司法書士 田丸の事件簿(ブログ)

司法書士の日常をレポートしています。http://www.legal-right.jp/

資格取得にいたるまで

[ リスト | 詳細 ]

司法書士業務や意外と知られていない法律などを解説しています。
記事検索
検索

全1ページ

[1]


 司法書士の受験生が毎年減少している。

 一つには、弁護士の収入に関する報道が定期的に行われていることが原因の一つに挙げられると考えてい

 る。

 法律系資格の最高峰である司法試験に合格しても、それほど恵まれた経済状況に置かれるわけではないこと

 が新聞やニュースで報道されればされるほど、それを目指す人が減ってしまうのは当然だからだ。

 司法試験とは別の資格であるものの、司法書士も同じく法律を使った仕事をするわけで、同じような印象を持

 たれるのではないだろうか。

 すでに開業している私のような司法書士にとって、受験者の減少はプラスに働くのか、マイナスに働くのか。

 私が受験した時期は受験者数にたいする合格割合が2.7〜2.8%(1000人受験して27人又は28人の合

 格)でほぼ確定していたので、受験者が減ればその分合格者も減り、結果的に競争相手が少なくなるととらえ

 ることも可能であったが、どうも最近は合格者数をある程度確保するという方向に働いているようで、受験者に

 対する合格者の割合が少し上がり始めている。

 合格率を一定にしていれば、合格者のレベルも一定に担保されるので問題はないのだか、合格者数をある程

 度固定してしまうと受験者が減少した際に、本来なら合格しなかったレベルの合格者が出てしまい、業界全体

 のレベルも低下することとなってしまう。 現に司法試験や公認会計士試験では、合格者数を増やしたことによ

 り、質的担保が図れなくなっていることは公知の事実である。

 結果的には、受験者を従前と同じ程度で維持して、合格率も維持するのがベストなのだが、受験者数を維持す

 るのは難しそうだ。


 
 

 司法書士の受験生が毎年減少している。

 一つには、弁護士の収入に関する報道が定期的に行われていることが原因の一つに挙げられると考えてい

 る。

 法律系資格の最高峰である司法試験に合格しても、それほど恵まれた経済状況に置かれるわけではないこと

 が新聞やニュースで報道されればされるほど、それを目指す人が減ってしまうのは当然だからだ。

 司法試験とは別の資格であるものの、司法書士も同じく法律を使った仕事をするわけで、同じような印象を持

 たれるのではないだろうか。

 すでに開業している私のような司法書士にとって、受験者の減少はプラスに働くのか、マイナスに働くのか。

 私が受験した時期は受験者数にたいする合格割合が2.7〜2.8%(1000人受験して27人又は28人の合

 格)でほぼ確定していたので、受験者が減ればその分合格者も減り、結果的に競争相手が少なくなるととらえ

 ることも可能であったが、どうも最近は合格者数をある程度確保するという方向に働いているようで、受験者に

 対する合格者の割合が少し上がり始めている。

 合格率を一定にしていれば、合格者のレベルも一定に担保されるので問題はないのだか、合格者数をある程

 度固定してしまうと受験者が減少した際に、本来なら合格しなかったレベルの合格者が出てしまい、業界全体

 のレベルも低下することとなってしまう。 現に司法試験や公認会計士試験では、合格者数を増やしたことによ

 り、質的担保が図れなくなっていることは公知の事実である。

 結果的には、受験者を従前と同じ程度で維持して、合格率も維持するのがベストなのだが、受験者数を維持す

 るのは難しそうだ。


 
 

合格発表

 先日、今年の司法書士試験の筆記試験合格者が発表されました。

 以前勤めていた事務所の同僚や個人的な友人も残念な結果に終わってしまったそうです。

 運も実力のうちといいますが、この試験には運もかなり作用します。

 来年は、友人にいい運があることを祈っています。

 今日は、すごくひんやりしていて秋の気配がします。

 季節の変わり目は、風邪を引きやすいので気をつけたいと思います。


 ブログランキングに参加しています。よかったら、ワンクリックお願いします。
  [https://samurai.blogmura.com/shihoushoshi/ にほんブログ村 司法書士]


 当事務所のホームページ http://www.legal-right.jp/

受験勉強に逆戻り?

 試験に合格して、数年経ちますが、この間の法律改正や司法書士業界を取り巻く環境の変化には

 劇的なものがありました。

 自分自身の立場も、雇われていた時代、司法書士法人の社員となった時代、そして独立と

 変わってきました。

 司法書士業務に必要とされる知識は試験勉強という立場から見ると

 偏ったものになりがちです。

 使わない知識は当然のことながら薄れていってしまいます。

 ただ、使わないとは言っても、まったく可能性がないわけではないのが辛いところ。

 そんなわけで、しばらくぶりにテキストを読み返し、過去問の復習でもしてみようと

 思っています。

 色々な経験をつんできた今だからこそ、理解を深められるような気もしています。

 とはいっても、仕事が忙しいときはできないんだろうなぁ・・・。

 働きながら受験勉強にいそしんでいる方の気持ちになって、毎日少しずつでも

 復習していこうと思います。


 ブログランキングに参加しています。
 お力をお貸しください。(貸してくれる方は下記アドレスをクリックお願いします。)
  [https://samurai.blogmura.com/shihoushoshi/ にほんブログ村 司法書士]


 当事務所のホームページ http://www.legal-right.jp/ 

 ブログを読んでいただいている方の中には、他資格の受験生も含め、資格取得の勉強をなされている

 人もたくさんいらっしゃいますので、参考までに自分が受験時代に感じたことなどを書き記して

 みます。

 僕の同期合格者の受験環境データを参考までにお伝えさせていただきますと、やはり一番多いのは

 試験勉強だけをして生活している専業受験生です。

 司法書士試験の合格に必要とされる知識量はかなり多いものですので、ある程度時間をかけられる

 環境にある方が有利であることを裏付けているものと考えられます。

 しかし、中には独学で1回で受かった方や社員として残業をしながら1回で受かった方もいらっしゃい

 ました。

 ちなみに私は司法書士事務所でアルバイトをしていましたが、試験の半年前には辞めて受験に専念でき

 る環境でしたので、とても恵まれていた方だと思います。

 近年は、短期合格することが至上命題のように言われています。

 もちろん、経済的な理由や精神的な負担を考えると、短期で合格するに越したことはありませんが、

 試験回数は結果論ですので、あまり気にせず自分のベストを尽くすことに専念すればいいと

 思っています。

 あと、試験と実務は異なるから役に立たないと言われていますが、個人的には実務経験はかなり

 役に立ちました。とはいっても、直接試験に問われる部分を実務で学んだということではありません。

 では、どのように役立ったのかということですが、僕の場合はモチベーションを高くする機会を

 数多く持つことができました。それにより、より踏み込んだ勉強をしようという気持ちになりました

 し、経験をつんだ事例については忘れにくいというメリットもあったように思います。

 (より踏み込んだ勉強という意味では、試験についてデメリットがあったともいえますが・・・。)

 試験が終わり、一息ついてこれからアルバイトや正社員になろうとお考えの方も多いと思います。

 事務所により残業時間が多い事務所や定時で帰れる事務所など様々ですので、これから働こうか迷って

 いる方は、働く先を決める前に就業時間などについてしっかりと確認されておくことをお勧めいたしま

 す。



 参加しています。下記「日本ブログ村」のクリックをお願いします。
 [https://www.blogmura.com/ にほんブログ村]


 当事務所のホームページ http://www.legal-right.jp/ 

 


 


 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事