全体表示

[ リスト ]

 
ああ、やっと終わります…。
 

まとめ

今や、中国ではカトリック信徒の数が共産党員の数を大幅に超え、党も相当な警戒心を抱いている様です。
 
バチカンは表向きは「内政不干渉」の立場をとっておりますが、国際政治の舞台ですから、表もあれば裏もあ
 
る。自由主義諸国の対中国戦略の一環をバチカンが担っているのは間違いないところですが、その辺は当ブロ
 
グの趣旨ではないので割愛します。
 
 
2005年5月13日、ファティマでバチカン国務省長官アンジェロ・ソダーノ枢機卿が声明を出しました。
 
「1989年に相次いで起きた事件【TO注:ソ連・東欧諸国の民主化運動を指す】ソヴィエト連邦においても東欧
 
諸国においても、無神論を標榜していた共産主義体制の崩壊をもたらしました。このためにも教皇は、心の底か
 
ら聖なるおとめマリアに感謝しておられます。しかし、世界のほかの地域における、苦しみの重荷を背負う教会
 
とキリスト者にたいする攻撃は、残念ながらまだ終わっていません。ファティマの『秘密』の第三部にかかわると
 
思われるいろいろな出来事は、もはや過去のことに思えるにしても、聖母マリアから20世紀の初めに呼びかけれ
 
た回心と償いへの招きは、今日もなお時代性と緊急性を残しています…」
 
 
前回の記事をお読みになって、「第一・第二の秘密」と「第三の秘密」の大きな違いにお気づきになった方も多い
 
のではないでしょうか。そう、「第一・第二の秘密」は聖母マリアが言葉で告げたのに対して、「第三の秘密」は
 
「バチカン崩壊」の抽象的なイメージをルチアに見せただけ。色々な解釈の余地が十分に残されているのです。
 
これは何故かと言うと、「第三の秘密」はまだ成就していないからだと思います。共産主義は未だ存在してお
 
りますから、バチカンはまだまだとうぶん「ファティマの秘密」を完結させる訳にはいかないのです。
 
 
「世界のほかの地域」に、中国が思いっきり入っている事は言うまでもありません。バチカンの戦いはまだまだ続
 
くのです。
 

 
1917年に、ポルトガルの寒村で起こったとされる奇跡。
 
 
ルチアが出会ったのは本当に聖母マリアだったのか?それとも彼女の幻覚に過ぎなかったのか?
 
聖母出現が本当だったとしても、預言された内容は本当に公表された通りだったのか?
 
それは誰にもわかりません。
 
全てを知る唯一の存在、ルチア・ドス・サントスは、2005年2月13日、心不全で死去。97歳でした。
 
後を追う様に同年4月2日、教皇ヨハネ・パウロ2世が死去。
 
 
合掌…じゃなかった、アーメン。
 

 
このネタを調べていて、私に判った事実は只一つだけです。
 
それは、「ファティマの秘密」は共産主義の勃興と共に生まれ、以後バチカンによって、それぞれ絶妙な
 
タイミングで世に示され、反共産主義のツールとして使われてきたと言う事。
 
 
―あ、あともう一つ。UFOとかじゃぁないって事。
 
(おわり)
 
 

(参考)沢山あってめんどくさいので、今度入れます。
 
 
イメージ 1
(←)このネタにはもっともっとオカルト探求心を刺激する要素(例えばフランシスコの遺体を移動するために掘り起こしたら、顔が腐ってなかった…とか)があるのですが、その辺はまた別の機会に…。
 
 
 
 

特別付録!! 「ファティマ関連年表」

1914728日 第一次大戦開戦。
 
1917223日 ロシア2月革命。ロマノフ王朝崩壊。
 
1917513日 ファティマでの第一回目の聖母マリア出現。
 
1917713日 聖母マリアが「三つの預言(ファティマの秘密)」をルチアに伝える。
 
19171013日 6回目にして最後の聖母出現。「天空の奇跡」が示される。
 
19171025日(旧暦) ロシア10月革命。
 
19181111日 第一次大戦終結。
 
1919年 コーバ・ダ・イリヤに礼拝堂が建てられる。
 
191944日 フランシスコ病没(享年11歳)。
 
1920220日 ヤシンタ病没(享年7歳)。
 
19221230日 ソビエト社会主義共和国連邦樹立。
 
19301013 ファティマの聖母出現をバチカンが奇跡として認定。
 
1938125日〜26日 西ヨーロッパ一帯に夜空を真っ赤に覆う様なオーロラが出現。
 
193991日 ドイツのポーランド侵攻により第二次大戦勃発。
 
1941831日 ルチアが第一・第二の秘密の内容をしるした「第三の回想録」を教皇に送る。
 
1942年 バチカンが「ファティマ第一・第二の秘密」を公表。
 
1943年 ルチアが「第三の秘密」を教皇に送ったとの説あり。(異説あり。以下参照)
 
