全体表示

[ リスト ]

お菊人形の謎に迫る!!

髪の毛が伸びる「生き人形」…お菊人形の話を一度も耳にした事の無い方は、いらっしゃらないのでは。
 
今回は、その超有名ネタをやってみます。
 
イメージ 1
 


 
お菊人形は、北海道空知郡栗沢町の萬念寺と言う浄土宗のお寺に安置されております。
 
萬念寺の伝わる「お菊人形の由来」はこうです。
 
大正7年、札幌市に於いて開催された大正博覧会を見物に8月15日出札(札幌へ出掛けること)
狸小路の商店で、妹「菊子」にお土産として買ってきたオカッパ頭の胸の鳴る人形であった。
「菊子」は大変喜び、毎日人形と共に楽しく遊んでいたが、不幸にして大正8年1月24日、3才にして死亡。葬儀の際、大切にしていた人形を棺の中に入れてやるのを忘れ、出棺後見つけたのでお骨と一緒に仏壇に祀り、生前の「菊子」を思い出しながら朝に夕に回向しているうちに、いつともなく髪の毛が伸び出した。その後、樺太に移転することになり、昭和13年8月16日「菊子」及び父親助七のお骨と人形を萬念寺に頼み出発…
終戦後、引き揚げて追善供養のため萬念寺に参詣。
納骨した時より髪の毛が伸びており本当に不思議なことと思い、お人形を万念寺に 納め先祖代々供養をお願いした次第です。 
鈴木永吉
※鈴木永吉氏入館以後「お菊人形」と号し本堂に安置す。
 
 
この人形、耳くらいまでのオカッパだった髪の毛が、肩まで伸び、腰の辺りまで伸び続けたのです。
 
寺に預けられてからも、人形の髪は伸び、時々切り揃えられたとも言います。
 
 
3歳で早すぎる死を迎えた菊子ちゃんの魂が人形に乗り移ったに違いない…持ち主だった幼子の名前を借り、こ
 
の人形は「お菊人形」と呼ばれる様になりました。
 
―哀しくも不思議なお話です。
 


 
今でも時々、TVや雑誌などで採り上げられるお菊人形ですが、元々は北海道の片隅にひっそりと安置されてい
 
た人形が、どうやって全国的に知られる様になったのでしょうか。
 
別冊宝島415「現代怪奇解体新書」の中で、怪談研究家の小池壮彦氏が発表したレポートに、その辺りが詳しく
 
書かれているので、簡単にご紹介します。

 
小池氏によると、『週刊女性自身』1962(昭和37)年8月6日号に、この人形の話が出ているそうです。
 
 
記事を書いた北海道放送の馬渕豊記者は、当時のご住職と鈴木さんの隣家の方に取材しております。
 
この記事では、この人形を寺に預けたのは鈴木永吉さんの父親・助七さんで、寺が人形を預かったのは昭和33
 
年となっております。人形を預け、本州に出稼ぎに行った助七さんは、そのまま帰らなかったそうです。
 
人形の髪が伸びているのに気付いたのはご住職で、人形を預かってから3年程して、夢枕にずぶ濡れの助七さ
 
んが立ち「娘の髪の毛を切ってやってください…」と訴えたので、しまい込んでいた人形を改めると、髪が伸びて
 
いるのを見つけたと言う事です。
 
しかも、持ち主だった女の子の名前は、「菊子」ではなく「清子」となっています。
 
恐らくこれが、大手マスコミにお菊人形(この時点では「お清人形」と呼ぶべきか…【注1】)が採り上げられた最初
 
の事例ではないかと思われますが、話の内容は現在伝わっているものとはかなり異なっているのです
 
 
更に馬渕記者は、『ヤングレディ』1968年7月15日号で同じ人形を記事にしておりますが、何故か話の内容は、
 
6年前の記事とかなり変わっております。
 
ここで、大正博覧会に行った折に永吉さんが人形を買った…と、初めて大正時代のエピソードが加わります。
 
しかし、寺に人形を持ってきたのは助七さんで、それは昭和13年の事。樺太の真岡の炭鉱に行く事になった
 
助七さんが寺に人形を預けた事になっています。
 
そして、髪が伸びているのに気付いたのは、ご住職。昭和30年の春に、大掃除している時に気付いたと言う事で
 
す。(17年間も気付かなかったとは…!!)
 
