司法書士 田丸の事件簿(ブログ)

司法書士の日常をレポートしています。http://www.legal-right.jp/

司法書士業務

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

司法書士の認知度。


 司法書士試験に合格した年から、早いもので今年で  15 年目  となります。

 どおりで白髪が増えるわけだ・・。(涙)

 私が試験に合格した当時と比較すると、世間的に司法書士の認知度はかなり高まったような気がします。

 要因としましては、サラ金などに対する過払金の返還訴訟を取り扱ったCM やあらゆる場所で定期的な

 相談会を開催し、各々の司法書士が信頼を勝ち得てきたことではないかと思います。

 自分の事務所を開設して10年が経過しましたが、10年やってこれたことに対する感謝と、この10年の間に

 リピーターとして弊社に繰り返し手続きをご依頼いただけた方がたくさんいたことをとてもうれしく

 感じました。

 一人一人のお悩みを解決するために、これからも精進していこうと思います。

この記事に

開く コメント(0)

11月24日、朝から雪


 今日は、朝から雪。

 私は横浜ですが、東京で11月に積雪を観測するのはかなり久しぶりのことだそうで、昨日のニュースでも

 取り上げられていました。

 雪で困るのは法務局や銀行へ出かけることの多い司法書士も同じ。

 オンライン申請などが認められて、幾分楽になった部分はあるものの、現実的にはまだまだ出かけることが

 多いので、楽ではありません。

 今のところ、積もる感じではなさそうなのでそれほど心配はしていませんが、10センチ近くつもってしまうと

 転んでけがをすることもありますので、気を付けようと思います。

この記事に

開く コメント(0)


 最近出版されている民法関連の本を読むと、「今後改正予定の民法ではこのように改正される予定です。」と

 の記載を目にすることが増えてきた。

 今までも民法について細かい改正がなされてきた経緯はあるものの、これから予定されている改正はかなり

 大掛かりなものといえる。

 いろいろと条文が増えたりするみたいだが、個人的に法律の勉強をしてきた経験からすると

 今の民法のように現在の社会状況に合わないがために、いろいろと解釈をして適切な結論を導くよりも、

 たとえ量が増えたとしても、条文から素直に結論を導きやすくなる方が格段に学習は楽になるような気がする。

 改めて民法を勉強してみると、実務に10年以上携わったからこそ、あらためて「なるほど!」と思えることも

 多い。

 社会に与える影響の大きな民法の改正。改製直後に混乱が生じなければいいなと思う今日この頃です。




この記事に

開く コメント(0)

相談会の担当。


 最近は、司法書士もあらゆる場所で相談会を開いている。

 困っている人の手助けをすることのほかに、司法書士という職業を知っていただく機会なので、

 担当となった際には、職業について悪い印象を与えないように気を付けている。

 先月に続き、今月も相談会の担当になった。

 思い出してみれば、10年以上前、初めて相談会の担当になった時は、少し緊張したものだ。

 どんな相談が持ち込まれるのはこちら側には何も情報がなく、参照にできる資料も六法程度しかないのだから

 心配になるのも当たり前なのだが。

 しかし、相談員を担当するようになってかれこれ10年ぐらいになるが、結局のところ相談の内容は似たような

 ものが多いというのが率直な感想だ。
 
 インターネットにより情報の取得が容易になったからなのか、誤った情報に振り回されている方も

 散見される。 インターネットの功罪は今後、ますます大きくなっていくのだろう。









この記事に

開く コメント(0)


 新年、あけましておめでとうございます。

 すでに働き始めて数日が経過しておりました。 失礼いたしました。

 今年のお正月は、子供とたくさん遊んで過ごしました。 特にどこかに出かけたわけではないのですが、

 遊びを通して、子供の成長を実感することができました。

 長男は今年、小学校に入学します。四月の入学式が楽しみです。

 子供の成長に負けないように、自分も成長していきたいと思います。

 本年もよろしくお願い申し上げます。

この記事に

開く コメント(1)

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事