真実とは・・・

独り事のようなブログです.。o○●〜*★もし興味がある記事があれば是非読んでって下さい(^_-)-☆★.。o○●〜*

全体表示

[ リスト ]

6月24日   皆さんはこの日が何の日かご存知でしょうか?








この日は、世界で初めてUFOが目撃された日なんです★

現在、この6月24日は「 空飛ぶ円盤の日 」、「 UFOの日 」として知られています。





これまでにも、UFOや異星人に関するさまざまな話を記事で紹介してきたんですが…


ドリームランド エリア51

ヒル夫妻誘拐事件 アブダクション

日本全国 UFO目撃情報

謎の金属片 インプラント




今から紹介する話は、異星人伝説の始まり・・ UFOの原点となった事件です。


UFOという言葉がまだ誕生していなかった1947年、世界中に奇妙な事件の報道がなされました。

1947年6月24日に起こった「 ケネス・アーノルド事件 」です。



◆◆ ケネス・アーノルド事件 ◆◆
1947年6月24日 米・ワシントン州 カスケード山脈

民間のセスナ機のパイロット、
ケネス・アーノルドが飛行機とは全く異なる形状をした9個の編隊を目撃します。

不思議なことに物体は皿が水の上を跳ねるようにピョンピョンと飛んでいました…

しかも物体の形状はブーメラン形をしていたといいます。


上空を飛ぶ飛行物体は「 空飛ぶ円盤 」と名づけられ、
この事件によって多くの人が空を見上げることになります。



「 空飛ぶ円盤 」の正体は何だろう?
と人々が想いをめぐらせていたところで、世界は一つの決定的な解答を得ることになります。



「 ケネス・アーノルド事件  」から8日後の7月2日、
ニューメキシコ州でかの有名なUFO墜落事件、「 ロズウェル事件 」が起きたのです。

このとき、墜落したUFOの残骸や本体の他に、乗組員と思われる死体も回収されたといわれていて、
これが異星人伝説の始まりとなったと言っていいようです。

というのも具体的に宇宙船(UFO)と思われる飛行物体とその乗組員が結びついた最初の事件だからです。



● 円盤と異星人のセット目撃 ●

実はほぼ同時期の1947年8月14日に、
やはり円盤と異星人がセットになって目撃されるという事件がイタリアで起きています。




◆◆ イタリアUFO異星人目撃事件 ◆◆

1947年8月14日朝 イタリア・フリウス地方 チアルソ渓谷

SF作家のラプッジ・ルイジ・ヨハニス教授は真っ赤なレンズ刑円盤を発見します。


ヨハニス教授は2人の人影に声をかけたのですが、その姿を見て驚愕します!
二足歩行の生物だったんですが、外見は地球人とは全く違っていたからです。



顔は緑色、目は大きく突き出ていて、瞳は縦目。
表情のない緑色の顔には固く結んだままの口があったのですが、
教授の質問には何も反応しなかったといいます。

さらに手の指は前後4本ずつ向かい合わせ、計8本だったのです。

これがUFO史で言われる「 リトル・グリーン・マン 」との遭遇です。



この教授が遭遇した生命体も身長は90cmということから、
やはり世界中に出現した小人型の異星人と共通しています。

ちなみに教授は、その遭遇で光線のようなものを浴び、倒されてしまうのですが、
その間に「 リトル・グリーン・マン 」は赤いレンズ状円盤に乗り込み、飛び去ったといいます。


イメージ 1



この2年後...
1949年にはカリフォルニア州のデス・バレーで着陸した円盤と異星人が同時に目撃されています。

こうした目撃事件は1950年代前半にも世界中で続いていきます…



1953年5月と6月にはカリフォルニアのブッシュ・クリークに円盤が着陸し、
降りてきた異星人らしき生命体が「水」を汲んで円盤のなかにいた仲間(?)に渡していたというのです。

さらにフランスでは、1954年9月から10月にかけて数多くの異星人目撃報告が寄せられているのですが、
これもやはりUFOとセットになっています。



ロズウェル事件をはじめ、こうした目撃事件に登場する異星人の姿の共通項は「 小人型 」ということです。


1940〜1950年代初期 小人タイプの異星人


イメージ 2


★ 身体的特徴 ★
異星人伝説初期の異星人たちは大抵が地球人とは異なる風貌をしています。


○身長が大体1m以下
○頭が大きい
○表情がない
○腕が細い
○奇妙な服を着ている 
○動きが不自然
○つなぎのような不思議な服を着ている


などの特徴があり、
およそ当時の地球人から見ても首をかしげるような異質な生命体だったことは間違いないようです。



★ 円盤や球体のUFOとともに目撃される ★

背が低く、顔なども見た目も地球人と違うこともあるのですが、
目撃情報が彼らの乗り物である円盤(UFO)とセットで目撃されており、
円盤から降りてくるところや、乗り込み、飛び去っていく決定的な瞬間が目撃されていることから、
彼らは「 異星人 」と見なされているのです。



★ 目的がはっきりとしない ★

彼らは地球を征服しようとしているわけではないことは行動を見ればわかるようなんですが、
しかし、一体何をしようとしているのかがわかっていません…
その真の正体や目的は当時から謎とされています。



★ 接触したがらない ★

目撃がはっきりしない初期の小人異星人…
積極的に地球人に接触しようという意志は感じられないようです。

むしろ大都市などを避けている点や誘拐事件に及んでいない点も…

このようにさまざまな特徴があり、
およそ当時の地球人から見ても首をかしげるような異質な生命体だったことは間違いないようです。




ただひとつだけ確実にわかっているのは、姿の詳細は違えど、
異星人らしき謎の小型生命体が円盤(UFO)に乗って地球にやってきているという事実です。


この記事に


.


みんなの更新記事