全体表示

[ リスト ]

ヒル夫妻誘拐事件

UFOに興味がない方でも、1度くらいはTVや雑誌で見聞きしているであろう、UFO史上最も有名なアブダクション
 
(UFOによる拉致・誘拐)事件、それが「ヒル夫妻誘拐事件」です。
 
今まで記事にしなかったのは、超有名事件だけあって、今更私ごときが出る幕もないと思ったからです。しかし、
 
50万Hitの節目として、たまには大ネタを…と思い立ちました。
 
 
円盤との遭遇                                  
 
1961年9月19日夜。ケベック州での休暇を終えたバーニー・ヒルと妻のベティー・ヒルは、ニューハンプシャー州
 
ポーツマスの自宅に向けて車を走らせておりました。ヒル夫妻は、当時のアメリカでは珍しい、黒人と白人の夫
 
婦で、バーニーは郵便局に勤務し、ベティーはソーシャル・ワーカーをしていました。
 
イメージ 1
(←)ヒル夫妻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その夜、空には満月に近い月が出ており、月の下には明るい星が一つ見えていました。
 
 
午後11:00頃、ベティーは最初の星よりも大きな光が、月と最初の星の間に現れているのに気付きました。
 
その光は車の後をついて来る様に感じられました。双眼鏡で光を観察したベティーは、2列の窓がついているの
 
を発見し、興奮してバーニーに「車を停めて!!」と訴えました。バーニーはどうせ飛行機か人工衛星だろうと取り合
 
いませんでしたが、光が強まった様に感じられたため、ようやく車を停め、双眼鏡を持って野原に立ちました。
 
 
光を観察していると、それは30mほど上空に停止しました。プロペラやジェットの音は全く聞こえませんでした。
 
それは円盤型をしており、2列の窓から5〜6人の人影が自分達を見下ろしているのが見えました。
 
 
イメージ 2
(←)目撃したUFOを図示するヒル夫妻。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「彼らは自分達を捕えようとしているに違いない」と、恐怖を感じた二人は急いで車に戻り、発進させました。
 
その時、背後からビープ音が聞こえ、二人は強い眠気を感じました。しばらくして再びビープ音が聞こえて我に
 
返ると、何故か車は50Km以上も離れた場所を走っていました。そんな距離をドライブした記憶はありません。
 
「あなたも、空飛ぶ円盤を信じた?」と訊くベティーに、バーニーは「馬鹿言っちゃいけない。信じちゃいないよ」と
 
答えました。20日の朝5:00頃、ヒル夫妻は自宅に帰り着きましたが、通常の行程より2時間も余計にかかってお
 
りました。その「空白の時間」、何処で何をしていたのか、二人にはその記憶がありませんでした。
 
(↓)ヒル夫妻が円盤に遭遇したと思われるあたり。
イメージ 3
 
その翌日、ベティーから通報を受けたピース空軍基地には、他にもUFOの目撃報告が届いていました。
 
19日午後5:52には付近のレーダーステーションからUFO目撃の報告があり、ピース空軍基地では、20日午前2:
 
