全体表示

[ リスト ]

トラウマになった怪談

私が子供の頃、必ずと言って良いほど図書館や学校の図書室に置いてあった「怖い話」の本があります。

「私は幽霊を見た!」と言う、ストレートど真ん中なタイトルの本です。

私と同年代では、お読みになった事がある方も多いのではと思います。
イメージ 1

この本は、村松定孝(泉鏡花の研究で有名な文学者)著で、少年少女講談社文庫から出ていました。

初版が1972年11月24日ですので、私が小学校にあがった頃に発行されており、1年足らずの1973年9月20日

には早6刷まで行っておりますので、相当売れていた様です。

私も、何度も借りてはむさぼり読んでいた記憶があります。


この本には、幾つかの現代怪談が子供向けにアレンジされて収集されており、その文筆はさすが文学者

で、その一つ一つが秀逸至極。リアルな挿絵(挿絵画家は有名な堂昌一)と相まって、子供心に強い恐

怖感を植えつけられました。


その中でも最も怖かった、今なお記憶にはっきりと残っている幽霊譚が一つあります。

それは、青森市内のお医者さんである、大高博士が遭遇した幽霊の話。

ネットで漁ったら、文章を見つけましたので、転載させて頂きます。
其れは、忘れもしません。昭和27年8月20日午前3時半ごろの事です。

其の前日、有人のA君と下北半島の陸奥市へ遊びに行き、其の夜は仲間の居る海辺の病院に一泊させ

て貰う事になりました。

夜が更けて、ひとつの部屋に案内され、ベッドに入りましたが、夜中にふと眼を覚ますと、

「大高先生、誰かが外に居るんです」というA君の声です。

「どなたですか。なにか、御用がおありですか」私が声をかけると、足音が、はたと途絶えて、


「寒いんです………。とても、寒いんです……」


それはそれは、寂し気な声が聞こえてきました。

「それならどうぞ、中へお入りになりませんか」

その途端、ドアがキーと開くと、いきなり、本当に氷の様に冷たいものがベッドの中に入り込んでき

たのです。

「こらッ!」

私が夢中で叫んだ途端に、目の前に、この亡霊が現れたのでした。
「寒いんです………。とても、寒いんです……」の下りで背筋が寒くなり、夜寝る時には布団の裾を

ぴったり閉めて寝る様になりました。


幽霊が姿を消した後に大高博士がその場で描いた亡霊のスケッチ…これが、輪をかける様に怖くて怖く

て、夜中にトイレに行くのも我慢した位に怖かったのです。その亡霊スケッチがこれです。


イメージ 2

もう、これ、はっきり言って、しばらくトラウマになっておりました。

こんなのが、見開き1ページで載ってたのですから(↓)、子供にはきつかったと思います。
イメージ 3



今見てもコワイ〜!!


―と、ここで終わろうと思ったのですが、調べている内、ビックリする様な事実に突き当たりました!!

後日、何とこの亡霊の遺族が名乗り出て、正体が判明したと言うのです!!


(つづく)





[怪談] ブログ村キーワード

閉じる コメント(21)

この絵、見覚えあります〜〜〜☆
確か・・・おっとっと、言っちゃあダメですね(^^;)。。。

2009/11/15(日) 午後 8:44 ☆かっちゃん☆ 返信する

きょえ〜!!!
今の子にもじゅうぶん通用しますよ
年が2ケタになってから見て良かった〜(^^;

2009/11/15(日) 午後 10:31 悟 返信する

TOさんが小学生時代に産まれた者です
更に出版された月に(以下略)

子供時代に見たら…トラウマにも成りますよね〜
俺は見覚え有りませんが(^^;)

2009/11/15(日) 午後 11:03 [ イレイズ ] 返信する

顔アイコン

私もこの亡霊の絵がトラウマ絵です!
本は持っていたものと微妙に違うようですが、絵は同じ〜!
当時は夜寝る時にこの絵が頭に浮かんでトイレにいけなくなってました(^^;)。
この話でもたしか洗面所で用を足すんでしたよね。
本の中では愛犬マルの話が涙ものだったのを覚えています。 削除

2009/11/15(日) 午後 11:47 [ ぽち ] 返信する

顔アイコン

確かにぱっと見のインパクトは強いな。コノ、スケッチ。

にしても文章の「」内の会話がいかにも時代を感じさせるねぇ。
何か妙に感じちゃうのは、私も崩れた日本語に洗脳された現在人の一人ということか……OIL

2009/11/16(月) 午前 3:19 [ リットリオ ] 返信する

続きが気になるなぁ

2009/11/16(月) 午前 8:11 [ - ] 返信する

顔アイコン

旦那さんは、たぶん見た事あるはず…(年代的には)

