全体表示

[ リスト ]

1942年2月25日未明に、ロサンゼルス上空に謎の飛行物体が多数出現し、米軍の対空砲火を浴びるも1機も撃
 
墜される事なく忽然と消えたと言う事件がありました。
 
ロサンゼルス空襲事件」 「ロサンゼルスの戦い」と呼ばれる有名UFO事件です。
 
この写真(↓)を見た事のある方も多いのではないでしょうか。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「フー・ファイター」と共に、アーノルド事件以前のUFO出現事例として採り上げられる事の多い事件です。
 


 
2月25日1:44AM、ロサンゼルス市に設置された陸軍の防空レーダーが西方120マイル(約190㌔)を飛行する
 
物体を発見しました。その数約25機。陸軍の対空砲火が準備され、陸軍航空隊の戦闘機も迎撃態勢に入りま
 
した。3:00AM過ぎにはサンタモニカ上空を時速320㌔で飛ぶ赤く光る物体が陸軍兵士や多くの市民に目撃され、
 
対空砲の射撃が開始されました。それから4:00AM過ぎまでに1400発以上の対空砲弾が発射されましたが、
 
飛行物体には一発も命中しませんでした。
 
その後も飛行物体は沿岸地帯を時速75㌔ほどの低速で約20分間にわたって飛行し、やがて目視からもレーダ
 
ーからも消えてしまいました。
 
この間、陸軍の戦闘機が迎撃に上がる事はありませんでした。錬度不足で夜間戦闘が出来なかったのと同時
 
に、対空砲の味方射ちに遭うのを恐れた為と言われております。
 
 
この模様は即座にラジオ中継され、市民からは「どこからともなく現れた小型の物体が空いっぱいをジグザグに
 
飛び回って、突然姿を消した」 「正確な数は把握できなかったが、30機から40機の飛行物体が高速で飛び回
 
り、交差したり追いかけっこをしたりしていた」 「6〜9機の白い発光体が編隊を組んでかなりゆっくり飛行し、自
 
分達が起こした地上の騒ぎに気付いていないかのようだった」 「高い高度から編隊を組んで侵入し、最大時速2
 
9,000kmの猛スピードでジグザグに飛び抜けた」などと多くの目撃報告がなされました。
 
 
「空襲」での直接被害は無かったものの、ロス市内には対空砲弾の破片が降り、器物を損壊させ、3人が破片に
 
当たって死亡、さらに事態に驚いて心臓麻痺で亡くなった人が3人出たそうです。
 


 
UFOビリーバー系サイトなどでは、「アメリカ軍がUFOを迎撃した」とされる事が多いこの事件。
 
しかしここがミソなのですが、当時はUFOと言う言葉も無く、勿論アメリカ軍にはエイリアンの乗った宇宙船を攻
 
撃したと言う認識は一切ありませんでした。
 
 
アメリカ軍は、日本軍機がロス上空に現れたと思っていたのです。
 
 
1942年2月といえば、パールハーバーが日本海軍に攻撃されてから3ヶ月も経っていない時期です。
 
アメリカ海軍は負け戦の連続で、西海岸沿岸でも日本潜水艦によって10隻以上の商船やタンカーが沈められ
 
ていました。中には住宅地のわずか数キロ沖で、市民が注視する中で撃沈された船もあったそうです。
 
政府や軍は、西海岸一帯での日本軍の攻撃行動を受けて、日本軍の空襲や上陸作戦が1942年初頭に実施さ
 
れる可能性が非常に高いと推測しておりました。
 
この時期、アメリカの官民は、「今にも日本軍が攻めてくる」と極度の警戒心と恐怖心を抱いていたのです。
 
 
