全体表示

[ リスト ]

久しぶりにオーパーツの記事をあげて、勢いがついてしまったので、もう1発かまします。
 
先日、ブックオフでネタ本としてUFO本を買った【注1】のですが、それにこんなのが載っていたので大笑い。
 


中世の大聖堂に宇宙飛行士のレリーフが!!
 
スペインのサマランカ旧市街にあるカテドラル(サラマンカ大聖堂)。この大聖堂を作り始めたのは1102年で、完
 
成までに2〜300年を要したと言う。この大聖堂に、オーパーツが存在する。
 
その壁面に、宇宙飛行士としか思えないレリーフが刻み込まれているのだ。
 
これは、中世期に地球へ来訪した宇宙人を模して彫られたものだと考えられている…。
イメージ 1


―てな感じの内容だったのですが、写真を見ると、ホント、まさに、宇宙飛行士そのものです。
 
「見た感じ、そう見える」と言う、いつものオーパーツのパターンと違い、背中にしょった生命維持装置や、宇宙遊
 
泳の命綱、ブーツの裏まで細部まで細かくディティールされております。これは、どこからどう見ても「宇宙飛行
 
士」そのものです。
 
                            (↓)拡大
イメージ 2
 
しかし、日本で言うと、鎌倉から室町あたりの時代に、まさか宇宙飛行士など居る訳もなく、確かに宇宙人の姿を
 
彫ったとしか考えられません。…かねぇ?
 


宇宙飛行士の正体!!
 
UFO本やビリーバー系サイトでは一切触れられていないのですが、実はサマランカには新旧二つの大聖堂があ
 
ります【注2】。そして、このレリーフが彫られているのは「新聖堂」の方。「新」と言っても、16世紀から18世紀にか
 
けて造られた【注3】もので、当然宇宙飛行士など存在しない時代の建築物です。
 
 
しかし、新聖堂には1993年に補修工事が入っており、その際に、「20世紀の象徴」の一つとして宇宙飛
 
行士のレリーフが加えられたのです。【注4】
 
つまり、大聖堂自体は2〜300年前の物でも、レリーフ自体は20世紀末に彫られたものだったのです。
 
 
 
    ちなみに、宇宙飛行士のそばにはこんなレリーフも(↓)。「アイスを食べる怪物」です。
イメージ 3
 


―と言う訳で、聞いてみれば「なーんだ」と言うオチなのですね。
 
実はこれ、結構有名なレリーフで、これを見たさに現地を訪れる観光客が大勢いる程です。
 
だから、UFO本でこれを見た時、大笑いしてしまったのです。こんなのまで、オーパーツ扱いするのか!!と。
 
 
UFO本の監修者がこの事実を知らぬ筈もなく(もし、知らないで書いているのだったら、それはかなりの勉強不足
 
と言わざるを得ません)、事実を隠して、ありもしないミステリーを創り上げていると言う事になります。新旧の大
 
聖堂をごっちゃにして、わざと古い方の年代で書くところなど、ニクイ演出ですね。
 
まあ、真に受ける方もどうかと思うのですが、ともあれ、この「サラマンカ大聖堂の宇宙飛行士」は、書き手も読み
 
手も、似たり寄ったりが集まるUFO・オーパーツ業界の縮図の様なネタではあります。
 
(かく言う私もその一人ですが。)
 
 
 
 
 
 
【注1】105円なり。私、その手の本は殆んど古本屋で買います。
【注2】正確に言うと、新旧大聖堂は一体化しており、外から見ると一つの建物に見える。
【注3】レコンキスタ終結を記念して建設されたそうな。
【注4】この大聖堂に使われている石材は、酸化鉄の含有率が高く、かなり脆いので、度重なる修復が必要なんだとか。
 
 
イメージ 4
 
 
 
(↑)宜しければ、バナーをクリックして下さいまし…。
 
 

閉じる コメント(15)

顔アイコン

ふむふむ。知らない人から見たらオーパーツですわなぁ〜!!by旦那

2010/5/17(月) 午後 11:07 おかっち 返信する

顔アイコン

旦那さん、この宇宙飛行士、ちょっとアセった顔をしてる所がカワイイと思いませんか?