そして、持ち主だった女の子の名前は「菊子」となります。ここで初めて、「お菊人形」と言う言葉が生まれたの
 
です。【注2】
 
 
同じ記者が書いているのもかかわらず、年代から名前から、何故こんなにコロコロと話の内容が変わ
 
るのか?人形の髪が伸びるのと同じ位に不思議です。
 
更に私の拙い調査力で調べてみると、馬渕記者の記事には他にも疑問符が付く記述がありました。
 
○大正7年に札幌で「大正博覧会」は開催されていない。開催されたのは「開道50周年記念北海道博覧会」であ
る。(大正7年8月1日〜9月19日)
○樺太には真岡と言う地名はあるが、そこは港町で炭鉱街ではない。WIKIの「樺太の鉱山一覧」には、真岡の地名はない。(九州に真岡炭鉱と言うのがあるが…。)
 
 
―と言う訳で、馬渕記者のあげた2つの記事は、信憑性に(かなり)欠けると言わざるを得ません
 
(元々が、女性週刊誌のゴシップ記事ですから…。『女性自身』の記事なんて、「あっ!今の声は幽霊だった…」
 
とか言う、意味不明のタイトルだし。)
 
 
さてその後、1970年8月15日付の『北海道新聞』に「怪談お菊人形」と言うコラムが掲載されます。
 
冒頭に挙げた、萬念寺に伝わる「お菊人形の由来」は、ほぼこの記事の内容に準じています。
 
ここで、「お菊人形の由来」は完成に至ります。大元は馬渕記者の2回目の記事がベースになっている様です
 
が、細部はかなり異なり、「朝夕回向する内、髪が伸びだした」と、宗教色が若干濃くなっております。
 
イメージ 2
 

 
「お菊人形の由来」の成立には、それをそのまま鵜呑みに出来ない経緯がある…としても、実際に髪は伸びてい
 
るので、この辺をどう説明しましょうか。
 
 
ちょっと、調べてみました。
 
結果、人形の髪は伸びる・もしくは伸びた様に見える事は良くある―と言う事が判りました
 
 
お菊人形は、「市松人形」と呼ばれる人形で、昔から女の子達の遊び相手として、広く普及していたものです。
 
こう言う人形の髪の毛には、戦前くらいまでは、一般的に人間の髪が使われていたそうです。
 
(化学繊維が普及した今でも高級品になると人毛を使う場合があるとか。)
 