しかも、この事件の前日である24日未明にはカリフォルニア州サンタバーバラの製油所が日本潜水艦の砲撃を
 
受け、被害を出していました。その為、西海岸一帯に警戒警報が発令されていましたが、24日22:22に解除され、
 
その僅か数時間後にレーダーが飛行物体を捉えたのでした。
 
「遂に、日本軍の空襲が始まった!!」
 
極度の緊張の中、誰もがそう思って不思議ではない状況だったのです。
 

 
ちなみに、戦後明らかになった日本海軍の記録によると、この夜の艦載機の出撃はありませんでした。
 
また、当時ロス近海に展開していた日本潜水艦の艦載機は全部合わせても15機に届かず、「何十機もの物体
 
が…」と言う状況には決してなり得なかったのです。
 
 
イメージ 2
(←)西海岸に展開した日本海軍『巡潜乙型潜水艦』
小型の水上偵察機を1機搭載しています。
 
 
 
イメージ 3
 
(←)これがその偵察機。制式名称『零式小型水上偵察機』
 
 
 
 
 
 
 

 
事件後、この飛行物体の正体について、「物体の飛来は誤報であり、対空砲火は誤射だった」とする海軍と、
 
「レーダーや目視で確認している」とする陸軍で意見の対立が見られました。迎撃の主役だった陸軍は、誤報で
 
空騒ぎをしたとは、なかなか認められなかったのです。
 
それからも色々な意見が出ましたが、いつしか論議も尻すぼみになり、うやむやになって行きました。
 

 
そして戦後。UFOブームの中、どこぞのマニアがこの事件をほじくり出して、「UFOのロス空襲」 「アメリカ軍がU
 
FOを迎撃した」と言う安直なプロットを作って、世に出したのです。
 
冒頭の写真も、一体どれが「UFO」なのかさっぱり判らないまま、「証拠」として世間に広まって行きました。
 
(サーチライト交点の周囲にあるつぶつぶが「UFO」だとされる事が多い様ですが、これは対空砲の閃光です。)
 

 
では、ロス上空に現れた飛行物体の正体は何だったのか?
 
 
もっとも可能性が高いのは、アメリカ軍自身が空に放った気球です。
 
実は、25日に陸軍部隊がサンタモニカで観測気球を打ち上げていた事が、事件後早々に判明していたのです。
 
日本軍の襲来に過敏になっていた陸軍が、この気球を日本軍機と誤認し、過剰反応を起こしたのが「空襲事件」
 
のオチだったと考えられます。
 
 
陸軍は自分で上げた気球を自分で迎撃したなんて、面目丸潰れで認める訳にはいかなかったのは当
 
然です。そこが、「未だにこの物体の正体は謎である」と、UFOビリーバーがつけ込む余地になっているのです。
 
ちなみに、この事件をして、「米政府や軍がUFOの存在を隠蔽しようとした最初の例だ」と、なかなか穿った味方
 
をするビリーバーさんもいらっしゃる様です。確かに、政府も軍もこの事件をうやむやにしたがっていた事は事実
 
です。しかし、それはUFOの存在を隠すためではなく、陸軍の失態を隠したかったからなのです。真珠湾の攻撃
 
を許したのは海軍の怠慢だとして、陸軍に対して過剰に期待する空気が当時のアメリカにはあり、その頼みの陸
 
軍の防空能力がこんなに貧弱だったと天下に知らしめる訳には行かなかったのです。この事件後、米本土沿岸
 
の防空体制が更に強化されたのは言うまでもありません。(それでもこの年の9月に、潜水艦から発進した零式
 
小型水偵が、2度に渡ってオレゴン州への空爆に成功しております。)
 
