オレンジの野望

初大型二輪にてKTM 990SMR。オレンジ最高です。
昨日のKTMツーの疲れがまだ・・・

さて、いよいよ5日目。

杣温泉旅館を8時半くらいに出発。阿仁前田に戻り、給油を済ませてR105を南下。

途中の道の駅あにでコーヒータイム。
イメージ 2

ここから、更にR195を南下、K321で田沢湖を目指します。
このルートは車も少なくなかなか楽しいルートで、思いっきりピーなペースであっという間に田沢湖に到着(^_^)
イメージ 1

田沢湖周遊道路は観光客も多かったので、ゆっくり走ってよさげなポイントで撮影。
イメージ 4

湖畔で淡水浴してる人も結構いました。透明度も高いので、さぞかし気持ちよさそうでしたが、さすがにパン一で入る訳にもいかず、田沢湖を後にします。

田沢湖からR46で大仙市に入り、K11で横手市に向かいます。このあたりはただの移動区間。

六郷という地区にある湧太郎という施設で昼食。
やまちょう、という喫茶店で冷やしたぬ中セットを頂きました。

たぬ中とは、たぬきうどんの麺が中華そばになった感じ。けっこういけました。

この地区は、湧水が豊富らしく、そこかしこに湧き出てるので、食後の散歩で湧水地を散策。
御台所清水
イメージ 5

ニテコ清水
イメージ 6

軽い気持ちで散策したのはいいけど、いやぁ暑い(´・_・`)
散策終えてバイクに戻ってからしっかり給水し、出発。

R13で横手市に入り、そこからR107にて北上へ。
途中の道の駅錦秋湖で休憩。
イメージ 7

北上に入って、K37-K122で今夜の宿、夏油温泉昭和館さんに到着。
イメージ 8

ここも知る人ぞ知る、秘湯。営業期間は5月中旬から11月中旬まで。冬の間は雪に埋もれてるそうです。

雰囲気は昭和な感じの湯治場。
イメージ 9

イメージ 10

ここ1ヶ所で5種類の温泉に入れます。そのほとんどが混浴なので、期待に胸躍らせつつ、そそくさと着替えて温泉ターイム。

で、お風呂にいたのは、おっさんと、またしてもブヨ(T_T)

そうは言っても、お湯はよかったですよー。お風呂上がりに発泡酒を買って、宿の縁側で飲みながらまったり。ゆったり時間が流れてる、まさに至福の時でした。

そして、夕飯。
山の中なので、出てくる料理は山菜や川魚が中心。でも、鮎は炭火の焼きたてで美味かった。
イメージ 11

銀河高原の生ビールを頂いた後は、地酒も少し飲みました。酒類は湯治客も多い事もあって、自販機価格で飲めるので、のんべぇには向いてますね。( ̄ー ̄)
イメージ 3

部屋に戻り、またウイスキーをチビチビやって、夜の露天風呂でさっぱり。夜になると不思議とブヨもいなくなります。そして気持ちよく(^o^)ノ < おやすみー。

さて、明日はラスト???まだ続いちゃったりして(ーー;)

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

東北ツーリング4日目

楽しかった宴会で結構飲んだつもりでしたが、起きた時には酒も残っておらず清々しい朝でした。

朝食をとり、正観湯温泉旅館を後にします。

ここの旅館は、必ずバイカーの写真を撮っているらしく、せっかくなのでワタシもカメラ渡して若女将とツーショット撮影したり(^O^)
イメージ 1

ホントいいお宿でした。また来ますねーって挨拶して、八甲田山に向かいます。

R452-R102ーR394を経由して八甲田山。この日も天気は良くて気持ちよかった。
イメージ 2

イメージ 9


酸ヶ湯温泉という大きな混浴の温泉に入っていこうかと思いましたが、前日のライダーさんから、それ目当てのおっさんばっかりですよ・という話を聞いてパス(´・ω・`)