1945815日 第二次大戦終結。
  
1946513日 教皇ピオ12世がファティマを訪れ聖母像に「平和と世界の元后」との王冠を贈る。
 
1940年代後半 チェコスロバキア・ハンガリー・ブルガリア・ポーランド・ユーゴスラビア・ルーマニア・東ド
          イツ等、次々と共産主義国家が成立。
 
1950625日 朝鮮戦争開戦。
 
1951年11月18日 バチカンの新聞に「太陽の奇跡」の写真が掲載される。
 
1956-1957年 第三の秘密が教皇ピオ12世に渡ったとされる説あり。
 
196012月 ベトナム戦争開戦。
 
19621015-28日 キューバ危機。冷戦の緊張が核戦争寸前にまで高まる。
 
1960年代半ば 教皇パウロ6世が「第三の秘密」を開封するも、失神?して再度封印したとされる。
 
1969-1979年 デタント(緊張緩和)の時代。
 
1979年 ソ連がアフガン侵攻を開始。東西は再度緊張し、新冷戦の時代が始まる。
 
1980年 西側諸国がモスクワオリンピックをボイコット。
 
198152日 「第三の秘密」の公開を要求したハイジャック事件発生。
 
1981513日 教皇ヨハネ・パウロ2世暗殺未遂事件発生。
 
1984年 東側諸国がロサンゼルスオリンピックをボイコット。
 
1985年 ソ連でペレストロイカが始まる。
 
1988年 ソ連軍がアフガンから撤退。ソ連の世界に対する影響力の低下が顕在化する。
 
1989119日 ベルリンの壁崩壊。
 
198912月 ブッシュ(パパ)、ゴルバチョフによるマルタ会談で、冷戦の終結が宣言される。
 
1989-1990 東ドイツ・ハンガリー・ポーランド・チェコスロバキアなどソ連の衛星国が民主化。
 
19911226日 ソビエト最高会議が連邦解体を宣言。ソ連崩壊。
 
199413日 「第三の秘密」の内容をルチアが書き記したとの説あり。
 
2000513日 バチカンによって、フランシスコとヤシンタが列福(聖人に次ぐ福者の地位に上げられ
           る事)される。その後のミサにおいて、「ファティマ第三の秘密」を公表。
 
2000628日 バチカンは、イタリア国営放送にて正式に「ファティマ第三の秘密」の内容を発表。
 
2005213日 全ての発端であり、全てを知る唯一の証人であるルチア死去。
 
2005年4月2日 教皇ヨハネ・パウロ2世死去。 
 
2005年5月13日 ファティマにて バチカン国務省長官アンジェロ・ソダーノ枢機卿が声明。
 
 
 

閉じる コメント(18)

顔アイコン

どうもはじめまして。
いつも興味深く記事を読ませて頂いております。

本物のルチア・ドス・サントスは1949年5月31日に帰天されているようです。
何年か経ってから記録が改ざんされたとか。
実際なんだかな〜って思います。
なにもかも作られてますね。

2010/11/5(金) 午前 1:54 [ yok*h*me*hi ]

顔アイコン

お疲れ様です。
共産主義の思想そのものはそんなに嫌いじゃないけど、とりあえずお隣の共産主義国はどうにかしてほしいので、第三の秘密が早く“成就”することを祈ります(´人`)

2010/11/5(金) 午前 5:37 [ リットリオ ]

顔アイコン

 
あわわわ(/ロ゜)/
こんなにも本当にありがとうございます_(._.)_
面倒かけてしまって本当にすみません(汗)(汗)
とても面白かったです!
すっきりしました
じゃけんの導入も良かったです^/^笑
本当は昨日のうちに御礼を差し上げるつもりでしたが何故かコメントが途中までしか反映されないというアクシデントにみまわれまして…(;ω;`)なぁぜぇ…古
気を取り直して今日というわけです_(._.)_


ファティマの秘密…宗教絡みのバチカンの陰謀みたい…ってか明らかに陰謀でしょw
やっぱ信者がふえるとバチカンの財布も潤うのでしょうか…(~o~)カトリックの大御所バチカンのボス、教皇が欲に目が眩んでしまうとは…ボスっしっかり!
まぁ教皇、やりすぎには注意して下さい(笑)


P.S.
最後の特別付録、分かりやすくて世界史のテストに役立ちそうです!何から何まで本当にありがとうございましたm(_ _)m

あ〜楽しかった(´∀`)!

2010/11/5(金) 午前 8:39 [ エド ]

顔アイコン

色々ご批判を下さった方へ。「ご批判の声」に載せさせて頂きました。有難うございました。

2010/11/5(金) 午前 9:29 TO7002

顔アイコン

yok*h*me*hiさん、初めまして。コメント頂き有難うございます。確かに、「ルチアは二人いる!!」と言う話はあちこちで目にしました。さすがバチカン、奥が深い…。

2010/11/5(金) 午前 9:33 TO7002

顔アイコン

リットリオさん、お隣はイデオロギーがどうのと言うより…あ、また荒れるのでやめときます。

2010/11/5(金) 午前 9:35 TO7002

顔アイコン

エドさん、私も昔から疑問だった事が色々と調べられて、楽しかったです。また何かネタがあったら、是非振って下さい!!