 
「飛行物体」を目撃した兵士や市民の話も、殆んど集団ヒステリーの様相を呈しており、真に受けるのには難が
 
あります。日本軍に対する恐怖感の中、生まれて初めて対空砲がドンパチ打ち上げられれば、誰だって冷静な
 
観察力や判断力を失ってしまいます。無理もない事だと思います。一例を挙げると、比較物のない夜空を飛ぶ
 
光点の速度を、時速29,000㌔などと測定できる訳もありません…。
 
 
陸軍が楯にしていた「レーダーに映った」点も、気球がレーダーに映ったのと同時にレーダー・ゴースト(存在しな
 
い物体のエコーが出る現象)が発生していた可能性が非常に高いと思われます。何せ、当時は軍用レーダーが
 
実用化されたばかりで、その性能も運用も発展の初期段階だったのです。つまり、性能の良くないレーダーをま
 
だあまり慣れずに使っていたのです。
 
(蛇足ながら、ビリーバー系の人たちはレーダーに映る事を「最も確かな証拠」として持ち出す事が多いですが、
 
レーダーは必ずしも完全ではない事を認識しておいた方が絶対に良いと思います。)
 

 
日本軍による一連の西海岸攻撃は、人種差別主義的であったルーズベルト大統領に日系人の強制収容を正当
 
化する口実を与えました。在米の日系人は日本軍に一切協力などしていなかったにもかかわらず…。
 
UFOだ何だもいいのですが、有名UFO事件の裏にはこの様な黒い歴史も横たわっているのです。
 
 
余計なお世話ですが、太平洋戦争緒戦で日本軍が米本土を直接攻撃していた事実を知らない世代も多い様
 
で、 UFO与太話も歴史の勉強の足しにはなるのかなと、そんなお話でした。
 

参考)UFO事件簿「ロサンゼルス空襲事件」 Wikipedia 他多数のビリーバー系サイト
 
 イメージ 4

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

終戦間際、潜水空母伊400級を初めとした潜水空母部隊による悪あがきの米軍基地攻撃が計画されたが、それをすることもなく終戦で米軍に投降。
おそらく生還は100%不可能な無茶な任務と分かりつつも、それでも敵国に一矢報いたいとおもい出撃を待っていた乗組員達はどんな気持ちで投降したんでしょうねぇ……。

モニター見て鼻くそほじりながらUFOだなんだって騒いでいられる時代に生まれた我々は、幸運なのかもしれません。

2010/8/10(火) 午後 4:31 [ リットリオ ] 返信する

顔アイコン

リットリオさん、伊400クラスの大型艦を数隻造るより、小型の潜水艦を多数作って通商破壊戦に投入した方が…。なんて書きだすとキリがないのでやめておきます。

平和時代が続くように努力しましょう。

2010/8/10(火) 午後 4:38 TO7002 返信する

顔アイコン

通商破壊戦は、実の所結構面倒臭いですよ。
投入した潜水艦や魚雷、燃料や乗員の総コストと、撃沈、撃破した輸送船やタンカーの総排水量やら敵が喪失した物資のコストが折り合わなければそもそも意味はありませんし、折り合ったとしても、日本海軍の潜水艦建造能力及び乗組員育成能力、装備品の追加生産能力等が追いつかなければ、たとえ大戦果を挙げたとしてもあまり意味が無かったりします。(どれかが限界に達すると、そこで通商破壊戦の継続が困難になり、結果、相手国の経済力も息を吹き返すことになります。つまり、すべてが元の木阿弥になってしまいます。)
相手国の経済力が本音で悲鳴を上げるまで、通商破壊戦は継続しなければなりません。
それはつまり、通商破壊戦は国家同士の我慢比べということです。

帝国海軍が選択しなかったことにも、それなりに意味はありますよ。大日本帝国の国力じゃ、継続的な通商破壊戦は不可能です。

書いてて空しくなりますけどねorz

2011/8/18(木) 午後 2:29 [ Syoukaku ] 返信する

顔アイコン

Syoukakuさん、仰るように、アメリカ相手に通商破壊戦をしかけても、いずれはジリ貧だったでしょうね…。

2011/8/18(木) 午後 9:05 TO7002 返信する

顔アイコン

ハウニブじゃね?

2017/6/12(月) 午前 1:24 [ pen***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事