全体表示

[ リスト ]

橋北中学校水難事件(きょうほくちゅうがっこうすいなんじけん、津海岸集団水難事件:つかいがんしゅうだんすいなんじけん)は、1955年7月28日に三重県津市の津市立橋北中学校の女子生徒36人が、同市中河原海岸(文化村海岸)で水泳訓練中に溺死した水難事件。(Wikipediaより)

同校の女子生徒が約200人で水泳訓練中、約100人が溺れ、38人が溺死した、と言う史上稀に見る水難事件

です。当時、原因として諸説が提唱されましたが、裁判では「異常流」「急激な水位上昇」との説が採ら

れました。しかし、「何故その様な現象が発生したのかは、科学的説明は不可能」との見解も同時に示さ

れました。

後日、ある一つの週刊誌記事をきっかけに、この事件は次の様な「怪談」として語られる様になります。

空襲で亡くなった霊が生徒達を海底に引き摺りこんだ。

昭和38年(1963年)『女性自身』の記事。生存者の一人、「弘子さん」の手記を基にしている様です。

いっしょに泳いでいた同級生が、「弘子ちゃん、あれ見てー」と、しがみついてきたので、二,三〇メートル沖を見ると、その辺で泳いでいた同級生が、つぎつぎと波間に姿を消していくところだった。すると、そこで弘子さんは「水面をひたひたとゆすりながら、黒いかたまりが、こちらに向かって泳いでくる」のを見た。それは何十人もの女の姿で、ぐっしょり水を吸い込んだ防空頭巾をかぶり、もんぺをはいていた。逃げようとする弘子さんの足をつかんだ力はものすごく、水中に引きこまれていったが、薄れゆく意識の中でも足にまとわりついて離れない防空頭巾をかぶった無表情な白い顔を、はっきり見続けていたという。  弘子さんは助けあげられはしたが肺炎を併発し二十日間も入院したが「亡霊が来る、亡霊が来る」と、よくうわごとを言ったという。「防空頭巾にもんぺ姿の集団亡霊」というのには因縁話があって、津市郊外の高宮の郵便局長・山本剛良氏によると、この海岸には、集団溺死事件の起こったちょうど十年前の月日も同じ七月二八日に米軍大編隊の焼打ちで市民二五〇余人が殺されており、火葬しきれない死骸は、この海岸に穴を掘って埋めたという。山本氏から、この話を聞かされた弘子さんは、手記の中で「ああ、やっぱり私の見たのは幻影でも夢でもなかった。あれは空襲で死んだ人たちの悲しい姿だったんだわ」と納得している。探偵ファイルより抜粋)

10年前の同月同日に空襲があったのは記録に残されています。

○1945年7月24日、28日 津大空襲 死者1239人。旧市街の全域、及び、橋北地区の工場地帯が焼失。 (Wikipediaより)

