年の若桜線開業より使われていました。個人が転車台を修復し、2008年には若桜線のいくつかの駅と一緒に国の登録有形文化財に指定されました。転車台を自力で回転させる体験も行われているようです。

イメージ 2

蒸気機関車についての知識は皆無に近いので、こんなメカニックな構造は全く理解できませんでした(汗)
ただ、メカニックだからこそ近年の動態保存復活が出来るのでしょうね。電気系統が故障したら致命的な電気機関車とは違い、どこかが故障しても修復が可能で、技術と車両状態さえ良ければ復活できるというのが強みです。

イメージ 3

この機関車は毎年5月頃に塗装がピンクになります。今行けばピンクの機関車が拝めそうです。私が行ったときはもちろん黒色でしたが、ところどころにピンク色が残っていました。

イメージ 4

平均車齢64年の並び。C12 167は側面の凹凸も少なく、良く整備されています。若桜鉄道の方々の努力に感謝です。



2両の機関車をしっかり撮影出来たので、いよいよ帰路に就きます。



ご覧くださりありがとうございました。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事