R103からK40に入り、八甲田山をぐるっと回ります。
途中で八甲田山を背に。
イメージ 10

八甲田山を後にし、次に向かうは奥入瀬渓谷。
ここは観光名所だけあって人も車もバイクもいっぱいでした。

渓谷沿いに車を停めて観光する人が多く、ここは走りを楽しむのは無理。なので、ワタシも観光に徹します。

途中でバイクを停めて、渓谷の写真を撮りまくり。東北有数の観光名所なだけあって確かに綺麗でした。
イメージ 11

イメージ 12

ここなら1日かけて渓谷沿いを歩いて観光するのもありですね。まぁワタシにはそんな時間はありませんので、適当に何カ所か撮影しただけです。
イメージ 13

そしてまた十和田湖(´・_・`)
イメージ 14

1ヶ所で写真撮っただけで、樹海ラインに向けて走ります。
八幡平の樹海ラインもそうですが、ここ十和田湖樹海ラインも車も少なく快走出来ました。

樹海ラインを抜けて、途中の道の駅こさか七滝で昼食タイム。
イメージ 15

ここでは、比内地鶏の親子丼(850円だっけかな?)を食べました。
イメージ 3

大したことないんだろうなぁ、って予想に反して、(゚д゚)ウマー!!。卵の半熟具合といい、とても道の駅で食べられる味じゃなかった。なるほど、比内地鶏ってこんな美味いんだなぁ。

比内地鶏を堪能した後、ソフトクリームを食べつつ、近くにある小坂七滝を見物。
イメージ 4

落差30m、7段の滝。それほど大した滝じゃないですが、落下地点に行くと涼しくて気持ちいいー。
イメージ 5

イメージ 6

道の駅を後にし、大館市へ向かいます。

このツーリングの前の週の大雨で被害が大きかった場所、道路の周りも泥が結構残ってました。
ツーリング中にこの大雨に遭遇したらと思うとゾッとしましたね。

大館からR105に入り、R285の道の駅かみこあにで休憩後、K214-k309を通って、今夜の宿、杣温泉旅館。
イメージ 7

初めての日本秘湯の会のお宿です。
すぐ脇に小川が流れていて、秘湯感たっぷりです。

混浴の露天風呂もありますが、この時期はアブやブヨがすごくてとても入れません。内湯でさっぱりした後に表に出て少し夕涼みしただけで足をブヨに食われて痒いのなんのって(ToT)

夕飯は鯉料理メインに岩魚の塩焼きを追加。
イメージ 8
メインは鯉料理。鯉こくと甘露煮が出ました。鯉こくは臭みがまったく無く、甘露煮も日本酒に合って美味しかった。
部屋に戻って、ウイスキーをチビチビやって就寝。

この日もルート良し、天気良し、飯良し、温泉良しで満足な1日でした。

その5に続く。

明日はKTMの集まりに行って来ますが、雨男が現地で待ち構えていますので、やはり天候が不安になってきました。さて、どうなるやら(´・ω・`)




開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

さて3日目

今回のメインコースの八幡平を堪能すべく、5時に起床して朝練です。

コースは昨日と逆回りのアスピーテラインから樹海ライン。

缶コーヒーを買って、ほとんど誰も走っていないがら空きの道を思いっきり。

途中の撮影ポイントで写真を撮りつつ、見返峠でコーヒータイム。
イメージ 1

8時半までは見返峠の駐車場もタダなので、ゆっくりします。

今回の朝練の目的に雲海が見れるかなぁって思ったんです。30分ほどいましたが、残念ながら雲の中のままでした(´・ω・`)
イメージ 2

ここから今度は樹海ラインへ。誰もいない静けさの中、最高の気分で快調に走れました。

樹海ラインの途中、松川地熱発電所へ寄り道。
イメージ 11

火山帯の地熱(温泉)を利用してタービンを回して発電するらしいです。ちなみに、今回のお宿の温泉はこの地熱発電所のタービンを回した蒸気を冷ましてお湯になったのをパイプで引いてるそうです。
イメージ 13

ホントはここまで入っちゃいけないんですが、早朝で誰もいなかったのでこっそり移動して撮りました。
イメージ 12

バイクの先に見えるのは、蒸気を冷やす冷却塔。

無事朝練も終えて宿に戻り、お風呂でさっぱりした後朝食を頂き、そそくさと出発。

また樹海ラインを上って、見返峠からアスピーテラインを秋田県側に向かいます。
イメージ 14

秋田県に入って最初の駐車場で初の自画撮り。
イメージ 16

途中のふけの湯温泉前の駐車場で給水。ここでVストにお乗りの方と暫し談笑し、その後はR341-R281-K30で田代平高原。
イメージ 15

ここは北海道ぽい?ようなイメージを受けました。人工物がほとんどなく、車もバイクもめったに見かけない、バイクを停めて、高原を背に今回の一番のお気に入りのショット。ワイドで撮って、PCの壁紙にもしました。