2009/11/16(月) 午前 11:56 TO7002 返信する

顔アイコン

かっちゃんさん、一回見たら忘れられないインパクトです。
正体は…おっとっと。

2009/11/16(月) 午前 11:57 TO7002 返信する

顔アイコン

りくんちゅさん、こんなのが布団に入ってきたら、嫌とか嫌じゃないとか言う以前の問題ですな。

2009/11/16(月) 午前 11:58 TO7002 返信する

顔アイコン

イレイズさん、そうですか〜。ホント、歳を感じるな〜。

2009/11/16(月) 午前 11:58 TO7002 返信する

顔アイコン

ぽちさん、表紙は版によっては違うバージョンもあるみたいです。

この本、他にも「月光」のメロディーとともに現れる海軍士官の霊とか、記憶に残る名怪談(?)が多く載ってましたね〜。

2009/11/16(月) 午後 0:00 TO7002 返信する

顔アイコン

リットリオさん、亡霊を「こら!!」と怒鳴りつける大高博士に昔の日本男児の気概を感じます。

2009/11/16(月) 午後 0:02 TO7002 返信する

顔アイコン

もとまろさん、今日中にアップします。たぶん。

2009/11/16(月) 午後 0:02 TO7002 返信する

顔アイコン

結構インパクトのある挿絵ですね〜
でも、この絵、見たことありません。
それは私が若いからでしょうか??

2009/11/16(月) 午後 1:12 [ dtaka ] 返信する

顔アイコン

Dtakaさん、このスケッチは、年代を判別するリトマス試験紙になりますかも。

2009/11/16(月) 午後 2:14 TO7002 返信する

顔アイコン

いきなり出て来たので、スルーしました。小学生の頃同級生の男の子に見せられ、あまりの恐ろしさで泣いてしまいました。恥ずかしながらいい年になった今もダメです。怖い!
今も成仏しないでその病院にいるのかな?病院事態あるのかどうか
考えちゃいます。

2010/9/1(水) 午後 8:07 [ - ] 返信する

顔アイコン

kiy*rin**さん、私も、「幽霊の絵」と言うと、この絵を真っ先に思い出します。この病院があるのなら、現地取材に行ってみたいですね〜。

2010/9/1(水) 午後 10:57 TO7002 返信する

顔アイコン

ほんものの亡霊貯金箱手に入れました(なんじゃそら〜)。恐いけど面白い、昭和のコドモ達を恐怖のズンドコに陥れた一品。
TBさせてください!!お願いします<(_ _)>。

2012/8/18(土) 午前 10:46 まころう 返信する

顔アイコン

まころうさん、相変わらずLINK FACTORYさんはツボを突いてきますね〜!!この、知ってるか知らないか、ウケるかウケないかの微妙な所を持ってくるセンスには脱帽です。それにしても、すけきよランプ、当たったんですね〜死ぬほどうらやましいです!!頭巾までちゃんと装備されているとは、さすがです。

亡霊貯金箱とすけきよランプを共に部屋に並べたい!!−と思うのは私だけではありますまい(一緒に1/1介良UFOも)。

LINK FACTORYさんも、そろそろ、「甲府のブドウ畑宇宙人ワインコルク抜き」とか(頭を押すと「K君だね?」と喋る機能付)、「バスカグーラ宇宙人糸きりバサミ」とか、エアガンで撃っても撃ってもすぐ起き上がる「ホプキンスビル宇宙人標的」とか、「1/1・3m宇宙人衣装ケース」とか(手に1/1介良UFOを持たせたら相当シュールだろうなぁ…)、「遮光器土偶サングラス」とか、「曲がったスプーン型知恵の輪」とか、そんなもんを繰り出して来るのでは!?

楽しみでなりません!!

2012/8/19(日) 午前 0:12 TO7002 返信する

顔アイコン

私もちょうどこの絵を見てトラウマになりやした。

特に、この絵の人物(幽霊)が、布団に入ってきたというシーン
氷のように冷たかったという場面想像したらスゲー怖くて

博士が「こっこら!」と幽霊に怒ったシーンを思い浮かべると
今でも恐怖が・・・

2017/6/1(木) 午前 3:05 [ jij*p*pi*o ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事