お菊人形も、「人間の幼児の頭髪」が使われているそうです。【注3】
 
人の髪が使われている等と言うと、薄気味悪く感じる方もいらっしゃいましょうが、死人の髪を使う事は無く、
 
生きた女性の髪の毛を使っていました。方々を回って、髪の毛を買い付ける問屋さんもあったそうです。
 
当時の女性達は、生活費の足しにか、自分の髪を切り売りし、それが人形師に供給されていたのです。
 
髪の毛は、切られた後でも伸びるものなのだそうで、人形師は、市松人形を造ってからしばらく手元に置
 
ておき、伸びて不揃いになった髪の毛をもう一度切り揃えてから出荷していたそうです。
 
 
また、人形の髪を植え付ける方法として、長い髪を真ん中でU字型に二つ折りし、その部分を糸で結ん
 
植えると言う方法があるそうです。
 
人形が高級品でない場合など、この植え込みが杜撰な事があり、人形の頭を撫でたり髪を梳いたりを繰
 
り返すと、髪が引っ張られて、不揃いに伸びた様になる事が多々あるそうです。
 
お菊人形が、そう高級品であるとは考えにくいので、この説が当てはまる可能性は大だと思います。
 
 
しかし、耳くらいの長さだった髪が腰まで伸びるものなのかとお思いの方も多いでしょうが、そもそも、お
 
菊人形の髪は耳くらいの長さのオカッパだったのか?馬渕記者の記事の信憑性を考えると、それすら怪
 
しくなります。市松人形を色々調べたのですが、大多数は髪の長さが肩から胸くらいまであり、耳くらい
 
のオカッパ頭のものはレアケースでした。
 
 
―とまあ、いろいろ書いてきましたが、お菊人形の髪がどう言う風に植えられているのか?今まで何回くら
 
い髪を切ったのか【注4】?実際に人形をお寺に預けたのは誰なのか?人形の持ち主の本当の名は?…その
 
辺は現地に行って詳しく聞き込みをし、現物を詳しく調査しないと判らないので、決定的な結論は出せません。
 

 
しかし私は、調べて行くうち、「お菊人形の話」は完全な捏造とは言わないまでも、馬渕記者なる人が大幅に脚
 
色し創作を加えた、「造られた伝説」なのではないか―と言う印象を持った事を否定しません。
 
○髪の長さは元々肩から胸くらいあったが、「伸びた」事を強調する為、「最初はオカッパだった」とした。
○物語の神秘性を高める為、昭和の話を大正時代にまで遡らせた。
○「ずぶ濡れの父親が夢枕に立つ」等、怪談色を強めている。
○持ち主だった幼女の名前を「お菊」に変えた。(「皿屋敷」のお菊さんにダブらせ、馴染みやすくしたのか?)
 
―この辺が、馬渕記者が脚色・創作した部分ではないでしょうか。
 
 
ありていに言うと、萬念寺に預けられた後も、本当に人形の髪は伸びたのか?と言う疑問すら出てきます。
 
「今でもお菊人形の髪は伸び続けている」と書かれている本やサイトもありますが、実は、お菊人形の髪の毛は、
 
現在では伸びてはいないそうです。加えて、昔に撮影された写真と、最近撮影されたものを比べても、髪の長さ
 
や、ボサツキ具合は殆んど変わっていない様にも見えますし…。少なくとも、髪の短い(髪を切りそろえた状態で
 
の)お菊人形の写真と言うのは、今のところ1枚も見つかってはおりません。
 
 
(昔)恐らく昭和40年代の写真。            (最近)平成に入ってからの写真。
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     殆んど髪の毛に変化はない様に見えますが…
 
 
 
 
 
 
真実を知るのは、ただお菊人形のみです…。
 
 
 
 
【注1】記事中の人形の写真には「万念寺の生き人形」とキャプションが付いております。
【注2】記事のタイトルは、そのものズバリの「いまも髪が伸びつづける”お菊人形”」です。
【注3】前出の『北海道新聞』の記事より。
【注4】馬渕記者の『女性自身』の記事には、人形の髪を切るおばさんたちの写真に「年に一度、信者の手で髪が切られるが」とのキャプションがありますが・・・。

 
参考)謎々文庫(老舗人形店のブログ) 世界の謎・超常現象徹底解析「お菊人形の祟り」 超常現象の謎解き・「お菊人形」 歴史資料館・「大正博覧会」 Wikipedia・「樺太庁」 別冊宝島415「現代怪奇解体新書」
 

ちなみに、「髪が伸びる人形」は結構あちこちにあります。山梨県北巨摩郡須玉町の東漸寺、和歌山県
 
加太の淡島神社、青森県東津軽郡の湊久庵、大分県の某お寺さんにもあるそうです。個人宅にもかな
 
りの数がある様です。
 
 
イメージ 3
 
 
(↑)面白いと思われたら、バナーをクリックして下さいまし…

この記事に

閉じる コメント(16)

いやだー
いくらとぅーさんにお願いされても絶対に取材には行けませーん。
人形系は苦手だー「別に以来されてないか」。
私は「あなたの知らない世界」でおきく人形の話を見ました。
ベルサイユーでしたっけ?
囚人の髪の毛を塗り込めた壁から、湿度の高い日は壁から髪の毛が突き出て来るって聞いたことがあります。

2010/5/27(木) 午後 5:59 [ クリリン ] 返信する

顔アイコン

クリリンさん、私も人形系は苦手です。髪の毛系も苦手です。
じゃあ、こんな記事を書くな!!って感じですが…。

2010/5/27(木) 午後 6:26 TO7002 返信する

この話知ってたのに・・・(^^;
こんな裏があったとは・・・
ちなみに和歌山・加太の淡島神社は相当えげつないです
ホラー映画の撮影ができますね

2010/5/27(木) 午後 9:14 悟 返信する

顔アイコン

悟さん、画像を見ましたが、夜にはあまり行きたくない感じですね。
大雨降ったらどうすんだろう…なんて事も、思っちゃったりしますが。

2010/5/27(木) 午後 11:43 TO7002 返信する

顔アイコン

いやぁ人形はほんと怖いですね〜!!実家にも日本人形あるんですがなんか怖い・・別に髪は伸びないのですがね。ず〜っと見られてるようで・・・
話しは変わりますが、何かの心霊番組で少女の絵がマバタキするってのありませんでしたか?by旦那

2010/5/28(金) 午前 1:25 おかっち 返信する

顔アイコン

G.I.ジョーを切った貼ったして宇宙人に改造したことありますが・・・・・
呪われる??( ̄◇ ̄;)。。。

2010/5/28(金) 午前 9:33 ☆かっちゃん☆ 返信する

顔アイコン

旦那さん、絵がまばたき!?そいつは知りませんでした!!ちょっと調べてみます!!