ここで少しゆったりめの休憩。時間に余裕があればもっといたかったけど、先を急ぎます。

k30からR4に入り、三戸まで北上。途中に見覚えのある道の駅を通り過ぎ、あーそういや6年前に東北一周した時に休憩した所だわ・と思い出しました。あの時のバイクはSRXで雨だったっけなぁ・と少し思い出しながら、淡々と北上。

三戸からR104ーK21のタイトなクネクネ道に入ります。峠を越えた所の小森高原牧場で写真タイム。
イメージ 10

K21からR454に入り、多めのタイトコーナーを快走して、いよいよ十和田湖に到着。

ここで昼食タイム。姫鱒料理を出す食堂が多かったけど、あえてここはご当地B級グルメの十和田バラ焼き定食を食べました。
イメージ 17

これ、美味かった。ボリュームもあるし肉も玉ねぎもウマウマ、食べて正解でした。

食後に少し散歩。乙女の像とか撮ってみたり。
イメージ 3

注:中央のおばさまとワタシは一切関係はありません(´・_・`)

十和田湖神社にお参りしてみたり。
イメージ 4

ゆっくりめの休憩をとって、十和田湖周遊のR454を走り、R102で黒石まで行って給油。また少し戻ってR454のクネクネを走って、今夜の宿、大鰐温泉にある正観湯温泉旅館に到着。
イメージ 5

バイカー大歓迎で有名なこのお宿、バイクで来ると色々と特典があります。

とりあえず、ささっと着替えて、温泉でまったりさっぱりした後、サービスの生ビールを部屋で頂きプハー。

休憩&洗濯をしていよいよお待ちかねの夕食タイム。
イメージ 6
ホヤうめぇ、ホタテうめぇ。

バイク以外で来られた方は、宴会場にてお食事。バイカーはテーブル席でオーナーのあんちゃん、まっちゃん、若女将ののりちゃんと楽しく談笑しながらの宴会。この夜バイカーは3名でした。
イメージ 7

ここで、1日目のニッカ宮城峡で買ったシングルカスク10年をお土産に差し出すと、ワタシの目の前に日本酒の酒瓶がズラーっと並びました。全部飲み放題です(^O^)
イメージ 8

バイカーがお酒をお土産で持ってく→他のバイカーがお土産で持ってきたお酒をタダで飲めるという仕組みです。なかには一升瓶担いで持ってくる人もいるそうで(´・_・`)

途中で東京から車で来た若者3人も宴会に加わり、宴は11時近くまで続きました。バイク、旅の話を一杯してホントに楽しかった。
イメージ 9

宴会後は、また温泉に浸かって、またまっちゃんに会ったのでお風呂でもバイクの話をして、部屋に戻ったら即バタンキューでやんした(´・_・`)

やっと3日目。まだ半分(ToT) その4に続く。







開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

鳴子温泉にて温泉で休めた身体を起こして2日目。

とりあえず朝風呂に入ります。

ここのお宿、1泊素泊まりで3750円という安さ。安さには当然ながら理由がある訳で。

昭和にタイムストップしたような館内、硫黄泉のお風呂のせいかいたる所が傷んでますな。
イメージ 1

イメージ 2

お風呂もこんな感じで、カップルはまず泊まりに来ないでしょうなぁ。
イメージ 8

イメージ 9

お湯はホントいいんですけどね。安く泊まれるならワタシはアリかな。嫁となら?100%無理です。

さて、いよいよお待ちかねの栗駒周辺のクネクネ満喫ルートに入ります。

R47を少し古川に戻り、R457-R398で栗駒高原へ。東北は道も空いてて快適に走れます。

途中、仙台藩寒湯蕃主跡(いわゆる関所)でコーヒーブレイク。
イメージ 10

ここから暫くタイトはワインディングが続きます。
先行していた国産NK2台をささっとパス。こういう所だとKTM990SMRは水を得た魚のように走れてめっちゃ楽しい。なんか最近タイトコーナーのが好きになってきましたよヽ(´ー`)ノ

栗駒大湯トンネル前でK282。
イメージ 11

須川温泉を経由しR342から横手方面へ。途中の橋の上で。
イメージ 12

今日も天気は良く高原の涼しさもあって最高でした。

R342-K40ーK320で湯田。ここからK1で盛岡へ向かいます。K1は道は空いてて信号もなく快走出来ますが、クネクネ無いのでつまらない?まぁここはあくまでも移動でしたので(´・_・`)