14にUFOが目撃されていたのです。
 
驚くべき事実                                  
 
その後、ベティーは宇宙人に拉致される悪夢にうなされ、バーニーも不眠や潰瘍に悩まされるようになりました。
 
二人は催眠術で有名なベンジャミン・サイモン博士を訪れ、催眠治療を受けるようになりました。サイモン博士に
 
よって逆行催眠をかけられたヒル夫妻は、円盤と遭遇した夜の記憶を甦らせました。それは、「空白の2時間」の
 
間に円盤に連れ込まれて身体検査をされ、記憶を抹消されて地上に戻されたと言う驚くべき事実だったのです。
 
 
『車の前に黒い服を着た小柄な人影が立ちはだかった。頭髪はなく、頭の両側に耳のような穴があいている。横
 
顔がのっぺりしていて鼻や口がちゃんと確認できない。目は不釣り合いに大きく、頭の端まで切れ上がってい
 
る。好意的な表情はうかがえない。その一団は車のドアを開けると二人を引きずり出し、UFOの中に連れ込む
 
と、バーニーとベティを引き離し、身体検査を始めた。ベティはイスに座らせられ、目、口、耳をのぞかれ、髪の
 
毛と足の爪を少し採取される。服と靴を脱がされて寝かされると、体に針を当てられた。長い針をへそに差し込ま
 
れた時、ベティは激痛に悲鳴を上げるが、リーダー格らしい一人が目の上に手をかざすと痛みはすっかり消え
 
た。一方のバーニーも腹部に奇妙な装置を乗せられる。その影響か、後日下腹部にイボのようなものが生じ、手
 
術を余儀なくされる。宇宙人達は夫妻の身体的違いに困惑したようで、黒人のバーニーと、白人のベティの肌の
 
色の違い、バーニーの入れ歯などについてテレパシーで説明をさせられた。
 
その後、ベティは天体図を見せられた。たくさんの点を線で結んだこの図の意味を問うと、太い線は貿易ルート、
 
実線は時々行き来するルート、点線は探検隊のルートだと教えられた。
 
この直後、二人は記憶を抹消され、車に戻された…』
 
 ―二人の証言は以上の様なものでした。
イメージ 6
 
(←)バーニーの証言を基に描かれた宇宙人。
  「グレイ・タイプ」の初目撃ですね。その後、こいつらの一族が宇宙人業界を席巻する事になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
逆行催眠下では嘘の証言は出来ない上に、二人の証言が非常に似通っていた点が、ヒル夫妻の体験が真実で
 
ある事を裏付けています。
 
 
また、、ベティーが宇宙人に見せられた「スター・マップ」は、ヒル夫妻の体験が事実だというもう一つの証拠とな
 
りました。「スターマップ」を分析したアマチュア天文家のマージョリー・フィッシュが、この星図が地球から32光年
 
離れたレチクル座の立体星図と一致する事を発見したのです。
 
 
(↓)ベティーのスターマップ     (↓)フィッシュのレチクル座星図
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
二つの星図の比較から、フィッシュは宇宙人の母星をレチクル座のζ(ゼータ)星と特定しました。
 
 
イメージ 7(←)レチクル座。「レチクル」とは「網」の意味だが、命名者のラカイユは天体望遠鏡の照準器の意味で名づけたそうな。日本では鹿児島以南でしか見えない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事件のメジャー化とヒル夫妻のその後                   
 
1965年10月25日の『Boston Traveler』に掲載された「UFOの恐怖夫婦を襲う」と言う記事でヒル夫妻の体験が報
 
道されると、UPIもその記事を配信し、ヒル夫妻は一躍国際的な脚光を浴びることになりました。
 
事件をまとめた『中断された旅』と言う本が出版されると大ヒットし、1969年に脳溢血でバーニーが46歳の若さで
 
亡くなった後も、ベティーはUFO界の名士として講演を行い、2004年に癌で亡くなりました。享年85歳。
 
 
なお、ベティーは事件後何度もUFOを目撃する様になり、自身の撮影したUFOの写真を講演等で紹介し、1995
 
年にはUFOに関する本を自費出版したりもしたそうです。
 
事件に対する批判                               
 
事件を懐疑的に見る研究者からは、「ヒル夫妻の体験談は、TVや映画に登場する宇宙人が刷り込まれて出来
 
上がった架空の物語ではないか」との批判が出されました。
 
実際に、ヒル夫妻事件の宇宙人のモデルと考えられる創作上の宇宙人も複数存在します。
 
イメージ 8
(←)『アウター・リミッツ』の『宇宙への架け橋』と言うエピソードに登場した宇宙人。
言動もヒル夫妻を誘拐した宇宙人に似ている。
(1964年2月10日放送)
 
 
 
 
 
 
(←)『トワイライト・ゾーン』のエピソードに登場した宇宙人。
(1962年4月4日放送)
 
 
 
 
 
 
しかし、これらの宇宙人が放送に登場したのはいずれも事件の後であり、モデルになろう筈がありません。
 
ヒル夫妻も「その手の番組は見た事が無い」と述べています。
 
 
また、宇宙人による誘拐を信じ込む信奉者によって催眠をかけられた為、暗示効果で宇宙人に誘拐されたと言う
 
体験談が創り出されたと考える人もいます。しかしこれも間違っております。ヒル夫妻は数人の医師に催眠療法
 
を受けており、中にはUFO遭遇の体験談を持つ医師もいたようですが、ベンジャミン・サイモン博士はビリーバ
 
ーでも何でもなく、催眠術の権威と言われた精神科・神経科医師です。
 
ヒル夫妻も「事件の前は円盤だの宇宙だのには一切興味が無かった」と述べており、刷り込みによって体験談が
 
創作されたとの主張には無理があります。
 
はたして事件の真相は!?                           
 
―と言うところで、続きにします。文字制限に引っかかりそうなので…。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事