2010/5/28(金) 午前 9:51 TO7002 返信する

顔アイコン

かっちゃんさん、髪が伸びますよ、たぶん。

2010/5/28(金) 午前 9:52 TO7002 返信する

顔アイコン

大事にされた人形などには魂が宿るといいますが、私は強烈にコレ信じていますねぇ。

ガキンチョのころ大事にしていたアザラシのぬいぐるみが、家に来たばかりの仔犬(今では歩くのもやっとなヨボ老犬ですが)に破られたことがあるんですが、その日の夜にそのアザラシの人形の霊に追いかけられる夢見てうなされましたから。
次の日、親に頼んで即行修理してもらいましたが……。

しかしまぁ、これも心理学とかで言っちゃえば気のせいかもしれませんがね。
トゥーさんのカイギズムにかかればあっという間に沈没のネタですがw

2010/5/30(日) 午前 0:33 [ リットリオ ] 返信する

顔アイコン

リットリオさん、カイギズムは決して否定ではなく、オカルトの楽しみ方の一つだと思っております。

私も、子供の頃に愛用していた毛布を捨てた晩に、その毛布に襲われる夢をみました。マジで怖かったです。

2010/5/30(日) 午前 1:45 TO7002 返信する

顔アイコン

鍵付きなのでお名前は書きませんが、貴重な情報を頂き有難うございます。後日の件は全く私の調査不足でした。(どこを調べてもその事実は出ていなかったので…。)もし宜しければ、差し支えない範囲で結構ですので、具体的にどの様な解明をされたのか、是非お知らせ下さい。(もちろん自分でも再度調査いたしますが…)記事を訂正出来ればと思います。

2010/7/23(金) 午後 8:18 TO7002 返信する

顔アイコン

お名前は書けませんが、度々有難うございます!!大変嬉しいお言葉です。是非お伺いしたい事が幾つもありますが…。もし差し支えなければ、メールでご連絡をさせて頂くのは如何でしょうか?アドレスをお知らせ頂ければ(もちろん鍵付きで)、私からご連絡させて頂きます。

蛇足ですが、この件に限らず、全国はもとより世界中に取材に行きたいネタは数多くあります。しかし勤め人の悲しさ、時間も金もままなりません。定年退職したら、余生の趣味であちこち回ろう…なんて夢見ておりますが…。

2010/7/24(土) 午前 9:36 TO7002 返信する

顔アイコン

度々有難うございます。私も人に教えられるほど詳しくはないのですが、Yahooブログを開設して頂くと、ブログ間での連絡が容易に出来ます。至極簡単に開設出来ますので、お手数でなければお試し頂ければ幸甚です。(この私でも10分程で開設できた憶えがあります…)

2010/7/24(土) 午後 4:00 TO7002 返信する

顔アイコン

有難うございます。やってみます。

2010/7/24(土) 午後 5:00 TO7002 返信する

顔アイコン

単なる「もの珍しさ」で噂が噂を呼んだ挙句に真実が判らなくなった事例の一つでしょう
それでも確実に判っていることや未知のこともある筈です。例えば
!多くの日本人が「人形に宿る魂」を信じていて、更に「倒すべき悪の存在」とは考えない
!人形制作時、頭部には人間の毛髪が植え付けられている
!買い求めた時や持ち主が亡くなった時の人形の状態が証明できない
?夭逝した子を偲んで遺髪を人形に植え替えた疑い
?生きている人間の髪が伸びる途中で抜けるように、人形から髪が自然に抜け落ちているのか
?毛根が無くても、一般常識として腐敗が遅い「毛髪の細胞」が生きていて成長した可能性

2011/1/3(月) 午前 0:08 [ IB ] 返信する

顔アイコン

IBさん、実は「お菊人形」については、ある方から貴重な情報を幾つも頂いており、改めて記事にしたいと思っており、資料を集めているところです。また、一度現物を拝みに行きたいとも思っておりますが、なかなか…。

2011/1/3(月) 午後 4:24 TO7002 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事