2010/11/5(金) 午前 9:39 TO7002

顔アイコン

言い出しっぺのどらみです。壮大な記事を分かりやす面白く書いて頂き、有り難うございます。

いやー、終末論とかUFO与太話だと思いきや、宗教と政治の陰謀話に行き着くとは驚きです。
しかも第三の予言?が進行中とは。。

ファティマが昔は、ハチマの予言と表記されて、なんか響きにオドロオドロしい古代の妖気を感じてたんですが、オカルトどころか生々しい政治臭の話だったんですね。バチカンとて平たく言えばお寺さん。巨大な総本山。ローマ法王もボンさん、大僧正。お寺さんの話って洋の東西を問わず節操が…。鞍馬寺のサナトクラーマを彷彿させるノリに少し吹きました。

やっぱ予言なんて現実はジュゼちゃん程度なんですね。バチカン絡みならと期待してたんですが、確かに期待以上だけど方向が違ったようですね。これだけ解りやすく解説したファテマの予言のまとめは世界中無いと思います。お疲れさまでした。

ルチアさんが見たのは何だったのか気になります。

2010/11/7(日) 午前 0:17 [ どらみ ]

顔アイコン

どらみさん、あくまで私の私見(と言うか、道楽で調べた範囲)ですが…。お楽しみ頂けたのなら本望です。

オカルト現象に夢やロマンを求めるのも、世知辛い中では尤もな事ではありますが、あまりにそちらに傾向しすぎると為政者や権力者に体よく利用されると言う…歴史上、その様な事例は枚挙に暇がありません。

ルチアが見たものは…それは言わぬが花でしょうかねぇ…。

2010/11/7(日) 午前 1:29 TO7002

顔アイコン

言わぬが花なんでしょうね。

京都では、祇園で石を投げると坊主に当たる。なんて言いつつも、表では、お住っさん。おっさん(和尚さん)って崇めてる。
宗教との距離間が庶民にも大切かも知れませんね。

この手の奇跡がお膝元のローマで起こらなかったのも何だか頷けます。

2010/11/7(日) 午後 8:08 [ どらみ ]

顔アイコン

どらみさん、カトリックの聖母信仰を調べて見たら、興味深い事がたくさんありました。ローマに聖母が出現しないと言うのは、鋭いご指摘だと思います。

ところで、京都をじっくりと回ってみたいですね〜。いつか、時間ができたら1週間くらいブラブラしてみたいです…。

2010/11/8(月) 午前 9:12 TO7002

顔アイコン

バチカン程じゃありませんが、ぜひ京都へおいで下さい。

一週間くらいあれば、イロイロ行けますよ。
特に周辺の山にここにふさわしいスポットが沢山ありますよ。オススメは、鞍馬寺・貴船神社、愛宕山周辺、比叡山延暦寺、伏見稲荷、、個人的には雲ヶ畑志明院がイチオシです。
上記の山は稲荷以外、アクセスが悪いのが難点ですが、都市部から一時間以内で深山を満喫できますよ。

どこも霊験あらたかな社寺なんで最近は、パワスポ?らしいですよ。

2010/11/10(水) 午前 10:52 [ どらみ ]

顔アイコン

どらみさん、なんて魅力的なんでしょう!!京都って所は!!
そう遠くない将来、必ず訪問させて頂きます。

とりあえず、近場の鎌倉を丹念に廻ってみよう…。

2010/11/10(水) 午後 2:45 TO7002

顔アイコン

創造主のプログラム。救世主の救世論は空気のように全ての人類に平等。空気のような救世愛論とは。人間の正体はネット。

2011/5/10(火) 午後 3:43 [ レカルド ]

うん。はてまが〜とか神が〜とか予言が〜とかじゃなく、「ある所のあるおにゃの子が後に出家して後に亡くなった」ですね(*´`*)
あたしゃ国とかシュギとか神しゃまよりも、ルチアちゃんとおままごとして遊んでみたいなO(≧∇≦)O

知性冒険を有り難う御座いました!!

2014/2/7(金) 午後 2:59 [ ]

顔アイコン

な さん、ホント、田舎の女の子が出家したってだけのオハナシなのかも(笑)。しかし、ルチアちゃんとおままごととは、その想像力がいいですね〜!!

2014/2/8(土) 午後 8:56 TO7002

『フランシスコの遺体を移動するために掘り起こしたら、』って、なんでわざわざ死者の眠りを妨げるような事をするんでしょうか?

怖いですね、怖いですね?

神の力の証明は、等しく正しく導かれるらしいので、特定の言語ではあらわしちゃなんねぇのでは?

勝手な拡大解釈の長文意訳やってんじゃねぇよ!

と、常日頃思っております。TOさんとペレリマン君を見習いたい、あやしいでございます。

お邪魔しました。

2014/8/15(金) 午前 3:08 [ あやしい ]

顔アイコン

あやしいさん、ブッタもイエスもマホメットも、「人をぶち殺しても良い」とは一言も仰っていない訳で、「勝手な拡大解釈の長文意訳やってんじゃねぇよ!」と言うお言葉は、信仰の名のもとに殺し合いをしている全ての人々に注がれるべきでしょう。

2014/8/20(水) 午後 2:47 TO7002


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事