2010/5/18(火) 午前 0:16 TO7002 返信する

顔アイコン

アイスを食べる怪物・・・・・尻尾かな?ふんどししてるみたいだ。。(笑

2010/5/18(火) 午前 10:01 ☆かっちゃん☆ 返信する

顔アイコン

TOさんは何でも良く知ってますね?
さすがです。

2010/5/18(火) 午前 11:55 [ ま〜くん♪ ] 返信する

顔アイコン

まーくんさん、実生活に全く役に立たない知識は豊富かも…。

2010/5/18(火) 午後 7:39 TO7002 返信する

顔アイコン

かっちゃんさん、この街はアイスが名物らしいです。

しかしこの怪物、お尻が艶めかしいですな。

2010/5/18(火) 午後 7:42 TO7002 返信する

顔アイコン

まぁ、結局のところ現代人の先入観がオーパーツを作り出しているだけであり、実際そんなものは存在しないのかもしれませんねぇ。

でもどこかに本当のオーパーツが存在してほしいと願う。

そういえば太古の地層から見つかった宇宙飛行士?の足跡ってのは、何なのでしょうか?

2010/5/18(火) 午後 8:53 [ リットリオ ] 返信する

顔アイコン

リットリオさん、いつかホンモノのオーパーツに巡りあう日もくるでしょう。たぶん。

ところで、「太古の地層から見つかった宇宙飛行士?の足跡」ってのを、調べてみます。

2010/5/19(水) 午前 10:38 TO7002 返信する

なんと・・・!
こうゆう事実が載ってないってことは出版社は裏付けをとってなかったってことですね(^^;
それっていいんですか?

2010/5/19(水) 午後 1:17 悟 返信する

顔アイコン

悟さん、たぶん知っているのに書いてないのでしょう。事実を書いてしまうと、貴重なオーパーツが一つ減ってしまいますので…。

2010/5/19(水) 午後 5:10 TO7002 返信する

これ、最近の某Mの本にも未だに載ってますよ(笑)
既にこの記事を読んでからその本を見たもんだから、思わず軽く笑っちゃいましたよ。
ちなみに同じくここでTO様に論破されたナスカの超巨大矢印(=ただの道路)も未だに載っています(笑)
某Mの編集者さんはバカを晒している事に気がついてないんですね(かく言う僕もこちらで学ぶまではどっちも信じてましたが)。

2013/7/8(月) 午前 2:40 [ ラルフ ] 返信する

顔アイコン

神威ラルフさん、科学の世界では日々是新鮮な新ネタ、それも私のようなド素人では想像もつかなかったような新ネタが、ドンドン出ております。例えば、この10年で、我々の「惑星」に対する概念がどれほど変わったでしょうか。例えば、この10年で「恐竜」に関しての新発見がどれだけ多かった事でしょうか。何おか言わんや宇宙そのものの生成を再現しようとするプロジェクトすら進んでおります。

かたやオカルト業界では、十年一日、いや、4〜50年一日、下手すりゃ数百年一日、いつまでたっても同じネタが使い回されております。それはそれで、良いところも多分にあります。しかし、UFOネタでも何でも、そこそこ新陳代謝しないと、あと、大予言もたまには当てないと、ファン離れが加速してしまいます。ネタバレしたネタや当たらない予言者などは潔く捨て去り、もっと摩訶不思議で、よりもっともらしく、更にドキドキする新ネタを発見して世に知らしめて頂きたいものです。

2013/7/8(月) 午後 11:55 TO7002 返信する

顔アイコン

(文字制限によるつづき…)
このままでは、あと10年もしない内に、UFOは思い出の彼方へ飛び去り、オーパーツと言う単語はそれ自体が過去の遺物となり…と、そんなとてもつまらない状況になってしまいそうです…。

一介のオカルト・ファンの独り言ですが。

2013/7/8(月) 午後 11:56 TO7002 返信する

顔アイコン

そんな事になってしまったら、とてもとても寂しいです!
ロマンが一つ消えてしまうのですから!
真の古代の謎、真のオーパーツ、真のUFOをこれからも探していきましょう!

2013/7/10(水) 午前 2:31 [ ラルフ ] 返信する

顔アイコン

神威ラルフさん、ともあれ、魅力的な新ネタの登場に期待しましょう!!

2013/7/10(水) 午後 0:02 TO7002 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事