R46に入り、ここから小岩井農場へ。
イメージ 13

丁度お昼だったので、ここでお昼にしましょう。
イメージ 14

小岩井農場に入るのに入園券500円、農場でお昼+1000円くらい?なので、入るのをやめて駐車場の隣にあるどんぐりコロコロというウッドクラフトショップ内の食堂で、夏野菜天ぷらとざるそばをいただきます。

夏野菜がめちゃ(゚д゚)ウマーでした。
イメージ 15

食後は小岩井のソフトクリームを食べ、網張温泉スキー場で撮影&休憩。
イメージ 3

網張温泉を後にして、K278-R282から、いよいよ今回のツーリングのメインイベントの八幡平アスピーテラインへ。

とりあえず八幡平樹海ラインから攻めます。
途中、脇道からこちらの存在に気づかずに飛び出してきたキャンピングカーとあわや衝突!!というのを間一髪でかわしてヒヤッとしました。

そんなこともあり、安全運転???で樹海ラインを快走します。車もバイクもほとんど走ってなく、超気持ち良く走れました。

途中の景色がいい駐車場にて撮影&休憩。
イメージ 4

その後は見返峠(ここの駐車場は有料なのでパス)を経由してアスピーテラインを走ります。

アスピーテラインは流石に車も結構走っておりなかなか思ったペースで走れませんでした。といっても、ビーナスラインほど混んでないのでチャッチャとパスして楽しみました。
路面は樹海ラインほど良くもないかな。
イメージ 5

とりあえずぐるっと走って今夜の宿、元湯・七滝さん。
イメージ 6

到着してさっそくお風呂でまったり、ビールでプハーし、夕飯まで周りを散策。

夕飯は質素ながらも鮎の塩焼きは焼きたてでうまかった。
イメージ 7

部屋に戻り、昨日の残りのウイスキーをチビチビやったらまた眠くなってそのまま就寝。

明日は早起きして朝練予定です。

やはり1日分しか書き込めませんでした(´・ω・`)

その3に続く。







開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

長めのお盆休み、せっかくだからと計画したツーリングに行ってきやした。

1日目(8/11)

加須の寮を5時半に出て東北道から一路宮城に向かいます。

渋滞に巻き込まれたくなかったので、ひたすら走り、給油ポイントの安積PAで朝ごはん&給油。
イメージ 1
SAはどこも既に車が一杯でしたねぇ。当然GSも長蛇の列が出来てました。
安積PAはGSが併設されているんですが、ここは穴場なんですよね。

すんなり給油して、次の目的地の仙台へ。

途中、二本松IC〜白石ICで断続渋滞ありましたが、そこはバイクの機動性を活かしてするすると抜け、仙台宮城ICで高速を下りて、R48を山形方面。宮城とはいえ、やはり平地はめっさあつーい!!

途中、コンビニで水分補給し、着いた先は
イメージ 5
ニッカウヰスキー宮城峡。
一回行ってみたかったんですよねー。せっかくなんで工場見学もしちゃいます。

ここはちゃんとガイドのおねぇさんが工場を案内してくれます。
イメージ 6

色々と製造工程を見学。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

一通りウイスキーの出来上がるまでを見学し、いよいよお待ちかねの試飲会場でウイスキーの試飲です。

残念ながらバイク置いて宿まで行く訳にも行かないので、仕込み水で我慢(T_T)

売店で夜飲み用小瓶の宮城峡限定品を買い、またR48を山形方面へ走りだします。

東根に入った所でお昼になったので、山形名物の板蕎麦を求めて森久って蕎麦屋でお昼です。
結構な人気店なのかな。駐車場も広くてお昼前に到着したけど席に着くまで15分くらい待ちました。
イメージ 12

注文してから、待つこと更に15分。やっと板蕎麦(並み盛650円)とご対面。
イメージ 2

お味のほうはまぁ美味しかったかな。
食後はお隣みたいな近さのJA東根でジェラートを頂きました。

お腹もいっぱいになったので、先へ急ぎます。

R13で北上し、尾花沢からK28経由でR47。そして今日の宿。鳴子温泉の東川原湯さん。
イメージ 11

宿に着いて、ささっと着替えて公衆浴場の滝の湯でさっぱりして、今夜の夕飯を買い出し。

買い出し終わったら、後は部屋でグダグダして夕食ターイム。
イメージ 3

晩酌はこいつ。宮城峡で買ったやつ。
イメージ 4

これをハイボールにして半分くらい飲んだら、酔いも廻って早めに就寝。

3日分くらいまとめて書こうかと思ったけど、長くなるんでやっぱやめまつ。

その2へ続く(そのうち)



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事