ただし、事故現場の海浜に遺体を埋めたとの明確な記録はありません。

また、「モンペ姿」の目撃報告は上記の記事のみですが、事故当時、助かった生徒の証言は以下の通り

多数に及びます。

「女子水泳場東南隅附近の深さは腰(実測1m)まで位のところで・・・5分もたたないうちに水が急に口の辺(実測1m45cm)まできて」(女生徒)
「(東北隅の表示竿)へ歩いたり、泳いだりしながらいくと、まだそこにいきつかないうちに立とうとしたら背がたたず、頭が水にはいってしまっても足がつかないので、」(泳げない組女生徒)
「色小旗のすぐ手前の辺で一寸泳ぐまねをして立とうとしたら急に水がふえ背が立たなくなり頭をこしてしまった。」(泳げない組女生徒)
「その時急に深くなってきて、背がどうにか立つか立たん位になったので、背のびしてピョンピョンとぶようにして岸へきたが」(泳げない組女生徒)
「東南隅の表示竿の手前1m位のところへいくと、自分の胸位(実測1m14cm)の深さでその時は流も感じなかった。3人で北に向かって泳いでいき東北隅の表示竿の手前5m位のところで立とうとすると、深くて立てないので」(泳げる組女生徒)
「水泳場の中であろうと思うが、疲れて立とうとしたら深くて背が立たなかったので必死になって陸の方へ泳いだ。立とうとしたところの深さは手をあげても足りないくらいだった」(泳げる組女生徒)
「(南から3本目位の小旗)へ10m位とんでいこうとすると、へそ位の深さだったのが高いうねりのためあごの辺まで水がきて」(教諭)
「女子水泳場の東北隅の表示竿より南西15m位のところに立ちどまると、深さはへその辺(95cm位)であったが、急に20cm位もあるうねりがきたかと思うと・・・その時水は脇位(1m16cm)になっていて、・・・うねりはわずかの間隔をおいて2回きたことはたしかである」(教諭)
「表示竿の線から2,3mでたところまでいくと、そこでもパンツの上のバンドがぬれないくらいの深さしかなかったが、・・・表示竿の南方15,6mのところで胸の深さになり、・・・急いでそこ(20m位先)へいくと自分のあご位の深さになり」(教諭)
「女子水泳場の北限の表示竿の方へいくと・・・そこの深さは水が鼻の辺まであったから1m50cm位であった」(教諭)
「南西から北東へよぎるように海に入っていくと、乳の辺までの深さが急に深くなって鼻の辺まできた」(救助に当たった男子水泳部員)
(Wikipediaより)

蛇足ですが、事故当時海に入っていたのは橋北中学校の生徒だけではなく、同じ水域には他に約400〜500

人の水泳者が居たとの事です。

閉じる コメント(9)

顔アイコン

初めまして。

これは離岸流による事故だと日本テレビの『特命リサーチ200X』で解説していました。

で、裁判でも、澪筋の深みと澪筋に発生した異常流であると推測されるが、
『科学的な解明は適確な資料のない本件においてはこれをなし得ないわけであるが』

つまり、“当日の現場の科学的データがないので”、完全な解明は出来ないと言ったのであって、
科学的解明が不可能と裁判で言ったわけではありません。

2012/7/5(木) 午前 6:27 [ cou**dumun*e ]

顔アイコン

cou**dumun*eさん、初めまして!!
貴重なご意見有難うございます!!
仰るとおり、この事故の原因は離岸流を含め、合理的に説明できます。
…と言うことを記事に込めたつもりだったのですが、生来の文章ヘタで上手く伝えられませんでした…。

2012/7/9(月) 午前 0:30 TO7002

顔アイコン

だよね
離岸流だよね

2013/6/26(水) 午後 5:45 [ ]

顔アイコン

林さん、離岸流ですね、たぶん。

2013/6/26(水) 午後 7:54 TO7002

顔アイコン

こちらからもコニャにゃちわ
この事件、うしろの百太郎に掲載されてましたね。
今もあるのかな?事件当時の生々しいニュース映像?
トラウマになりますよね・・・

2013/6/26(水) 午後 10:39 [ sukamaki ]

顔アイコン

sukamakiさん、それは知りませんでした!!

しかし、心霊は兎も角として、恐ろしい事件です…。

2013/6/27(木) 午後 5:34 TO7002

顔アイコン

映像があります。
http://www.youtube.com/watch?v=_jIIzk0ljeA

2013/8/17(土) 午後 0:23 [ wall ]

顔アイコン

wallさん、凄惨な映像…正視に耐えませんでした…。合掌。

2013/8/21(水) 午前 10:11 TO7002

顔アイコン

こんにちわ
これは科学的に説明できないと本で読んだ事があります。
助けられた子供や溺れ死んだ子にもたくさんの爪跡があったそうですよ。
空襲で津警察の地下で発見された遺体が36体でこの海岸に仮埋葬されました。事故で亡くなった方が36人。
偶然かもしれませんが、事故の原因は現在も特定されていません。
現場はとても小さくて狭い海岸です。

2013/8/29(木) 午後 0:58 [ shima ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事