釣りきちツーさん夢日記

体調が戻り、ようやく竿出しできました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

6/5土 蘭川

昨夜は風流(ふりゅう)踊り連合会の総会があったため、会社を終わってからのエサ捕りができなかった。
しかたなく、早起きしてエサ捕りから始めることにした。
深夜までテレビをみていたので、ベッドに入ったのは1時。2時間したら、目覚ましが鳴る。

まだ眠かったが朝3時起床。手早く歯を磨き、顔を洗う。
野菜ジュースで空腹を紛らし、3時半自宅を出発。
夏至が近いのに、外はまだ真っ暗だ。コンビニでオニギリと昼ご飯用に弁当を買う。
オニギリをほおばりながらいつものエサ場へ向かう。

エサ場に着くと、ようやく空が白々と明けてきた。
イメージ 1
まだ手元が暗いので、もう少し待つ間に、2個目のオニギリをほおばる。
気温は13℃しかない。
イメージ 2
一時期の霜が降りるほどではないが、川の水に手を入れるには少々気温が低い。

4時を過ぎ、足元がはっきり見えるほどに明るくなってきたので車を降りると、やはり寒い。
ヒラタッチで石周りを擦ると、比較的大きなヒラタが捕れる。だが数が捕れない。
広範囲に石を探し、擦ること1時間。ようやく昼くらいまでの釣りに必要なヒラタが捕れた。

時計を見ると5時を回っている。これから木曽川上流は、先行者に良い場所はとられてしまうので、
およそ5年ぶりに蘭川を攻めてみることにした。5年前まではよく通った川だが、大雨で川が
荒れてしまい殆んど釣りにならなくなり、ここ5年ほど足が遠のいていた。

国道19号線から256号線に入り、妻籠宿を過ぎ上流を目指す。
手始めに、広照寺の近くに入川した。この2〜3日夕立があったせいか、やや水量が多い。
濁りはなく、この水位で釣果がなければ、5年前の被害から川はまだ立ち直っていないことになる。

5年前川底は土砂で埋まっていたが、5年ぶりの蘭川は見た目すっかり回復しているようだ。
イメージ 3
イメージ 4

川幅が狭いので、竿はいつも使う7m竿でなく、6mの竿を使うことにする。
やや竿が硬調となるため、ハリスは0.2号を使う。
一投目を流すとすぐにアタリがあり、上がってきたのは15cmのチビアマゴ。
イメージ 5
パーマークが鮮やかで綺麗な魚体だ。ビクに入れるには少し小さいのでリリースする。

少し釣り上がると、今度は17cm岩魚だ。
イメージ 6
これも痩せているのでリリース。

ここは入川しやすい場所なので沢山の人が入り、シビアな状況。
それでも、300mほど釣り上がる間に5匹ほどビクに入るサイズが釣れた。
イメージ 7
朱点が沢山あり、明らかに放流ものの魚だ。
この場所は、大きな堰堤で行き止まりとなるため、一旦川から上がる。

少し早いが、昼ご飯の弁当をいただく。綺麗な水と空気の中で食べる弁当は格別だ。
今度はさらに上流の漆畑地区に入る。
ここまで遡っても、水量はほど良くあり、コンディションとしては良いほうだ。

しかし食ってくる獲物は、15cm位のサイズでビクに入るものが、中々釣れない。
イメージ 8
綺麗なパーマークのアマゴだが、「もう少し大きくなってまた遊ぼ。」とリリース。
結局ここでは、20cmの岩魚が2匹ビクに入っただけで、殆んどがリリースサイズだった。

200mほどで一旦上がり、少し下流に移動する。3つ目の入川場所は、蘭小学校の近く。
ここは、木が川全体に被っているので釣りにくいが、魚影の濃さを確認しておきたい。
入川ポイントから上流は、被っている木が低く釣りにならないので、釣り下ることにした。

だがここには魚の気配が全くない。チビアマゴすらいない。
100mほどで川から上がり、さらに下流へ移動する。
今度は、妻籠宿の少し上流へ入川するも、ここも全く魚の気配がない。
200mほど釣り上がったが、ビクに入る獲物はいなかった。

今日の獲物。
イメージ 9
時刻は午後2時。8時間粘って7匹の釣果は、ちょっと寂しい。
これだけの水量があって、この釣果では・・・・
5年ぶりの蘭川は、川の状態こそ回復しているが、魚の状態は今ひとつで、完全回復にはまだ少し時間が
かかるようだ。

それにしても、今日の日差しは強く、車に乗ると外気温が30℃となっていた。
イメージ 10

夏本番が近い。

開く コメント(7)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事